首頁 Tags Doi Masashige

Tag: Doi Masashige

三百一十二位人物:小出吉政、山口宗永、石川貞清、毛利高政、長崎元家、藤堂高刑、青木一矩、早川長政、土岐政賴、土岐賴次、土岐賴元、齋藤利茂、齋藤利良、不破光治、明智光繼、明智光安、稻葉典通、稻葉重通、稻葉道通、稻葉正成、佐藤堅忠、橫山長隆、橫山長知、野野村幸成、一柳直盛、伊藤盛正、堀田正吉、遠山景前、遠山友勝、遠山友政、加藤光泰、關盛雄、鹿伏兔定秀、國府盛種、細野藤光、分部光高、木造具康、田原重綱、森本具俊、九鬼守隆、堀內氏善、一條信龍、三枝昌貞、小幡昌盛、駒井政武、長坂光堅、禰津元直、海野棟綱、海野幸義、真田昌輝、真田信尹、常田隆永、鎌原幸定、鈴木忠重、蘆田信守、大井貞隆、大井貞清、笠原清繁、小笠原信定、溝口長友、溝口長勝、溝口貞泰、諏訪賴滿、諏訪賴重、諏訪滿鄰、知久賴元、藤澤賴親、保科正直、保科正光、江馬信盛、麻生野慶盛、長尾房景、上條定憲、齋藤定信、本庄房長、竹俁慶綱、吉江宗信、桃井義孝、山本寺定長、山吉政久、山吉豐守、山吉景長、大石綱元、狩野秀治、神保長住、長澤光國、長尾景直、土肥政繁、飯川光誠、遊佐秀賴、三宅總廣、富田長繁、溝江長逸、逸見昌經、武藤友益、野村直隆、石田正繼、石田正澄、小堀政一、垣見一直、蒲生茂綱、蒲生元珍、進藤賢盛、駒井重勝、高田吉次、一色在通、京極高廣、細川忠利、細川興秋、細川興元、三淵光行、蘆田國住、足立基助、願証寺証意、下間真賴、杉浦玄任、細川昭元、荒木村次、荒木元清、木下重堅、池田信正、茨木長隆、木澤長政、香西元定、香西佳清、中川秀成、岡國高、結城忠正、菅達長、安見信國、安見勝之、平盛長、遊佐長教、筒井順弘、中坊秀祐、岸田忠氏、寶藏院胤榮、津田算長、鈴木重次、太田宗正、野長瀨盛秀、小山隆重、湯川直春、山名豐賴、山名誠通、垣屋恒總、太田垣宗壽、太田垣朝延、太田垣輝延、八木豐信、山田重直、行松正盛、尼子清久、尼子久幸、赤穴久清、赤穴光清、牛尾幸清、龜井秀綱、別所重棟、別所吉治、宇野政賴、赤松村秀、井上之房、栗山利安、黑田一成、後藤勝國、後藤元政、原田忠長、原田貞佐、三浦貞久、三浦貞盛、金田弘久、中村則治、牧良長、宇喜多興家、伊賀久隆、遠藤俊通、庄高資、三村元祐、植木秀長、植木秀資、石川久智、石川久式、中島輝行、三村元範、上野隆德、楢崎元兼、新見國經、新見貞經、小早川正平、小早川興景、杉原理興、田坂義詮、乃美景興、椋梨盛平、三吉隆亮、三吉廣高、多賀山通續、山內直通、山內隆通、和智誠春、毛利元氏、粟屋元親、天野興定、井上元兼、赤川元保、三浦元忠、武田光和、武田信實、武田信重、阿曾沼廣秀、天野隆綱、香川光景、己斐直之、渡邊通、森脇祐有、手島興信、二宮經方、平賀隆宗、平賀廣相、陶興房、吉見廣長、益田尹兼、大西賴包、大西覺養、新開實綱、高原次勝、安富盛方、伊澤綱俊、石川通清、大野直之、戒能通森、村上元吉、村上景親、來島通總、宇都宮清綱、井上重房、祖母井之照、西園寺宣久、渡邊教忠、長宗我部親和、長宗我部親忠、長宗我部親吉、江村親俊、香宗我部親秀、香宗我部秀通、細川定輔、橫山友隆、吉松光久、安芸元泰、敷地藤安、野仲鎮兼、本庄右述、加來統直、田原親盛、佐伯惟定、入田親誠、秋月種信、麻生隆守、麻生鎮里、麻生元重、井田親氏、惠利暢堯、蒲池鑑久、大木俊光、西牟田鎮豐、原野惠俊、江上家種、神代長良、高木鑑房、馬場賴周、龍造寺家純、龍造寺周家、鍋島清久、松浦興信、籠手田安經、佐川信利、日高喜、有馬直純、平井經治、大村純伊、朝長前安、鹿子木親員、北里政義、伊東義賢、伊東祐安、稻津重政、三田井親武、長倉祐有、北原兼孝、安樂兼寬、肝付兼演、肝付兼盛、肝付兼篤、祁答院良重、島津勝久、入來院重朝、入來院重時、樺山善久、樺山忠助、島津忠將、島津以久、島津尚久、島津忠長、鎌田政年、園田實明、佐多忠增、島津忠廣、北鄉忠相、島津忠親、島津忠辰、平田宗茂、茶茶、定惠院、菊姬、義姬、仙桃院、淺井初、三條の方、黃梅院、藏春院、禰禰、瀨名姬、嶺松院、松平千、淺井江、妙玖、お船、武田松、德姬、督姬、お市、歸蝶、ガラシャ、妻木熙子、諏訪姬、まつ、壽桂尼、津田宗及、千宗易、快川紹喜、澤彥宗恩、俊崇坊、二本松義繼、土田御前、ねね、千坂景親、名古屋山三郎、多目元忠、柳生利嚴、井伊直虎、愛洲久忠、伊東景久、杉谷善住坊、大久保忠教、太田牛一、齋藤福、赤井輝子、大村由己、平原綾香、世良田元信、大祝鶴、望月千代女、櫛橋光、孔雀、塚原卜伝、卡天士郎、石川五右衛門、彌助、里見伏、犬塚信乃、犬川庄助、犬山道節、犬飼現八、犬田小文吾、犬江親兵衛、犬坂毛野、犬村大角、卜部季武、碓井貞光、坂田金時、渡邊綱、源賴光、源義經
土肥政繁 Doi Masashige(生年不詳-1590年) 越中国弓庄城主。通称、四郎。官位は美作守。娘は下秀久の室。 越中土肥氏は土肥実平を祖とし、鎌倉時代より新川郡堀江庄の地頭職として名が見える。戦国期には、神保長職の膨張に伴いこれに属した為、椎名・上杉氏との抗争に巻き込まれ没落し、弓庄城に拠った庶流の政繁が上杉謙信に臣従して辛うじて命脈を保った。 天正6年(1578年)に謙信が急死すると、多くの越中国人と同様、織田方に寝返った。しかしその後上杉方に復帰したらしく、同9年(1581年)8月、佐々成政により城を囲まれている。この時は何とか城を持ちこたえたが、上杉氏の後詰が得られず、翌10年(1582年)に降伏した。しかし本能寺の変が起こるとまたしても上杉方に寝返る。 同11年(1583年)2月には成政の越後出兵の隙を突いて太田新城を奪うなどの働きを見せるが、成政・秀吉・景勝の三者が和睦を結ぶと進退窮まり、弓庄城を立ち退き、越後に落ちて上杉景勝を頼った。 同12年(1584年)10月、上杉軍の越中攻めの先鋒として宮崎城攻略に功をあげたが、上杉家中では冷遇され、同18年(1590年)、越後国能生で病死した。一族はその後最上義光、村上頼勝などに仕えた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E8%82%A5%E6%94%BF%E7%B9%81
Send this to a friend