首頁 Tags Asakura Takakage

Tag: Asakura Takakage

三百八十五位人物:石卷康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、淺野長政、淺野長晟、淺利則祐、淺利賴平、前波吉繼、相良晴廣、增田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義實、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西賴晴、大西賴武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大內義長、大掾貞國、瀧川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹內久盛、築紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、豬去詮義、豬苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長續連、上杉景信、長尾當長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛實、島津義虎、島津歲久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、德田重清、那須資晴、內藤清成、內藤隆春、鍋島勝茂、南條元續、南條廣繼、南條宗勝、南條隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寢重張、禰寢重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗實、畠山義綱、畠山義續、八戶政榮、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連龍、富田景政、富田重政、武田義信、武鎗重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡賴勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高繼、芳賀高定、蜂屋賴隆、蜂須賀家政、豐島重村、北楯利長、北條高廣、北條氏勝、北條氏照、北條氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀滿、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川廣家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢澤賴綱、藥丸兼將、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐續光、里見義賴、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顯宗、留守政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顯村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶廣、蠣崎守廣、蠣崎盛廣、龍造寺家晴、富田氏實、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稻富祐秀、支倉常長、秋山虎繁、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、澀江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志馱義秀、平林正恒、神保氏張、瀧野吉政、蜷川親長、井戶良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豐永勝元、長壽院盛淳、橫山喜內、向井正綱、北條早雲、太田資長、尼子經久、長尾為景、淺井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、宮本武藏、佐佐木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧道家、南光坊天海、森成利、簗田政綱、毛利良勝、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林信勝、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田邊勝成、黑澤道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景廣、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、關盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直賴、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南條元忠、南條元清、石野氏滿、有馬則賴、有馬豐氏、赤松則英、赤松廣秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戶元續、福原廣俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷吉治、大野治房、大野治胤、奧村永福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、高橋統增、德川家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長賴、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章、柳生三嚴、赤池長任、和久宗是、東鄉重位、安井成安、山田長政、天草時貞、伊東祐益、三浦按針、猿飛佐助、霧隱才藏、穴山小助、海野六郎、望月六郎、筧十藏、根津甚八、由利鎌之助、三好清海、三好伊三、加藤段藏、蠣崎基廣、下國師季、雫石詮貞、大崎義宣、相馬顯胤、蘆名盛舜、二本松義國、二階堂輝行、留守景宗、懸田俊宗、安東堯季、安東舜季、淺利則賴、天童賴長、天童賴貞、鮭延貞綱、結城政朝、佐野豐綱、那須高資、宇都宮尚綱、真里谷信應、長尾憲長、上杉朝定、太田資顯、藤田康邦、松平廣忠、平手政秀、遠山友忠、木造俊茂、小山田信有、板垣信方、甘利虎泰、橫田高松、高遠賴繼、小笠原長時、小笠原貞種、三木直賴、長尾晴景、長尾房長、椎名長常、神保覺廣、溫井續宗、堀江景忠、朝倉孝景、六角定賴、進藤貞治、朽木稙綱、粟屋勝久、武田義統、本願寺証如、願証寺蓮淳、波多野稙通、內藤國貞、細川持隆、細川氏綱、香川元景、香西元成
朝倉孝景 Asakura Takakage(1493年-1548年) 曽祖父(7代)孝景にあやかって、自身も「孝景」と名乗った。今日においては区別するため便宜上、法名から「宗淳孝景」(大岫孝景)と呼んで区別する。 朝倉氏10代目当主。朝倉貞景の子。朝倉義景の父。母親は美濃守護代格斎藤利国の娘。妹は美濃守護土岐頼武に嫁ぎ、嫡男・土岐頼純を産む。 一門の朝倉宗滴の補佐を受けて、当時混乱の多かった周辺国の加賀・美濃・近江・若狭らにしばしば出兵・侵攻し、各国の守護家や諸勢力に軍事的優位性、政治的影響力を見せ付け、代々対立してきた加賀一向一揆との和睦をも成立させたと言われている。絶え間なく中央(京都)および周辺諸国情勢に煩わされたが、結果的に朝倉氏の勢力をさらに拡大するとともに、朝廷や幕府との繋がりをも深め、越前に更なる繁栄をもたらし、本拠・一乗谷城に京風の文化を華開かせた。 軍事面においては、当主自らではなく一族の主なものを名代として派遣する例が多い。この制度が次代の義景の統治にも影響を及ぼすこととなる。 統治面においては、守護斯波氏の下では同格であった国人衆などと呼ばれる諸勢力を完全に臣従下させるには至っていない。また、弟である朝倉景高と対立するという内紛もあった。 経済面においては、周辺諸国への大軍派遣、朝廷や幕府に対する多額の献金等からの一乗谷の繁栄が見られた。また、豪商らが名物茶器を所持していたり、家臣らが京に書物を求めるなどの面も見られた。 天文17年(1548年)3月22日に死去。波着寺への参詣の帰りに急死したという。享年56。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E5%80%89%E5%AD%9D%E6%99%AF_(10%E4%BB%A3%E5%BD%93%E4%B8%BB)

Send this to a friend