首頁 Tags 鵜殿氏長

Tag: 鵜殿氏長

三百八十五位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豐臣秀吉、齋藤道三、德川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北條氏康、武田信玄、山縣昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼續、柿崎景家、本願寺顯如、今川義元、淺井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黑田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉繼、島清興、蒲生氏鄉、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝賴、足利義輝、尼子晴久、津輕為信、榊原康政、伊達成實、山本晴幸、真田幸隆、太原雪齋、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季廣、石川高信、丸目長惠、上泉信綱、渡邊守綱、里見義堯、蘆名盛氏、瀧川一益、佐佐成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、豐臣秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、齋藤義龍、稻葉良通、石川數正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戶澤盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北條氏政、可兒吉長、北條綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、內藤昌豐、真田信幸、今川氏真、柳生宗嚴、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安國寺惠瓊、黑田長政、宇喜多秀家、長宗我部國親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覺兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定滿、齋藤朝信、北條幻庵、本庄繁長、下間賴廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、穎娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀨種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政德、村上國清、平塚為廣、朝倉景健、安田景元、北條氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政廣、兒玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黑田職隆、甘粕景繼、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七條兼仲、伊東義祐、瀧川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路賴綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戶隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡邊了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顯、本城常光、江戶忠通、肝付兼續、中條藤資、南部晴政、分部光嘉、多田滿賴、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑實、齋藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北條氏邦、犬童賴安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為賴、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮廣綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、關口氏廣、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豐、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北鄉時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠鄰、城井正房、大熊朝秀、氏家行廣、池田知正、土井利勝、德山則秀、平田範重、穴山信君、一條兼定、堀秀政、百百安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、蘆名義廣、三善一守、板部岡江雪齋、岡本顯逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、淺野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重經、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、姉小路良賴、和田惟政、新發田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大內定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長增、安東實季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間賴照、酒井家次、結城朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪賴忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色滿信、真壁氏幹、本庄實乃、大田原晴清、中村春續、朝比奈信置、安藤守就、山名豐國、鵜殿長持、北條氏直、足利晴氏、結城秀康、岡吉正、一栗高春、北條景廣、富田隆實、木下昌直、岡部元信、圓城寺信胤、遠藤直經、岡本禪哲、安倍元真、大寶寺義氏、福原資孝、斯波詮真、佐藤為信、筑紫廣門、春日元忠、戶蒔義廣、鬼庭良直、真田信綱、太田政景、岡利勝、蒲池鎮漣
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
三百位人物:羽柴秀次、石川五右衛門、久武親直、三好政勝、一条兼定、河野通直、来島通康、松平忠吉、阿蘇惟将、松平忠輝、柳生宗厳、松浦鎮信、相良義陽、相良頼房、深水長智、犬童頼安、伊東義祐、伊東祐兵、稲富祐直、島津家久、種子島時尭、母里太兵衛、伊集院忠朗、伊集院忠棟、新納忠元、京極高次、花房職秀、柳生宗矩、百地三太夫、大内義長、大友義統、岩城重隆、赤井直正、本願寺証如、尼子国久、尼子勝久、里見義頼、吉田孝頼、龍造寺政家、鈴木重則、足利義氏、千葉胤富、斯波義統、相良晴広、東郷重位、武田信廉、武田義信
松平信康 Matsudaira Nobuyasu(1559年-1579年) 德川家康的長子、母為今川義元姪女.築山殿、正室為織田信長之女.德姬,側室為淺原昌時之女、日向大和守時昌之女;幼名竹千代、通稱岡崎三郎、別名次郎三郎,受織田信長偏諱「信」字,名為信康。 信康幼年作為今川氏的人質在駿府度過,不過在桶狹間之戰後,德川軍以俘虜鵜殿氏長、鵜殿氏次交換,信康前往岡崎城居住。 永祿五年(1562年),父親家康和織田信長的清洲同盟成立。在永祿十年(1567年)5月與信長的女兒德姬結婚,兩人都是9歲並以夫婦的形式在岡崎城生活。 同年六月,家康把居城移往濱松城,把岡崎城讓給信康。在7月元服時,從信長接受偏諱「信」字。元龜元年(1570年)正式成為岡崎城的城主。 信康自小就勇猛果敢,在天正元年(1573年)完成初陣。 天正三年(1575年)的長篠之戰中以大將身份參戰,之後在與武田氏的戰役中獲得軍功受到注目。特別在天正五年(1577年)8月,遠江橫須賀之戰中的退卻戰中擔任殿軍,令武田軍不能越過大井川,率領岡崎眾輔助家康。 天正七年(1579年)8月3日,家康到訪岡崎城,翌日信康離開岡崎城並被移至大濱城。之後信康被移至遠江的堀江城、二俁城,在9月15日被家康命令切腹,年21歲。 信康切腹的事件在『三河物語』中有詳細的記述。根據此書記載,信長的女兒德姬和跟今川氏有關係的築山殿不和,與信康的關係都相當差,天正七年(1579年),德姬向父親信長寫了12項事情的信書,並拜託德川家重臣酒井忠次作為使者送信給信長。信中包括了自己與信康不和及築山殿與武田勝賴內通的事情。信長質問使者忠次,忠次完全沒有庇護信康並確認書信所寫的是事實。結果,信長要求家康讓信康切腹。 在德川家中反對把信康處死的人有很多,甚至有家臣主張破棄與信長的同盟關係。信康的傅役平岩親吉想負上責任,要求把自己的首級送給信長。但是家康判斷形勢後,認為這些小手段不能平息信長的怒火,於是決定處決信康。8月29日,首先是築山殿被護送前往二俁城(守將是大久保忠世)途中,在佐鳴湖湖畔被德川家家臣岡本時仲和野中重政殺死。之後的9月15日,事件發生以來一直被幽禁在二俁城的信康被命令切腹。介錯是服部正成,但是正成無法向信康揮刀,最後由負責檢死的天方道綱介錯。 關於切腹的原由有諸多說法,包括父子不和、家中派系鬥爭、與家臣團對立等。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E4%BF%A1%E5%BA%B7
鵜殿氏長 Udono Ujinaga(1549年-1624年) 天文18年(1549年)、今川義元の家臣で三河国上ノ郷城(蒲郡市神ノ郷町。『三河物語』では、西之郡之城とある。)主として宝飯郡一帯(現在の蒲郡市域)を支配していた鵜殿長照の子として生まれる。幼名は新七郎。しかし彼が未だ少年時代であった永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで義元が織田信長に討たれると彼を含めた鵜殿氏の運命は暗転する。鵜殿氏と同じく今川家に臣従していた松平元康(徳川家康)が今川氏から独立を図り、さらに三河一国の統一を目指して侵攻を開始したのである。 永禄5年(1562年)、松平軍の攻撃により上ノ郷城は陥落し父・長照は戦死、氏長も捕縛された。家康は彼の身柄と引き換えに今川氏に臣従していた時期に義元のもとへ人質として差し出していた正室の瀬名姫と嫡男の竹千代を返還するよう今川氏に要求した(氏長の祖父・鵜殿長持の正室は今川義元の妹だったため、氏長は今川氏の当主氏真にとっては従兄弟の息子にあたった)。 交渉はなんとか成立したが、故地を失った氏長は遠江二俣城の松井宗恒のもとに身を寄せた。しかし永禄11年(1568年)、武田信玄と呼応した家康が今川領に侵攻し、二俣城を攻めてくると、氏長は家康に降伏し、家臣として仕えた。 その後、家康のもとで元亀元年(1570年)の姉川の戦い、天正3年(1575年)の長篠の戦いに参加している。天正18年(1590年)の小田原征伐後に家康が関東に移封されると、1,700石を与えられ、旗本となった。 文禄2年(1593年)、従五位下・石見守に叙位・任官する。寛永元年(1624年)6月14日に死去。享年76。諡号:日仙。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E6%AE%BF%E6%B0%8F%E9%95%B7
鵜殿長照 Udono Nagateru(生年不詳-1562年) 鵜殿長持の子で鵜殿氏長、鵜殿氏次の父。通称、蔵太郎。長門守。 三河国宝飯郡の上ノ郷城(蒲郡市神ノ郷町、『三河物語』では、西之郡之城とある)主。今川氏が西進政策を採り続ける中で、三河の東西を結ぶ意味合いを持っていた鵜殿氏の所領は、非常に重要度が高かった。そのため、縁を結ぶことで西進路を確保しようと目論む今川氏によって、鵜殿氏の地位は向上する。また、今川義元の妹が生母ということで、当人も今川家の親戚として重用された。弘治3年(1557年)、父の長持が死去し家督を継いだ(ただし『三河物語』は長持の没年を永禄5年(1562年)とする)。 永禄3年5月(1560年)の桶狭間の戦い以前から、大高城の城代に任命されていたといわれる。だが、大高城は対織田戦線の最先端にあって身動きを封じられ、兵糧枯渇の窮地に立たされていた。義元自身による尾張攻め入りの前哨戦が、この大高城の支援を目的とされている。松平元康(のちの徳川家康)の兵糧運び入れが賞賛されたのは、この時である。窮地から解放されると、その元康と大高城の守備担当を交代させられる。その後の使命や働きなどは明確でなく、義元の本隊からの命令待ちで大高城内で待機していたと考えられる。しかし、肝心の本隊で、義元が移動の小休止中に織田信長によって討たれると、元康よりも先に三河の本領に逃げ帰っている。 義元の子で、今川氏の次なる当主となった今川氏真は武略に欠けた人物であったため、今川氏の支配が弱まった三河では松平家康(義元の死後、家康と改めた)が台頭。多くの領主達が家康に味方する中、鵜殿氏は今川家の縁戚であったことから今川方に留まった。ただしそれは、今川氏との密接な間柄を保持する上ノ郷城の鵜殿総領家だけであって、周辺の下ノ郷城(蒲形城)を有する分家などは家康の味方に転じていった。やがて、清洲同盟を結んで織田氏方に与し、今川氏からの自立・決別色を強めた松平氏と敵対。永禄5年(1562年)には家康からの攻撃を受け、戦死した(『朝野旧聞裒藁』によれば2月4日)。この戦闘で子の氏長と氏次は捕らえられ、駿河に人質となっていた家康の妻・築山殿、嫡男・松平信康との交換に利用された。 一説によると上ノ郷城落城の際に長照は辛うじて城から脱出したものの、現在の蒲郡市清田町にある安楽寺の横の坂で伴資定という者に討ち取られたという。この坂は現在でも鵜殿坂と呼ばれており、この坂で転ぶとその怪我は一生治らないという伝説がある。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E6%AE%BF%E9%95%B7%E7%85%A7

Send this to a friend