首頁 Tags 高梨政頼

Tag: 高梨政頼

三百位人物:三好清海、三好伊三、肝付良兼、由利鎌之助、肝付兼亮、肝付兼護、穴山小助、島津豊久、伊集院忠倉、筧十蔵、根津甚八、海野六郎、望月六郎、山浦国清、高梨政頼、屋代政国、屋代勝永、須田満親、須田長義、蘆田信蕃、小笠原長時、小笠原秀政、犬甘政徳、犬甘久知、二木重吉、溝口貞泰、木曾義利、諏訪頼忠、保科正俊、三木顕綱、三木国綱、長尾晴景、上杉景信、色部勝長、色部顕長、色部長実、河田長親、北条景広、本庄慶秀、安田能元、甘粕景継、鬼小島弥太郎、水原親憲
五百位人物:有馬直純、明智秀満、鵜殿長照、赤尾清綱、増田長盛、鵜殿氏長、脇坂安治、長束正家、岡部正綱、岡部長盛、奥平貞能、葛山氏元、蒲生賢秀、蒲生秀行、京極高吉、松平広忠、籾井教業、三好義興、青山忠成、石川家成、石川康長、畠山昭高、薄田兼相、大野治長、板倉勝重、筒井定次、伊奈忠次、鈴木重朝、榊原康勝、酒井忠勝、内藤清成、牧野康成、山口重政、尼子誠久、斯波義銀、毛利長秀、津川義冬、立原久綱、織田広信、織田信秀、織田信澄、織田信包、河尻秀隆、河尻秀長、柴田勝豊、丹羽長重、宇喜多詮家、平岡頼勝、松野重元、原田直政、三村元親、前田利長、前田利政、蜂屋頼隆、古田重然、小早川秀包、森忠政、生駒親正、柴田勝政、佐久間安政、前野長康、小野木重次、桑山重晴、仙石秀久、三好長治、徳永寿昌、戸田勝成、百々安信、中村一氏、原長頼、平塚為広、堀尾吉晴、溝口秀勝、徳山則秀、毛受勝照、土岐頼次、氏家行広、日根野弘就
三百六十位人物:北条氏直、足利晴氏、結城秀康、岡吉正、一栗高春、北条景広、富田隆実、木下昌直、岡部元信、円城寺信胤、遠藤直経、岡本禅哲、安倍元真、大宝寺義氏、福原資孝、斯波詮真、佐藤為信、筑紫広門、春日元忠、戸蒔義広、鬼庭良直、真田信綱、太田政景、岡利勝、蒲池鎮漣、高島正重、佐伯惟教、山上照久、穂井田元清、阿蘇惟光、織田秀信、正木為春、大関高増、鵜殿長照、那須資胤、織田信孝、西園寺実充、長野具藤、奥平貞能、尼子勝久、上杉景虎、天野隆重、北畠晴具、朝比奈泰能、京極高吉、徳川秀忠、上条政繁、山村良候、林秀貞、高森惟直、畠山義隆、北畠具房、田尻鑑種、一色義幸、土居清良、平岡房実、小梁川宗秀、岩成友通、武田信豊、徳永寿昌、本願寺教如、高梨政頼、片桐且元、朝倉景紀、赤松則房、小島職鎮、横瀬成繁、浦上宗景
高梨政頼 Takanashi Masayori(1508年?-1576年?) 父は高梨澄頼、母は長尾能景の娘?。姉妹に村上義清側室の於フ子。子に頼治、秀政、娘(中条景資室)、頼親、娘(於北、真田信綱正室)。正室は岩井式部大輔成能の娘?。 全盛期を築いた祖父高梨政盛の死後、高梨氏は村上氏の攻勢や近隣の長沼島津氏や井上一族・須田氏ら上杉定実派との対立により一時逼塞状態に陥っていたが、高梨政頼の代には長尾為景の援助を受けたこともあり、上杉派の豪族と和解あるいは敵対する相手を滅ぼすことに成功していった。そして武田氏の信濃侵攻に対して村上氏と和睦連合して2度まで撃退する。 村上氏が配下の屋代氏らに裏切られて敗れた後も他の北信国衆と共に武田氏に抵抗を続けるが、弘治3年(1557年)2月に水内郡葛山城を落とした武田軍は、高梨氏の本拠地中野に迫る状況となる。同年4月には長尾景虎(のち上杉政虎)が北信に出兵するが、中野北部の志久見郷の市河氏など武田方に帰属する国衆も出現し、高梨氏は挟撃の危機を迎える(第三次川中島の戦い)。 第四次川中島の戦いに先立つ永禄2年(1559年)3月、武田方の海津城代春日虎綱(高坂昌信)の攻撃により中野城は陥落。根拠地を追われた政頼は飯山城にまで後退を余儀なくされた。高梨氏は独立の国人領主としての力を次第に失い、長尾家(翌年には上杉に改姓)への依存度を強めることになる。 永禄4年(1561年)に上杉政虎が後北条領国へ侵攻した関東侵攻に際しては飯山城に残っていたと思われ、同年9月の第四次川中島の戦いに参陣して子の秀政・頼親らと共に活躍するが、旧領復活は成らなかった。 晩年については良くわかっておらず、第四次川中島の戦い以前に没していたとする説もある。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A2%A8%E6%94%BF%E9%A0%BC

Send this to a friend