首頁 Tags 高山右近

Tag: 高山右近

中川清秀 Nakagawa Kiyohide(1542年-1583年) 父は高山重清(中川重清、中川佐渡守重清)で、母は中川清村の娘。 父である中川重清は、桓武平氏良文流の後裔である常陸の高山重利の次男とされるが疑問点もある。 高山右近の父・高山友照は、中川清秀の父・高山重清と兄弟であるとされているが、高山友照は摂津出身とされているので、常陸から来たのか、元々摂津出身なのか、それともどちらかが明らかな養子なのか?余計に出自に疑問が残り、良くわからない。 ともあれ、中川清秀の父・高山重清は1535年頃?に常陸から京の都に上って、その後、摂津国に移ると中川清村に仕えたとされる。 その後、主である中川清村の嫡男・中川清照が戦死し、跡取りがなくなった中村清村は、娘と高山重清を結婚させて養子に迎え、このとき、高山重清は平氏から源氏に改め、中川重清と改名した。恐らく、父・高山重清は有能な武将だったのだろう。推測するに、1541年前後と考えられる。 そして、子になる中川清秀が1542年に誕生したのだ。幼名は虎之助。通称は中川瀬兵衛。 中川重清は稲田城主として摂津の小大名となったが、周辺には巨大勢力があり、領土経営は大変難しい状態であった為、池田城主・池田勝正に最初従属。 しかし、1564年、山崎恒政(山崎右馬允)に攻められて敗走。のち稲田城を再興するが、1570年には摂津国平定をめざす荒木村重に攻められて降伏。以後、池田氏家臣である荒木村重の重臣として仕えた。 父・中川重清の没年や家督が譲られた時期は不明なので、この頃、既に中川家は中川清秀が率いていたと考えられる。 中川清秀の正室は稍姫(熊田宗白の娘、やや)で、1568年には中川清秀の嫡男・中川秀政、1570年には次男・中川秀成が誕生している。 池田家の一家臣であった荒木村重は、池田城から池田勝正を追いだして池田家を掌握すると、1571年には白井河原の戦いで荒木村重と中川清秀が、茨木城主・茨木重朝と高槻城主・和田惟政を討ち取ると中川清秀が荒木村次を補佐し実質的な茨木城主となった。そして、中川清秀は1577年に正式に60000石の茨木城主となっている。 この荒木村重の活躍に目をつけたのは1568年に上洛を果たした織田信長で、荒木村重は織田信長から厚い信頼を得て摂津一国を任された。 1573年、中川清秀は、柴田勝家が指揮する河内の高屋口の合戦に参加し、宣教師や相手方の首を切り、功をたてた。 1574年11月5日に、荒木村重・中川清秀らは伊丹城を落とし、荒木村重は伊丹城主となり、摂津国を支配。高槻城主となっていた高山右近も、荒木村重の与力として加わったが、荒木村重の活躍もこう言った有能な武将が支えていたことが分かる。 しかし、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)や黒田官兵衛・竹中半兵衛・蜂須賀小六らと三木城攻めをしていた1578年7月、荒木村重が戦線を離脱して有岡城(伊丹城)に戻り織田信長に謀反を起こす。 この荒木村重謀反の原因となった石山本願寺への兵糧の横流しをしたのは、中川清秀の家臣とする説がある。 荒木村重は、織田信長の使者である明智光秀、松井友閑、万見重元に説得や、高槻城の高山右近の説得も受けて、釈明のため安土城に旅だったが、途中で寄った茨木城で中川清秀から「信長は部下に一度疑いを持てばいつか必ず滅ぼそうとする」との進言を受け、伊丹城に戻った。 この事により、織田勢は有岡城を包囲し、有岡城の戦いとなる。 中川清秀や高山右近らも縁故であるということもあって荒木村重に味方し各持ち城にて籠城し、荒木村重は有岡城に篭城。 黒田官兵衛も荒木村重説得の為単身で赴くが、牢に捕えられてしまった。 荒木村重は織田勢に対して徹底抗戦をしたが、中川清秀は10月28日に織田勢と戦わずに降伏し、高山右近も11月に降伏。 荒木村重は圧倒的に不利となったが、1年籠城し翌年1579年9月2日に有岡城は落城した。 領土安堵された中川清秀は、その後、織田信長の家臣となり、丹羽長秀や池田恒興の旗下として転戦。 娘である糸姫は、池田恒興の子・池田輝政に嫁いでいる。 1582年、明智光秀による本能寺の変で、織田信長が横死すると、高山右近と共に行動し羽柴秀吉勢に合流して、山崎の戦いで主戦力として活躍。 1583年、柴田勝家との賤ヶ岳の戦いでも先鋒二番手として参戦。 しかし、大岩山砦を高山右近・三好秀次らと守備していた際に、柴田勝家勢の勇将・佐久間盛政の猛攻を受けた。 中川清秀の家臣、熊瀬莇助、松田孫三郎、田代太左衛門、奥彦太夫、同彦作、入江土佐、寺井弥次右衛門、高山総吉らも防戦に奮闘したが、中川清秀の弟・中川淵之助も討死し、中川清秀も自害。享年42。 墓所は大阪府茨木市の梅林寺、滋賀県長浜市大岩山砦跡。 この時、命を落とした中川家臣は、中川清秀以外に、中川淵之助熊田孫七資一熊田兵部次矩熊田三太夫資之森本道徳山岸監物重本杉村久助正英森権之助鳥養四郎太夫大田平八菅杢伝兵衛重武野尻出助重英藤井半右衛門田代太左衛門奥彦太夫光英奥彦作奥孫兵衛田能村杢左衛門入江土佐赤井弥次右衛門元定高山総吉桜井河内正利野口新助田島伝次右衛門玄正亡知半。 他には台所人11人仲間御小人20人余雑兵300人となっている。 当時の梅林寺住職・是頓和尚は、中川清秀戦死の報を受けると、すぐさま賤ヶ岳に向かい、遺髪を貰い受けて持ち帰り菩提を弔ったと言う。 中川家の家督は長男・中川秀政が相続して茨木城50000石を継ぎ、その後見人には古田重然がついた。 この古田重然は千利休の死後は天下一の茶人となった人物で「利休七哲」の一人とされ「織部流」開祖で、古田織部と呼ばれた方が有名か?古田重定(茶人である)の子で、妻は中川清秀の妹・せんである。(1569年に結婚) その後、中川秀政は古田重然と共に、小牧長久手の戦いや、四国攻めに参戦し手柄を立て、三木城主13万石となり、1590年の小田原攻めにも2000を率いて出陣している。 しかし、1592年の文禄の役で、朝鮮で鷹狩りの最中に敵兵に包囲されて亡くなった。享年25。 出處 http://senjp.com/nakagawa
丹羽長重 Niwa Nagashige(1571年-1637年) 丹羽長秀的長子,母親為織田信廣之女-深光院,正室為織田信長的五女-報恩院,幼名鍋丸,號玉峰。 天正十一年(1583年),於賤岳之戰中與父親丹羽長秀一同出兵封鎖琵琶湖的水運並協助羽柴秀吉擊敗柴田勝家,更因此功獲得包含若狹、越前及加賀半國一百二十三萬石的大封賞,長秀遂以北之莊城為居城,長重亦被任為府中城主。天正十二年(1584年)二月,丹羽長重代替重病的父親對領內的小松山王神社奉納,其後代理臥病在床的丹羽長秀應羽柴秀吉之令發兵參與小牧、長久手之戰。 翌年天正十三年(1585年)四月十六日,丹羽長秀辭世,年僅十五歲的丹羽長重繼承了父親一百二十三萬石的遺領,對於將這番龐大的領地交給這樣的年輕人,羽柴秀吉並不放心,兼之現在已經不用再顧忌織田家老同僚的觀感,不需再對丹羽家饗以龐大封賞以安昔日織田家臣之心,因此已穩固執掌天下的秀吉很快就在同年八月出兵富山城攻打佐佐成政時任命丹羽長重為先鋒,然後以長重的家臣違反軍律為由,削去丹羽家越前、加賀的領地,丹羽長重被左遷為若狹小濱城主,封地也僅餘若狹十二萬石。之後在天正十五年(1587年)出兵九州時,丹羽長重再度被豐臣秀吉以丹羽軍兵士違反軍律的藉口褫奪若狹的領地,減封為加賀松任城主,領地大幅縮水至四萬三千石,自長秀以來的重要家臣如長束正家、村上義明、溝口秀勝、戶田重政等人也相繼被豐臣秀吉策誘招募,轉仕豐臣家。 慶長三年(1598年)四月,丹羽長重在文祿之役侵略朝鮮時立功,於是統算他自小田原征伐以來的功績,加封加賀小松八萬石,加上松任的舊領,封地共達十二萬五千石,官拜從三位參議兼加賀守,隨後丹羽長重移居小松城,被世人稱為小松宰相或小松參議。 同年八月,豐臣秀吉病逝。丹羽長重親近德川家康,監視與石田三成親近的金澤城主前田利長。慶長四年(1599年)九月,增田長盛與長束正家向德川家康告密表示以前田利長為首,結合了淺野長政、大野治長及土方雄久等人意圖暗殺家康,德川家康迅速於十月進行反制讓淺野長政被逼在甲斐隱居,大野治長及土方雄久則分別被結城秀康及佐竹義宣拘禁。而對坐擁能登加賀八十萬石的前田利長,德川家康則以「前田利長有叛意」為由,任命丹羽長重為先鋒,組織前田討伐軍出兵加賀,致使前田利長在驚恐之下以家臣橫山長知為使,並託細川忠興代其向德川家康遊說,最後以母親芳春院為人質前往江戶作為條件請降。 翌年,德川家康發兵會津征伐上杉景勝,丹羽長重被置於前田軍指揮下進攻津川口,是役之中丹羽長重和前田利長爆發嚴重口角,丹羽長重對前田利長高傲的態度大為反感,於是以患病為理由領兵回國,前田利長也因為丹羽長重反常的行動起疑,擔心長重攻打前田家在加賀的領地,故隨後回軍歸國。 此時回到小松城的丹羽長重也收到了石田三成發表討伐家康的檄文,這使本與德川家康交好的丹羽長重一時陷入兩難之境,同時在加賀南部的諸大名已先後為大谷吉繼的勸說下加入西軍,於是領軍歸國的前田利長也在七月廿六日宣布加入東軍打著救援伏見城之名領兩萬五千大軍南下,前田利長南下之際先向松任的丹羽長重送信要求加入東軍參戰,丹羽長重考量到昔日兩人的恩怨以及目下自家周遭態勢而拒絕,轉投西軍,反而親領三千士兵據小松城倚天險防守,小松城本就是北陸有名的堅城因此當丹羽長重遭到前田利長大軍包圍攻擊時,雖然手上僅有三千兵馬仍穩守不失,最後前田利長判斷短時間內在小松城必定難以討好,於是索性解圍,繞路攻打大聖寺城的山口宗永,丹羽長重隨即應山口宗永之求出兵救援,侵入前田領內騷擾,但是山口宗永守不到三日,大聖寺城便為前田利長大軍攻破,前田利長挾大勝之姿持續向南進攻,對青木一矩的北之莊城發動攻擊,然而此時西軍在北陸的大將大谷吉繼為了遏阻前田軍的攻勢放出了「上杉景勝制壓越後出兵加賀」、「大谷吉繼發出援軍」等流言,加上大谷吉繼修改了前田家臣中川宗半的密信令前田利長以為大谷吉繼想從海路攻打金澤,於是退兵。 前田利長考慮到撤退途中丹羽長重追擊的可能性,於是將部隊一分為七分散撤退,分別由山崎長德、高山右近、奧山榮明、富田直吉、今枝民部、太田長知率領,最後由長連龍擔任殿軍隱密行動。但是前田軍撤退的消息仍然為丹羽長重得知,決定在前田軍撤退必經的小松城周遭伏擊,小松城周圍都是泥沼深田,不良於行,可以牽制住前田大軍的機動力,反而方便丹羽長重以小部隊游戰。 八月九日,前田軍通過小松城東方淺井畷的山代橋時丹羽軍的江口三郎左衛門正吉對長連龍的殿軍發動突擊,丹羽長重也隨後引援軍來戰,由於淺井畷的地形限制了大軍威力的發揮,使長連龍陷入苦戰,最後因為山崎長德的回援使丹羽長重在兵力上陷入劣勢而撤退,雙方死傷慘重,前田軍更有千人以上陣亡,兩軍未能分出勝負,前田軍順利回到金澤城。前田利長回到居城後方知中計,而家康也以土方雄久出使在九月八日要求利長向美濃進軍,但是利長之弟利政為了防備前田家不會因為西軍勝出而滅亡,據能登宣佈加入西軍。雖然前田家中出現內亂,但是丹羽長重也深知以本身十二萬石的兵力實在不及前田利長所能發動的大軍,尤其大谷吉繼已馳援關原,北陸之事全由丹羽長重一家承擔,於是丹羽長重遣使者透過德川家的軍師本多正信向德川家康表明他對家康並沒有敵意,最終達成與前田利長雙方交換人質和睦。 關原之戰後,丹羽長重因從屬西軍,所領遭到沒收,後蟄居於江戶芝高輪泉岳寺,直到慶長八年(1603年)才被將軍德川秀忠再度起用於常陸古渡獲得一萬石領地。後於慶長十九年(1614年)的大阪冬之陣中參加鷸野之戰,翌年夏之陣中於若江合戰中擊破豐臣方木村重成軍的左翼木村宗明隊立下戰功,並於元和五年(1619年)增俸常陸江戶崎一萬石,同八年又增加至磐城棚倉五萬石。 寬永元年(1624年),丹羽長重奉幕府命令,為據守關東的入口構築棚倉城,長重將棚倉城建在赤館以南的久慈川河岸台地上,並將原本位於久慈川河岸的都都古和氣神社遷移,把棚倉城修建為擁有本丸、二丸的輪郭式大城。寬永三年(1626年),丹羽長重隨將軍德川秀忠上洛,於天皇行幸二條城時擔任「御酌」之務。 寬永四年(1627年),在蒲生家被改易後,丹羽長重移封至其舊領陸奧白河,領有白河、石川、田村、巖瀨四郡十萬七千石的封地,同時奉德川秀忠之命於寬永六年(1629年)起耗費四年光陰以伊達、最上、佐竹、上杉的奧羽地區的外樣大名為假想敵修築白河城鞏固此一接連奧羽、關東的要衝之地。丹羽長重遂於阿武隈川的氾濫平原上東西向的獨立丘陵上進行修築,興建一座梯郭式的平山城,增設可儲藏米糧二之丸及三之丸,並加構三重櫓,使其易守難攻。築城同時丹羽長重也極力整備招徠各地商人、職人移居城下町,並且將失領時流散的家臣重新聚集,重編家臣團。寬永十四年(1637年)閏三月四日,丹羽長重於江戶櫻田上屋敷辭世,享年六十七歲,法名為大鄰寺傑俊英。其子光重後於寬永二十年(1643年)移封二本松存至幕末。 出處 http://m.gamebase.com.tw/forum/3867/70391985
內藤如安 Naito Joan(1550年?-1626年) 松永長賴的長子、母為內藤國貞之女;幼名五郎丸、初名忠俊;「如安」為基督教教名「Joan」日語音譯。 父親內藤宗勝(松永長賴),為三好氏重臣松永久秀的弟弟。三好氏在三好長慶時代稱雄於畿內,在三好氏攻打丹波國的時候,松永長賴嶄露頭角,成為八木城的城主。為鞏固人心,松永長賴娶丹波守護代內藤國貞的女兒為妻,並繼承內藤氏,改名內藤宗勝。 永祿七年(1564年),如安在路易斯.弗洛伊斯的介紹下,昄依基督教。次年,父親長賴在與赤井直正的交戰中被殺,如安繼任丹波守護代內藤家家督之位。此時三好氏的勢力急劇衰退,丹波國國人赤井氏和波多野氏的勢力崛起,並不斷蠶食內藤氏的領地。 當時,室町幕府的將軍足利義昭與織田信長對立,如安在衝突中支持足利義昭;因此在織田信長消滅足利義昭勢力之後決定消滅內藤氏。天正六年(1578年),織田信長派遣家臣明智光秀攻陷八上城,沒收內藤氏的領地。足利義昭在備後國的鞆重建室町幕府時,如安出仕於該幕府。 天正十三年(1585年),如安成為小西行長的重臣,開始使用小西氏的名乘。萬曆朝鮮戰爭時期,如安作為日本的使者,前往北京,同明朝進行和平談判。如安因官位從五位下飛驒守,全稱「小西飛驒守如安」,明朝和朝鮮王朝的史料中誤將他記作「小西飛」。 慶長五年(1600年),主君小西行長在關原之戰中戰敗,被德川家康斬首。如安逃往平戶,投奔同為信仰基督教的肥前國大名有馬晴信。此後先後成為加藤清正、前田利長的客將。然而1613年,德川家康下達伴天連追放令,驅逐基督教徒。翌年,如安同高山右近一起被放逐到呂宋,到達呂宋時,受到當地總督的歡迎。 寬永三年(1626年)死於菲律賓馬尼拉,享年77歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A7%E8%97%A4%E5%A6%82%E5%AE%89
千利休 Sen no Rikyu(1522年-1591年) 田中與兵衛之子,幼名與四郎,法號宗易。茶道宗師,日本人稱茶聖。時人把他與今井宗久、津田宗及合稱為「天下三宗匠」。 千利休之祖,是侍奉在室町幕府第八代將軍足利義政身邊的同朋眾田中千阿彌,當時因為將軍家的繼承發生爭議,支持義政之弟義視以山名持豐為首的西軍與擁立義政之子足利義尚以細川勝元為首的東軍在京都混戰,整個京都幾乎被戰火夷為平地,史稱應仁之亂。應仁之亂後,田中千阿彌逃往攝津,隱於堺的今市町,並改為「千」姓。 當時堺是全日本數一數二的對外通商口岸,為日本國內工商業精華會粹之地,行商風氣十分昌盛,而當時商人之間最流行的交流活動莫過於茶道,自幼生活在堺市的千利休從少年時代開始便時常在父親與兵衛及其他富商舉行的茶會裡敬陪末座參與,因此培養出對茶道的興趣。 但是年少的千利休卻對這種娛樂性的豪華茶會有著不滿,他覺得豪奢的茶會並沒有內函,充斥其中的是虛偽,所以在十六歲時跟隨茶人北向道學習「書院茶」,所謂「書院茶」就是一群茶人在書齋聚會進行文學討論,同時學習茶 道,體會茶的意境。 後來千利休進一步拜當代的茶道名人武野紹鷗為師,學習追求幽靜靈空的「侘茶」之後千利休綜合兩派的心得特色獨創出屬於自己的茶道禮儀流派。 天文十年(1541年),利休之父千與兵衛去世,利休改名千宗易繼承家業。四年後利休召開生平第一次茶會,廣邀堺的商人與町民參與贏得好評,此後每年利休必定召開三至四次茶會,因而奠定茶道家之名,利休流茶道開始受到世人重視。 永祿十一年(1568年),織田信長擁足利義昭上洛繼任為幕府第室町十五代將軍。信長大致征服近畿一帶後,以其雄厚武力為後盾要求擁兵自重的商人自治都市「堺」獻上龐大軍費,堺的富商雖極力反抗,但在信長的武力恫嚇下,最後由親信長派的富商今井宗久從中斡旋於翌年終屈服獻出資金。 堺市對信長是重要的,透過堺市信長可以輕易地獲取龐大的金錢及源源不絕的補給,尤其當時堺市鑄造的洋槍更是織田家洋槍隊的主要來源,故信長也開始重視茶道,以此與堺市諸商交流。 當時堺市公認的一流茶人有三名,便是今井宗久、津田宗及和千利休三人。身為茶道家的千利休經今井宗久的推薦與今井宗久、津田宗及一同被信長賜與「茶頭」的地位,所謂的茶頭便是信長召開茶會時總管一切的司茶者,地位還高於地方的大名,於是利休開始跟隨信長往來於堺和安土城。 天正十年(1582年),本能寺之變,信長身故。率軍於山崎合戰中討滅明智光秀的羽柴秀吉取代信長掌握大權,秀吉為和堺市保持友好,仍然十分重視千利休、津田宗及、今井宗久三名茶頭,由於以前秀吉為軍費之事與堺市時有往來,尤其和利休相識最久、關係最為密切,因而在不久後便拔擢利休為第一茶頭,並在天正十三年(1585年)晉升關白時將千利休推薦給正親町天皇,正親町天皇封他為利休居士,使他在茶道領域的地位大為提升,其中不只有細川忠興、織田有樂齋、高山右近、金森長近、前田利長等許多大名及城主熱中利休流茶道,連權勢僅次於秀吉的豐臣秀長與德川家康兩人也都對利休推崇之至,此外利休流的樸實靜逸也得到普羅大眾'的回應共鳴。 但是從此之後千利休與秀吉卻漸行漸遠,在茶道上秀吉崇尚奢華,喜愛代表貴族文化的高價茶道名器,舉行茶會時也愛好盛大華麗的排場,利休偏愛無名茶具及狹小茶室,尋求靜之心的美學完全背道而馳。而且同時身任秀吉政治咨詢者的利休在批評秀吉的施政時用詞應對刁鑽毒辣,再之因親近家康而與豐臣家當權的奉行石田三成不睦,曾有數次在茶會上千利休的言語惹得秀吉大怒難遏甚至抽刀追殺,千利休都只好逃入秀吉之弟豐臣秀長的宅邸已尋求庇護。 天正十九年(1591年),素來喜愛侘茶且屢次保護利休的豐臣秀長因病逝世,當在茶會上利休再次鼓動毒舌諷刺秀吉,秀吉怒火攻心下大喝一句:「滾回堺的街道去。」利休被迫回到堺市再不涉足京都。 不久後,因為利休在二年前資助京都大德寺修建山門口,住持特立千利休木雕像於金毛閣旁,使身為關白的秀吉好像自其足下經過,而且爆發利休曾利用自身權威認可一些其他名家不以為優秀的平價茶具並出賣得巨利一事,引起秀吉勃然大怒,下令放逐,後又放逐命上追加一道切腹賜死的命令,利休切腹,年七十歲。 得自武野紹鷗傳承的千利休終生提倡以清靜之心來體會茶道,被譽為後代茶道之祖,利休死後其子與弟子分別建立現世風行的主要茶道三家表千家、裏千家以及武者小路千家。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/archive/topic/316192
吉川經家 Kikkawa Tsuneie(1547年-1581年) 吉川經安的長子、母為吉川經典之女、妻為境經輝之女;幼名千熊丸,通稱小太郎。 弘治二年(1556年)吉川本家家督・吉川元春進攻石見,父親經安被配置在福光城。永祿四年(1561年),那賀郡音明城城主福屋隆兼因領土問題反叛毛利家。年僅14歲的經家隨父討伐福屋隆兼。 天正二年(1574年),父親經安隱居,27歲的經家繼承石見吉川家。身為吉川一族(安芸吉川分支石見吉川),經家追隨「鬼吉川」吉川元春轉戰各地。 隨著中國毛利與近畿織田兩個強大勢力的接鄰,兩家的戰爭亦無可避免地隨之而展開。天正五年(1577年)10月,羽柴秀吉受織田信長的之命,作為織田家中國征伐軍的總大將,負責織田家中國地區的軍務。中國地區的城池一個接一個的落入秀吉之手。 天正八年(1580年)5月,秀吉完成但馬攻略,留弟弟羽柴秀長支配但馬,開始將目光投至因幡的鳥取城。天正八年(1580年)9月21日,風聞秀吉攻來的鳥取城城主山名豐國力排眾議,向家臣表達向秀吉投降的決定。家臣森下道譽、中村春統等屢勸不果,遂將山名豐國放逐,向毛利家負責山陰地區軍務的吉川元春請求派遣將領入衛鳥取城。 鳥取城是依著險峻的久松山而建成的山城,西北接連丸山、雁金山,鄰近千代川、袋川。利用天然地形使鳥取城成為一座易守難攻的要害,更成為因幡國的重要據點。宗家的毛利輝元和吉川元春、小早川隆景都知道鳥取城是中國地方毛利陣營的最前線,甚為重要,關系到織田勢能否進出中國地方。吉川經家被派遣擔任鳥取城城代,入城防衛。 天正九年(1581年)2月26日,經家離開福光城,從溫泉津乘船出發,由隱岐水軍將領奈佐日本助、鹽冶周防守、佐佐木三郎左衛門等護送,向鳥取城進發。3月18日,經家帶同400人的援軍進入鳥取城。面對將要來臨的秀吉大軍,經家已有被打敗的心理准備,檯棺進城,表明已有決死的覺悟。然而,當經家調查固守城池所需物資時,他大感愕然。原因是防守鳥取城的山名家部隊約1000人,毛利吉川軍約800人,鄉民約2000人,鳥取城約有全體4000人。他發現固守城池所需糧食不夠整整四千人吃。經家馬上派人從近鄰的農民籌措米糧,不過太遲。秀吉已經透過細川藤孝、宮津屋甚兵衛,宮津屋喜右衛門等人,指示附近的商人以高價買下因幡全部的米糧。經家唯有向毛利家請求糧食救援。 經家的想法是,當秀吉攻來,說的是從夏末天到晚秋的籠城攻擊。因此如果有足夠糧食給城中軍民挨過秋天,秀吉大軍將要在山陰度過嚴寒的冬天,到時秀吉就不得不退。可是,鳥取城的貯糧又未知否足夠。 此外,經家在雁金山築寨,配置500多人,由鹽冶周防守高清駐守,以及在丸山築寨,由奈佐日本助駐守。經家務求將連成鳥取城(久松山)一雁金山一丸山防線,以發揮鳥取城的長期作戰能力,令秀吉知難而退。經家更對鳥取城對出的加露浦做特別安排,以維持海路的聯絡。當時補給路的大動脈是由千代川進入袋川,再經由丸山城、雁金山至鳥取城。 秀吉大軍的行動很快。天正九年(1581年)6月25日,秀吉率領二萬多人的大軍從姬路城出發,與但馬竹田城的秀長五千兵會合,由但馬口攻入因幡,越過戶倉峠,穿過若櫻、私都谷、三代寺、宮之下、岩倉、瀧山、小西谷,四日後突然出現於帝釋山。秀吉在鳥取城的東面本陣山著陣,俯視整個鳥取城。秀吉迅速將鳥取城徹底包圍。 秀吉在鳥取城外構築柵欄、矢倉、堀溝等圍城工事。堀溝闊十間.深五間,堀底有逆木及樁子。每十町設置一座三層櫓,夜間火燃起火把,把黑夜照得像白天一樣,並下令馬迴眾巡回警固,不許城中一個人溜出城外。秀吉采用軍師黑田官兵衛的斷水斷糧的圍城戰略。鳥取城攻略成了一場兵糧戰爭。 此外,秀吉派遣部將宮部繼潤占領鳥取城與雁金山之間的道祖神谷,並進攻經家設置的雁金山寨,以斷絕經家與城外的聯絡。雁金山寨的鹽冶周防守高清與宮部繼潤死戰,不過在猛攻之下,鹽冶周防守高清不敵棄寨,並跑到丸山寨,與奈佐日本助一起死守。經家失去雁金山寨的屏障,鳥取城更形孤立。天正九年(1581年)8月13日,信長更命令丹波的明智光秀、丹後的細川藤孝、攝津的池田恆興、高山右近、中川清秀准備出陣,務求拔下鳥取城。 毛利家以水陸兩路向鳥取城提供補給。可是秀吉大軍之迅速著陣及嚴格的包圍網令由陸路運來的救援物資進入不了鳥取城。水路方面,毛利方以25艘大船編成水軍,押運米糧至鳥取城。天正九年(1581年)9月16日,自丹後,但馬運送軍糧至秀吉陣營的細川藤孝,松井康之為數1500人、60餘艘警備船的水軍與和毛利水軍發生沖突。結果秀吉方水軍擊敗毛利方水軍。及後松井康之在伯耆泊城再擊敗毛利水軍眾鹿足元忠,奪取船5艘船,擊破65艘。從海路運來物資不能進入鳥取城。鳥取城處於孤立無援的狀態。 秀吉的「兵糧攻」令鳥取城的所有糧食在僅僅半個月便被吃光。在嚴重缺糧、軍民挨餓的情況下,鳥取城內的軍民吃樹芽,吃草;樹芽、草被吃盡後,他們殺死牛馬來吃;牛馬被殺清吃盡後,終於痛苦的開始人吃人、父母吃孩子的慘況。缺糧中的鳥取城成了一個地獄。 天正九年(1581年)10月20日,秀吉以堀尾吉晴和一柳直末為使者,向經家表達投降勸告,表明只是城代的經家毋須受罪,只須讓放逐山名豐國的山名家臣森下道譽、中村春統,毛利方海賊奈佐日本助、鹽冶周防守高清、佐佐木三郎左衛門切腹自殺即可,並願意將跟隨經家入城的毛利方部隊安全遣返安芸。但經家表示即使只是城代,亦須為失去地池承擔起全部責任,表明以自己加上山名重臣森下,中村等人的切腹作為條件來換取鳥取城內所有人的性命。 當初,織田信長對經家的切腹自殺雖然表現難色,但結果也接受經家的請求。天正九年(1581年)10月24日,秀吉向經家送贈酒三樽及鯛魚五尾。經家在城中設宴,與城中諸人交杯。同年10月24日未明,經家在城中山麓的真教寺切腹自殺,由靜間源兵衛介錯,年35歲。 出處 http://baike.baidu.com/view/899963.htm
和田惟政 Wada Koremasa(1536年-1571年) 和田惟助的長子、妻為高山友照之女;別名彈正忠、紀伊入道,「攝津三守護」之一。 永祿八年(1565年),將軍足利義輝被家臣松永久秀等暗殺,惟政將出家被軟禁的義輝弟.覺慶(足利義昭)和仁木義政一起從一乘院救了出來,暫時躲藏在自己的宅邸,之後跟隨流浪的義昭。在越前國的朝倉義景、尾張國的織田信長的援助下,還俗的義昭就任第15代將軍,就從信長處獲得了攝津國芥川山城,之後又被給予高槻城,惟政和池田勝正、伊丹親興共同被足利義昭任命為攝津國的守護,三人被稱作「攝津三守護」。 之後惟政在作為足利幕臣大力參與京都周邊外交與政治的同時,作為織田氏家臣也參與信長的政治及會戰,擔任義昭和信長之間的橋樑的職務。特別是永祿十二年(1569年)10月,惟政作為向信長請求援軍的播磨國赤松氏的援軍,參加了攻擊備前國浦上氏的戰役。 在那之後,惟政在因事前往美濃國的信長處的途中,收到信長傳來的蟄居的命令。據路易斯.弗洛伊斯(Luís Fróis)稱惟政受到的是「不允許接見」、「破壞近江國內惟政所擁有的城市」「沒收收入中的2萬Cruzado(葡萄牙幣)」這類嚴厲的處罰。雖然弗洛伊斯的記錄認為這是朝山日乘向信長誣陷惟政的結果,但可以推測出同時期信長和足利義昭的關係惡化才是最大的原因。惟政對此剃髮抗議。 元龜元年(1570年)惟政在京城謁見正要攻擊越前的信長後,信長恢復了他的地位。據弗洛伊斯稱有增加3萬Cruzado的俸祿。同年6月,作為織田氏一方參加了姊川之戰。11月,面對變成多方敵對勢力的形勢,信長利用將軍義昭的權威與六角氏和解,惟政曾與在六角氏下同樣作為甲賀當地國人眾的三雲成持.三雲定持之間有密切聯繫,在這次與六角氏的和解中扮演重要角色。 元龜二年(1571年)白井河原之戰中和伊丹氏、茨木氏討伐與松永等三好三人眾聯盟的池田知正,惟政誤計了敵人的數量,下令突進,未曾料到正好被埋伏在山麓的池田氏家臣荒木村重包圍戰死,時年42歲。 後話 惟政死後不久,兒子惟長一直存有為亡父報仇的念頭。元龜四年(1573年)三月,惟長殺了親荒木派叔父和田惟增。兔死狐悲,與惟增同為親荒木派的家老高山右近重友深覺危險,立刻通報村重,村重指使高山右近在城發動叛亂,同時自己也出兵高槻呼應。右近與惟長在城中互鬥,雙方都負了傷,結果荒木一黨和高山右近佔據了高槻城,惟長逃亡伏見,不久死去,和田氏走向沒落。 惟政在自己的領地上熱心地保護基督教的事在弗洛伊斯著的『日本史』上有詳細的記載。惟政除了在弗洛伊斯會見織田信長的時候擔任中間人,還為了不讓武士去教會住宿積極地做武士的思想工作,在皇宮發出伴天連(基督教)驅逐令的綸旨後想使其撤回,硬要讓傳教士坐自己的上座等對基督教非常熱忱。還很積極地協助畿內的基督教傳教。但是,因為惟政自身在接受洗禮之前就​​戰死了,對於他的死弗洛伊斯很是哀嘆。再者,有惟政在遇到基督教之前屬於禪宗的說法。 出處#1 http://baike.baidu.com/view/898047.htm 出處#2 http://baike.baidu.com/view/1056949.htm
堀秀政 Hori Hidemasa(1553年-1590年) 堀秀重的長子、妻為喜多島良滋之女,幼名菊千代,通稱久太郎。 出生於美濃國,幼時和從兄弟奧田直政(堀直政)由伯父一向宗僧人-堀掃部太夫一同養育。最初仕於織田信長側近-大津長昌,接著仕於木下秀吉(豐臣秀吉)。 在永祿八年(1565年)成為織田信長的小姓和側近。16歲時擔任將軍足利義昭暫住的本國寺的普請奉行等,負責各種奉行職,確立了側近的地位。信長的側近除了秀政以外,還有菅屋長賴、福富秀勝、大津長昌、矢部家定、長谷川秀一、萬見重元等人。 秀政漸漸從奉行職轉移到戰場上有活躍的表現。參加織田軍主要的合戰,天正三年(1575年)參與討伐越前的一向一揆。天正五年(1577年)的紀州征伐,離開信長的本陣,與佐久間信盛和秀吉等人一同率領一支部隊。天正六年(1578年)的有岡城之戰中與萬見、菅屋等人率領鐵砲隊。天正七年(1579年)安土宗論時與菅屋、長谷川等人擔任奉行。天正八年(1580年)與菅屋、長谷川等人擔任傳教士屋敷的造營奉行。同年,在信長向蜂須賀正勝送出的書狀中發出副狀。 天正九年(1581年)的第二次天正伊賀之亂中在信樂口率領部隊。同年.被賜予近江國阪田郡2萬5千石。天正十年(1582年)甲州征伐中,跟隨信長進入甲信,因為織田信忠已經消滅武田氏而沒有參加戰鬥。本能寺之變前,明智光秀被奪接待德川家康的役職後,與丹羽長秀一同負責,在這次接待後,被編制到備中的秀吉之下。 天正十年(1582年),信長在本能寺之變後死去,秀政作為秀吉的軍監留在備中國。此後成為秀吉的家臣,在山崎之戰中參戰。與中川清秀、高山右近等人擔任先陣。 明智光秀受到柴田勝全的幫助逃離山崎後,秀政把援助光秀的從兄弟明智秀滿迫入阪本城。對敗北有所覺悟的秀滿把先祖代代相傳的家寶讓給秀政的家老直政後,在城中放火自殺。 清洲會議後,秀政取代丹羽長秀拜領近江佐和山城並成為三法師(織田秀信)藏入領的代官和守役。 在天正十年(1582年)10月20日送出的書狀中使用羽柴姓,被認為是在秀吉一族以外最初被賜予羽柴氏的人。翌年(1583年)4月,秀吉進攻越前北之莊的柴田勝家。家康向秀吉送出的書狀中寫著褒揚秀政軍功的字句。 戰後敘任從五位下左衛門督,被賞賜近江佐和山9萬石。因為從兄弟六右衛門是一向宗蓮照寺的住職的關係,於是亦負責與本願寺方交涉。 在天正十二年(1584年)的小牧長久手之戰中,己方遭到德川方大敗,但是秀政把自軍分為3個部隊,伏擊正在追擊的大須賀康高和榊原康政等人,進行挾擊並令其敗走,與家康本隊沒有戰鬥並退卻。 天正十三年(1585年),秀吉成為關白,秀政敘任從四位下侍從兼左衛門督。在同年的紀州征伐(千石堀城之戰、第二次太田城之戰)和四國平定戰中因為軍功而被賜予丹羽長秀的遺領越前國北之莊18萬石,並獲得加賀小松的村上義明、加賀大聖寺的的溝口秀勝為與力。在天正十四年(1586年)與長谷川秀一一同被允許昇殿。在秀政於各地轉戰期間,佐和山城由父親秀重和弟弟多賀秀種以城代身份在城內進行統治(『新修彥根市史第1卷(通史編古代・中世)』彥根市史編集委員會2007年1月)。 天正十五年(1587年)九州征伐中,被任命為先鋒部隊。天正十六年(1588年)被賜豐臣姓。 天正十八年(1590年)小田原征伐中參戰,被任命為左備的大將(『寬政重修諸家譜』)。進攻箱根口並攻陷山中城,攻入小田原早川口,把本陣佈在海藏寺,不過在陣中患病死去,享年38歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E7%A7%80%E6%94%BF
志賀親次 Shiga Chikatsugu(1566年-1603年) 志賀親度之子、母為大友宗麟之女,幼名太郎,別名親善。 豊後の大友氏の家臣・志賀親度の子として誕生。北志賀家は大友三家の一角である志賀氏の嫡流であり、祖父親守や父親度の時代には南郡衆の筆頭であった。 親次は武勇に優れ、母が大友宗麟の娘ということもあって重用された。天正12年(1584年)7月、黒木家永の守る猫尾城攻めに参加。同年9月に父親度が主君義統と不和になって失脚すると、19歳の若さで家督を継ぐことを命じられた。翌13年(1585年)にはキリシタンとなり、ドン=パウロという洗礼名を得ている。 天正14年(1586年)、薩摩国の島津氏が豊後国に侵攻して来ると(豊薩合戦)、父親度や他の南郡衆が島津氏に味方する中で、親次は居城・岡城に立て籠もって徹底抗戦し、島津義弘や新納忠元が指揮する島津方の大軍を寡兵で何度も撃退した。豊臣秀長の援軍が豊後に上陸すると、反乱した南郡衆を滅ぼし父を自刃させる。この戦いで見事な采配を振った親次に対し、豊臣秀吉に厚く絶賛され、敵将の島津義弘からも「天正の楠木」と絶賛された。 その後は祖父親守の後見を受け、岡城を拠点に日田にも所領を拡大し、島津侵攻で多くの家臣を失った大友氏家中において、抜群の武功で名を上げかつ名族でもある親次は発言力を強めていたようである。ところが、こうしたことから主君・吉統(義統)からはかえって疎まれることになった。なかでも、宗麟の死後にキリスト教は禁教とされるも、親次は棄教を拒否し豊後におけるキリシタンの事実上の保護者となっていたが、親次が義乗の大阪訪問に随行中に吉統によって宣教師達は豊後から追放される仕打ちをうけている。 天正20年(1592年)の文禄の役に参陣したとき、誤報を信じたため戦況を見誤り撤退を義統に進言してしまい、これを敵前逃亡とみなした豊臣秀吉の怒りに触れて、大友氏は改易され親次も所領を失った。なお、「フロイス日本史」の大友氏に関する記述は、このときに親次が仕官先を求めて上京するところで終わっている。 その後は、蜂須賀家政に仕え日田郡大井の荘一千石を領有し、関ヶ原の戦いの際には九州で大友義統に石垣原の戦いに支援、のち福島正則、小早川秀秋(九百五十石)、再び福島正則、毛利輝元にそれぞれ仕えた。95歳で(一説93歳)で死去、宇部市小野に墓が現存し、子孫は同地に残っている。一部の子孫は九州に戻って細川氏に仕え熊本藩士として明治まで続いたという。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%B3%80%E8%A6%AA%E6%AC%A1
拝郷家嘉 Haigo Ieyoshi(1549年-1583年) 織田氏の家臣,加賀大聖寺城城主,織田信長の武将で柴田勝家の与力 傘下大名。通称は五左衛門。名は久盈(ひさみつ)とも。 柴田勝家が越前の守護に任ぜられたとき、勝家の副将として佐久間盛政、柴田勝政らと共に加賀一向一揆の征伐を行う。前田利家や金森長近らも加賀に侵攻。織田信長、拝郷を以、能美(現小松市)千代城壱萬石城主とする。(千代町史)加賀一向一揆、制圧のため佐久間盛政、柴田勝政と共に出陣し犀川に陣をとり加賀一向一揆の総本山尾山御坊(金沢御坊)の総攻撃に加わる。 尾山御坊敗退後は加賀大聖寺に八萬石を与えられ大聖寺城主となり重用された。松山城に徳田小次郎、坪坂新五郎が篭ると柴田勝政と共に攻撃し再占している。鳥越城・二曲城が再び一向一揆軍に制圧されると拝郷は此処を制圧し以後、一向一揆の勢力は白山山麓に移る。この頃の事か三州史には尾州の産にして絶勇の男なり泣く子も拝郷と言えば泣き止む程の猛将であったと伝えている。拝郷の勇猛さがわかる。 石動山の戦いでは前田利家と共に石動口から攻め入っている。 織田信長の死後、柴田勝家と羽柴秀吉が天下の覇権を争った天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに出陣し、前田利家が茂山砦に移った後、別所山砦の守備につく。勝家方の将として佐久間盛政、柴田勝政らと攻撃隊に参加、岩崎山砦に陣取る高山右近を攻め占領するが勝家の命により撤退し遅れた佐久間盛政を救うため再び出陣、殿を務め秀吉軍の進行を拒んだか七本槍の面々に囲まれ柴田勝政・山路正国らとともに退却する際に福島正則に近江柳ヶ瀬にて討ち取られた。※余語湖畔、庭戸浜付近で戦死説もある。 嫡男の治太夫は落ち延びて丹羽長重に仕え、浅井畷の戦いで戦死。次男の孫十郎は尾張国津島に落ち、織田長益に仕え日永にて百貫文の知行を得た。その子孫は代々尾張徳川家に仕えた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%9D%E9%83%B7%E5%AE%B6%E5%98%89
池田知正 Ikeda Tomomasa(1555年-1604年) 父・長正の死後、家督は池田勝正が継いだが、元亀元年(1570年)、知正は三好三人衆と通じて織田信長を裏切り、池田家家臣の荒木村重と共に内紛を起こし当主であった勝正を追放し、家督を相続し摂津池田城主となり、元亀2年(1571年)には和田惟政を敗死させた(白井河原の戦い)。 以後、摂津国の領主として一時威を奮うが、天正元年(1573年)頃から15代将軍足利義昭と信長の仲が険悪となると、知正は細川藤孝の説得を振り切って義昭方に属したために没落。池田家は織田氏に寝返った荒木村重に乗っ取られ知正は摂津国を追放されるが、後に信長に降伏し村重の家臣となる(下克上)。 天正6年(1578年)10月、三木合戦で羽柴秀吉軍に加わっていた村重は有岡城(伊丹城)にて突如、信長に対して反旗を翻した(有岡城の戦い)。その後村重は有岡城に篭城し、織田軍に対して1年の間徹底抗戦したが、側近の中川清秀と高山右近が信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となった。それでも村重は「兵を出して合戦をして、その間に退却しよう。これがうまくいかなければ尼崎城と花隈城とを明け渡して助命を請おう」と言っていたが、天正7年(1579年)9月2日、単身で有岡城を脱出して尼崎城へ移ってしまった。 11月19日、信長は「尼崎城と花隈城を明け渡せば、おのおのの妻子を助ける」という約束(講和)を荒木久左衛門(池田知正)ら荒木の家臣たちと取り交わし、尼崎へ逃れた村重に代わって有岡城の城守をしていた久左衛門は開城を決意、津田信澄(信長の甥)が接収部隊を率いて本丸に入城した。ここに有岡城の戦いの戦闘は終結することになる。 前述の講和条件を受け、久左衛門らは織田方への人質として妻子を有岡城に残し、尼崎城の村重を説得に行ったが、村重は受け入れず、有岡城に引き返しづらくなり窮した久左衛門らは妻子を見捨てて出奔してしまった(久左衛門は淡路へ逃れたという)。信長は村重や久左衛門らへの見せしめの為、人質の処刑を命じた。 12月13日、有岡城の女房衆122人が尼崎近くの七松において鉄砲や長刀で殺された。 淡路へ逃れて以後の消息は分かっていないが、池田知正が歴史上に再登場するのは信長が1582年の本能寺の変で亡くなった後のことであり、信長の後継者となった羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)に仕えて摂津豊島郡2700石を与えられ、小牧・長久手の戦いや九州征伐に従軍した。秀吉の死後は徳川家康に仕え、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは小山評定より従い、戦後に5000石に加増された。 慶長9年(1604年)に死去。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E7%9F%A5%E6%AD%A3
瀧川一益 Takigawa Kazumasu(1525年-1586年) 瀧川資清的次子、母不詳;幼名久助、通稱彥右衛門、號不幹、法名道榮。 相比起很多織田信長家臣,一益的能力很早就被信長發掘出來,並加以重用。永祿四年(1561年),擔任使者邀請松平元康(德川家康)前往清洲城即信長當時的居城,達成同盟(即清洲同盟)。 永祿十年(1567年)2月,被委任為進攻伊勢的總大將,成功的攻下桑名、員辨二郡,於是織田信長將伊勢侵略全權交給一益,不久後用計拉攏木造具政,以對抗伊勢最大勢力北畠具教,而之後信長迅速以大軍壓進伊勢國內,使得原本猶豫不決的諸勢力迅速倒向織田方,北畠氏的滅亡指日可待。兩年後(1569年),一益以寡兵奮戰,利用伊勢國人眾的倒戈,終於使得北畠具教接受信長的勸降命令,並收織田信雄(信長次子)為養子,織田信孝(信長三子)則被神戶具盛收為養子。之後則被任命防守伊勢(大河內城之戰)。 元龜三年(1572年)的三方原之戰,與平手汎秀、佐久間信盛共同被織田信長命為援軍,然而在德川軍全面崩潰時逃亡,但並沒有被信長制裁。 元龜四年(1573年),隨同織田信長征討足利義昭,攻陷其所在的稹島城。然後立刻前往加入淺井、朝倉討伐軍,勢如破竹的攻進朝倉本據地一乘谷城,之後負責安撫朝倉降將及越前國人的任務。同年九月,信長攻擊長島一向一揆,也加入攻勢中,戰後受封北勢五郡,兼任長島城主,信長還申請左近將監的官位給一益。天正三年(1575年)5月,長篠之戰中率領鐵炮隊出陣,也參與同年的越前一向一揆殲滅戰。 天正五年(1577年)2月,則是隨著已經漸漸減少出陣的織田信長征討紀州的雜賀眾,8月則前往越前支援柴田勝家對上杉謙信的手取川之戰,但敗北,10月則加入織田信忠(信長嫡男)對松永久秀的討伐戰,久秀自殺後,迅速前往丹波協助明智光秀。之後播磨的羽柴求援,便帶著丹羽、明智前往播磨參戰。天正六年(1578年),被信長要求,造出能擊敗毛利家水軍的大船,之後與九鬼嘉隆造出六艘鐵甲船,在第二次木津川之戰中大敗毛利水軍,九鬼嘉隆因此役而受封領地,被人稱為海賊大名。同年,鎮守攝津有岡城的荒木村重突然謀反,因此信長迅速誘降中川清秀、並勸降高山右近以求孤立村重,並且親自出爭攝津,一益與丹羽長秀和信忠則於他處夾攻,攻陷有岡城,一益則立下大功。 天正八年(1580年),稱霸關東的北條氏頻頻透過一益來向織田信長示好,而與武田交惡的信長自然樂見其成,於是任一益為「關八州御警固」,以維持與北條聯繫。 天正九年(1581年),輔佐織田信雄進攻伊賀,即第二次伊賀進攻,在善用兵的一益協助下,曾大敗信雄的伊賀眾只抵抗的不到半個月就被消滅。 天正十年(1582年)3月,在一益長期勸誘下,武田勝賴旗下鎮守東山道的大將木曾義昌也倒戈至織田軍,而織田信長則於此時聯絡德川、北條氏,討伐武田氏,此戰總兵力達到十七萬之眾,織田軍勢如破竹,武田方因勝賴長期惡政,織田方完全沒有受到抵抗就攻至新府城,勝賴則在家臣的守護下完成切腹,源氏名族,稱霸東海的甲斐武田就此滅亡。同年,官位已是正二位內府的信長,將原是上杉氏所有的關東管領職賜給一益,並封給一益上野一國和信濃二郡的領地,此時一益所領的石高已經直逼百萬石,而關東的經營信長則全權交由一益來處理。 6月2日,當主織田信長在本能寺因為明智光秀的謀反而死亡,而一益則深知此事不可能隱瞞,於是開誠布公告訴投靠在他旗下的上野國人眾,讓他們自己決定去留,結果所有人都因感佩而留在一益旗下,但是北條氏此時一方面來信安撫,一方面則迅速動員大軍六萬人以取回失去的關八州主導權。而一益早就由手下甲賀眾遞上的情報判斷出北條氏的野心,於是迅速備戰,徵招到一萬三千人的軍勢。後來兩軍開戰,一益迅速攻下制高點的金窪城,並大敗來援的的北條氏邦,而北條氏則在神流川合流五萬兵力對瀧川方發起總攻,但是在一益的運籌帷幄之下北條氏久攻不下,焦急的北條氏判斷一益的目的是迅速趕回近畿處理織田家事務,因此詐敗,當一益大喜而深入的時候,北條方發起反攻,瀧川軍大敗,此戰史稱神流川之戰。 一益以往的勇猛及武運也隨著神流川之戰大敗而煙消雲散,往後伴隨著他的是一連串的敗戰與羞辱.... 在一益費盡千辛萬苦終於回到長島城時,羽柴秀吉(豐臣秀吉)早已經為織田信長報仇,然而清洲會議上,秀吉硬是將一益從宿老的位置上拉下來,而後來在信長的百日祭時也被秀吉譏稱:「沒有瀧川大人的位置。」在織田家形成派系後,一益迅速的加入柴田方。 同年12月,羽柴秀吉發兵攻打岐阜城的織田信孝,而信孝則交出在清洲會議上被秀吉推選為繼承者的織田三法師(織田秀信)後談和。天正十一年(1583年)正月,一益對羽柴軍的龜山城發起猛攻,而信孝也迅速進攻大垣城以牽制秀吉,替柴田勝家對秀吉的決戰增加優勢,然而就在此時,秀吉之弟羽柴秀長(豐臣秀長)竟然迅速的攻下伊勢諸城,使得一益只能暫時降服,靜觀其變。然而一益的期望落空,柴田在賤岳之戰大敗,一益的領地全被秀吉沒收,只被賜與區區的五千石。 天正十二年(1584年)加入羽柴方參與小牧長久手之戰,但失利,戰後被羽柴秀吉斥責。不久後出家,號入山庵,將家督讓給次子一時,蟄居於越前,領三千石的隱居料,後來秀吉一度想以一萬二千石重新起用一益。 天正十四年(1586年),在失意中病死,年六十二歲。 出處 https://zh.wikipedia.org/zh-hk/%E7%80%A7%E5%B7%9D%E4%B8%80%E7%9B%8A
細川興元 Hosokawa Okimoto(1566年-1619年) はじめ父や兄と共に織田信長に仕え、1577年の大和片岡城攻めでは兄・忠興とともに一番槍の武功を挙げた。 その後父兄とともに丹波・丹後地方の平定に赴き、天正9年、父・藤孝が丹後へ入国した時に名を玄蕃頭興元と改め、松井康之と共に家老職に任じられる。 天正10年(1582年)、当時の丹後守護職一色氏を滅亡させると、丹波郡、竹野郡網野庄、和田野など1万5千石を与えられ、10月に吉原山城に入城する。城の本丸に御陣屋を建て、二ノ丸・三ノ丸を築き、市街地を開いて城下町を嶺山(現在の京丹後市、旧峰山町に位置する)と名付けた。 信長没後は羽柴秀吉に仕え、天正13年の越中富山攻め、18年の小田原征伐、文禄の役では晋州攻めなどに参戦した。 興元にはなかなか子ができなかったため、文禄3(1594)年に忠興の次男である細川興秋を養子に迎えている。その翌年には興秋の母細川ガラシャの薫陶を受け、また家臣加賀山隼人(洗礼名ディオゴ)や高山右近の勧めもあり、これを受諾して洗礼を受けてキリシタンになっている。。同時に、忠興の家臣5人も洗礼を受けた。 秀吉没後は徳川家康に仕え、関ヶ原の合戦、関ヶ原の合戦の前哨戦である岐阜城攻め、その後の福知山城攻めにおいても細川隊の先鋒として奮戦した。関ヶ原合戦後、忠興が豊前へ国替になるとそれに従い小倉城代を勤める。 しかし兄・忠興と不仲になり慶長6(1601年)12月、隣国の黒田長政に助力を得て出奔する。 その後は自安(持安)と名乗り、堺の妙国寺で数年過ごしたのち父・幽斎を頼って京都の小川屋敷で隠棲した。慶長10年頃の京都には幽斎のもとに、忠興の子である忠隆(のちの長岡休無・慶長9年に廃嫡))・興秋兄弟もともに暮らしている。 幽斎死後の慶長15年(1610年)、徳川秀忠から関ヶ原での勇猛果敢さを認められ下野国芳賀郡茂木に1万石を与えられて大名に列した。真実は定かでないが、秀忠は興元に10万石を与えようとしたところ、不仲の兄・忠興の反対で1万石になったといわれている。 慶長19年(1614年)からの大坂の陣にも参戦し、酒井忠世に属した。翌年夏の陣においては5月7日阿倍野へ進軍する際、忠世の嫡男である忠行の軍を指揮し自らも敵を討ち首十四級を得ている。 大坂の陣での戦功により元和2年(1616年)には常陸国筑波・河内両郡に6,200石を加増され、拠点を茂木から谷田部へと移し谷田部藩を立藩する。また翌年元和3年(1617年)には将軍・徳川秀忠の御伽衆に任命される。 元和5年(1619年)3月18日、江戸で53歳(57歳という説もあり)で死去。跡を沼田氏の娘が慶長9年(1604年)に産んだ興昌が継ぎ、谷田部藩は廃藩置県まで存続する。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%88%88%E5%85%83

Send this to a friend