首頁 Tags 長船貞親

Tag: 長船貞親

三百位人物:三好清海、三好伊三、肝付良兼、由利鎌之助、肝付兼亮、肝付兼護、穴山小助、島津豊久、伊集院忠倉、筧十蔵、根津甚八、海野六郎、望月六郎、山浦国清、高梨政頼、屋代政国、屋代勝永、須田満親、須田長義、蘆田信蕃、小笠原長時、小笠原秀政、犬甘政徳、犬甘久知、二木重吉、溝口貞泰、木曾義利、諏訪頼忠、保科正俊、三木顕綱、三木国綱、長尾晴景、上杉景信、色部勝長、色部顕長、色部長実、河田長親、北条景広、本庄慶秀、安田能元、甘粕景継、鬼小島弥太郎、水原親憲
五百位人物:有馬直純、明智秀満、鵜殿長照、赤尾清綱、増田長盛、鵜殿氏長、脇坂安治、長束正家、岡部正綱、岡部長盛、奥平貞能、葛山氏元、蒲生賢秀、蒲生秀行、京極高吉、松平広忠、籾井教業、三好義興、青山忠成、石川家成、石川康長、畠山昭高、薄田兼相、大野治長、板倉勝重、筒井定次、伊奈忠次、鈴木重朝、榊原康勝、酒井忠勝、内藤清成、牧野康成、山口重政、尼子誠久、斯波義銀、毛利長秀、津川義冬、立原久綱、織田広信、織田信秀、織田信澄、織田信包、河尻秀隆、河尻秀長、柴田勝豊、丹羽長重、宇喜多詮家、平岡頼勝、松野重元、原田直政、三村元親、前田利長、前田利政、蜂屋頼隆、古田重然、小早川秀包、森忠政、生駒親正、柴田勝政、佐久間安政、前野長康、小野木重次、桑山重晴、仙石秀久、三好長治、徳永寿昌、戸田勝成、百々安信、中村一氏、原長頼、平塚為広、堀尾吉晴、溝口秀勝、徳山則秀、毛受勝照、土岐頼次、氏家行広、日根野弘就
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、滝川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、上杉景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家
岡家利 Oka Ietoshi(生年不詳-1592年) 從宇喜多直家便開始仕奉的老臣,被稱為宇喜多氏三老之一。與直家的小姓岡剛介的關係不明。 元龜四年(1573年)被宇喜多直家賦予岡山城與城下町建設的任務。天正十年(1582年)羽柴秀吉(豐臣秀吉)命令家利和宇喜多忠家率軍一同包圍備中高松城。天正十六年(1588年)接替去世的長船貞親,負責宇喜多氏的政務。 家利受到豐臣秀吉深厚的信任,命令其擔任宇喜多秀家的輔佐。天正二十年(1592年)在文祿之役出征朝鮮時因病去世。在軍事方面也很優秀,生涯參與超過40次的戰役。 一直以來豐前守的名字被認為是「利勝」(『備前軍紀』等),但依當時可信史料的記載,名字應為「家利」。 作者 秋霜烈日 譯文出處 https://sepkalily41.blogspot.com/2018/08/blog-post_1.html 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%AE%B6%E5%88%A9
長船綱直 Osafune Tsunanao(生年不詳-1599年?) 長船貞親の嫡男。長船定行の兄。紀伊守。ちなみに綱直の諱は良質な史料では確認できない。戸川達安の妻の父である「長船紀伊守」とは年代的に父の越中守貞親のことか。 天正19年(1591年)に父の貞親が暗殺され、居城である虎倉城が全焼するという事件が勃発するが、綱直は外出していたため難を免れている。この事件は姻戚関係があった石原一族が謀ったらしい。 文禄3年(1594年)、伏見城普請において普請奉行を務め、そのときの能力を豊臣秀吉に認められて、岡家利に代わって宇喜多氏領国の国政を担った。内政手腕に優れ、宇喜多秀家の側近で岡山城の改修に功のあった中村次郎兵衛や、直家の時代からの用人浮田太郎左衛門とともに、領内検地などにより主家の財政問題解消に取り組んだ。このため、意見を異にした戸川達安や岡越前守と対立したという。キリシタンとなり、宗教面でも日蓮宗徒である達安や越前守と対立することになる。 慶長2年(1597年)あるいは同4年(1599年)に病死し、その直前に戸川氏とは和解したとされているが、一説には達安や越前守に毒殺されたとも言われている。綱直の専制は、慶長5年(1599年)1月の宇喜多氏のお家騒動(宇喜多騒動)の一因となった。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%88%B9%E7%B6%B1%E7%9B%B4
長船貞親 Osafune Sadachika(生年不詳-1591年) 備前の大名宇喜多氏の家臣。又左衛門尉(又三郎)、越中守。子に長船綱直、長船定行。妹婿に長船源五郎、石原新太郎。戸川達安の妻の父である「長船紀伊守」は年代的に貞親のことか。 祖先は甲斐源氏の名門、小笠原氏につながるとされる。戸川秀安や岡家利と並んで宇喜多直家の創業に貢献した宇喜多三老のひとりである。 最所元常との戦いなど、直家の創業の初期からの家臣で、備中三村元親との戦い(明善寺合戦)では荘元祐を討ち取ったともされる(ただし異説も多い)。さらに美作三浦氏との戦い、さらに直家の元主君である浦上宗景攻略(天神山城の戦い)などで大いに功を挙げたという。上月城の戦いにおいては、毛利氏に味方した直家の命令で、上月城の救援に来た織田氏配下の将である羽柴秀吉方の黒田孝高らと戦い、これを破る。直家が秀吉の薦めで織田氏に味方すると、直家の命令で毛利氏と戦った。時期は不明だが、有力国人であった伊賀久隆が直家により追放されると、その居城である備前虎倉城を任されている。 直家の死後は宇喜多秀家に仕え、秀家の名代として四国征伐などに従軍した。戸川秀安が隠退すると宇喜多氏の国政を取り仕切ったが、天正19年(1591年)閏1月6日、その国政に不満を持った妹婿の石原新太郎に虎倉城で暗殺された。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%88%B9%E8%B2%9E%E8%A6%AA

Send this to a friend