首頁 Tags 鍋島直茂

Tag: 鍋島直茂

人物:織田信長 柴田勝家 前田利家 明智光秀 丹羽長秀 羽柴秀吉 石田三成 長井規秀 松平元康 本多忠勝 伊達政宗 南部信直 最上義光 蘆名盛氏 佐竹義重 上杉憲政 結城晴朝 里見義尭 北条氏康 武田晴信 武田勝頼 飯富昌景 馬場信房 真田昌幸 真田幸村 村上義清 長尾景虎 上杉景勝 ...
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
五十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豊臣秀吉 / 木下秀吉、齋藤道三、德川家康 / 松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北條氏康、武田信玄 / 武田晴信、山縣昌景 / 飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、上杉謙信 / 長尾景虎、上杉景勝 / 長尾顯景....
望月千代女、大久保忠教、三条の方、宝蔵院胤栄、伊東義祐、浦上宗景、寿桂尼、吉岡妙林、柳生利厳、小堀政一、有馬豊氏、内藤忠俊、堀尾吉晴、渡辺了、大久保長安、伊達阿南、加藤嘉明、森可成、真壁氏幹、花房職秀、十河一存、神保長職、江裏口信常、脇阪安治、九鬼守隆、長宗我部信親、定恵院、秦泉寺泰惟、福留親政、嶺松院
加藤清正 Kato Kiyomasa(1538年-1618年) 加藤清忠之子、母為鍛冶屋清兵衛之女・伊都、正室為山崎片家之女・山崎氏、繼室為水野忠重之女・清淨院(德川家康養女);幼名夜叉丸,別名虎之助、竹松、地震加藤、鬼將軍、渾名肥後の虎,戒名淨池院殿永運日乘大居士。 出生於尾張國愛知郡中村(今愛知縣名古屋市中村區),父親清忠為當地鍛治屋老闆。年幼時,父親過身,由母親養育成人,母親為大政所從姊妹,因此與羽柴秀吉(豐臣秀吉)有血緣關係。天正四年(1576年)(天正4年)以170石俸祿為秀吉效力。 天正十年(1582年)織田信長死後,清正參加山崎之戰,天正十一年(1583年)在賤岳之戰中殺死敵將山路正國,從而取得重要戰功,成為賤岳七本槍其中一人。天正十三年(1585年)當豐臣秀吉就任關白一職的同時,獲封從五位下主計頭一職。天正十四年(1586年)參加九州征伐。統一九州後,天正十五年(1587年)取代施政失敗的佐佐成政,天正十六年(1588年)與小西行長受封新領地,兩人各分得半個肥後國。清正進入肥後後以熊本城作為居城。清正在肥後國治績良好,利用生麥特產化進行南蠻貿易。除商業政策外,在治水方面亦獲得佳績。 天正二十年(1592年),豐臣秀吉派遣大軍入侵朝鮮(文祿之役),在文祿之役清正率領第二番隊、帶領部下相良賴房、鍋島直茂大名級將領,與小西行長共同擔任先鋒攻取慶尚道、忠清道、京畿道。攻克漢城後,與小西行長及黑田長政在臨津江擊退朝鮮軍,然後清正獨自率領二番隊在海汀倉打敗韓克誠,俘虜朝鮮王子臨海君與順和君,之後進攻江原道甚至越過朝鮮北部邊境攻打兀良哈。文祿二年(1593年)第二次晉州城之戰中,指揮龜甲車部隊,負責由北面攻城。不久朝鮮與豐臣秀吉和談完畢後撤退,被俘虜的兩名王子亦被釋放。在此開始與小西行長和石田三成等人對立。 慶長二年(1597年)日本再次派兵出征朝鮮。清正再次作為日軍的先鋒出陣,首先攻佔朝鮮黃石山城。之後攻下全羅道佔領全州。當清正佔據忠清道鎮川後,在西生浦倭城。而日軍則根據清正的繩張築起蔚山倭城,當建造完成時將由清正防禦此城。當蔚山倭城快將完成時,明軍殺到(蔚山城之戰)。清正等500名人員進入蔚山倭城並嘗試死守,直到毛利秀元、黑田長政等援軍到達時進行反擊擊退明軍及朝鮮軍。翌年9月,日軍準備撤退時死守蔚山城,再次擊退明軍及朝鮮軍。 慶長三年(1598年)當豐臣秀吉病逝後,與五大老之一德川家康開始親密起來,與家康養女進行婚姻。慶長四年(1599年)與福島正則、淺野幸長等人策劃謀殺石田三成未遂。慶長五年(1600年)關原之戰時,站在家康的東軍一方,但並沒有在會津征伐時出征支援家康,反而留在九州牽制當地的西軍勢力,與黑田長政合作攻擊小西行長的居城宇土城後,當東軍攻擊柳川城時,勸喻立花宗茂開城投降,之後再擊破九州西軍勢力,直到德川家康叫停戰爭為止。戰後論功行賞,獲得小西行長的領地,成為肥後五十二萬石的大名。清正在獲得小西行長的領地後,在熊本築城,也就是現今熊本縣的熊本城。 慶長十年(1605年)就任從五位上、侍從肥後守。慶長十五年(1610年)協助幕府負責建造名古屋城。在關原之戰後,清正和淺野氏致力保護豐臣秀賴和豐臣家,包括慶長十六年(1611年)前往京都二條城,為德川家康與豐臣秀賴進行斡旋,返回領地途中在船上病發,病死於肥後的主城熊本城,年五十歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%B8%85%E6%AD%A3
執行種兼 Shigyou Tanekane(1530年?-1584年) 執行氏は伴氏の支流で、肥前櫛田宮の執行別当職を務めており、始めはそのまま「伴氏」を称していた。代々少弐氏に仕え、別当職でありながら武家としても活動しており、田手畷の戦いでは種兼の祖父兼貞が少弐方の武人として活躍している。姓を「執行氏」に改めたのはこの兼貞からである。少弐氏没落後に兼貞は勢福寺城主江上武種に仕え、孫の種兼も江上氏重臣となった。 永禄12年(1569年)に大友氏が龍造寺隆信を攻めるべく肥前へ侵攻してくると、主君の江上武種は大友氏に誼を通じた。このとき種兼は、江上重臣として牧吉種次と共に嫡男を(牧吉は次男を)大友氏へ人質に出している。翌元亀元年(1570年)の今山の戦いでも、武種に属して龍造寺氏と戦っている。 元亀2年(1571年)、龍造寺氏の攻勢が強まり、鍋島直茂を総大将とした征討軍が勢福寺城に攻め寄せてきたが、種兼は旗下の城原衆6-700名を自ら率いて龍造寺軍の撃退に貢献。その後、江上武種が龍造寺隆信の猛攻に屈し、隆信の息子家種を養子に迎えると家種に仕えた。その翌年の朝日山城の筑紫昭門討伐には家種の名代として出陣、自らが率いた城原衆300余のみで夜襲を仕掛けて城を落とした。この功により種兼は、隆信より200町を加増されている。 天正7年(1579年)、種兼はこの頃、大友氏の抑えとして筑前国の早良郡に在陣していたのであるが、荒平城の小田部鎮元と鷲岳城の大鶴宗周が立花道雪に兵糧を請う。種兼は道雪の派した荷駄隊を迎えるべく出陣して来た小田部ら5-600余を在番の73名のみで奇襲、小田部と大鶴の両名を討ち取っている。天正12年(1584年)の沖田畷の戦いでも家種軍に属して出陣したが、隆信が討たれた混乱の中で、嫡男種直、二男種国、三男信直(甥とも)や兄の頼兼ら多数の城原衆共々、討ち死にした。 子孫は、佐賀藩では着座として重臣の地位を占めた。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E7%A8%AE%E5%85%BC
大友宗麟 Otomo Sorin(1530年-1587年) 大友義鑑的長子、母為大內義興之女、正室為一色義清之女、繼室為奈多鑑基之女、側室為一萬田親實之女;幼名鹽法師丸、實名義鎮、法號宗麟、基督教教名ドン‧フランシスコ(普蘭師司怙)。 父親義鑑原本有意將位子讓與宗麟的同父異母弟鹽市丸,因而欲廢嫡長子宗麟。在天文十九年(1550年)反而被支持宗麟的重臣們謀反,將鹽市丸及其母親殺害、義鑑亦負傷後去世。這次政變被稱為『二階崩之變』,宗麟遂於當時廿一歲繼承大友氏豊後及肥後國領主的地位。關於義鑑把宗麟廢嫡一事,一說宗麟的生母是大內義興的女兒,義鑑想把大內氏勢力排除而計劃廢嫡。 繼承領主地位後,天文二十年(1551年)宗麟接受了陶晴賢的邀請、派遺弟弟大友晴英繼承了大內氏、晴英改名大內義長。天文二十三年(1554年),菊池義武(大友義鑑之弟、宗麟的叔父)趁義鑑死於家中內亂之機,又奪回肥後領地。宗麟計誘叔父義武返回豐後,途中大友軍將義武圍困,迫其自裁,菊池家隨義武的死去而斷絕。 弘治三年(1557年)、大內氏被毛利元就消滅,大內義長自殺。毛利元就繼承了大內氏在西國的領地,開始進軍原本大內氏在北九州的領土,大友與毛利正式決裂。宗麟遂與尼子氏結盟,於築前、築後、豐前等地擴大勢力範圍。當年在他領地豐後府內還出現了劃時代的大事即日本最早的外科手術。 永祿二年(1559年),在足利幕府支持下,宗麟被任命為九州探題。次年、任官左衛門督。 永祿十二年(1569年),大友氏援助長年流亡大友氏的大內義興之侄大內輝弘,試圖恢復大內氏。宗麟遣輝弘率數千軍,向山口發動突襲,往收大內遺臣。大內輝弘成功地在周防國吉敷郡秋穗浦上陸,入占大內家別邸築山館,但終不敵毛利軍,敗逃山口,自殺於富海地方的茶臼山。而毛利因受到大內氏和尼子氏殘餘勢力的反抗,陷入兩難。經權衡得失後,毛利元就決定與大友軍和解,放棄九州領土,讓出門司城,撤兵返回中國地方平定大內氏和尼子氏的殘餘勢力。 元龜元年(1570年),大友已成為九州最強的勢力,九州境內九國佔有北部六個。 同年,大友宗麟欲討伐在肥前勢力逐漸壯大的龍造寺隆信,便派遣弟弟大友親貞率領6萬大軍進攻龍造寺領地,對此龍造寺僅集結了5千兵力防衛佐嘉城(佐賀城)。但大友親貞認為此戰過度容易便輕敵,提前舉辦勝利酒宴,於清晨遭到龍造寺氏的鍋島直茂奇襲。大友親貞在混亂中被龍造寺家臣成松信勝殺死,之後整個大友軍潰散,大友與龍造寺講和撤軍。今山之戰大敗,導致宗麟於天正四年(1576年)傳位給長子義統,隱居至丹生島城。 天正五年(1577年),南九州的島津氏開始進軍日向國,奪取了日向大名伊東家的領地,伊東義祐因此逃向大友家尋求庇護並反擊,宗麟一方面也希望奪下日向國並建設為基督聖地,名義上以繼承人大友義統領軍出陣侵略,自己則在後方做戰略指導,但在天正六年(1578年),耳川之戰中因家臣之間意見不合導致大敗、多數重臣陣亡。另外、將家督讓與大友義統後、他與兒子之間領導意見的不和亦造成大友氏的衰退。當時已開始統一日本的豐臣秀吉試圖經由談判協調島津與大友兩大九州勢力和解。宗麟於天正十四年(1586年)親赴大阪謁見秀吉請求支援對抗島津。島津氏仍持續侵略大友領地、同年12月島津家久軍佔領了他的首府豐後國府內城。丹生島城被包圍,大友宗麟一度使用大砲「國崩」、死守丹生島城。 天正十五年(1587年),豐臣秀吉親自領兵發動九州征伐,終於使島津氏降伏。在秀吉的統治下,大友義統被確立擁有豐後一國。秀吉原有意封與大友宗麟日向的領地,但宗麟因年紀已大而辭退。 同年,宗麟在豐後國津久見病死、享年五十八歲。 法號:瑞峰院殿羽林次將兼左金吾休庵宗麟大居士。 宗麟以天主教大名的形象廣為人知,天文二十年(1551年)認識了在豐後布教的耶穌會傳教士方濟 沙勿略,並成為好朋友。二十七年後的天正六年(1578年),改信天主教並受洗禮、並派遣家臣帶領親筆信給葡萄牙國王。同時他對領地內的布教活動加以保護、進行與西方的貿易。他另與博多的大商人島井宗室交相友善、進行與中國明朝和朝鮮的貿易。他曾夢想要建立天主教王國,但終於在耳川一戰後夢碎。 宗麟的性格被評論為個性自私,他曾經搶奪家臣的妻子、並因為信仰天主教和妻離婚、另外也有沈溺於酒色、橫征暴歛等記錄,這成了很多家臣和親族對他起而反抗的原因。他因廢弛政務、重臣立花道雪常對他多所勸戒,也因此他很怕遇到立花道雪。 天正十年(1582年),曾派遺了天正遣歐少年使節團前往羅馬謹見天主教教宗。 出處 http://zh.wikipedia.org/zh-hk/%E5%A4%A7%E5%8F%8B%E5%AE%97%E9%BA%9F
小河信安 Ogawa Nobuyasu(生年不詳-1558年) 小河氏は肥後国菊池氏の流れである。信安の祖父は菊池氏20代当主・為邦の弟である為安で、父・為純の頃に筑後国山門郡の上小河と下小河を知行してより小河氏を称した。隆信が龍造寺家を継ぐと信安は、納富信景、福地信重と共に家老となった。 隆信の神代勝利攻略の推進役で、勝利の攻略に腐心した。勝利が攻勢に出ると、居城春日山城に籠って守りきっているが永禄元年、留守中に神代家臣の梅野帯刀と松瀬又三郎により春日山城を落とされ、一族が多数討ち死にすると信安は8月15日に手勢を率いて出陣、対陣(於、鉄布峠)している最中の翌朝に、勝利と信安が共に自ら斥候に出ると山中で両者が出くわし一騎討ちとなった。勝敗は勝利に軍配が上がり、信安は勝利の槍持ちとして同行していた河浪駿河守に首を打ち取られた。 隆信は、信安の死を大変悲しんだという。信安には小河豊前守という嫡子がいたが、父の死を知って敵に討ち入り死去したため、鍋島清房の三男(鍋島直茂の弟)信俊を信安の娘に娶せ跡を継がせたが。 天正12年(1584年)の沖田畷の戦いで戦死。小河の名跡が途絶えるのを惜しんだ直茂が、息子の忠茂に小河氏を継がせた。忠茂は鹿島藩を立藩したが、息子の正茂で系統が途絶え、その後の鹿島藩は鍋島勝茂の九男直朝が継いだが、正茂と別の系統は佐賀藩士として続いたらしい。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%B3%E4%BF%A1%E5%AE%89
島津家久 Shimazu Iehisa(1547年-1587年) 島津貴久的四子、母為本田親康之女、正室為樺山善久之女;幼名幼七郎,受領名中務大輔,戒名長策梅天大禪定門。 年幼的家久被祖父.島津忠良評價為『深得軍法戰術的精妙』。初陣是在永祿四年(1561年)、與肝付氏交戰的迴阪合戰。家久在是次戰事中以15歲之齡就擊敗敵將工藤隱岐守。在其後的耳川之戰、沖田畷之戰及戶次川之戰等島津家的主要合戰中,家久充分發揮他在戰術方面的天分。特別在沖田畷之戰及戶次川之戰中,家久擔任作戰的指揮官,引導島津軍獲得勝利,他更在這兩場戰事中取得三位大名的首級,北條氏康及織田信長分別在河越夜戰及桶狹間之戰中僅能取得一位大名的首級,因此家久的戰術在當時被譽為『當代第一』。 天正三年(1575年),家久代表島津氏前往伊勢神宮,向神祇道謝祂們在平定九州時、對島津家的加護。同年4月,家久寄宿於連歌師裡村紹巴的弟子.心前的家中。在紹巴的介紹下結交京都的公家及界的商人。另外,據說家久亦在上洛之時與織田信長及明智光秀作出交流。 大友氏在耳川之戰後勢力急速衰退,肥前國的龍造寺隆信的勢力開始抬頭,於是島津氏與龍造寺氏開始爭奪九州的主宰權。 在沖田畷之戰是次戰事的初期,島津軍在築後國及肥後國被龍造寺軍壓制著。不過,位於肥前國西部的有馬晴信密謀脫離龍造寺氏的控制,遂向島津氏請求援軍,不經意間為島津軍創造出有利的條件。 天正十二年(1584年)3月,島津軍以支援有馬氏的理由迎擊龍造寺軍,家久擔任是次戰事的總大將。島津軍及有馬軍合共有5000至8000人,龍造寺軍則有18000至60000人(兩軍人數在不同史書有不同的記載),雙方人數的差距非常懸殊。家久決定把龍造寺軍引到沖田畷這片狹隘的濕地,以島津家最擅長的戰法.釣野伏,以弓及鐵炮令敵軍陷入混亂狀態並且狙擊敵將。在戰事尾聲,龍造寺軍的總大將龍造寺隆信及許多龍造寺家的一門眾及重臣均被狙擊至死。 其後,主戰場再度移至築後國,島津軍從肥後國北進。作為龍造寺隆信義弟的鍋島直茂為表示徹底抗戰的意志,將島津軍送來的隆信首級送回島津氏。不過,由於當時島津氏的勢力大大增強,直茂及龍造寺氏唯有與島津家和議。 沖田畷之戰的勝利,意味著在九州之內已沒有與島津氏匹敵的勢力。 島津氏為稱霸九州,於是攻擊豐後國的大友氏。大友氏遂向豐臣秀吉請求援軍。天正十四年(1586年),仙石秀久連同長宗我部元親、長宗我部信親及十河存保,率領6000人的豐臣連合軍的先鋒隊,登陸九州。家久率兵迎擊,在亂戰中雙方死傷4000人,長宗我部信親及十河存保戰死。島津家獲勝。 天正十四年(1586年),家久攻打大友領梅牟禮城,梅牟禮城城主佐伯惟定接受山田匡得(山田宗昌)意見殺害家久的說客僧玄西堂,家久見惟定無投降之意便率領約2000名士兵攻向佐伯領,但是遭到用兵精妙的山田宗昌以1800名士兵擊敗。 其後,山田宗昌開始與豐臣軍合流對抗島津家,另一方面島津義弘也攻不下志賀親次守備的岡城,見戰況越來越不利,不久家久以封地的條件,在三位兄長正式降伏之前與豐臣秀長單獨講和。天正十五年(1587年)舊曆6月5日(亦即新曆7月10日),家久於佐土原城突然去世。 死因有不少說法,有豐臣氏毒殺、島津氏毒殺、病死等等的說法。不過,毒殺家久對豐臣家及島津家並沒有太大的好處,而且在豐臣秀長的近侍.福地長通寫給島津義弘的書信中,有家久生病的記錄。因此,後世大多認為家久是急病去世。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E5%AE%B6%E4%B9%85
平井経治 Hirai Tsuneharu(生年不詳-没年不詳) 肥前平井氏は武藤氏の支流で、肥前有馬氏の有馬晴純はその当主である経治に娘を娶せて婿とし、杵島郡の数千町を与えてその境を守らせていた。天文10年(1541年)、このとき多久宗時が少弐冬尚から有馬晴純へ寝返ったのであるが、これに気を良くした晴純が千葉喜胤、更に少弐氏・龍造寺氏を攻め滅ぼそうと派兵した際に、経治はその先陣を務めている(但しこのときは、東西に分裂していた千葉氏が協調体制を布いたため、戦乱前に有馬勢が退いている)。 永禄5年(1562年)大友氏が有馬氏へ、先年に龍造寺隆信により滅ぼされた少弐氏を再興するための協力を打診する。有馬晴純は承諾し隆信討伐の軍を起こしたが、龍造寺勢に迎え撃たれたばかりか逆に隆信が攻め込んできたため、有馬勢は経治と塚崎城の後藤貴明に助勢を請うている。またこのとき、龍造寺勢に居城を落とされた多久宗利が経治を頼っているが、隆信は今度は経治を攻めるべく納富信景・鍋島信昌(後の鍋島直茂)に2,000の兵を与えて進軍させた。経治は居城の須古城(高城、高岳城とも)より出陣してこれを迎え討ち、散々に打ち負かした上に追い打ちを掛けている。翌永禄6年(1563年)8月、後藤貴明が経治の領地へ進軍してきた際も、経治はこれを返り討ちにした。 しかし、翌永禄7年(1564年)2月、龍造寺隆信が経治への再戦を挑んで進軍してきた際は、迎え撃つも押されて城へ退却せざるを得なくなった。但し、須古城は堅城であり、城攻めの難儀を悟った隆信が和睦を打診、経治もこれに応じると、経治の弟の平井直秀に隆信の養女(龍造寺信純の娘)を娶せ、須古城の大溝や土手を崩すことを約束して和睦が成立した。 天正2年(1574年)、隆信は経治が尚も異心を抱いているとして、7月に経治討伐に動いた。経治は弟の直秀と共に打って出て数日凌いだが、徐々に押され須古城へと退散する。鍋島信昌は堅城である須古城を落とすべく、直秀を説き伏せて平井家臣の殆どを龍造寺方に寝返らせる。やむなく経治は藤津郡の吉田へと落ち延びたが、10月になるとすぐさま叔父の新宗吟と共に直秀を攻め滅ぼして、須古城への復帰を果たした。これを聞いた隆信は、翌月には経治討伐の軍を出す。合戦は一月余り続いたが経治は敗れ、須古城も落城した。 軍記物である『肥陽軍記』は、このとき経治は切腹して果てたとも、城を落ち延びる際に流れ矢に当たって死んだともしているが、『九州治乱記』ではこれを全て誤りとした上で、経治は切腹しようとしたが家臣に止められ、城を落ち延びると後藤貴明を頼り、その二年後に上ノ城(上戸城とも)に入ったとしている。但し、以後の消息は詳らかに無い。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%95%E7%B5%8C%E6%B2%BB
成富茂安 Naritomi Shigeyasu(1560年-1634年) 成富信種的次子、母為安住家能之女;別名千代法師丸、新九郎;初名賢種、信安,後改為茂安。 幼年時的茂安十分頑劣暴虐,曾將一個成年人的手砍掉。父親信種得知後十分憤怒,責怪兒子不通人性,茂安心中內疚,拔劍便想一死了之,父親急忙勸阻下來。日後茂安以此為戒,不再欺凌他人,勤學武藝,幫助處於弱勢的人。 元龜元年(1570年),今山合戰在九州打響,年僅12歲的茂安主動要求加入戰斗,父親看他年紀輕輕便斷然拒絕。誰知茂安趁著兩軍交戰,悄悄地殺入敵人後方,腹背受敵的敵軍見勢不妙紛紛撤退。主君龍造寺隆信對這位冷靜的小童十分欣賞,便讓他做自己身邊的小姓。 之後,茂安又參加天正元年(1573年)的藤津合戰,在初陣中英勇奮戰。天正七年(1579年),龍造寺隆信提拔戰功卓著的茂安,因其「日斬十將」的功勳,賜予他「十右衛門」的稱號。 天正十二年(1584年),龍造寺隆信戰死在沖田畷合戰,茂安便被納入龍造寺政家的麾下。 天正十五年(1587年),九州征伐戰中龍造寺軍歸附豐臣家並出陣。同年天草合戰打響,加藤清正與小西行長軍前線受挫,茂安支援及時,在關鍵時刻扭轉戰局。之後,面對投降的守軍以「取此等人首級為朋輩所恥笑」為由,拒絕屠殺的命令而自行撤回。加藤清正對茂安大加贊賞,贊為「肥前武士的驕傲」,並將自己的戰甲送給他作為褒獎。清正後來以一萬石的高祿請茂安出仕。但被茂安婉拒。 文祿元年(1592年)的文祿之役、慶長二年(1597年)的慶長之役中,茂安作為龍造寺家的先鋒軍出陣。龍造寺當主政家死後,茂安出仕鍋島直茂,正式成為鍋島家的家臣。 慶長五年(1600年)歷史上著名的關原合戰打響,茂安隨主家鍋島直茂加入西軍,參與伏見包圍戰、阿濃津城合戰。 看到逐漸滑向失敗深淵的西軍,見勢不妙的鍋島直茂與兒子勝茂決定反叛,從屬東軍。茂安在東軍中依舊表現出色,先後隨軍參與築後國柳川城、築後國久留米城的合戰。柳川城合戰時,茂安受鍋島直茂的命令,彈劾立花家當主立花宗茂,成功避免一場血雨腥風。 關原合戰之後,茂安就任家老,俸祿被提高到4千石。 慶長八年(1603年),武藏國江戶幕府建立,茂安受命整備江戶町的水路。同年,茂安負責指揮山城國二條城、駿河國駿府城、尾張國名古屋城、肥後國熊本城、肥前國佐賀城的修復工作。 慶長十五年(1610年)開始,茂安投入到水害防止、新田開發、上水道建設、堤防工事、灌溉事業等內政工作中。其主要政績有:嘉瀨川與多布施川分流工程、千栗堤防與蛤水道、橫落水路、中原水道、羽佐間水道、三方潟大日堰修建以及佐賀江水道改修。這些工程對後世影響很大,即便是今日,日本依舊深受惠澤。肥前國佐賀藩的武士道教書『葉隱』高度評價這位利國利民的民政家。 慶長十五年(1614年),茂安參與大阪之陣。 寬永十一年(1634年),與世長辭,年75歲。 出處 http://baike.baidu.com/view/1338005.htm
村田吉次 Murata Yoshitsugu(1565年-1621年) 黒田二十四騎の一人。通称は兵助、出羽守。姓ははじめ井口(いのくち)を名乗った。初名は与一之助。妻は黒田武俊の娘。子に吉常、正治、三太夫、七之助がいる。 井口与次右衛門の四男。母は広峯神社の神主の娘。三人の兄はいずれも黒田孝高の家臣となり、若年のうちに戦死している。天正5年(1577年)より同様に孝高に仕え、同年に孝高の子・松寿丸(後の黒田長政)が人質として羽柴秀吉に預けられた際、付き人として長浜城に同行した。 天正8年(1580年)元服して兵助と名乗り、英賀城攻めで初陣。天正12年(1584年)の岸和田合戦の際には、敵に忍び寄って相手を殺害し、相手の武具・刀・槍・馬を奪って戻ったという。天正16年(1588年)、豊前国で250石を拝領。文禄・慶長の役では足軽大頭を務めた。 慶長5年(1600年)、孝高が鍋島直茂の陣営を訪れた際に同行。この際、直茂が家臣の村田隠岐を「今まで一度も傷を負ったことが無い武士」と紹介した。それに対して孝高は吉次の兄三人が討死したことに触れ、幸運な村田隠岐にあやかって吉次に村田の姓をいただけるように願い、当人から許されたため、これ以後「村田」の姓を名乗ることとなる。 慶長6年(1601年)、黒田氏の筑前国入国後に夜須郡2,000石を拝領し、桐山信行の組下に置かれる。慶長9年(1604年)の孝高の没後、「出羽守」を称し、大組頭となった。元和6年(1620年)の大坂城再建工事では石垣を担当したが、その石材を運搬する際に吉田重成の組と道でかち合い、諍いを起こしている。 元和7年(1621年)10月29日、57歳で死去。 宝蔵院流槍術の免許皆伝であった。また、粗暴な性格で、「気に食わない」という理由で自身の領内の80人余りの首を斬ったり、家臣が暇を乞うと長屋牢に閉じ込めたり、吉次を恐れて逃亡すればその一族の者の首を刎ねたり、罪人を生きたまま斬り刻んだりしたという。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E5%90%89%E6%AC%A1

Send this to a friend