首頁 Tags 跡部勝資

Tag: 跡部勝資

三百八十五位人物:石卷康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、淺野長政、淺野長晟、淺利則祐、淺利賴平、前波吉繼、相良晴廣、增田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義實、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西賴晴、大西賴武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大內義長、大掾貞國、瀧川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹內久盛、築紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、豬去詮義、豬苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長續連、上杉景信、長尾當長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛實、島津義虎、島津歲久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、德田重清、那須資晴、內藤清成、內藤隆春、鍋島勝茂、南條元續、南條廣繼、南條宗勝、南條隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寢重張、禰寢重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗實、畠山義綱、畠山義續、八戶政榮、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連龍、富田景政、富田重政、武田義信、武鎗重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡賴勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高繼、芳賀高定、蜂屋賴隆、蜂須賀家政、豐島重村、北楯利長、北條高廣、北條氏勝、北條氏照、北條氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀滿、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川廣家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢澤賴綱、藥丸兼將、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐續光、里見義賴、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顯宗、留守政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顯村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶廣、蠣崎守廣、蠣崎盛廣、龍造寺家晴、富田氏實、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稻富祐秀、支倉常長、秋山虎繁、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、澀江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志馱義秀、平林正恒、神保氏張、瀧野吉政、蜷川親長、井戶良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豐永勝元、長壽院盛淳、橫山喜內、向井正綱、北條早雲、太田資長、尼子經久、長尾為景、淺井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、宮本武藏、佐佐木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧道家、南光坊天海、森成利、簗田政綱、毛利良勝、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林信勝、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田邊勝成、黑澤道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景廣、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、關盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直賴、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南條元忠、南條元清、石野氏滿、有馬則賴、有馬豐氏、赤松則英、赤松廣秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戶元續、福原廣俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷吉治、大野治房、大野治胤、奧村永福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、高橋統增、德川家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長賴、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章、柳生三嚴、赤池長任、和久宗是、東鄉重位、安井成安、山田長政、天草時貞、伊東祐益、三浦按針、猿飛佐助、霧隱才藏、穴山小助、海野六郎、望月六郎、筧十藏、根津甚八、由利鎌之助、三好清海、三好伊三、加藤段藏、蠣崎基廣、下國師季、雫石詮貞、大崎義宣、相馬顯胤、蘆名盛舜、二本松義國、二階堂輝行、留守景宗、懸田俊宗、安東堯季、安東舜季、淺利則賴、天童賴長、天童賴貞、鮭延貞綱、結城政朝、佐野豐綱、那須高資、宇都宮尚綱、真里谷信應、長尾憲長、上杉朝定、太田資顯、藤田康邦、松平廣忠、平手政秀、遠山友忠、木造俊茂、小山田信有、板垣信方、甘利虎泰、橫田高松、高遠賴繼、小笠原長時、小笠原貞種、三木直賴、長尾晴景、長尾房長、椎名長常、神保覺廣、溫井續宗、堀江景忠、朝倉孝景、六角定賴、進藤貞治、朽木稙綱、粟屋勝久、武田義統、本願寺証如、願証寺蓮淳、波多野稙通、內藤國貞、細川持隆、細川氏綱、香川元景、香西元成
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、石川利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、木造雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、長尾景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部政直、南方就正、二階堂盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢沢頼綱、薬丸兼将、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐続光、里見義頼、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顕宗、伊達政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顕村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶広、蠣崎守広、蠣崎盛広、龍造寺家晴、富田氏実、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稲富祐秀、支倉常長、秋山信友、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、渋江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志駄義秀、平林正恒、神保氏張、滝野吉政、蜷川親長、井戸良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豊永勝元、長寿院盛淳、横山喜内、向井正綱、北条早雲、太田道灌、尼子経久、今川氏親、長尾為景、浅井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、本願寺蓮如、宮本武蔵、佐々木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧源太、南光坊天海、森蘭丸、簗田政綱、毛利新助、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林羅山、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田辺勝成、黒沢道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景広、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、関盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直頼、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南条元忠、南条元清、石野氏満、有馬則頼、有馬豊氏、赤松則英、赤松広秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戸元続、福原広俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷義治、大野治房、大野治胤、奥村長福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、吉弘統増、松平家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長頼、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章
內藤昌豐 Naito Masatoyo(1522年-1575年) 工藤虎豐的次子;初名工藤祐長,繼承內藤氏,改姓內藤,別名工藤源左衛門、內藤修理亮、內藤昌秀,戒名善龍院泰山常安居士。 父親虎豐為武田信虎的重臣,之後父親觸怒信虎與內藤虎資一同被信虎處死,為避難與兄長工藤昌佑一起出奔,在諸國流浪(有力說法為於關東地方流浪)。 在武田信虎被其子武田信玄流放後的天文十五年(1546年),昌豐被信玄召還,繼承工藤氏的舊領和家督之位。除此之外信玄還為信虎處死父親虎豐一事謝罪並給予金子,同時被提拔為持有50騎的侍大將。 仕於武田信玄後參加信濃平定戰,在永祿四年(1561年)的第四次川中島合戰中擔任襲擊上杉軍背後的妻女山別動隊大將而活躍著。永祿九年(1566年),攻擊西上野箕輪城時獲得出眾的功績,因此在戰後被信玄進昇為持有300騎的大將,並擔任箕輪城城代,負責指揮上野方面的經營。但是最近的研究顯示昌豐成為箕輪城城代的年份是元龜元年(1570年)。 永祿十一年(1568年),因為一直以來的軍功,繼承斷絕的武田家譜代名門內藤家,改姓內藤,同時進昇為修理亮。 翌年,三增卡之戰中率領小荷馱隊為自軍補給,不是只有華麗的戰功,還踏實地做著重要的工作。其後,與廄橋城城主北條高廣一起計劃著締結武田、上杉、北條三國同盟,並為促進締結同盟而盡力遊說跡部勝資,但最終失敗收場。 元龜二年(1571年),北條氏康病死去,後繼者北條氏政向武田家提出和睦請求,作為武田信玄的名代全權負責與北條家交涉。翌年,參加武田信玄的西上作戰,在三方原之戰中立下戰功。 元龜四年(1573年)4月,武田信玄死去後,輔助信玄的兒子武田勝賴。但是和其他老臣一樣被勝賴疏遠。 於天正三年(1575年)的長篠之戰中,發覺到戰況不利時向武田勝賴進言撤退,但勝賴不接受,最後出擊並壯烈地戰死,年五十四歲。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A7%E8%97%A4%E6%98%8C%E8%B1%90
和田信業 Wada Nobunari(1560年-1617年) 跡部勝資の子、養父和田業繁、正室和田業繁の娘;幼名八郎、初名昌業。 永禄3年(1560年)、甲斐武田氏の譜代家老である跡部勝資の子として生まれる。武田氏の西上野侵攻に際しては上野の国衆で和田城主・和田業繁の婿養子となり、天正3年(1575年)5月の長篠の戦いで業繁が戦死したため、家督を継いで当主となった。業繁の戦死の直前に領内の清水寺に「八郎信業」名義で諸役免除を認める文書を業繁に代わって発給している。八郎は和田氏嫡男代々の名のりとみられていることから、業繁の生前から後継者として位置づけられていたとみられている。上野の一国衆に過ぎなかった和田氏は、武田氏重臣の子を当主に迎えたことで武田家中において譜代の家臣並みの位置づけを得たとみられている。 天正10年(1582年)3月、甲州征伐で武田氏が滅亡するのに先立ち北条氏直に属したが、後に上野は織田信長の家臣・滝川一益が領有したため、織田氏の家臣となった。しかし6月の本能寺の変で信長が死去し、滝川一益も神流川の戦いで敗走したため、再び北条氏直の家臣となり、後北条氏では他国衆として遇された。後北条氏配下になった後も重んじられ、上野の国衆ではそれ以外には由良国繁にしか認められていなかった朱印の使用が許されている。天正18年(1590年)の小田原征伐では後北条方に与して小田原城に籠もったため、戦後に没落した。 以後は各地を放浪し、最終的には近江武佐において元和3年(1617年)9月29日に死去。享年68。また、小笠原忠政に仕えたとする説もある。 嫡男の和田業勝が跡を継ぎ、その子孫は会津若松藩主・保科氏(松平氏)の家臣として仕えた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E4%BF%A1%E6%A5%AD
山縣昌景 Yamagata Masakage(1529年-1575年) 飯富虎昌之弟(也有外甥的說法);通稱源四郎,別名三郎兵衛尉,本姓飯富,後繼承山縣氏,戒名休山賢好禪定門。 最初為武田信玄的近習小姓,在進攻信濃伊奈的戰事中表現活躍,天文二十一年(1552年)被信玄升格為侍大將,授予統率150騎(騎馬武者,武田流一個50騎備,共六百多人;150騎為三個備約2000人的部隊,相當唐代折衝府的折衝都尉或養老令軍防令的軍團「大毅」即果毅都尉之上)的指揮權。與飯富虎昌的武勇非常相近,發揮武者的實力,曾言「源四郎所向無敵。」 永祿六年(1563年)時冠名三郎兵衛尉,其後持續立功,獲得列席譜代家老眾的待遇,並持有統率300騎(三千多兵士)的指揮權,此時已經相當養老令中最基本的將軍(兵卒3000-10000設將軍)。武田勢、甲斐眾、山縣隊的部將。 永祿八年(1565年),武田信玄長子武田義信企圖謀反,並與其兄飯富虎昌同謀。昌景雖與虎昌有血緣關係,但並不贊同義信的謀反行動,反而將此事向主君信玄報告,使得謀反行動以失敗告終,虎昌自殺,而義信也被囚禁,鬱鬱而終。虎昌死後,其統率的赤備隊則由昌景繼承,並給予繼承在武田信虎時代絕後的山縣氏,與原昌胤共同職掌武田家中重大事務。 隨後於上野箕輪城攻防戰、駿河侵攻、小田原侵攻等戰役持續立功,於永祿十二年(1569年)被任命為江尻城代。元龜二年(1571年),進攻拒絕從屬武田家之三河國人菅沼定盈的居城大野田城,並持續進擊,攻擊三河東部邊境的重要據點吉田城,給予當時的三河領主德川家康極大威脅。 元龜三年(1572年)武田信玄開始計畫西上作戰,命令昌景率領五千兵馬擔任別動隊,自信濃往三河進軍,一連奪下三河、遠江數處城池。同年12月22日,與德川家康在三方原進行決戰,昌景趁著當時戰勝德川軍的氣勢,一舉突擊家康本陣,令家康大敗而狼狽逃回濱松城。 元龜四年(1573年)武田信玄死後,被託付為輔助武田勝賴的大將。但勝賴與號稱「武田四名臣」的昌景、內藤昌豐、馬場信房等人均相處不甚融洽,反而親近跡部勝資與長阪光堅等人。日後昌景被勝賴指派至駿河一帶擔任城主,意即離開武田家的政治權力核心。 後來參與天正三年(1575年)的長篠之戰,曾向武田勝賴進言,企圖阻止其發動攻擊,但不被勝賴接受;傳言中,勝賴還對昌景的諫言做出批評:「真是個貪生怕死之輩。」 《本多忠勝武功覺書》指當時的內藤昌豐及山縣昌景已殺進馬柵的第二層,並沒有史料記載昌景最後在戰場上死於敵人的流彈或鐵砲之下,年四十六歲。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%B8%A3%E6%98%8C%E6%99%AF
跡部勝資 Atobe Katsusuke(生年不詳-1582年) 跡部氏は信濃国守護小笠原氏庶流で信濃国跡部郷に発し、室町時代には跡部景家のころ甲斐国守護代として権勢を持つ。景家は武田氏の討伐を受けて没落し、武田晴信(信玄)・勝頼期には武田家臣団のなかに一族の跡部勝忠・跡部昌忠などの名が見られ、譜代家老などをつとめるが、『跡部氏系譜』では信秋・勝資父子の出自が守護代跡部氏に遡ることは記されているものの、その正確な系譜は不明。 信玄・勝頼期に甲斐武田氏は大名領国を拡大した結果、当主周辺には常駐家臣が少なくなり譜代家老の子弟が側近として当主に近侍しており、勝資は山県昌景・土屋昌続・原昌胤らとともに信玄側近として数多くの朱印状奉者として見られる。また、『甲陽軍鑑』によれば勝資は300騎持の侍大将といわれ、武田家中では山県昌景・春日虎綱(高坂昌信)と並び最大級の動員力である。 天文18年(1549年)には武田氏の信濃国侵攻において望月氏、大井氏、伴野氏ら佐久郡の国衆を服属させているが、同年5月には大井信常を大井氏の名代に命じる使者として駒井高白斎とともに「跡又」が派遣されており、以来永禄9年(1566年)まで仮名「又八郎」で奉者として名が見られ、これが勝資に比定されると考えられている。同年閏8月からは「大炊助」の官途名に変わり領国各地の国衆との取次を務めているほか、永禄10年(1567年)の武田家中における義信事件に際した下之郷起請文においても奉行を務めている。 勝頼期には対外交渉において越後国上杉氏との甲越同盟や常陸国佐竹氏との甲佐同盟などにおいて取次を務めており、勝資は一門の武田信豊との組み合わせで取次を務めている事例が多い。 『信長公記』に拠れば、天正10年(1582年)3月11日には織田・徳川連合軍による甲斐侵攻において勝頼とともに死去。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%A1%E9%83%A8%E5%8B%9D%E8%B3%87
長坂光堅 Nagasaka Mitsukata(1513年-1582年) 甲斐国武田氏の家臣で譜代家老衆。小笠原氏の庶流にあたる。出家名は長閑斎(釣閑斎、ちょうかんさい)。別名に虎房(とらふさ)、頼広(頼弘)(よりひろ)があるとされるが、いずれも主君武田氏当主からの偏諱が用いられた名前であると思われる。嫡男に奥近習六人衆に数えられる昌国(源五郎)、次男に今福昌常(今福浄閑斎養子)がある。武田晴信の乳兄弟ともいわれる。 永正10年(1513年)に生誕したとされる。6年前(永正4年(1507年))に主家・武田家では武田信直(のち信虎)が新たな当主となり、武田一族の内紛や今川氏や大井氏など近隣の勢力との和睦といったように、甲斐統一を着々と進めていた。 そんな虎房(のち光堅)が史料に登場するのは、当主が信虎から子の晴信(後の信玄)に変わった後、天文年間の信濃侵攻の頃からである。この頃から本格的な活動が見られ、はじめは足軽大将として天文12年(1543年)5月諏訪郡代となった板垣信方を補佐する上原在城衆となり、同郡上原城(長野県茅野市)に入城する。天文17年(1548年)の上田原の戦いにおいて信方が戦死すると後任の諏訪郡司(郡代)となり上原城に派遣され、翌天文18年には諏訪郡支配の新拠点となる高島城(長野県諏訪市)へ入城する。(以上は「高白斎記」に拠る)。 越後上杉氏との北信地域を巡る抗争が顕著になると、天文22年(1553年)には跡部信秋らと牧之島の国衆香坂氏のもとへ派遣されている。また、同年10月5日には光堅の子昌国(源五郎)と武田家臣真田幸綱(幸隆)息女との縁組が行われている(「高白斎記」)。翌天文23年9月6日には遠江国の国衆天野景泰への使者を務めている。弘治3年(1557年)の第三次川中島の戦いにおいては、日向虎頭(大和守)とともに越後国の上杉謙信の侵攻に備えた北信地域の探索を命じられているほか、同年11月6日には三枝虎吉・室住虎光らと奉行人としての活動も見られる(『戦国遺文武田氏編』 - 578号)。永禄2年(1559年)2月に主君・武田晴信が出家すると、これに倣って光堅も出家、「釣閑斎(長閑斎)」と称する。永禄5年(1562年)に信玄の4男勝頼が高遠城主となると(「甲陽軍鑑」)、長閑斎(光堅)はこれを武田家嫡男武田義信へ伝える使者を務めている。元亀元年には春日虎綱(高坂昌信)とともに栗田鶴寿への使者を務めている。 早くから勝頼との関係は深かったようであり、元亀4年(1573年)の信玄没後は、武田信豊、跡部勝資(信秋の子)らとともに後を継いだ勝頼に引き続いて重用されたという。 『甲陽軍鑑』では天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて、信玄以来の家臣である山県昌景、内藤昌豊、馬場信春ら宿老たちが敵の陣城・予想外の大兵力を理由に撤退を進言したものを、長閑斎(頼広)は攻撃するように進言して武田軍惨敗の原因を作ったという記述がある。 この記述に関して、長篠合戦前日の日付を持つ「長閑斎」宛の勝頼書状が存在し、「長閑斎」は武田領国のいずれかの城を守備していたという。この書状から長坂は長篠には参陣していないことが指摘され1960年には高柳光寿が『長篠之戦』において『甲陽軍鑑』の誤りを示す実例として指摘された。この問題に関して、2009年には平山優が勝頼書状の宛名「長閑斎」が長坂釣閑斎光堅(頼広)ではなく今福長閑斎友清に比定される可能性が提唱されている。因みに長坂光堅は文書上では「釣閑斎」と表記されている。この戦いでは三男の英信が参戦して戦死している。 『軍鑑』では天正6年(1578年)に越後国の上杉謙信死後、勝頼が御館の乱において上杉景勝と甲越同盟を結んで資金援助を受けたが、長閑斎はその金を一部横領していたという記述がある。高坂昌信は勝頼に長閑斎を追放するように提言したが、光堅の甘言にまどわされていた勝頼は受け入れなかったという話だが、文書上からは上杉氏との取次は北信・東信の責任者であった小諸城将・武田信豊が務めており、『軍鑑』の記述には確実性が無いことが指摘されている。 『軍鑑』では天正10年(1582年)に甲州征伐が始まると、長閑斎は勝頼の軍から密かに離れて甲斐国に逃亡したが、織田軍の厳しい追討を受けて捕らえられ首を切られて殺されたとしているが、文書上からの検討においては勝頼に従い殉死したものであると考えられている。享年70。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%9D%82%E5%85%89%E5%A0%85
高坂昌信 Kosaka Masanobu(1527年-1578年) 春日大隅之子,本名春日虎綱,幼名源五郎,正室為香坂宗重之女。 父親大隅老來得子自然十分欣喜,但煩惱也同時來到,之前大隅為了延續家族曾經讓源五郎的長姐招婿為義子,源五郎出生後,大隅一直無法決定是讓女婿繼承還是由源五郎繼承,後來大隅過世,十六歲的源五郎與姐夫為財產打官司敗訴,不知何去何從的源五郎成為了當時仍是世子的武田信玄身邊的小姓。 源五郎容貌秀麗,深得信玄喜愛。以當時的風氣,龍陽之癖並非奇事,但像信玄跟高坂昌信這樣還有情書傳世的卻十分少見。在源五郎十八歲時信玄突然常常造訪另一個小姓彌七郎,源五郎的酸味不言而表,信玄查覺源五郎的吃醋,寫下一封膾炙人口的情書。 「我最近之所以常常去看彌七郎,不過是因為他最近生病了;我過去從來沒有讓彌七郎侍寢過,今後也絕對不會有,請你相信我,我對源五郎的心意絕對不會有所改便。我日夜徘徊,寢食難安,就是為了我的心意無法傳遞給你而感到困惑不已。如果我騙你的話,我願意接受甲斐的一、二、三大明神、富士、白山、八幡大菩薩還有諏訪上下大明神的懲罰。」 不久之後,源五郎元服改名春日昌信正式在信玄身邊任職,一開始昌信都是負責一些文書的工作,直到與山縣昌景一同在進攻戶石城時立功,然後又在天文二十一年(1552年)時與小笠原家的小巖岳城之戰中立功,終被認可信玄將他拔擢為統率一百五十騎的侍大將,當時春日昌信年方二十五歲,之後積功累升為小諸城城主。 這時為了防範應信濃國人眾村上義清等人懇求南來相援的越後上杉謙信,武田家開始興建海津城,信玄命春日昌信擔負這項任務,並在海津城峻工後讓昌信三級跳為海津城城主,領九千石,可動用部隊人數高達四百五十人僅次於老臣小幡信貞。 武田信玄這項決策在家中引起軒然大波,對此不滿的聲音塵囂直上,多半是覺得昌信是靠他和信玄間的親密關係升官,但滿天亂飛的謠言隨著昌信在築城期間數次擊退謙信所派遣的別動部隊逐漸平息,取而代之的是「戰略能力家中第一的美譽」。 永祿四年(1561年),就在海津城附近爆發了流傳千古的第四次川中島之戰,該役中春日昌信和馬場信房率兵突襲妻女山上的上杉軍,雖然最後宣告失敗,但後續的戰鬥中昌信以他出色的指揮能力立下大功。 川中島大戰之後信玄讓春日昌信繼承信州名族高坂家的姓氏改名高坂昌信,正式晉升武田家重臣的行列中。由於武田信玄進攻駿河今川家,而與北條家破盟,駐守海津城的高坂昌信周旋於北條、上杉兩大勢力之間,以避戰穩守的策略鞏固武田家在當地的實力,因而高坂昌信被時人稱為「避戰武將」,由於官拜彈正忠,又被稱作「逃彈正」,與攻彈正真田幸隆、槍彈正保科正俊齊名為武田三彈正。 元龜三年(1572年),武田信玄決意上洛,人在海津城的昌信也接到動員令,武田軍於東海道和德川家交手的三方原合戰中大獲全勝,但無奈的是,此時的信玄因為多年肺癆再加上年老力衰,雖有鴻圖之志仍敗於命運之神,戰陣之苦使信玄的健康急遽惡化,他的身體每下愈況,最後武田家重臣決定返回甲斐,但病重的信玄還未見到自己的家鄉便在半路上撒手歸天,逝於信州駒場。信玄猝逝,昌信一度悲傷地想切腹殉主,多虧信玄的異母弟一條信龍成功勸阻。 在信玄死後,勝賴大量起用以前他在信濃時身邊的近臣,對信玄時代的老臣以尊而不敬的心態一一架空,特別是高坂昌信,當年武田家變嫡子武田義信心生叛意時,昌信和馬場信房、內藤昌豐等重臣都多主張再給義信一次機會,也因此令武田勝賴生出「他們都看不起我」的心態而與一眾老臣之間始終存有芥蒂。 天正二年(1574年),繼任家督之位的武田勝賴攻下了連信玄生前亦強攻不落的遠江高天神城,一時武田家士氣大振。當躑躅崎館的勝賴舉背慶賀時,正在海津城駐守的高坂昌信心生感嘆地說出一句:「這或許就是武田家滅亡的先兆也說不定。」 不料在短短幾個月後高坂昌信的這句就得到了實證。天正三年(1575年),長筱會戰爆發,勝賴再度出兵三河、遠江攻打德川家,當時為了防備上杉的來襲所以昌信仍是率領一萬武田軍鎮守北信海津城,但他還是讓親子高坂昌澄送至勝賴身邊隨軍參戰。 最後在35000織德聯軍和他們的3000支國友鐵槍及拒馬防 柵下,武田軍受到了毀滅性的嚴重打擊,一幹自信玄時代便威揚四方的名將皆在此一役陣亡,武田四名臣中除了留守的高坂昌信外,山縣昌景、內藤昌豐、馬場信房三人先後戰死,真田信綱、真田昌輝、土屋昌次等重要將領也悉數歿於疆場。然而對昌信打擊最大的就是親生子高坂昌澄的死訊。但是高坂昌信很快由喪子的悲傷中醒悟,迅速帶兵八千運送大量補給品去迎接勝賴的敗兵。 為了保存危若風中殘燭的武田家,為了報答信玄的知遇之恩,昌信冒著生命危險硬闖入勝賴的居館向他進言,提出四點意見以盼勝賴能重建武田家威名。一是重建家臣團,放逐跡部勝資及長坂長閑,起用真田昌幸跟曾根內匠。二是處罰在長筱會戰中逃脫的武田親族。三是內政建設,以圖恢復重創的國力。四是擴展外交,與北條結姻以加強甲相同盟。可悲的是這四點中勝賴除了迎娶北條氏康之女鞏固外交,其他三點都未做到。 長筱會戰後,身為武田家重臣中碩果僅存的元老,他不得不耗盡他餘下不多的人生來為武田家鞠躬盡瘁,先是盛大舉行信玄的祭拜儀式以誇耀本家實力讓敵國不敢輕舉妄動,再來派出醫師敬滅與素來對丈夫德川家康與織田信長結盟而感到不滿的築山夫人密通以拉攏家康嫡子信康,離間兩家的關係,然後為勝賴向北條氏政求親,迎娶其妹為新正室以堅固雙方的盟約。 天正六年(1578年),高坂昌信在駐地海津城劃下了他人生的句點,享年五十二歲,可惜他終究未完成復興武田家的大業,武田家還是於天正十年(1582年)在甲斐天目山上步入歷史。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/archive/topic/316190

Send this to a friend