首頁 Tags 藤田信吉

Tag: 藤田信吉

三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、石川利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、木造雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、長尾景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部政直、南方就正、二階堂盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢沢頼綱、薬丸兼将、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐続光、里見義頼、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顕宗、伊達政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顕村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶広、蠣崎守広、蠣崎盛広、龍造寺家晴、富田氏実、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稲富祐秀、支倉常長、秋山信友、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、渋江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志駄義秀、平林正恒、神保氏張、滝野吉政、蜷川親長、井戸良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豊永勝元、長寿院盛淳、横山喜内、向井正綱、北条早雲、太田道灌、尼子経久、今川氏親、長尾為景、浅井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、本願寺蓮如、宮本武蔵、佐々木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧源太、南光坊天海、森蘭丸、簗田政綱、毛利新助、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林羅山、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田辺勝成、黒沢道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景広、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、関盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直頼、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南条元忠、南条元清、石野氏満、有馬則頼、有馬豊氏、赤松則英、赤松広秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戸元続、福原広俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷義治、大野治房、大野治胤、奥村長福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、吉弘統増、松平家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長頼、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、滝川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、上杉景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家
新發田重家 Shibata Shigeie(1560年-1601年) 上杉謙信に仕え、川中島の戦い(第4次川中島の戦いで諸角虎定を討ち取ったのは新発田勢とも言われている)や関東出兵などに参加する。謙信の死後に起こった御館の乱では安田顕元の誘いに応じて上杉景勝を支持し、上杉景虎方についた同族の加地秀綱を降し、三条城の神余親綱を討ち、乱に介入した蘆名盛氏・伊達輝宗の兵を退けるなど大いに活躍した。 天正8年(1580年)、兄の死により新発田家に戻って家督を相続し、新発田重家と名乗った。 三条攻略・蘆名撃退など数々の武功を挙げた重家は、新発田勢の活躍に相応する恩賞を期待していた。しかし、重家が貰えるものと思っていた恩賞のほとんどは、景勝子飼いの上田衆の手に渡り、亡くなった兄・長敦の功績は軽んじられ、重家に対する恩賞も新発田家の家督相続保障のみに終わった。重家を景勝陣営に引き入れた顕元は、景勝と重家の和解に奔走したものの効果がなく、重家に謝罪する意味合いで自刃し果てた。 天正9年(1581年)、蘆名盛氏の後を継いだ盛隆と伊達輝宗は、重家が景勝に対して不満を募らせている状況を見て、上杉に対して反乱を起こさせるべく様々な工作を行った。こうして6月16日、重家は一門衆のほか、加地秀綱ら加地衆や、上杉景虎を支持していた豪族を味方に引き入れ新潟津を奪取、同地に新潟城を築城し独立する。景勝は本庄繁長・色部長真(重家の義弟)に重家の抑えを命じたが、年内にはそれ以上の動きはなかった。一方、西側から上杉領攻略を進めていた織田信長の重臣柴田勝家は、この機に乗じて輝宗との連携を緊密にし、ますます上杉への攻勢を強めた。 天正10年(1582年)2月、景勝は重家に対する最初の攻勢を発動したが、あっけなく撃退されてしまった。そこで景勝は蘆名盛隆に背後から重家を襲うよう依頼したが、反乱の仕掛人である盛隆が応じる筈もなく、重臣の津川城主金上盛備に重家を援護させ、赤谷城に小田切盛昭を入れるなどかえって介入を強化した。4月に入り雪解けが本格化すると、景勝は再び重家攻めに着手したが、西からの柴田勝家、南からの森長可・滝川一益らの侵攻に対処するため本庄繁長・色部長真に重家対策を任せることとした。6月2日、本能寺の変で信長が死に、織田軍が撤退したため、とりあえず西方と南方からの脅威は取り除かれたが、景勝自身は織田の旧領をめぐって、休む間もなく信濃で北条氏直と対陣していたので、この時は重家との本格的な戦は無かった。景勝は7月に北条と和睦すると重家攻めに力を入れたものの、兵糧不足に陥り撤兵した。 天正11年(1583年)に入っても状況は変わらず、景勝は4月と8月に出陣したが頑強な抵抗は相変わらずで、8月の出陣の際には、上杉勢は豪雨と湿地帯のせいで大混乱に陥り、間隙を突いた新発田勢に散々に打ち据えられ、危うく景勝を討ち取られそうになった(放生橋の戦い)。この猛反撃で、重家の勢力範囲は一時的にせよ広がる結果となった。一方で景勝は蘆名家中の撹乱を狙い、直江兼続に命じて富田氏実・新国貞通などの盛隆に反抗的な重臣達を調略し、揺さぶりをかけた。 天正12年(1584年)8月、景勝は水原城奪還のため出陣した。上杉勢は重家率いる本隊を水原城下に引き付けて戦い、その間に迂回していた景勝が八幡砦を奪取して水原城を孤立させたため、新発田方は水原城を放棄して退却した(八幡表の戦い)。ところが上杉方は直江兼続の陣が重家の攻勢を受けて崩壊し大損害を蒙っていたため、それ以上兵を進めることが出来なくなり、水原城もほどなくして新発田方の手に戻った。そのため新発田方の意気は揚がり、一時は佐々成政と共に景勝の挟撃を目論むほどであった。 しかし、10月6日に蘆名盛隆が家臣に殺害されたことで、重家を取り巻く状況が暗転し始める。天正13年(1585年)5月、伊達輝宗に家督を譲られた政宗が蘆名と開戦し、秋には上杉に新発田への道を貸すなど、輝宗による越後介入路線を完全に放棄した。さらには10月8日には輝宗が死んだことで、伊達・蘆名両家による重家の支援体制は崩れ、重家は後ろ盾を失った。加えて11月20日に新潟城と沼垂城が藤田信吉の調略によって上杉方の手に落ちると、新発田方は新潟港から塩の津潟を経由して新発田に至る水利権を失い、これにより物資の大量輸送が困難になり、蘆名家との津川経由のルートによって当面の物資を補給せざるをえない状況に追い込まれた。 天正14年(1586年)、景勝は上洛して正式に羽柴秀吉に臣従した。これによって強力な後ろ盾を得た景勝は、新発田攻めに全力を傾けたものの、決着をつけることは出来なかった。しかし、この頃になると新発田方では兵糧が欠乏し、配下の討死や寝返りなどもあって戦力が目に見える形で衰えていった。 天正15年(1587年)夏、秀吉の支援を受けた景勝は1万余の大軍をもって新発田城を遠巻きに取り囲んだ。また、景勝と親交があった青蓮院門跡尊朝法親王が重家に和睦を勧告したが、重家はこれを断固としてはねつけた。周囲の諸城は上杉勢に次々攻略され、金上盛備が赤谷城の救援に向かうも藤田信吉に阻まれて撤退。9月19日、赤谷城が攻略された事により補給路は陸路・水路共に完全に寸断され、新発田城は義弟の五十公野信宗らが籠る五十公野城共々、孤立した。 9月24日、秀吉からの使者が先ず景勝に対し派遣された。「因幡守(重家)城を出て降参すれば赦すべし」との降伏勧告・ただし助命条件であり、景勝は使者を新発田城に送った。使者は重家に対面して勧告内容を伝えたが重家は拒否、景勝は秀吉に早飛脚を送り勧告の結果を報告した。折り返し、秀吉から景勝に対し「来春までには落着すべし」と厳命が下ったことにより、景勝は先ずは五十公野城を総攻撃することになった。 10月13日、藤田信吉らが五十公野城を陥落させ、残る主要な城は新発田城のみとなった。10月25日、景勝勢に厳重に包囲された新発田城内で重家は最期の宴を催し、それが終わるや否や城を打って出た。重家自らが率いる一隊は色部長真の陣に突入し、重家は「親戚のよしみをもって、我が首を与えるぞ。誰かある。首をとれ」と甲冑を脱ぎ捨て真一文字に腹を掻き切って自刃した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%99%BA%E7%94%B0%E9%87%8D%E5%AE%B6
滝川益重 Takigawa Masushige(1523年-1592年) 滝川一益の家臣。名は詮益(のぶます)とも。通称は儀太夫。 大永3年(1523年)、誕生。織田氏の家臣・滝川一益の従兄弟、甥ともいわれる。また、傾き者として知られる前田利益の父とされることがある。荒武者といわれており、一益に従い甲州征伐などで活躍した。 天正10年(1582年)3月、一益が信濃国のうち二郡と上野一国を与えられ、上野の厩橋城を本拠地とすると、益重は城代として真田昌幸が明け渡した沼田城に入城した。同年5月23日、益重は滝川勢を率いて三国峠を越えようとしたが清水城主長尾伊賀守と樺沢城主栗林政頼に破れ、同25日には、猿ヶ京城に夜襲をうけたが撃退したと伝わる。 同年6月2日本能寺の変で織田信長が横死する。これを知った元沼田城代の藤田信吉は長尾伊賀守に使いを出して上杉景勝に通じて反乱を起こし、5千の兵を率いて沼田城を攻め水曲輪の一つを奪ったが、同月13日、益重は滝川一益の援軍を得てこれを撃退した。しかし滝川一益が同月19日、北条氏直との合戦(神流川の戦い)に破れ、伊勢国へ敗走すると益重もこれに従った。 天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いにおいて一益は柴田氏に与し、関盛信の留守に乗じ亀山城を奪い、嶺城にいた羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)派の岡本宗憲を駆逐すると、亀山城に佐治新介(のちの滝川益氏)、嶺城に益重が入れられた。しばらくして両城は羽柴軍の猛攻を受け、峯城は兵糧攻めにより落城するが、その際の益重の奮戦振りを秀吉に称えられ、戦後は豊臣氏に仕え、小牧・長久手の戦いや九州征伐などに従軍した。 文禄元年(1592年)、死去。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E5%B7%9D%E7%9B%8A%E9%87%8D
直江兼續 Naoe Kanetsugu(1560年-1620年) 樋口兼豐的長子、母為藤もしくは蘭子、妻為直江景綱之女.阿船;幼名與六、初名樋口兼續,繼承直江氏,名為直江兼續。 先祖據説是平安時代源義仲的忠臣義仲四天王之一的樋口兼光,對於其父兼豐的身份有所爭議,根據米澤藩的記録《古代士籍》和《上田士籍》樋口兼豐是長尾政景家老、上田執事,而根據《藩翰譜》兼豊只不過是管理薪炭的小吏。 少年時代 生於越後國阪戶城(現新潟縣南魚沼市),湯澤町姓樋口的很多也有說他生在越後湯澤。五歲開始在仙桃院(上杉謙信的姐姐同時也是上杉景勝的母親)的推薦下成為長尾顯景(上杉景勝)的侍童.近侍。永祿七年(1564年)因為上田長尾家當主長尾政景去世,於是跟隨作為上杉謙信養子的上杉景勝進駐春日山城。目前無任何史料紀錄兼續跟隨過謙信,倒是孩童時代就早早侍奉景勝。 直江家繼承 上杉謙信暴卒的天正六年(1578年),上杉家爆發御館之亂,年僅18歲的兼續和父親兼豐協助上杉景勝擊敗上杉景虎,幫助景勝快速佔領春日山城,成為平定亂事的功臣之一。天正九年(1581年),景勝的親信直江信綱被毛利秀廣殺害。為免直江氏斷後,兼續奉景勝之命入贅直江家,娶直江景綱的女兒、信綱之妻阿船,繼承直江氏,正式改名為直江兼續,並且成為與板城城主。之後,與狩野秀治共同執政,輔助景勝治理越後。 豐臣政權時代 天正十一年(1583年)成為山城守。天正十二年(1584年)狩野秀治病倒,基本由兼續負責內政外交。秀治死後就完全由對外文相當擅長的兼續一人擔當。家臣們稱上杉景勝為「御屋形」(主公),稱兼續為「旦那」(主人)。天正十四年6月22日(1586年8月7日),兼續陪同景勝上洛,天皇冊封主君景勝為從四位下左近衛權少將,兼續為從五位下。 在新發田之亂中為爭奪戰略要地新潟與新發田重家展開激烈的戰鬥。天正十一年(1583年)因為大雨上杉家敗北。兼續於是整治主流不定的信濃川,開鑿支流中之口川奠定現在新潟平原的基礎,然後逐漸擠壓新發田家的空間。天正十三年11月20日(1586年1月9日),佔領新潟城和沼垂城,取得新潟港的控制權。失去經濟來源的新發田重家很快衰敗。天正十五年10月13日(1587年11月13日),兼續和藤田信吉一起攻陷新發田城的支城五十公野城,之後立刻攻佔新發田城,結束戰爭。 天正十六年(1588年10月7日)豐臣秀吉賜姓豐臣,以豐臣兼續的名字成為山城守。天正十七年(1589年)和上杉景勝一起出兵佐渡。佔領之後被委派管理佐渡。天正十八年(1590年)跟隨景勝參加小田原征伐,和松山城城代山田直安以及其部下金子家基,難波田憲次收降若林氏,然後作為先鋒佔領八王子城等關東多處城池。文祿元年(1592年)又和景勝一起出兵朝鮮參加文祿慶長之役取得戰功。此外還修整庄內地方的大寶寺城,以及平定領內的農民起義。 兼續為恢復戰亂後的越後經濟也施行很多政策。他鼓勵農民開墾新田。越後平原現在也是日本的稻穀主要產地。他還支持手工業和商業的發展。越後農民種植一種叫苧麻的植物,在木綿沒有普及的時代苧麻被當作衣用纖維重要材料。青薴做成的布在京都能賣很高的價錢,取得很大的收益。在兼續的領導下越後變得和謙信統治時代一樣繁榮。 文祿四年(1595年)1月,豐臣秀吉命令上杉景勝管理越後,佐渡的金銀礦山,兼續任代官。 慶長三年(1598年)豐臣秀吉改封上杉景勝到會津成為一百二十萬石的大名,其中出羽國米澤六萬石(加上寄騎有三十萬石)賜予兼續,幾乎等同於大名的待遇,時人乃稱兼續是「天下第一陪臣」。這次改封上杉家領地被最上家領地分隔為會津,置賜地方和庄內地方兩個部分。為聯絡兩地兼續修築朝日軍道。朝日軍道是沿朝日山地山脊的險道,關原之戰後廢棄。 關原之戰 慶長三年8月18日(1598年9月18日)豐臣秀吉逝世,德川家康勢力抬頭。在好友石田三成的請求下,兼續決定跟家康對立,放逐主張與德川家和睦的上杉家重臣藤田信吉。同時拒絕家康的上洛要求,執筆著名的「直江狀」。 這封令德川家康大怒而招致會津遠征的直江狀後世認為是偽作,改竄的可能性很大,但是在勸阻家康上杉征伐的舊豐臣奉行的書信中所寫「這次的直江所作所行,是在有無禮之處,令您生氣也是情有可原」,「您不必和鄉下人一般見識」,兼續的信是存在的,也的確因此激怒家康。 上杉景勝、兼續一面修築新城神指城來取代難以防守的若松城,一面在白河練兵準備迎擊德川軍。由於石田三成的舉兵,德川家康率領的東軍主力不得不停止對上杉的攻擊。兼續率領3萬精銳部隊入侵東軍最上義光的領地山形。最上義光和上杉家一直為庄內地方而戰事不斷。從上杉家來看領土被最上家隔開,從最上家來看領土被上杉家包圍。當初東北方面的東軍集結在最上家領地,家康撤退以後其他大名也跟著一起撤離,因此最上領地內東軍兵力驟減。義光感到危機一邊派出使者和上杉家講和,一邊向東軍諸侯求援企圖先發制人。察覺到義光動向的兼續拒絕和議。 最上義光為集中兵力命令部下放棄一部分外城。畑谷城江口光清拒絕服從據城頑守,在上杉軍猛烈攻擊下失守。隨進攻志村光安守衛的長谷堂城和里見民部守衛的上山城。上山城只有500名士兵守衛,兼續派4000人的分隊,里見民部出城迎戰。上杉軍以8倍的兵力仍然久攻不下,反而損失數名武將,分隊直到最後也沒有和兼續的本隊會合。進攻長谷堂城的是兼續親自率領的1萬8000人。志村光安,鮭延秀綱帶領1千名守軍奮力抵抗,上杉軍上泉泰綱戰死。本來想速戰速決結果演變成持久戰,9月29日關原之戰失敗的消息傳來,上杉軍經過20天的戰鬥連攻不下只能撤退。詳細參照長谷堂城之戰。 最上軍和前來救援的伊達政宗部隊乘勝追擊,在水原親憲、前田利益等上杉諸將的奮戰下終於撤回米澤。這次撤退非常經典,受到兼續敵人最上義光和德川家康的稱讚,後來還作為日本陸軍參謀本部的戰例。 結果上杉軍進攻最上侵佔山形的行動以失敗告終,最上軍奪回庄內地方,並且發生伊達進攻上杉領地的松川之戰,但本庄繁長有成功擊退伊達。上杉景勝、兼續打算殲滅最上、伊達的構想就此破碎。 江戶時代 返回本領地後,兼續原本是堅持要與德川家抗戰到底,後被上杉景勝與本庄繁長說服而作罷。慶長六年(1601年)7月,兼續隨同景勝上洛向德川家康請罪,景勝減封至米澤三十萬石,兼續六萬石。但兼續只自取五千石,其他分給其他大臣。家康知悉後讚嘆道:「能得如此之能臣,取天下可無難矣!」自此上杉家向德川家宣示忠誠。 慶長十三年(1608年)兼續改名為重光,輔助上杉景勝治理米澤藩。和在越後一樣致力於新田開發和治水,在流經米澤的最上川上游修築3公里長的石堤防止氾濫,後來被稱為「直江石堤」。米澤藩表面石高只有三十萬石,實際達到五十一萬石。此外還擴大城鎮面積,振興手工業,開發礦山,只用十年就把米澤發展成擁有繁榮城下町的豐城。 為和德川家搞好關係通過德川家近臣本多正信開展外交,慶長十四年(1609年)在正信幫助下免除10萬石的賦稅。兼續還把正信的兒子本多政重認作養子。儘管後來中斷養子關係仍然和本多家保持親密的友情。 慶長十九年(1614年)作為東軍參加大阪之役,在鴫野之戰中立下戰功。 元和五年(1619年),病逝於江戶鱗屋敷,年六十歲。據說兼續去世時,一向面無表情的上杉景勝放聲痛哭,可見兩人之間的情誼。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E5%85%BC%E7%BA%8C
藤田信吉 Fujita Nobuyoshi(1559年-1616年) 藤田(小野)康邦の次男といわれているが、康邦は天文24年(1555年)8月13日、つまり信吉が生まれる4年前に死去しており計算が合わない。このため、康邦の孫または甥ではないかと思われる。 兄の用土重連が藤田氏邦(康邦の養子)に謀殺されたことによりその跡を継いだ信吉は、はじめ用土氏・小野氏を名乗っていたが、天正8年(1580年))8月、真田昌幸の調略を受入れ北条氏から離反し、武田氏に沼田城を引き渡した。その後、上州攻略で武功を挙げ、沼須城主となり、武田勝頼から5700貫の所領を拝領する。さらに藤田氏に復して勝頼から武田氏の通字「信」字を与えられ藤田能登守信吉と名乗り、海野信親の娘を娶った。 天正10年(1582年)の武田氏滅亡後、他の上州国人と同様に織田氏の重臣・滝川一益に仕えたが、本能寺の変の後、上杉方の長尾伊賀守に通じ、5千の兵で滝川益重麾下4千の兵の守る沼田城を攻めたて水曲輪の一つを乗っ取るも、一益が小幡、安中、和田、倉賀野、由良、長尾(館林)、内藤を従え2万の兵で北上した為、信吉は沼田城攻略を諦め、6月13日夜、泣く泣く越後に落ちていったという。 上杉景勝から越後長島城を与えられた信吉は、以降上杉家中で数々の武功を挙げていく。特に新発田重家討伐戦では、新潟城・沼垂城を調略によって降し、赤谷城救援に駆けつけた金上盛備率いる蘆名軍を撃破し、さらには五十公野城を攻略するなど、その功績は抜群であった。天正17年(1589年)佐渡国の本間氏討伐にも従軍し、天正18年(1590年)の小田原征伐では上杉軍の先鋒を務め、上野・武蔵の北条方の諸城を次々と攻略した。慶長3年(1598年)に上杉氏が会津に移封されると、景勝から越後津川城代として1万5,000石の所領を与えられた。 慶長5年(1600年)、信吉は景勝の代理として新年の祝賀のために上洛する。この際、徳川家康は信吉に銀子や青江直次の刀等を贈るなどして好意的に接している。しかし景勝の後に越後に入封した堀秀治が、上杉に叛意有りと訴えたことで上杉と徳川の間で緊張が高まった。上洛して申し開きをせよと迫る家康に対し、上杉家の権臣・直江兼続は露骨に家康に敵対する姿勢を見せた(そもそも堀と上杉の対立は、上杉が越後から会津に転封された際に、新領主の為に残して置くべき分の年貢を兼続が全て持ち去ったことに起因する)。 信吉は景勝に安易に挑発に乗らぬよう諫言するとともに、自らは大坂に赴いて家康に対して懸命に弁明して避戦に努めた。ところが、兼続が信吉は家康に買収されて内通していると讒言したため、信吉や大森城代の栗田国時ら避戦派は上杉家からの出奔を余儀なくされ、江戸の徳川秀忠の許に逃れた(国時は兼続の追っ手により殺害された)。その後、信吉は京都の大徳寺に入って剃髪し、源心と号した。関ヶ原の戦いの後、信吉は家康に下野国西方に1万5,000石の所領を与えられたため、還俗して諱を重信と改めた。 慶長7年(1602年)、佐竹義宣が常陸水戸から出羽秋田へ減移封されたとき、水戸城の接収を担当している。大坂の陣にも従軍したが、慶長20年(1615年)の夏の陣後に改易された。理由は榊原康勝軍の軍監を務めていたときの失態、戦功に対する不満からの失言など諸々の理由を挙げられている。 元和2年(1616年)7月14日、信濃奈良井で死去した。享年58。死因は病死説もあるが、近年では自殺説が有力となっている。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%90%89

Send this to a friend