首頁 Tags 結城政朝

Tag: 結城政朝

一百一十二位人物:柳生三厳、赤池長任、和久宗是、東郷重位、安井成安、山田長政、天草時貞、伊東祐益、W.アダムス、猿飛佐助、霧隠才蔵、穴山小助、海野六郎、望月六郎、筧十蔵、根津甚八、由利鎌之助、三好清海、三好伊三、加藤段蔵、蠣崎基広、下国師季、雫石詮貞、大崎義宣、相馬顕胤、蘆名盛舜、二本松義国、二階堂輝行、留守景宗、懸田俊宗、安東堯季、安東舜季、浅利則頼、天童頼長、天童頼貞、鮭延貞綱、結城政朝、佐野豊綱、那須高資、宇都宮尚綱、真里谷信応、長尾憲長、上杉朝定、太田資顕、藤田重利、松平広忠、平手政秀、遠山友忠、木造俊茂、小山田信有、板垣信方、甘利虎泰、横田高松、高遠頼継、小笠原長時、小笠原貞種、三木直頼、長尾晴景、長尾房長、椎名長常、神保覚広、温井続宗、堀江景忠、朝倉孝景、六角定頼、進藤貞治、朽木稙綱、粟屋勝久、武田義統、本願寺証如、願証寺蓮淳、波多野稙通、内藤国貞、細川持隆、細川氏綱、香川元景、香西元成、十河存春、三好政長、筒井順昭、十市遠勝、土橋重治、尼子国久、尼子誠久、庄為資、吉川興経、吉川経世、小寺則職、大内義隆、相良武任、杉興運、杉重矩、内藤興盛、冷泉隆豊、小早川繁平、和田通興、細川元常、宇都宮豊綱、宇都宮房綱、一条房基、菊池義武、少弐冬尚、小河信安、納富信景、西郷純久、西郷純堯、上村頼孝、米良祐次、土持親成、禰寝清年、長尾虎、世良田元信、浅井茶々、大友桐、十河紫、浅井福、伊達蛍、北条貞、武田菊、有馬奈津、井伊直、木下伶、大内万、女、北条唯、六角辰、浅井文、斎藤郁、大浦戌、朝倉東、蒲生虎、伊達五郎八、伊達秋、最上義、長尾桃、浅井初、島津南、相良良、遠山覚、太田妙、伊達芳、北条鶴、織田秀子、二階堂和、蘆名順、龍造寺千世、北条誉、伊東京、武田梅、南部緑、佐竹英、波多野充、那須正、松平熊、藤田大福、女中、北条春、六角艶、武田見、伊達瞳、織田冬、松平督、前田摩阿、最上駒、今川和、伊達花、小田麗、北条光、相良千代菊、足利詩、大友清、北条静、前田豪、大谷渓、武田恵、関口瀬名、今川嶺、蠣崎圭、長尾華、北条円、最上竹、前田与免、畠山椿、北条苗、武田万里、●●●、斎藤朝、足利氏、太田小少将、松平千、浅井小督、細川扇、蘆名葵、一条喜多、北条睦、太田梶、佐竹藤、六角凪、直江船、武田松、織田五徳、本多小松、織田市、斎藤帰蝶、明智玉子、●●●2、津田宗及、千利休、菊亭晴季、山科言継、朝山日乗、快川紹喜、沢彦宗恩、アルメイダ、ソテロ、フロイス、近衛前久、今井宗久、佐吉、岐秀、老人、農民、鉄砲足軽、僧侶、公家、二本松義継、僧兵、小姓、土田御前、おね、組頭、小笠原秀清、足軽、使者、家老、伝令、忍者衆、忍者、家臣、侍、商人、F.ザビエル、豪族、子供、樋口与六、北条氏康、●●●3、田村顕重、土佐林禅棟、横瀬泰繁、風魔小太郎、真田昌輝、国友藤二郎、望月出雲守、後藤彦三郎、服部保長、津田算長、宮本道意、村上吉継、三島清右衛門、若林道円、名和武顕、三田井親武
壬生綱房 Mibu Tsunafusa(1533年-1590年) 父である壬生綱重が鹿沼城を任されるようになってからは、綱房は壬生城主となった。永正6年には1509年に宗長が鹿沼に訪れた際に家臣の横手繁世と共に催し、句を披露した。この後、横手一伯の娘を側室として迎えたという。永正9年に起きた宇都宮錯乱の時も父に従い成綱方だったと思われる。永正17年(1520年)には、浄宝寺縄吊し合戦で那須氏の居城である山田城を謀略で落とすなどの功績を上げている。 大永3年(1523年)に皆川氏との間で起こった河原田合戦では宇都宮氏の皆川領侵攻に反対しており宇都宮軍の退路を遮断したという。同年、主君・宇都宮忠綱が結城政朝との対立で猿山合戦で敗北し、成綱の三男である芳賀興綱が宇都宮城を乗っ取り、主君・宇都宮忠綱を追って家督を簒奪した際には綱房は忠綱派だったため、忠綱を居城に保護した。しかし、その後、忠綱を見限り、興綱らと裏で繋がり忠綱を暗殺したという。その後は芳賀高経・芳賀高孝ら反忠綱派によって擁立され、宇都宮宗家の家督と継いだ宇都宮興綱に仕えている。 この頃から野心をむき出しにしており、忠綱没後、綱房は日光山を掌握しようと、二男・座禅院昌膳を送り込み日光山の実質的な最高位である御留守職に就任させ、自身は享禄期の頃に日光山御神領惣政所となり、日光山の統治者となった。日光山岳の宿の改修や鹿沼の今宮権現の造営など日光山の統治者しての活動に尽力した。 反忠綱派によって擁立された興綱は当時10歳と若年であり、芳賀高経は興綱を傀儡として扱い宇都宮錯乱で失った権力を取り戻し、綱房もそれに乗じて瞬く間に権力を増大化させていき、興綱の代に宿老の地位を固めた。 興綱が成人して独自の行動を取るようになると綱房は芳賀高経とともに興綱と対立。一度は宇都宮家臣の赤埴氏・戸祭氏らの取り成しによって和解したが、その後再び対立した。天文元年(1532年)に芳賀高経、芳賀高孝と手を結んで興綱の主家乗っ取りの罪を追及し、強制的に隠居させ、今度は成綱の二男である宇都宮俊綱を擁立する。さらに天文5年(1536年)には高経とともに興綱を自殺に追い込んだ。 また、綱房は天文元年(1532年)に鹿沼城の大改築を行い、城を山城から平山城とした。 天文期の頃になると綱房の権力の増大化によって壬生氏の地位は芳賀氏、益子氏に次ぐ相当なものになっていた。壬生領に隣接している小山氏の当主小山高朝が白河結城氏の結城義綱に心苦しいと書状を送ったほどであったという。また、同時期に綱房に対して危機感を抱いた芳賀高経と不和になる。綱房は興綱自害の一件で高経と関係が悪化している当主宇都宮俊綱に接近し高経と対立。綱房は高経の謀反の噂を流したとされる。高経が宇都宮氏と敵対している小山氏と関係を持ち始めたことをきっかけに天文10年(1541年)、古河公方足利晴氏・小田政治・佐竹義篤らとともにこれを滅ぼしている。 天文11年(1542年)、綱房の二男・座禅院昌膳は、壬生氏の力が日光山に及びすぎることに不満を抱き、久野村に隠居した。それに対し綱房は昌膳の謀反の噂を捏造して広めさせ、嫡男の壬生綱雄に攻めさせ、これを滅ぼしたという。 高経がいなくなったことで綱房を抑えられる者はいなくなり、壬生氏は宇都宮家中で非常に大きい影響力を有した。 天文18年(1549年)喜連川五月女坂の戦いで宇都宮尚綱が戦死すると混乱に乗じて宇都宮城を占拠した。綱房は那須氏と和議し芳賀高経の子・芳賀高照を宇都宮城に招いて共同政治体制をしいた。しかし、実質的な支配者は綱房であり、高照は不安を抱いていたという。 綱房は壬生城に嫡男の壬生綱雄を置き、今まで居城だった鹿沼城に弟の壬生徳雪斎を置き、領内各地の城主らには本領安堵を約している。こうして周辺の守りを固め、敵対しているのは尚綱の子伊勢寿丸を保護している芳賀高定のみとなった。 天文20年(1551年)、反乱の起きた結城氏のために古河公方から援軍を要請された時には、嫡男の壬生綱雄を総大将にして出陣させた。この合戦には弟の壬生徳雪斎も従軍していたという。乗っ取られる前の宇都宮氏に匹敵する3000もの兵を動員し、大勝利する。この大戦果によって周辺国に壬生氏の勢いを見せつけることができた。 綱房は、着実に旧宇都宮領を侵攻し壬生領として版図を拡大させ、綱房に敵対する多功氏、今泉氏、芳賀氏を牽制した。塩谷氏はどちらにもつかず中立な立場をとった。 天文24年(1555年)芳賀高照が芳賀高定の謀略によって殺された後に綱房は急死した(芳賀高定による謀殺とも)。綱房没後は嫡男綱雄が宇都宮城に入った。また、弘治3年(1557年)には、綱雄が守った宇都宮城も高定を始めとする宇都宮勢に奪還された。
宇都宮広綱 Utsunomiya Hirotsuna(1545年-1576年) 宇都宮尚綱の子。母は結城政朝の娘。幼名は伊勢寿丸。正室は佐竹義昭の娘・南呂院。子に宇都宮国綱・結城朝勝・芳賀高武。 天文14年(1545年)に誕生。戦国時代、下野国は伊勢信仰が流行しており、その影響を強く受けていたためか、幼名は伊勢寿丸である。 天文18年(1549年)、父・尚綱が喜連川五月女坂の戦いで敗死すると、宿老・壬生綱房が野心を剥き出しにし、宇都宮城を乗っ取ってしまう。綱房は芳賀高経の子芳賀高照を傀儡として利用するために当主として迎え入れ、塩谷氏などの宇都宮重臣らを従え、広綱に敵対する。そして下野各地を侵攻し、統一に乗り出す。大永の内訌から始まった宇都宮氏の衰退はピークを迎え、滅亡の危機に晒された。 当時、広綱は5歳という幼少であったため、家臣の芳賀高定に守られて宇都宮城を落ち延び、真岡城にて高定の補佐を受けて育つ。2年後の天文20年(1551年)、芳賀高定が謀略を駆使して父の仇である那須高資を殺害。弘治元年(1555年)には、高定が反抗的な家臣芳賀高照を真岡城へ誘い出して暗殺。さらに同年、宇都宮城を占領していた壬生綱房が急死したが、綱房の嫡子の壬生綱雄が新たに宇都宮城主になっている。この間も壬生氏による激しい侵攻が続いており、祖母井城、八ツ木城などが落とされている。その後、高定の尽力によって勢力を徐々に盛り返し、外交手腕によって北条氏康を味方につけ、弘治3年(1557年)、氏康の命で広綱・高定を支援するために佐竹義昭が5000騎の兵を連れて下野に出陣し、飛山城に在陣したという。芳賀高定の尽力によって宇都宮城は広綱の手に戻り、滅亡を回避することができた。 永禄元年(1558年)には越後上杉勢が下野に侵攻してきたが、家臣の多功長朝の奮闘によって撃退に成功している。 その後、家臣の芳賀高定の外交手腕によって佐竹義昭の娘南呂院を妻に迎えており、強固な同盟関係が築かれた。広綱は上杉謙信と同盟を結んで関東制覇を目指す後北条氏やその北条氏よりの諸大名と徹底して対立する。永禄7年(1564年)には上杉謙信、佐竹義重と共に北条方の小田城主・小田氏治を小田城の戦いで敗走させている。 広綱は生来病弱であり、元亀3年には花押も押せないほどにまで病状が悪化していた。宇都宮氏の重臣皆川俊宗はこの状況を利用して宇都宮城乗っ取りを計画する。武田信玄、北条氏政による甲相同盟の締結によって、下野南部が北条、武田の二大勢力によって脅威に晒されることになったことが俊宗による宇都宮城乗っ取りが起こった主な原因である。 元亀3年(1572年)1月14日の夜、上杉謙信との外交を任されていた宇都宮氏の筆頭重臣岡本宗慶が俊宗によって暗殺され、その翌日、宇都宮城は皆川氏によって占拠された。占拠されてから約1年間の間は皆川俊宗が宇都宮氏の主導権を握っており、俊宗は徐々に後北条氏寄りの立場を取るようになる。このために一時的だが、宇都宮氏は北条氏に屈した形となった。 元亀4年(1573年)には同盟国の佐竹義重らとともに、皆川氏討伐を行っている。 天正4年(1576年)8月7日、病のために32歳で死去した。晩年はずっと病床にあったといい、その期間は死が伏せられていた可能性もある。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%BA%83%E7%B6%B1
小山高朝 Oyama Takatomo(1508年-1574年) 下野國を代表する勇將として知られた。古河公方・足利高基の偏諱を受けて高朝と名乘る。 永正十六年(1519年)、高基の意向を受けて小弓公方足利義明に味方する真裡谷氏の城である上總國椎津城を攻擊した武將の中に「結城六郎」が含まれており、これが後の高朝と推定されている。天文四年(1535年)頃に小山政長の養嗣子となって小山氏の家督を繼承した。なお、この際山川氏から來た同じ養子の小四郎を倒したとされている。 その後は父や兄と協力して、結城氏の敵對勢力と戰う。天文十六年(1547年)に父が死ぬと、その隙を突いて宇都宮氏が攻めてきたが、高朝は兄と協力してこれを驅逐した。 天文十八年(1549年)に北條氏康が古河公方・足利晴氏(高基の嫡男)の後繼に足利義氏を擁立しようと畫策したのに對して、嫡男足利藤氏を擁護する高朝はこれと對立する。だが、兄・政勝がその壓力に屈して義氏方についた上に自分の嫡男である秀綱までもこれに同調したため、隱居を余儀なくされ、永祿三年(1560年)頃に秀綱に家督を讓った。 永祿四年(1561年)に上杉謙信が大軍を率いて氏康を攻めたときは、上杉軍の一員として參じている。しかし、謙信の關東管領就任式で千葉胤富に關東諸將の首位の座を奪われたことに不滿を抱いたと言われており、直後に氏康と手を結んだために謙信の怒りを買うこととなり、翌永祿五年(1562年)、高朝は謙信に攻められて降伏した。その後は秀綱に小山城を讓り渡して榎本城に退き、永祿十三年(1570年)頃に出家して命察と號する。 兄の結城政勝の死後、三男の晴朝がその家督を繼いだが、晚年の高朝は結城氏の菩提寺の住職にあてて「自分が小山氏を繼いだ頃は、何かがあると兩親(結城政朝夫妻)が小山に來るので困惑したものだが、晴朝の事を考えると兩親の氣持ちが良く分かる」という趣旨の手紙を出して、自分に代わって晴朝を助けてくれる樣に求めている。一方、晴朝も同じ頃に父の健康が優れない事を聞いて、亂世で結城氏を守るためとはいえ父を攻めた罪に惱んでいる事を同じ住職に告白する手紙を送っている。この頃の關東は、古河公方家の內紛や北條氏と上杉氏の爭いの影響を強く受け、親子や同族が敵對する側に立って互いを攻め合う事が多くあり、小山・結城兩氏も例外ではなかったのである。 天正二年(1574年)、北條氏政を攻めようと軍備を整えていた直後に急死した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E9%AB%98%E6%9C%9D
小田政治 Oda Masaharu(1492年-1548年) 明応元年(1492年)、堀越公方・足利政知の子として生まれる。父の政知は前年に死去していたため、父の死後に生まれたことになる。また、室町幕府第11代将軍・足利義澄の弟に当たる。 但し、『小田事蹟』では小田氏第13代当主・小田成治の実子(三男)であるとしている。この場合、第8代将軍足利義政(政知の弟、1436-1490)から「政」の字を賜っている筈だが、政治が生まれた時には義政も政知に先立って亡くなっており、しかもおおよそ将軍が兄の11代将軍義澄(明応3年(1495年)から在任)の代になっているので、生誕年に誤りがない限りはこの説は誤りとみて良いだろう。よって、成治の嫡男である小田治孝がその弟の小田顕家に暗殺されたため、政知の子を成治の養嗣子に迎えたとする説が有力と思われる。この場合、名前については亡き父・政知と養父・成治から1字ずつ取ったということになる。 永正11年(1514年)、成治の死去により家督を継いで第14代当主となる。 古河公方の内紛では宇都宮成綱・忠綱、結城政朝らとともに足利高基を支持し、佐竹義舜、小山成長、岩城常隆・由隆、結城顕頼ら足利政氏を支持した戦国大名らと対立した。 また、高基が父・政氏に勝利し古河公方になったことで、関東南部で急激に勢力を拡大する後北条氏を危惧し、妹を佐竹義篤の妻にさせ、佐竹氏との関係強化を図った。 享禄4年(1531年)、石岡の戦いで江戸氏を破った。天文6年(1537年)には多賀谷氏と同盟して結城政勝と戦ったが敗れている。他にも古河公方足利家などと戦うなど、多方面で敵勢力と戦い、小田氏の勢力を拡大した。天文14年(1545年)の河越夜戦では足利晴氏に味方して敗れており、政治の晩年ころから小田氏の衰退が始まった。 天文17年(1548年)に死去。享年57。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E6%94%BF%E6%B2%BB
白河顕頼 Shirakawa Akiyori(1470年?-1543年?) 白河結城氏9代当主。結城政朝の嫡男で結城義綱の父。那須資永の兄。母は小峰直親娘。小峰義親の父といわれるが、定かではない。室は田村直顕(1474年没)の娘。宮内少輔、左兵衛佐。政頼、顕朝。 1495年に左兵衛佐に任ぜられた。父である政朝が蘆名氏から後妻をめとり生まれた子(五郎)を寵愛して、老齢になっても顕頼に家督を譲ろうとしなかったため、既に壮年に達していた顕頼は身の上に不安を感じるようになり、1510年、一族の小峰直常や岩城氏の援助を受けて父と五郎を追放し家督を継いだが、この内紛で白河結城氏の力は衰退し、所領を多く失った。 古河公方の内乱がおこると足利政氏方に味方している。後に那須氏の当主として養子になった弟資永が内紛の末自刃すると、永正17年(1520年)、報復のため岩城氏を誘って下野に侵略して那須資房・政資父子と争ったが、縄釣し台の合戦で打ち破られ撤退した。翌大永元年(1521年)には岩城氏が中心となって、宇都宮氏と小田氏が岩城氏の要請で援軍として出陣し、那須氏の山田城を攻め落とし、資房の籠城する上川井城を攻撃したが、両軍ともに損害が大きく、佐竹氏の仲介で岩城常隆の娘が那須政資に嫁ぐことで和睦となった。 1531年、白河結城家の祖・結城宗広が開基した長雲山智徳院を再興した。 なお、近年になって垣内和孝が結城義綱を顕頼の実子ではなく小峰氏出身者として、通説では天正の変の時発生したとされる小峰氏による白河結城氏の簒奪を永正年間の出来事として、政朝の後を継いだのは顕頼ではなく小峰氏から入った七郎(義綱)であったとする説を唱えている。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E9%A1%95%E9%A0%BC
結城政勝 Yuki Masakatsu(1503年-1559年) 結城政朝的次子、養子為結城晴朝;幼名六郎,戒名乘國寺(安穩寺)殿大雲藤長。 一般認為大永七年(1527年)父親主政朝隱退,長兄結城政直繼承家督,但是政直病逝,最後由政勝繼承家督。 政勝繼承家督後,與隱居的父親政朝一同計策讓結城氏的領土擴大,並開始與鄰國佐竹氏、宇都宮氏對抗。此時的關東也發生巨大的變化。北條氏當主北條早雲佔據小田原城,勢力急速膨脹,並且嚴重威脅到關東管領扇谷氏和古河公方的統治地位。古河公方足利晴氏在天文十四年(1545年)十月開始發動戰爭,號召扇谷氏、山內上杉氏一同進攻北條氏的河越城。聯軍由於在包圍河越城被北條氏夜襲而擊敗,北條氏康成功佔領武藏國北部。 天文十六年(1547年)父親政朝病逝,在政朝病逝之前委託政勝和小山高朝(政勝的弟弟,小山氏當主)二人要聯手抗敵,把敵人的首級放在政朝的墓上拜祭。五十多天後,宇都宮氏果然派兵進攻小山氏,政勝馬上出兵救援小山高朝,兄弟二人成功打敗宇都宮軍,並在戰場上討取很多敵人的首級,把這些首級都拿到父親的墓前拜祭,實現當初的承諾。 政勝和高朝兄弟兩家建立牢不可破的同盟關係,這也使得他們有實力在與宇都宮氏等敵人對立的同時,還能不斷擴充自己的勢力,而其實這一切都要歸功於父親政朝臨終的告誡。天文十七年(1548年),政勝嫡子結城明朝夭折。最後政勝將弟弟小山高朝的三男小山晴朝收為養子,改名為結城晴朝,指定晴朝為結城氏的家督繼承人,這一舉動也使得兩家的關係更加親密。 為壓制結城氏發展,小田、佐竹、宇都宮三家建立同盟,而對應此舉,結城氏拉攏宇都宮氏的敵人那須氏結為盟友。此時關東的形勢也又發生巨大的變化,自北條早雲以小田原為據點之後,後北條氏的勢力急劇膨脹,並且已經嚴重威脅到關東管領和古河公方的統治地位。 天文十四年(1545)十月,古河公方足利晴氏與扇谷、山內上杉三家的聯軍進攻北條氏的河越城,翌年四月,正在包圍河越城的聯軍遭受到北條氏康的夜襲而被擊敗,北條氏康乘勝進一步佔領武藏北部,並向下野、下總、常陸各國擴張,古河公方也幾乎處於他的控制之下。此時政勝開始與北條氏結成同盟,以此來對付小田、佐竹、宇都宮三家。 弘治二年(1556),戰鬥取得突破性進展,政勝連同古河公方、北條氏的援兵共三千餘人包圍小田氏的海老島城,聯軍首先攻克據點,討取守將平塚長春,然後在山王堂重創來援的小田氏治。據『結城家記』記載,結成氏通過此役取得小田氏的四十二鄉、海老島、大島綢、小栗、沙塚、豐田等地的控制權,領地進一步擴大。 政勝的一生最大的功績除擴大領土之外,也制定有名的分國法『結城氏新法度』,它是與伊達氏的『塵介集』、武田氏的『甲州法度』齊名的戰國家法,法規的內容包括本文一百零四條、制定批註、兩個追加條例及家臣的聯名請文。此時結城氏的控制範圍達到最大值,囊括下館、下妻、山川、小山、富鋪、小栗、海老島等諸多地區,而法規的實施範圍卻有著一定的限制。前文所說的領地是指控制範圍或者說是勢力圈,而結城氏的實際直轄領地只是結城城為中心的結城郡北部地區,在南部山川城的山川氏、在東方下館城水的谷氏、及在東南下妻城的多賀谷氏,他們都有著各自獨立的支配領域和家臣團,與其說他們是結城氏的家臣還不如說是做為同盟者而存在。三家也有獨立於結城氏的外交政策,多賀谷氏就曾和小田氏聯合進攻過結城氏。他們此時作為同盟者,結城氏承認三家獨立的支配領地,所以在他們領地內並沒有實施該法度。 制定『結城氏新法度』的主要目的是維持家中秩序,法度中預先明示家中統治規範,以此抑制家臣不正當的主張和保持領土內的和平團結。至於法度的內容,重點在於明確主從關係、行政手續、刑事違法行為,然後是關於財產、家族、從屬身份的規定,法度中所描述的基本上都是戰國時代諸侯領主統治領地時面臨的基本問題。 永祿二年(1559年)病逝,年五十七歲。 出處#1 http://tc.wangchao.net.cn/baike/detail_583237.html 出處#2 http://www.twwiki.com/wiki/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E6%94%BF%E5%8B%9D
結城政朝 Yuki Masatomo(1479年-1547年) 結城氏廣之子、母為小田持家之女、妻為宇都宮成綱之女;法名永正寺殿宗明孝顯大居士。 寬正三年(1462年)十二月二十九日,重新復興結城氏的家主結城成朝被家臣多賀谷高經謀殺,由於成朝膝下無子,家主之位就由兄長結城長朝的兒子結城氏廣繼承。 其父氏廣曾經跟隨古河公方一起進攻過伊豆的掘越公方,而且還多次率軍參加圍繞古河城進行的爭奪戰,常年的征戰致使氏廣的健康狀況嚴重惡化,最終於文明十三年(1481)病逝,而繼承家督之位的嫡子政朝年僅二歲,很自然又發生權臣當道,家臣多賀谷和泉守變得日益專橫。政朝對此狀況日漸不滿,明應八年(1499年),二十歲的政朝在家臣多賀谷稙的幫助下如願以償的誅殺權臣,在掌權以後,結城氏完成守護大名向戰國大名的轉化。 政朝掌權初期,結城氏的處境十分危險,與北方的宇都宮氏、南方的小田氏是曆代的宿敵,在下妻城的重臣多賀谷氏宣布獨立後,家臣的叛變活動一直常有發生。十五代家督結城政朝一直被認為是結城氏的中興之祖,在掌權後的二十多年裏,先後取得下妻多賀谷氏、下館水谷氏、綾戶山川氏等有力家族的支持。 大永六年(1526年),宿敵宇都宮氏的家臣芳賀氏發動叛亂,於是結城政朝出兵支援芳賀氏,並在猿山合戰中擊敗宇都宮軍,以此收復下野國中村十二鄉的舊領。另一方面,政朝讓三子高朝繼承小山氏,此舉為結城氏將來的發展打下基礎。 翌年,政朝隱退,其子結城政勝繼承;天文十六年(1547年)逝世,年68歲。 出處 http://tc.wangchao.net.cn/baike/detail_583148.html

Send this to a friend