首頁 Tags 細川元常

Tag: 細川元常

一百一十二位人物:柳生三厳、赤池長任、和久宗是、東郷重位、安井成安、山田長政、天草時貞、伊東祐益、W.アダムス、猿飛佐助、霧隠才蔵、穴山小助、海野六郎、望月六郎、筧十蔵、根津甚八、由利鎌之助、三好清海、三好伊三、加藤段蔵、蠣崎基広、下国師季、雫石詮貞、大崎義宣、相馬顕胤、蘆名盛舜、二本松義国、二階堂輝行、留守景宗、懸田俊宗、安東堯季、安東舜季、浅利則頼、天童頼長、天童頼貞、鮭延貞綱、結城政朝、佐野豊綱、那須高資、宇都宮尚綱、真里谷信応、長尾憲長、上杉朝定、太田資顕、藤田重利、松平広忠、平手政秀、遠山友忠、木造俊茂、小山田信有、板垣信方、甘利虎泰、横田高松、高遠頼継、小笠原長時、小笠原貞種、三木直頼、長尾晴景、長尾房長、椎名長常、神保覚広、温井続宗、堀江景忠、朝倉孝景、六角定頼、進藤貞治、朽木稙綱、粟屋勝久、武田義統、本願寺証如、願証寺蓮淳、波多野稙通、内藤国貞、細川持隆、細川氏綱、香川元景、香西元成、十河存春、三好政長、筒井順昭、十市遠勝、土橋重治、尼子国久、尼子誠久、庄為資、吉川興経、吉川経世、小寺則職、大内義隆、相良武任、杉興運、杉重矩、内藤興盛、冷泉隆豊、小早川繁平、和田通興、細川元常、宇都宮豊綱、宇都宮房綱、一条房基、菊池義武、少弐冬尚、小河信安、納富信景、西郷純久、西郷純堯、上村頼孝、米良祐次、土持親成、禰寝清年、長尾虎、世良田元信、浅井茶々、大友桐、十河紫、浅井福、伊達蛍、北条貞、武田菊、有馬奈津、井伊直、木下伶、大内万、女、北条唯、六角辰、浅井文、斎藤郁、大浦戌、朝倉東、蒲生虎、伊達五郎八、伊達秋、最上義、長尾桃、浅井初、島津南、相良良、遠山覚、太田妙、伊達芳、北条鶴、織田秀子、二階堂和、蘆名順、龍造寺千世、北条誉、伊東京、武田梅、南部緑、佐竹英、波多野充、那須正、松平熊、藤田大福、女中、北条春、六角艶、武田見、伊達瞳、織田冬、松平督、前田摩阿、最上駒、今川和、伊達花、小田麗、北条光、相良千代菊、足利詩、大友清、北条静、前田豪、大谷渓、武田恵、関口瀬名、今川嶺、蠣崎圭、長尾華、北条円、最上竹、前田与免、畠山椿、北条苗、武田万里、●●●、斎藤朝、足利氏、太田小少将、松平千、浅井小督、細川扇、蘆名葵、一条喜多、北条睦、太田梶、佐竹藤、六角凪、直江船、武田松、織田五徳、本多小松、織田市、斎藤帰蝶、明智玉子、●●●2、津田宗及、千利休、菊亭晴季、山科言継、朝山日乗、快川紹喜、沢彦宗恩、アルメイダ、ソテロ、フロイス、近衛前久、今井宗久、佐吉、岐秀、老人、農民、鉄砲足軽、僧侶、公家、二本松義継、僧兵、小姓、土田御前、おね、組頭、小笠原秀清、足軽、使者、家老、伝令、忍者衆、忍者、家臣、侍、商人、F.ザビエル、豪族、子供、樋口与六、北条氏康、●●●3、田村顕重、土佐林禅棟、横瀬泰繁、風魔小太郎、真田昌輝、国友藤二郎、望月出雲守、後藤彦三郎、服部保長、津田算長、宮本道意、村上吉継、三島清右衛門、若林道円、名和武顕、三田井親武
蠣崎光広、南部政康、大浦光信、大浦盛信、浪岡顕具、斯波詮高、稗貫稙重、葛西政信、葛西晴重、大崎義兼、大崎高兼、留守郡宗、亘理宗元、相馬盛胤、泉田胤直、岩城常隆、岩城由隆、田村義顕、白河政朝、白河顕頼、蘆名盛高、富田盛実、二階堂行詮、二階堂晴行、安東忠季、安東尋季、戸沢秀盛、小野寺晴道、大宝寺政氏、大宝寺澄氏、最上義淳、最上義定、伊達尚宗、佐竹義舜、佐竹義信、佐竹政義、江戸通雅、小田成治、足利成氏、足利政氏、足利高基、千葉勝胤、真里谷信勝、里見義通、里見実堯、正木通綱、宇都宮成綱、宇都宮忠綱、那須資親、那須資房、大関宗増、佐野秀綱、佐野泰綱、上杉顕定、上杉憲房、長尾景長、横瀬成繁、横瀬景繁、岩松尚純、岩松昌純、長尾景春、沼田泰輝、上杉朝良、曾我祐重、太田資家、太田資頼、成田親泰
那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之
細川元常 Hosokawa Mototsune(1482年-1554年) 明応9年(1500年)に畠山尚順と戦った父が戦死したため、家督と和泉半国守護職(上守護)を継いだ。九条政基の日根荘返付要求の動きに対して下守護の細川政久(まさひさ)とともに抵抗していたことが、政基の『政基公旅引付』に記されている。 ところが永正4年(1507年)に管領細川政元が暗殺(永正の錯乱)されると後継者をめぐって管領細川氏(細川京兆家)は分裂してしまう。元常は政元の養子・澄元を擁して足利義澄・細川政賢・畠山尚順とともにもう1人の養子・細川高国と戦うものの敗れて守護職を奪われた。高国は自派の守護を和泉国に送り込むが、元常は澄元ともに淡路国・阿波国に逃れて抵抗を続けた。永正8年(1511年)に義澄・澄元の命を奉じて上洛するが、船岡山合戦で敗北して命からがら阿波国に戻った。 澄元の死後はその嫡男・晴元を支持し、享禄4年(1531年)に高国が戦死すると、晴元から守護職に復帰することを許され、以後は晴元派として行動するようになり、領国内の反対派鎮圧のため度々に下向したとされる。ところが、天文年間の早い段階で元常の嫡男とみられる「五郎晴貞」(五郎は和泉上守護家の後継者の通称)が在国して、元常は京都を拠点とするようになり、この時期に家督と守護職を晴貞に譲っていた可能性がある。ちなみに長男の元春(もとはる)は庶子だったためか嫡子にはならず、分家している(地下家の一覧を参照)。 天文12年(1543年)から高国の養子・氏綱が晴元と抗争する。これに対して元常は晴元と共に氏綱と戦ったが、天文18年(1549年)に晴元の重臣・三好長慶が裏切って氏綱に味方したために敗れ(江口の戦い)、結果的には細川氏の所領は長慶によって奪われる形となった。晴貞もこの前後に記録から姿を消しており、生死不明となっている。そして細川一門そのものが没落することになり、元常も長慶に追われた将軍・足利義輝に随行して近江などへ逃れることになる。 天文23年(1554年)6月16日に死去。享年73。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E5%85%83%E5%B8%B8
細川藤孝 Hosokawa Fujitaka(1535年-1610年) 三淵晴員的次子、母為清原宣賢之女、養父細川元常、正室為沼田光兼之女.光壽院;幼名萬吉,通稱與一郎,受足利義藤偏諱「藤」字,名為藤孝,別名長岡藤孝,號幽齋玄旨(細川幽齋)。 天文九年(1540年),在7歲時成為伯父.和泉半國守護細川元常(三淵晴員的兄長)的養子(『寬政重修諸家譜』)(不過有說法指出,可能近江佐佐木氏一門出身.將軍的近臣細川高久,或淡路守護家細川晴廣才是養父)。天文十五年(1546年),接受將軍足利義藤(足利義輝)的偏諱,於是改名為藤孝。天文二十一年(1552年),敘任從五位下兵部大輔。以幕臣身份仕於將軍義輝。 永祿八年(1565年),足利義輝在永祿之變中被三好三人眾和松永久秀殺死,義輝的弟弟一乘院覺慶(足利義昭)亦被幽禁在興福寺,此時與兄長三淵藤英等人一同將其救出,為請求近江國的六角義賢、若狹國的武田義統、越前國的朝倉義景等人幫助義昭成為將軍而奔走。當時貧窮得連燈籠的油都欠缺,甚至曾在社殿內拿油。 後來,通過明智光秀向尾張國的織田信長請求幫助。永祿十一年(1568年)9月,信長以足利義昭臣下的名義進入京都,藤孝亦隨之入京。之後從三好三人眾的岩成友通手上奪回山城勝龍寺城(青龍寺城),以後在大和國和攝津國轉戰。 不過後來足利義昭和織田信長的對立開始出現,元龜四年(1573年)3月,迎接率軍上洛的信長並示出恭順姿勢。秘密向信長送出義昭對信長抱有逆心的書信。在義昭被追放後的7月,成為山城桂川之西、長岡(西岡)一帶(現今長岡京市,向日市附近)的知行,此時改名為長岡藤孝。 8月,與池田勝正一同在山城澱城之戰(第二次澱古城之戰)中消滅岩成友通,因此立下功績,以後以織田信長的武將身份在畿內各地轉戰。除石山合戰(高屋城之戰)、紀州征伐外、還以山陰方面軍總大將明智光秀的與力身份相當活躍(黑井城之戰)。天正五年(1577年),與光秀一同攻陷背叛信長的松永久秀所守的大和信貴山城(信貴山城之戰)。 天正六年(1578年),經由織田信長推薦下,嫡男長岡忠興(細川忠興)與明智光秀之女.明智玉結婚。以光秀的與力身份,在天正八年(1580年),長岡家單獨進攻丹後國,不過遭到丹後國守護一色義道反擊而失敗。後來受到光秀的增援,終於平定丹後南部,被信長認可領有丹後南半國(加佐郡、與謝郡),於是以宮津城為居城(北半國的中郡、竹野郡、熊野郡由舊丹後守護家的一色義定領有)。在朝倉征伐、甲州征伐中與一色義定一同出陣。 織田信長在正月12日送給藤孝的黑印狀中提到,在知多半島取得的鯨肉獻給朝廷,而且要分給家臣藤孝。 天正十年(1582年),本能寺之變爆發,藤孝拒絕曾是上司、親戚、密友的明智光秀再三邀請,剃髮並以雅號幽齋玄旨自稱,以及隱居在田邊城,把家督讓予細川忠興。同樣與光秀有很深關係的筒井順慶亦拒絕參戰,陷入困境的光秀在山崎之戰中敗死。 後來被討伐明智光秀的羽柴秀吉(豐臣秀吉)重用,天正十四年(1586年),被賜予在京料山城西岡3千石。在天正十三年(1585年)的紀州征伐、天正十五年(1587年)的九州平定中亦以武將身份參戰。而在梅北一揆之際,以上使身份前往薩摩國,進行島津家藏入地的改革(薩摩御仕置)。因為這些功勞,在文祿四年(1595年)加增大隅國3千石(後來移封至越前府中に)。 幽齋與千利休等人一同是豐臣秀吉側近的文化人,得到相當寵遇。細川忠興(細川三齋)亦對茶道有很深造詣,並成為利休的高弟之一。另一方面,與德川家康亦有親交,在慶長三年(1598年)秀吉死去後,開始接近家康。 慶長五年(1600年)6月,細川忠興為參加德川家康的會津征伐,於是從丹後率領細川家的軍勢前往,幽齋與三男幸隆一同以不足5百士兵守備丹後田邊城。7月,石田三成等人舉兵討伐家康,身在大阪的忠興的妻子.明智玉在被包圍的屋敷中放火並自殺。田邊城被小野木重勝、前田茂勝等人率領1萬5千人的大軍包圍,不過幽齋指揮士兵激烈抵抗,攻圍軍中亦有許多幽齋在歌道的弟子,因此缺乏戰意,於是變為長期戰(田邊城之戰)。 幽齋的弟子之一的八條宮智仁親王在7月和8月,兩度建議雙方講和,但是幽齋謝絕並繼續籠城戰。通過使者把『古今集証明狀』送給八條宮,把『源氏抄』和『二十一代和歌集』獻給朝廷。終於八條宮向兄長後陽成天皇奏請,派出三條西實條、中院通勝、烏丸光廣為敕使前往田邊城,在關原之戰兩日前的9月13日,敕命雙方講和。幽齋結束長達2個月的籠城戰,並在9月18日讓出城池,進入敵將前田茂勝的丹波龜山城。 細川忠興在關原之戰中,於前線與石田三成的軍隊戰鬥,在戰後得到豐前小倉藩39萬9千石。此後,長岡氏回復為細川氏,以後長岡姓以細川別姓的身份成為一門和重臣。後來幽齋在京都吉田過著悠悠的晚年。 慶長十五年(1610年)8月20日,於京都三條車屋町的自邸中死去,年七十七歲。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%97%A4%E5%AD%9D

Send this to a friend