首頁 Tags 石川家成

Tag: 石川家成

三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、石川利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、木造雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、長尾景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部政直、南方就正、二階堂盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢沢頼綱、薬丸兼将、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐続光、里見義頼、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顕宗、伊達政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顕村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶広、蠣崎守広、蠣崎盛広、龍造寺家晴、富田氏実、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稲富祐秀、支倉常長、秋山信友、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、渋江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志駄義秀、平林正恒、神保氏張、滝野吉政、蜷川親長、井戸良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豊永勝元、長寿院盛淳、横山喜内、向井正綱、北条早雲、太田道灌、尼子経久、今川氏親、長尾為景、浅井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、本願寺蓮如、宮本武蔵、佐々木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧源太、南光坊天海、森蘭丸、簗田政綱、毛利新助、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林羅山、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田辺勝成、黒沢道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景広、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、関盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直頼、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南条元忠、南条元清、石野氏満、有馬則頼、有馬豊氏、赤松則英、赤松広秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戸元続、福原広俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷義治、大野治房、大野治胤、奥村長福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、吉弘統増、松平家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長頼、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章
三百位人物:羽柴秀次、石川五右衛門、久武親直、三好政勝、一条兼定、河野通直、来島通康、松平忠吉、阿蘇惟将、松平忠輝、柳生宗厳、松浦鎮信、相良義陽、相良頼房、深水長智、犬童頼安、伊東義祐、伊東祐兵、稲富祐直、島津家久、種子島時尭、母里太兵衛、伊集院忠朗、伊集院忠棟、新納忠元、京極高次、花房職秀、柳生宗矩、百地三太夫、大内義長、大友義統、岩城重隆、赤井直正、本願寺証如、尼子国久、尼子勝久、里見義頼、吉田孝頼、龍造寺政家、鈴木重則、足利義氏、千葉胤富、斯波義統、相良晴広、東郷重位、武田信廉、武田義信
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、滝川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、上杉景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家
小島職鎮、横瀬成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部継潤、三雲成持、小野崎従通、大田原資清、志道広良、真田幸昌、豊臣秀頼、伊達実元、内ヶ島氏理、浅利勝頼、安東茂季、寒川元隣、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶
大久保忠鄰 Okubo Tadachika(1553年-1628年) 大久保忠世的長子、母為近藤幸正之女、正室為石川家成之女;幼名千丸、通稱新十郎、別名忠泰、號「溪庵道白」。 永祿六年(1563年),11歲時擔任德川家康的近侍,參加對三河國一向一揆的討伐戰,參加過元龜元年(1570年)的姊川之戰、元龜三年(1572年)的三方原之戰、天正十二年(1584年)的小牧長久手之戰和天正十八年(1590年)的小田原之戰,戰功顯赫。 文祿二年(1593年),擔任家康三男德川秀忠的家老。 文祿三年(1594年),父親忠世去世,成為大久保氏家督,繼承相模國小田原六萬五千石領地。 慶長五年(1600年),關原合戰中,隨秀忠率領的東軍主力從中山道進發。途中建議秀忠包圍信濃國的上田城,與西軍真田昌幸對峙,與主張放棄進攻、速往關原的本多正信產生意見分歧。不久之後受到家康和秀忠兩人的冷淡對待,尤其是在他與本多正信產生了公開爭執之後.之後經過了長時間的調查。 慶長六年(1601年),被加封高崎藩十三萬石領地(實為家康在試探忠鄰的忠心),堅辭不受。 慶長十五年(1610年),擔任江戶幕府的老中。成為二代將軍德川秀忠政權的掌權派。與代表駿府城大御所(德川家康退隱後的稱號)影響力的本多正信、本多正純父子對立,幕府形成「二元政治」。 慶長十七年(1612年)的「岡本大八事件」和慶長十九年(1614年)的「大久保長安事件」中,忠鄰都受到牽連,在派往鎮壓基督教徒的時候被沒收領地,並被流放到近江國,由井伊直孝看管,僅配給近江國栗太郡中村鄉五千石知行地。而後出家,法號「溪庵道白」。 寬永五年(1628年)六月二十七日,去世,年75歲。 出處 http://baike.baidu.com/view/1405192.htm
石川家成 Ishikawa Ienari(1534年-1609年) 天文3年(1534年)、石川清兼の3男(次男説もある)として三河西野(現在の愛知県西尾市)で生まれる。母は家康の生母於大の方の妹。家康が今川義元の人質であった頃から仕えた譜代の家臣である。永禄元年(1558年)、寺部攻めで先鋒を務めた。 永禄3年(1560年)の丸根砦攻略戦、永禄4年(1561年)の鳥羽根城攻略戦、永禄6年(1563年)の三河一向一揆鎮圧戦、元亀元年(1570年)の姉川の戦いのいずれにも参戦し、西三河の旗頭(東三河は酒井忠次)として家康初期の覇業に貢献した。三河一向一揆の際は熱心な一向宗信者であったにも関わらず、父の清兼と共に他宗に改宗して家康に忠誠を尽くした。 永禄12年(1569年)、今川氏真が没落したため、遠州掛川城主に任命されている。同年、甥の数正に西三河の旗頭の地位を譲っている。 天正8年(1580年)、長男の康通に家督を譲って隠居した。天正18年(1590年)、後北条氏滅亡後に家康が関東に移封されると、伊豆梅縄に5000石の隠居料を与えられた。 慶長12年(1607年)、大垣藩初代藩主であった康通が死去したため、家督に復帰して第2代藩主となる。ただし1度隠居した身で、また高齢のためか幕政には関与していない。 慶長14年(1609年)10月19日(29日とも)に死去した。享年76。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E6%88%90
石川忠総 Ishikawa Tadafusa(1582年-1651年) 天正10年(1582年)、徳川氏の家臣・大久保忠隣の次男として誕生。徳川秀忠より名前の一字を拝領し忠総を名乗った。 慶長3年(1598年)から徳川家康の小姓頭となって仕えた。慶長5年(1600年)、会津征伐のため下野小山に在陣したおり、堀尾忠氏より家康に対し異心無い証として家康近臣に妹を嫁がせたい旨の申出があり、家康の命により忠総が忠氏の妹との婚を約した。関ヶ原の戦い後同年冬、家康の命により外祖父である石川家成の養子となり、慶長8年(1603年)には従五位下主殿頭に叙任し5,000石を賜った(なお、家成の母・芳春人妙西尼は家康の母・於大の方の姉妹にあたる)。慶長12年(1607年)、家成の嗣子・石川康通が死去すると、康通の子で幼い忠義に代わり家成が家督を再び継ぐが、その家成も慶長14年(1609年)に死去し、未だ忠義は幼少であったことから家康の命で忠総が石川家の家督(美濃大垣藩5万石)を継いだ。 慶長19年(1614年)に実父・忠隣が改易されると、連座により忠総も駿河で蟄居を命じられた。しかし大坂冬の陣が起こると「忠総は石川の家督相続人で忠隣の縁座に掛からない」とすぐその罪を許されて従軍し、功を挙げた。翌年の大坂夏の陣においても戦功を挙げている。元和2年(1616年)9月、1万石加増の上で豊後日田へ移封された。元和6年(1620年)の大坂城修築でも功を挙げ、そして肥後熊本藩の加藤忠広が改易されると、その後の処理を取り仕切った。寛永10年(1633年)6月7日、下総国佐倉7万石へ加増移封。翌年には近江国膳所へ移封され従四位下に叙爵、江戸幕府3代将軍・徳川家光上洛時には参内の供奉に列した。 慶安3年12月24日(1651年2月14日)、69歳で死去。嫡男の廉勝が早世していたため、廉勝の長男で嫡孫の憲之が膳所藩石川家第2代藩主となり跡を継いだ。翌、慶安4年遺領の内より次男・総長に1万石、四男・貞當に4,000石、七男・総氏に3,000石が分与された。忠総の子孫は伊勢亀山藩主、常陸下館藩主、旗本3家が明治維新まで存続した。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%BF%A0%E7%B7%8F
石川數正 Ishikawa Kazumasa(1533年-1593年) 石川康正的長子、母為松平重吉之女、正室為內藤義清之女;幼名助四郎、通稱與七郎。 以近侍身份仕於還是今川義元的人質松平竹千代(德川家康),今川義元於永祿三年(1560年)的桶狹間之戰中被討取後,在德川家康獨立時與今川氏真交涉,取回當時今川氏的人質.家康嫡男松平信康和被留在駿府的家康正室築山殿。 永祿四年(1561年),在家康與織田信長在石ヶ瀨起紛爭之際以先鋒身份活躍著。翌年,與織田信長交涉,對於清洲同盟的成立有很大貢獻。永祿六年(1563年),三河一向一揆爆發,父親康正背叛家康,但是數正改宗為淨土宗並繼續仕於家康。因此在戰後成為家康的家老,與酒井忠次一起被重用。在松平信康元服後成為信康的後見人。永祿十二年(1569年)在家康的命令下,取代叔父石川家成而成為西三河的旗頭(旗本先手役)。 而且在軍事面上亦很出色,元龜元年(1570年)的姊川之戰、元龜三年(1572年)的三方原之戰、天正三年(1575年)的長篠之戰等,多數的合戰都有出陣並立下許多武功。在天正七年(1579年)信康切腹後成為岡崎城城代。 天正十年(1582年)織田信長死去,之後信長的重臣羽柴秀吉(豐臣秀吉)抬頭,數正在家康的命令下負責與秀吉交涉。在天正十二年(1584年)參加小牧、長久手之戰。戰後向家康提議與秀吉和睦。 天正十三年(1585年)11月13日,突然在家康之下出奔,逃亡到秀吉處。理由成謎,有「與家康不和」「這是秀吉的和談提案條件」等諸多說法,但是即使到現在還未知出奔的理由。 由於數正盡知德川的軍事機密,這次出奔對於德川有很大衝擊。以後,德川軍把三河以來的軍制改為武田流。這次改革相當吃力,但是在織田・德川連合軍把武田家滅亡之際,家康因為信長對武田殘黨的追殺而把他們匿藏,於是以武田的遺臣達成軍制改革。 此後,被秀吉給予河內國內的8萬石,成為秀吉的家臣。此時改名為出雲守吉輝。天正十八年(1590年),後北條氏在小田原征伐中滅亡,家康被移封至關東,數正被加增移封至信濃松本10萬石(一說指8萬石)。數正在松本為建立權威和準備實戰而築起雄大的松本城,為以街道相連來掌握流通機構而建設城下町,以及建造天守閣等,盡力整備和建立起政治基礎。 文祿二年(1593年)死去,享年61歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%95%B0%E6%AD%A3
酒井忠次 Sakai Tadatsugu(1527年-1596年) 酒井忠親的次子、母不詳、正室為松平清康之女.碓井姬;幼名小平次、通稱小五郎、左衛門尉、號一智。 父親忠親為松平氏譜代家臣,忠次元服後仕於松平廣忠,松平元康(德川家康)成為今川義元的人質而前往駿府城時,忠次為同行的家臣中年紀最大的人。 永祿三年(1560年)5月的桶狹間之戰後,德川家康開始崛起,永祿六年(1563年)的三河一向一揆中,酒井忠尚等多數酒井氏加入一揆軍,而忠次則跟隨家康平亂。永祿七年(1564年)攻擊吉田城立下戰功,戰後成為吉田城城主。自此忠次成為旗本先手役和「東三河旗頭」統領三河東部的松平家國人(西三河為石川家成)。 永祿十二年(1569年)末,甲斐的武田信玄開始侵入今川氏真的領國駿河國,德川氏與武田氏達成協議瓜分今川氏領國,由忠次負責與武田方進行交涉。 之後參加元龜元年(1570年)的姊川之戰、元龜三年(1572年)的三方原之戰、天正三年(1575年)的長篠之戰並立下戰功。特別在長篠之戰中率領分遣隊強襲武田勝賴背後的鳶巢山砦,攻陷鳶巢山砦並討取勝賴的叔父河窪信實以阻止其救援長篠城而立下大功。戰後被信長讚賞「望塵莫及」(背に目を持つごとし)。 深受德川家康信賴的忠次在天正七年(1579年)家康的嫡子松平信康事件中被織田信長質問,與大久保忠世一同以辯解使者的身份前往安土城。在此時,忠次未能有效地為信康辯護,不能阻止信康切腹。但是信康切腹有很多說法,亦有信康切腹是家康的意思的說法。 以後仍然作為重臣仕於德川家康,天正十年(1582年)6月2日本能寺之變發生後,返回岡崎城的家康計劃討伐明智光秀之際成為先陣。家康在信長橫死後掌握成為空白地帶的武田遺領甲斐和信濃(天正壬午之亂),同年6月27日忠次被派遣到信濃,對信濃的國人眾採取懷柔政策(『家忠日記』)。忠次經由奧三河伊那向信濃侵攻,諏訪賴忠和小笠原貞慶等人的離反策略以失敗告終。 天正十二年(1584年)在小牧、長久手之戰中出陣,以德川家康為主的戰鬥全部有份參與。 天正十三年(1585年),在與忠次同為德川家康宿老的石川數正出奔後成為家康場的第一重臣,天正十四年(1586年)10月24日成為家中最高位的從四位下左衛門督。天正十六年(1588年)10月,把家督之位讓給長男家次後隱居。但是之後在京都被豐臣秀吉賜予京都櫻井的屋敷和在京費用1千石。 天正十八年(1590年)德川家康被移封至關東,因為忠次已經隱居,所以家次被封下總臼井3萬石。 慶長元年(1596年)在京都櫻井屋敷死去,年七十歲。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%BF%A0%E6%AC%A1