首頁 Tags 益田元祥

Tag: 益田元祥

三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
五十位人物:大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新齋、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑒速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光....
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、羽柴秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、津軽為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、羽柴秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路頼綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、分部光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、、
織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豊臣秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春
吉川廣家 Kikkawa Hiroie(1561年-1625年) 吉川元春的三子、母為熊谷信直之女.新莊局、正室為宇喜多直家之女.容光院;幼名才壽丸,初名經信、經言,由毛利輝元命受毛利氏之祖.大江廣元偏諱「廣」字,名為廣家。 永祿九年(1566年),曾經雄踞十一國的尼子家滅亡。可是毛利家仍然面對尼子餘黨不屈不撓的的反撲。曾立下誓言為復興尼子家四處奔走的山中幸盛,擁立尼子誠久的遺子尼子勝久,召集尼子舊臣,整頓起三千人的軍勢,殺回出雲,誓要奪回月山富田城。 元龜元年(1570年),毛利元就以毛利輝元為總大將,在吉川元春、小早川隆景的輔佐下,動員一萬三千人的大軍,征剿尼子餘黨。同年二月,毛利軍與尼子軍在布部山展開決戰,由吉川元春擔任毛利軍的先陣。十歲的廣家就是在他父親陣中。戰前,廣家就如同當年元春在郡山城合戰時向父親元就請戰般,向元春要求出陣。元春大概從愛子的身上看看到自己三十年前的的影子。在廣家的百般請求下允許出陣。 布部山合戰以毛利軍的勝利宣告尼子的復興失敗。十歲的廣家當然不可能親自參加戰鬥,但他那在戰場上披甲執銳小小身影,卻顯示出廣家的勇氣。 此後,身為安藝毛利一族的廣家追隨父親元春轉戰各地。元龜三年(1572年)廣家入繼吉川氏庶流宮莊氏。織田信長死後,羽柴秀吉(豐臣秀吉)迅即成為天下人。毛利家與秀吉進行友好外交。廣家以人質的身份被送至豐臣秀吉,與同為人質的小早川秀包(毛利秀包)一起長大。 天正十五年(1587年),由於兄長吉川元長在父親元春死後一年,於九州島津征伐之陣中病死,次男吉川元氏繼承繁澤家,所以廣家繼承本家吉川家。毛利輝元將毛利氏之祖.大江廣元的「廣」一字賜予廣家。這個時候,吉川經言易名為吉川廣家。天正十九年(1591年),豐臣秀吉透過毛利輝元封廣家出雲、伯耆、隱岐12萬石,以出雲富田城為居城。此後,在毛利兩川的制度下,廣家作為毛利輝元的先鋒於九州豐前、肥後一揆鎮壓和出兵朝鮮等戰役均建立戰功。 廣家與父親和哥哥一樣是一位勇將,而且更一位是智將,秀吉曾高度評價廣家在吉川元春和小早川隆景死後支撐著毛利家的那種手腕。參陣文祿、慶長之役時,廣家亦曾有在蔚山城以寡兵擊破大軍的漂亮的戰績,難怪世人評價「只要有吉川廣家,即使沒有小早川隆景,毛利家也不會發生政道沒邪門歪道,弓箭衰弱的事吧。」 文祿元年(1592年)三月,豐臣秀吉出兵朝鮮(文祿之役),編成一番隊至九番隊總勢十五萬八千人侵略朝鮮。三十一歲的廣家參亦有參陣,並屢立戰功,如在碧蹄館之戰,以先鋒隊四番隊的身份,在宇喜多秀家、小早川隆景的指揮下,大破明軍總指揮官李如松的軍隊。 慶長二年(1597年)秀吉動員十四萬大軍,第二次出兵朝鮮(慶長之役)。六月,吉川軍的廣家、益田元祥登陸釜山,與同在朝鮮戰場的毛利秀元隊合流。十二月廿二日,明將楊鎬、麻貴,朝鮮都元帥權栗率領明朝、朝鮮聯軍五萬七千人大舉進攻加藤清正、淺野幸長守衛的蔚山城。當時蔚山城只有日兵三千人,加上蔚山城剛剛完工及兵備不足。面業中朝聯軍五萬七千人,落城只是時間的問題。 日軍諸將退入城中舉行軍議,商討對策。廣家發言:「眼下敵方的大軍的確很龐大,但龜縮在城中是敗亡的先兆,倒不如出城轟轟烈烈的作戰。」決戰時,廣家橫刀立馬,領軍渡河向敵軍衝殺。城上諸將見到廣家,非常佩服廣家的無畏精神,紛紛出城作戰,加上其後日方一萬三千人的增援,日方順利擊退中朝聯軍。 中朝聯軍向慶州撤退。加藤清正對廣家站在最前頭衝向敵陣表示讚賞,並自己的馬標送給了廣家。廣家之勇名傳遍諸將。據說之後秀吉曾說:「普通帶領三萬、五萬人的將領也不及廣家。」秀吉死後德川家康露出奪取天下的野心。這個形勢令毛利家內部產生兩派。一派以安國寺惠瓊為首,與石田三成等文治派友好;一派以廣家為首,自九州征伐以來與加藤清正等武斷派友好。石田三成與加藤清正又因文祿慶長之役變得勢成水火,遂使毛利家內部變得越來越復雜,毛利元就苦心創建的毛利兩川體制逐漸瓦解。 慶長五年(1600年)三成起兵反抗家康,爆發關原之戰。毛利輝元被石田三成、安國寺惠瓊等人推舉為西軍的總大將。作為毛利筆頭家臣的廣家獲悉後大為憤怒。 廣家深信秀吉死後家康已是「次之天下殿」,天下已經傾向家康,與家康抗戰只會滅亡毛利家,遂與安國寺惠瓊發生激烈的爭論,並搬出祖父元就「不求天下,只求守成」的遺命。當時除了廣家,還有益田元祥、穴戶元次、熊谷元直和椙森元緣等人反對加入西軍。 結果,安國寺惠瓊以已答應石田三成為由,毛利輝元將會加入西軍。不滿的廣家為主家的安泰,在黑田長政的引導下,透過家康的重臣本多忠勝和井伊直政向家康澄清毛利輝元與西軍起兵無關,全是安國寺惠瓊安排,並在與井伊直政、本多忠勝、福島正則、黑田長政連署下,與家康私下締結「毛利家不參加戰鬥」的約定,以換取毛利家領地一百二十萬石的安堵。 為掩飾自已與家康的私通,廣家在西軍對伊勢安濃津城的攻擊中,顯示出驚人的奮鬥樣子,獲得西軍諸侯的稱讚。 關原戰場上,廣家為確保不戰協定的實行,自願為毛利軍團的先鋒,以封殺毛利軍團的行動。南宮山北面山腳以廣家的三千人為前線,後面的山上則有毛利秀元的一萬五千人駐守。他們兩隊之間的東面由安國寺惠瓊一千八百人負責防禦。決戰時,安國寺惠瓊不斷催促毛利秀元下山應戰。廣家向毛利秀元宣示德川家康答應毛利氏領地安堵的信件,遂使毛利秀元打消參戰的念頭,嚴守中立。廣家對東軍的勝利間接作出貢獻。 關原之戰以東軍家康方面的勝利結束,最初家康因與廣家有私通約定而放過毛利家。可是及後家康發現毛利輝元下令毛利家參與西軍對四國贊岐的征伐,違反廣家所許下的不戰約定,表示要沒收毛利輝元的領地,同時對有功的廣家封賞周防,長門二國。廣家向家康求情,表示毛利輝元已認罪,廣家願意以功贖罪,以保全毛利氏。 故此,德川家康沒收毛利輝元一百二十萬石的八國領地,只保留周防、長門二國共三十七萬石。德川把毛利家部分的領地—岩國三萬石封予廣家以示感謝,廣家成為岩國藩的藩祖。安國寺惠瓊連同石田三成、小西行長三人先在京都遊街示眾,後在京都的六條河原被斬首。 吉川家的岩國藩不被幕府承認為獨立的藩國而以毛利家的支藩對待,直至關原之戰兩百六十八年後的明治元年(1867年),岩國藩才被承認為獨立的藩國。 廣家為本家的安泰而不懈奔走。然而,毛利本家卻對廣家的行為有所指責,被毛利家視作出賣本家的內通者,受盡到毛利家臣的白眼,特別是在關原之戰代替毛利輝元作戰的毛利秀元,據說終身沒有寬恕廣家。獨自私通家康令其他的家臣難以容忍。廣家以至吉川家只被毛利本家稱為「岩國領主」,而不是「藩主」。 慶長十九年(1614年)十二月,廣家隱退,讓位與吉川廣正。 寬永二年(1625年)病故,年六十五歲,法名全光院殿中嚴肅如兼大居士。 出處 http://baike.baidu.com/view/730725.htm
吉見広頼 Yoshimi Hiroyori(1535年?-1613年) 父は吉見正頼、母は大内義興の娘。正室は毛利隆元の娘・津和野局、継室は内藤隆春の娘・河原殿、側室は光井勝良の娘。子に元頼、広長、娘(河野通直室、後に末次元康室)、娘(益田広兼室)、娘(宍道元信室)、娘(天野元景室)、娘(毛利就頼室)。官位は大蔵大輔、三河守。毛利氏よりその祖先・大江広元の1字を与えられて広頼と名乗る。 父が陶晴賢と対立し、天文23年(1554年)に籠城戦の末に一時降伏した際に人質となったが、天文24年(1555年)の厳島の戦いにより晴賢が敗死すると解放された。永禄6年(1563年)に初陣、出雲白鹿城攻めで本田豊前守を討ち取った。初陣後に毛利隆元の娘を娶ったが、元亀2年(1571年)に先立たれたため内藤隆春の娘を継室に迎えた。天正7年(1579年)に備後・美作に出陣、天正10年(1582年)の備中高松城の戦いに出陣した。同年、父から家督を譲られる。 病弱で父ほどには信任を受けなかったが、毛利氏に忠実に仕え、天正14年(1586年)の九州征伐で吉川元春・小早川隆景らと共に九州に従軍、豊前香春岳城攻めで功績を上げ、豊臣秀吉から感状を受け取った。天正18年(1590年)の小田原征伐では毛利水軍に加わり三沢為虎・熊谷元直・益田元祥・山内広通らと共に伊豆下田城を落とした。文禄・慶長の役には病気で出陣出来ず、嫡男の元頼が代わりに朝鮮に渡ったが、文禄3年(1594年)に元頼が津和野で病死、翌年に後妻も亡くなった。慶長2年(1597年)に次男の広長を朝鮮に渡海させ、翌3年(1598年)に広長に家督を譲り隠居した。 しかし、広長は毛利氏に反抗的で、慶長4年(1599年)に出奔したため当主に復帰、広長の帰参に腐心することになる。広長は慶長5年(1600年)に復帰したが、同年の関ヶ原の戦いで輝元は周防・長門に減封、広頼も津和野を離れて萩に移り住んだ。慶長9年(1604年)に広長が再び出奔、娘達も先立つなど晩年は不遇であった。慶長17年(1612年)に吉川広家の次男を婿養子に迎え吉見政春と名乗らせ、翌18年(1613年)に死去。 法名は秀巌舸撤、墓所は山口県阿武郡大井串山の周鷹寺。 広長は広頼の死後に戻り家督を継いだが、元和4年(1618年)に讒言で輝元に討たれ吉見氏は断絶した。政春も後に大野毛利家を興して毛利就頼と改名した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%A6%8B%E5%BA%83%E9%A0%BC
堅田元慶 Katada Motoyoshi(1568年-1622年) 粟屋元通の子、母為江田元周女、養父:堅田元乗?、妻 益田元祥女。 毛利輝元の近習として寵愛される。天正10年(1582年)に元服して、元勝と名乗る。行政手腕に優れていたため、毛利輝元や小早川隆景に信任を受けた。そのため子の無かった小早川隆景の養子として認められたが、元慶はそれを辞退して、周防国堅田を名字として名乗った。養嗣子にはならなかったものの、隆景の寵愛を受け、天正13年(1585年)に隆景が伊予国に移封された際、それまで隆景の本拠であった三原城を預けられた。 天正16年(1588年)には輝元に従って上洛。豊臣秀吉にも気に入られて大坂城にも出仕し、従五位下兵部少輔に叙任、豊臣姓を下賜された。 文禄・慶長の役では朝鮮半島へ上陸し、毛利軍の一員として戦っている。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいても、四国方面の経略を進めると共に毛利輝元の側近として大坂城に入り、各方面へ輝元の指示を伝えている。 敗戦後は毛利氏の防長移封に従うも、徳川家康は関ヶ原前後の元慶の行動は安国寺恵瓊と同じであるとして元慶の処刑も考えていたが、井伊直政や本多正信の執り成しによってであると輝元嫡子毛利秀就とともに証人(人質)として江戸に住した。生命は許されたものの、その身は20年の長きに渡って江戸に留め置かれた。元慶は一時帰国が許されることもあったが、帰国が長期に渡ることもあり、毛利輝元は本多正信の意見に従い、元慶の家族を江戸に送らせた。 慶長15年(1610年)、元慶は以前から懇意にしていた周防国山口の瑠璃光寺の元住持秀山を誘い、江戸に瑠璃光寺を創建した。 元和8年(1622年)に江戸で死去した。墓所は東京都港区瑠璃光寺。 子の就政は、幼少のため所領を湯野・戸田・日置の2,000石に削減され、寛永2年(1625年)周防国湯野(現在の湯野温泉)に移住した。子孫は同地で明治維新を迎えている。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%85%E7%94%B0%E5%85%83%E6%85%B6
宍戶元續 Shishido Mototsugu(1563年-1631年) 宍戶元秀的嫡子、宍戶隆家之孫、母為內藤興盛之女、正室為內藤元種之女(毛利輝元養女)、繼室為口羽通良之女;宍戶廣匡、宍戶就俊、宍戶元高之父;和主君毛利輝元的關係從父親一方看是從伯父,從母方看是從兄(注一)。安藝宍戶氏第14代當主。安藝五龍城主。 文祿元年(1592年),祖父宍戶隆家死去,代替被廢嫡的父親成為家督。文祿四年(1595年),自豐臣秀吉獲賜豐臣姓。 朝鮮出兵中作為毛利軍一員遠渡朝鮮,參加蔚山城築城。慶長二年(1597年)9月稷山之戰擔任毛利軍先鋒,在同年末至次年初蔚山城之戰中與加藤清正等共同克服糧食不足的困境堅持守城,最終等到毛利秀元、吉川廣家等人的援軍戰勝了明軍。 慶長五年(1600年),石田三成率領的西軍陣營與德川家康率領的東軍陣營對立激化,最終以家康會津征伐為契機開戰。元續對主君毛利輝元被推舉為西軍總大將一事感到不安,與吉川廣家、福原廣俊、益田元祥、熊谷元直等人商議後,提出反對意見,而輝元不為所動,馬不停蹄帶兵加入西軍。關原前哨戰伊勢安濃津城之戰中,與吉川廣家、毛利秀元等人共同奮戰,雖負傷然而最終迫使守城方開城投降。 然而在關鍵的關原之戰中不戰而敗,毛利輝元被減封至周防、長門兩國,元續也不得不離開父祖相傳之地五龍城,搬遷到萩城。後成為一門家老的筆頭,獲封周防佐波郡右田(現防府市)土地11,000石。 大阪之陣中與毛利輝元、毛利秀元研究之後,將弟弟內藤元盛(內藤隆春養子)改名「佐野道可」秘密送入大阪城。戰後事情敗露,為了善後四處奔走(注二)。元和元年(1615年)將家督讓於嫡男廣匡後隱居。寬永二年(1625年),孫宍戶就尚(廣匡之子)以右田領交換了毛利元俱(右田毛利家第二代,毛利元就第七子天野元政之子,元續女婿)的領地熊毛郡三丘(現周南市),自此宍戶家一門以三丘宍戶家之名相續。 寬永八年(1631年)死去,年六十九歲,戒名岩叟道嶸。 注一:從父方來看,宍戶元續之祖母是毛利元就之女五龍局,其父宍戶元秀和毛利輝元是從兄弟,毛利輝元是元續之從伯父。從母方來看,其母與毛利輝元之母皆為內藤興盛之女,這樣來看元續和輝元是從兄弟。 注二:大阪城破後內藤元盛在毛利氏搜捕下被捕,元盛與主家撇清關係,強調是個人行為,後切腹。元盛的兩個兒子也被毛利輝元逼死,周防長門內藤家(毛利隆元正室實家)一度斷絕。直到慶安元年(1648年),內藤隆昌(元盛曾孫)才獲得1300石領地,內藤家得以復興。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=7#postid-200 日文出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8D%E6%88%B8%E5%85%83%E7%B6%9A
毛利秀就 Mori Hidenari(1595年-1651年) 毛利輝元的長子、母為兒玉元良之女・清泰院、正室為結城秀康之女・喜佐姬(德川秀忠養女.龍昌院);幼名松壽丸,通稱藤七郎,初名秀成,受豐臣秀賴偏諱「秀」字,名為秀就,戒名大照院殿月澗紹澄大居士。 生於安藝廣島(有異說,見注一)。因其父輝元長期沒有孩子,便收從弟毛利秀元(毛利元就四男.穗井田元清之子)作為養嗣子、秀就出生後、秀元另立別家(長府毛利家)。慶長四年(1599年)成為豐臣秀賴近侍,並由秀賴作為烏帽子親元服,賜豐臣姓,受領偏諱取名秀就。 關原之戰西軍失敗、毛利家減封至周防長門37萬石、同時秀就替代父親輝元成為當主。然因年幼之故,故秀就與輝元均被幕府視作藩主、政務由毛利秀元代行。慶長十三年(1608年),受大御所德川家康之命娶家康次男.結城秀康之女喜佐姬作為正室、作為越前松平家一門稱松平長門守。慶長二十年(1615年)大阪之陣作為德川方參戰。 元和九年(1623年)其父輝元正式隱居、秀就獨立擔任藩主、藩政由後見人毛利秀元.益田元祥.清水景治擔當、秀就幾乎不掌權。然而秀就與秀元漸生齟齬、寬永八年(1631年)秀元辭去後見人職務,對立深刻化。寬永十一年(1634年)因秀元自作主張拒絕了江戶城建設任務之故、在憂慮與此事態的幕府仲裁下終於在寬永十三年(1636年)兩人和睦,對立終止。秀元辭去後見人後的寬永九年(1632年)由秀就之義兄弟吉川廣正(吉川廣家之子,娶毛利輝元之女為妻)擔任後見人、實際藩政已委任於重臣、秀元之辭任象征著以藩主秀就為中心的權利體系建立。 慶安四年(1651年)1月5日,以五十七歲之齡死去,藩主由四男綱廣繼承。 注一:按前述之通說,秀就於文祿四年(1595年)生於廣島。據異說:天正十九年(1591年)秀就生於長門厚東郡四ケ小野村(現宇部市小野地區)。此說法是小野鄉土史懇話會會員據宇部市小野地區所殘古文書中「秀就生於小野村」之記述進行調查、通過厚東郡小野村領主財滿家的文書及伝承、得出其生於財滿忠久.就久父子屋敷が出生地之結論。據此說、父親輝元懾於其正室.南之方,唯恐其側室二之丸殿懷孕一事被發覺而秘密將其藏匿於財滿家、在此秘密生下秀就。此外,關於出生後之處置問題而與小早川隆景相談之紀錄也被發現(財滿家文書)。財滿屋敷跡同地還留有、秀就誕生時使用的「產湯之池」和用來逃避暗殺的「穴藏」(逃命時藏身的坑)、此外還有村民為祈求秀就健康成長而到高良神社祈願的傳說。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=2#postid-131 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E7%A7%80%E5%B0%B1
清水景治 Shimizu Kageharu(1571年—1649年) 清水宗治の次男。子に元貞、娘(益田元尭室)。小早川氏の家臣、後に毛利氏の家臣、長州藩士。通称は源三郎、官途は美作守。初めの主君・小早川隆景より偏諱を賜い景治と名乗る。 天正10年(1582年)、毛利氏に与した父・宗治が備中高松城の戦いにて切腹すると小早川隆景に仕えた。隆景は宗治の忠死を惜しんで、景治に自身の「景」の一字と備中河辺に屋敷を与えて厚遇し、毛利輝元も太刀ひと振りを与えて父の名誉を賞した。また、備中高松城の戦いで父と戦いその忠死を賞賛した、天下人・豊臣秀吉から大名として取り立て、直臣になるように勧誘されたが、これを拒否して小早川家臣でいることを選んだ。豊臣氏による文禄・慶長の役でも小早川軍の一員として朝鮮に渡って活動した。 慶長2年(1597年)の主君・隆景死後は養子の小早川秀秋に仕えたとも、毛利氏に復帰したともいわれている。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにも参加しているが、どちらにしても1600年代初めには毛利氏へ復帰していたようである。 萩に移った後に、父以来の功績によって一門家老に次ぐ寄組士の席に列し、野原村・浅江村・島田村・立野村(いずれも現在の光市)において計2500石余りを領した。そこで景治は野原村に下屋敷を構え、浅江村の吉祥寺を高松山清鏡寺と改名し、父の菩提寺とした。また、元和9年(1623年)から益田元祥の副役として毛利秀元と共に財政再建にも協力し、能吏として毛利氏を支えた。寛永9年(1632年)には益田元祥の後釜となり、長州藩の財政を支え続けた。翌年には家督を譲って隠居した。 慶安2年(1649年)に萩で病死した。享年は79といわれる。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%99%AF%E6%B2%BB
熊谷元直 Kumagai Motonao(1555年-1605年) 毛利氏の家臣。安芸熊谷氏当主。妻は佐波隆秀の娘。熊谷高直の子、熊谷信直の孫。男子に直貞、二郎兵衛、猪之介。女子に天野元信妻など。初名は元貞。二郎三郎、伊豆守、豊前守、蓮西(法名)、メルキオル(洗礼名)。 弘治元年(1555年)、毛利氏家臣の熊谷高直の子として誕生。この頃の安芸熊谷氏は、祖父・信直の代に娘を吉川元春(毛利元就の次子)に嫁がせ、16000石の所領を持つなど、毛利氏の縁戚として重用されていた。 天正7年(1579年)、父・高直が死去すると、祖父・信直の補佐を受け家督を継承する。主君の毛利輝元に従い、豊臣秀吉の四国攻め、九州征伐、小田原征伐、文禄の役などに従軍し活躍した。慶長元年(1596年)、豊臣姓を下賜された。 一方で、天正15年(1587年)、黒田孝高の影響を受けてキリシタンとなった(洗礼名はメルキオルといった)。当初はキリスト教に熱心ではなかったものの、次第に熱心な信者となり、豊臣秀吉の棄教令や輝元からの棄教の命を拒絶し、毛利領のキリスト教信者の庇護者となった。元々元直は家中での権勢を背景に独断専行の傾向があったため、合わせて輝元の強い不興を買った。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて毛利氏は西軍についたため、安芸国をはじめとする所領を減封されることになり、元直も伝来の所領と三入高松城を失い、ともに周防長門に移り、8000石を領した。 慶長9年(1604年)、輝元は新たな毛利氏の本城を萩城と定め、重臣である元直と益田元祥にその築城を命じた。その際に元祥の家臣が元直の一族である天野元信配下の者から築城の材料(五郎太石)を盗む事件が発生し、その責任をめぐって両者は対立したため築城作業は遅延する(五郎太石事件)。このことで徳川氏の不興を買うことを恐れた輝元は、慶長10年(1605年)に萩城の築城の遅延の責を問うという理由で兵を送り、元直は一族の天野元信らと共に討たれた。この粛清の際に元直の妻や子の二郎兵衛、猪之介も殺害された。また、これと前後して毛利領内のキリスト教関係者の多くが処刑された。 なお、元直の死と共にほぼ族滅した安芸熊谷氏だが、直貞の子・元貞が母方のおじにあたる毛利秀元に庇護されて、粛清の連座を逃れており、後に大坂の陣で戦功を挙げて、3000石の寄組として熊谷氏を再興した。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E5%85%83%E7%9B%B4
益田元祥 Masuda Motoyoshi(1558年-1640年) 父は益田藤兼、母は石津経頼の娘。妻は吉川元春の娘。幼名郎,改名元祥→牛庵,通称又兵衛,戒名桃林院殿前鴻臚全紹圀大居士。 永禄11年(1568年)、毛利元就を烏帽子親として元服する。 天正6年(1578年)の上月城の戦いに吉川元春・元長父子と共に参加、天正8年(1580年)には反旗を翻した伯耆羽衣石城主南条元続を攻め、所領を賜っている。天正10年(1582年)の備中高松城の戦いにも元春に従軍、同年に父から家督を譲られる。 主君の毛利輝元が豊臣秀吉に臣従すると、主従共に秀吉の天下統一戦に従い、天正13年(1585年)の四国攻めに参戦して伊予高尾城攻めで奮戦、天正14年(1586年)の九州征伐にも参加して豊前宇留津城攻撃で功績を挙げた。慶長元年(1596年)、豊臣姓を下賜された。天正18年(1590年)の小田原征伐にも毛利水軍を率いて三沢為虎・熊谷元直・吉見広頼らと共に伊豆下田城を落とした。文禄の役は吉川広家に従って出陣、碧蹄館の戦いでもその武略を発揮し明の軍勢を撃退している。慶長の役でも渡海して朝鮮に渡り、蔚山城の戦いにおいても広家と共に敵を撃退している。 慶長3年(1598年)に秀吉が死去すると、次の天下人と予想される徳川家康への接近を広家と熊谷元直・宍戸元続と共に図る。しかし慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは輝元は西軍に味方し、元祥も西軍として広家に従い富田信高の伊勢安濃津城を攻略するが、9月15日の関ヶ原の本戦では戦闘に参加しなかった。 戦後、輝元は周防・長門の2ヶ国に減封され、益田氏の領地であった石見も没収されることとなった。徳川家康は元祥の行政手腕を高く評価しており、大久保長安を通じて本領の安堵と徳川家臣としての重用を条件とし勧誘されたが拒絶、新たな所領となった長門阿武郡須佐へと移住、北の石見口の守りを担当、福原広俊と共に長州藩の政治を任された。 慶長6年(1601年)に毛利氏領国だった備後・安芸に入部した福島正則が毛利氏が慶長5年に徴収した租米の弁償を要求、元祥は福原広俊と共に解決に尽力し、慶長7年(1602年)までに完済した。慶長9年(1604年)の萩城の築城を担当、翌年の江戸幕府からの江戸城普請に選ばれている。しかし、萩城の工事で熊谷元直・天野元信と諍いを起こし、元直らが処刑される騒動に発展した(五郎太石事件)。また、父の代から吉見氏と争っていた領地を輝元に与えられたが、憤慨した吉見広長が慶長9年(1604年)に出奔している。 元和6年(1620年)、孫の元尭に家督を譲って隠居したが、元和9年(1623年)に輝元から藩政を委託され、毛利秀元・清水景治と共に財政再建に取り組んだ。 毛利氏の主要な合戦の大半に参加して武功を挙げた元祥であったが、武勇だけではなく行政手腕に非常に優れた武将であった。 周防・長門の2ヶ国に減封され、財政が極度に悪化した毛利氏は慶長12年(1607年)に検地を行ったが、内容は収入の73%を徴収するという高税をかけているため、慶長13年(1608年)に山代慶長一揆が発生、重税に苦しむ農民の逃亡と畑の荒廃をもたらした。元祥・秀元らは寛永2年(1625年)に検地を再実施、税率を50%に引き下げて農民の負担軽減を図った。収入は慶長12年の頃より減少したが、この検地で打ち出した石高が長州藩の基盤となった。同時に家臣団の大幅な所領改替も行われ、藩主家の直轄領が収入高の土地を中心に増加、藩主の権力伸長にも繋がった。 また、寛永5年(1628年)に一揆が起こった山代地方を調査、寛永8年(1631年)に貢租を紙に変更して紙を徴収する請紙制を実施した。紙は大坂で売却され大きな利益を上げた。農民保護と田畑復興政策も実行、借金の利息を減らし、逃亡した農民の呼び戻しや新田開発にも取り組み財政再建に全力を尽くした。結果、寛永9年(1632年)に長州藩の負債を返却、余剰金及び米の備蓄も可能になり、長州藩の江戸時代における財政基盤を固めることに成功した。同年に藩政から引退、寛永17年(1640年)9月22日に死去。享年83。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E7%94%B0%E5%85%83%E7%A5%A5

Send this to a friend