首頁 Tags 牛尾幸清

Tag: 牛尾幸清

佐世清宗 Sase Kiyomune(生年不詳-没年不詳) 家系は出雲国守護の佐々木氏の一門。官途は伊豆守。父は佐世幸勝。子に佐世正勝・佐世元嘉。 はじめは出雲州衆の一員として出雲国の尼子氏に仕えたが、主君・尼子晴久から奉行衆に任命され、家老衆である富田衆の一員として殆どの奉行連署状に名を連ねた。また文芸に優れ、主君・晴久とともに連歌会の席に出席し、自ら自閑斉と号し画を残している。 天文23年(1554年)元旦、富田城中「杵築大社法楽」の連歌会にも参加した。 安芸国の毛利氏が勢力を拡大すると、これと戦い度々出陣した。天文9年(1540年)9月には、毛利元就の吉田郡山城の戦いに出陣。 永禄3年(1560年)7月には、石見銀山山吹城攻めに出陣した。毛利氏が出雲へと侵略を開始すると、永禄6年(1563年)9月、尼子倫久を総大将とした白鹿城の救援に従軍するも敗北を喫して撤退した。 永禄8年(1565年)4月、毛利元就による月山富田城の戦いの際にも、尼子秀久を大将とした3000余人で菅谷口を守った。 しかし、月山富田城内が混乱の極みに達した永禄8年(1565年)冬、息子2人を連れて毛利氏の包囲軍に降伏した。清宗以外にも尼子氏の重臣であった亀井安綱、河本隆任、川副久盛、牛尾幸清、湯惟宗らも次々と降伏していったが、清宗は破格の待遇をもって迎えられたという。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E6%B8%85%E5%AE%97
三百一十二位人物:小出吉政、山口宗永、石川貞清、毛利高政、長崎元家、藤堂高刑、青木一矩、早川長政、土岐政賴、土岐賴次、土岐賴元、齋藤利茂、齋藤利良、不破光治、明智光繼、明智光安、稻葉典通、稻葉重通、稻葉道通、稻葉正成、佐藤堅忠、橫山長隆、橫山長知、野野村幸成、一柳直盛、伊藤盛正、堀田正吉、遠山景前、遠山友勝、遠山友政、加藤光泰、關盛雄、鹿伏兔定秀、國府盛種、細野藤光、分部光高、木造具康、田原重綱、森本具俊、九鬼守隆、堀內氏善、一條信龍、三枝昌貞、小幡昌盛、駒井政武、長坂光堅、禰津元直、海野棟綱、海野幸義、真田昌輝、真田信尹、常田隆永、鎌原幸定、鈴木忠重、蘆田信守、大井貞隆、大井貞清、笠原清繁、小笠原信定、溝口長友、溝口長勝、溝口貞泰、諏訪賴滿、諏訪賴重、諏訪滿鄰、知久賴元、藤澤賴親、保科正直、保科正光、江馬信盛、麻生野慶盛、長尾房景、上條定憲、齋藤定信、本庄房長、竹俁慶綱、吉江宗信、桃井義孝、山本寺定長、山吉政久、山吉豐守、山吉景長、大石綱元、狩野秀治、神保長住、長澤光國、長尾景直、土肥政繁、飯川光誠、遊佐秀賴、三宅總廣、富田長繁、溝江長逸、逸見昌經、武藤友益、野村直隆、石田正繼、石田正澄、小堀政一、垣見一直、蒲生茂綱、蒲生元珍、進藤賢盛、駒井重勝、高田吉次、一色在通、京極高廣、細川忠利、細川興秋、細川興元、三淵光行、蘆田國住、足立基助、願証寺証意、下間真賴、杉浦玄任、細川昭元、荒木村次、荒木元清、木下重堅、池田信正、茨木長隆、木澤長政、香西元定、香西佳清、中川秀成、岡國高、結城忠正、菅達長、安見信國、安見勝之、平盛長、遊佐長教、筒井順弘、中坊秀祐、岸田忠氏、寶藏院胤榮、津田算長、鈴木重次、太田宗正、野長瀨盛秀、小山隆重、湯川直春、山名豐賴、山名誠通、垣屋恒總、太田垣宗壽、太田垣朝延、太田垣輝延、八木豐信、山田重直、行松正盛、尼子清久、尼子久幸、赤穴久清、赤穴光清、牛尾幸清、龜井秀綱、別所重棟、別所吉治、宇野政賴、赤松村秀、井上之房、栗山利安、黑田一成、後藤勝國、後藤元政、原田忠長、原田貞佐、三浦貞久、三浦貞盛、金田弘久、中村則治、牧良長、宇喜多興家、伊賀久隆、遠藤俊通、庄高資、三村元祐、植木秀長、植木秀資、石川久智、石川久式、中島輝行、三村元範、上野隆德、楢崎元兼、新見國經、新見貞經、小早川正平、小早川興景、杉原理興、田坂義詮、乃美景興、椋梨盛平、三吉隆亮、三吉廣高、多賀山通續、山內直通、山內隆通、和智誠春、毛利元氏、粟屋元親、天野興定、井上元兼、赤川元保、三浦元忠、武田光和、武田信實、武田信重、阿曾沼廣秀、天野隆綱、香川光景、己斐直之、渡邊通、森脇祐有、手島興信、二宮經方、平賀隆宗、平賀廣相、陶興房、吉見廣長、益田尹兼、大西賴包、大西覺養、新開實綱、高原次勝、安富盛方、伊澤綱俊、石川通清、大野直之、戒能通森、村上元吉、村上景親、來島通總、宇都宮清綱、井上重房、祖母井之照、西園寺宣久、渡邊教忠、長宗我部親和、長宗我部親忠、長宗我部親吉、江村親俊、香宗我部親秀、香宗我部秀通、細川定輔、橫山友隆、吉松光久、安芸元泰、敷地藤安、野仲鎮兼、本庄右述、加來統直、田原親盛、佐伯惟定、入田親誠、秋月種信、麻生隆守、麻生鎮里、麻生元重、井田親氏、惠利暢堯、蒲池鑑久、大木俊光、西牟田鎮豐、原野惠俊、江上家種、神代長良、高木鑑房、馬場賴周、龍造寺家純、龍造寺周家、鍋島清久、松浦興信、籠手田安經、佐川信利、日高喜、有馬直純、平井經治、大村純伊、朝長前安、鹿子木親員、北里政義、伊東義賢、伊東祐安、稻津重政、三田井親武、長倉祐有、北原兼孝、安樂兼寬、肝付兼演、肝付兼盛、肝付兼篤、祁答院良重、島津勝久、入來院重朝、入來院重時、樺山善久、樺山忠助、島津忠將、島津以久、島津尚久、島津忠長、鎌田政年、園田實明、佐多忠增、島津忠廣、北鄉忠相、島津忠親、島津忠辰、平田宗茂、茶茶、定惠院、菊姬、義姬、仙桃院、淺井初、三條の方、黃梅院、藏春院、禰禰、瀨名姬、嶺松院、松平千、淺井江、妙玖、お船、武田松、德姬、督姬、お市、歸蝶、ガラシャ、妻木熙子、諏訪姬、まつ、壽桂尼、津田宗及、千宗易、快川紹喜、澤彥宗恩、俊崇坊、二本松義繼、土田御前、ねね、千坂景親、名古屋山三郎、多目元忠、柳生利嚴、井伊直虎、愛洲久忠、伊東景久、杉谷善住坊、大久保忠教、太田牛一、齋藤福、赤井輝子、大村由己、平原綾香、世良田元信、大祝鶴、望月千代女、櫛橋光、孔雀、塚原卜伝、卡天士郎、石川五右衛門、彌助、里見伏、犬塚信乃、犬川庄助、犬山道節、犬飼現八、犬田小文吾、犬江親兵衛、犬坂毛野、犬村大角、卜部季武、碓井貞光、坂田金時、渡邊綱、源賴光、源義經
五百位人物:河東田清重、一栗放牛、一迫隆真、稗貫晴家、氏家吉継、四釜隆秀、新井田隆景、宮崎隆親、鱒沢広勝、水谷胤重、大塚政成、郡司敏良、大塚隆成、国分盛氏、駒木根利政、白河晴綱、白河義顕、針生盛信、松本氏輔、佐瀬種常、留守景宗、遠藤盛胤、西野道俊、二本松家泰、二本松義綱、片平親綱、高玉常頼、戸蒔義広、本堂茂親、南部政直、豊島重村、浅利頼平、戸沢盛重、戸沢政重、鮭延貞綱、大和田光盛、本堂忠親、大宝寺晴時、来次時秀、東禅寺義長、東禅寺勝正、織田信安、来次氏秀、仁賀保挙誠、北楯利長、懸田俊宗、小梁川宗朝、小梁川宗秀、船尾昭直、桑折貞長、大道寺盛昌、牧野久仲、佐竹義廉、佐竹義斯、江戸通泰、江戸通政、本多利久、神生通朝、本多利朝、兼松正吉
吉川興經 Kikkawa Okitsune(1508年-1550年) 吉川元經之子、母為毛利元就之妹、正室為宍戶元源之女、側室為宮莊經友之女;幼名千法師,別稱「今鎮西」。 大永二年(1522年)父親元經去世,14歲的興經接任為安芸吉川家第十四代當主,由年老的祖父國經擔任後見人,不過祖父亦於四年後去世。興經在戰場上勇猛無匹,尤其精於弓術,其弓術被評為足可比娓平安時期名弓手鎮西八郎,被譽為「今鎮西」。 和其它安芸國人眾一樣,吉川家夾在大內家和尼子家東西兩大勢力之間。基於地理因素及姻親關係,吉川家從屬於尼子家。當時毛利元就也和興經一樣,同是從屬於尼子家。可是在天文三年(1534年),元就脫離尼子家,改為從屬大內義隆,並於天文九年(1537年)以長子毛利隆元為質,以示對大內義隆的忠誠。自此,身在尼子陣營的興經便與元就為敵。 天文九年(1540年)9月,尼子晴久率領三萬大軍進攻毛利元就的安芸吉田郡山城,從屬於尼子家的興經亦有參與對毛利家的攻擊。可是,隨著由大內義隆的重臣陶隆房(陶晴賢)率領的援軍著陣,形勢開始對方尼子方不利。兩方在吉田郡山城下激戰,其間,毛利軍的三千餘兵急襲由高尾久友、黑田久澄和吉川興經防守的宮崎長尾尼子陣地。第一陣的高尾久友、第二陣的黑田久澄很快便被擊潰,三澤藏人、高尾久友筆二百餘人被討取。當毛利軍攻至第三陣時,兩方激戰近二小時。最終,毛利軍的攻勢被興經抵擋下來。但一人之勇猛改變不了整體戰況,尼子晴久的安芸侵略軍最終被毛利大內的軍隊打敗,逃回出雲。毛利、大內家乘勝掃蕩整個安芸,剷除尼子家在安芸的勢力,並有一舉消滅尼子家的意圖。 對此,身在病榻上的尼子經久為尼子家的安危作出安排,授意吉川興經、本城常光、三澤為清、三刀屋久扶等人佯裝拋棄尼子方而投靠大內方,以便作為內應。興經透過毛利元就的聯絡,投入大內陣營。天文十年(1541年)11月13日,尼子經久病死。 天文十一年(1542年),大內義隆乘勢結集連合軍五萬人遠征出雲,務求攻下月山富田城,一舉消滅尼子家。尼子家的尼子國久、牛尾幸清等人奮力對抗大內連合軍。來自石見、出雲、安芸等地的大內連合軍約十三個部隊裡面,有多達七個部隊、約一萬人同時回歸尼子陣營,包括吉川興經、三澤為清、三刀屋久扶、本城常光、山內隆通、出羽正助、宮氏等人。一時大內方的兵力銳減,勝負倒向尼子方,混亂中的大內直轄軍一萬五千人撤出戰場,毛利元就擔起殿後工作,被尼子軍追擊,損失慘重。 興經這兩次的叛變除有經久遺計一說,還有一說是郡山城之戰慘敗後,興經感到晴久的氣量令人擔憂,繼續追隨尼子家只會危害到自己。於是,興經聯同多個出雲、石見國人眾叛變到大內義隆傘下,並及後請求隨征出雲。月山富田城之戰期間,大內軍的整體狀況令興經感到失望,於是興經再一次與三澤為清、本城常光等人叛變到尼子陣營,直接對尼子家的勝利作出貢獻。 剛倒向尼子家的興經,不久又萌生倒向大內家之意。但大內義隆對興經往日的反覆叛變行為大感憤怒,要將興經原有領地給毛利元就,幸好元就居中調解,興經得以回歸大內家,並獲得原有領土。 興經在戰場上勇猛無匹,不過在政治和氣節操守方面,似乎都不是很出色,甚至可以說是庸碌。興經一時倒向大內家、一時倒向尼子家的反覆亦行為引起臣們強烈的不滿。在興經外出期間,興經將國政委託給大鹽右衛門尉,但所託非人,大鹽右衛門尉常輔理國時態度驕橫,對其他家臣苛刻,引家臣們的不滿。興經的叔父吉川經世與老臣森脅佑有都認為委任驕橫貪污的大鹽右衛門尉是興經的錯失。興經的氣量之狹小和行為反覆令他們感到不安,擔心吉川家將會被毀於興經手中。於是,與毛利元就友好的經世等人秘謀強逼興經隱居,並商議向姻親毛利元就要求毛利家過繼一親族到吉川家,擔任吉川家當主。 而經世等人的提議正是擴大毛利家勢力的良機,有經世等人為內應,毛利元就計劃奪取吉川家的實權。天文十五年(1546年),經世等吉川家宿老,向毛利元就交出誓約書,內容包括「會服從元就的命令」、「給予興經退休地」及「排除吉川家內反對分子」三項。 在經世等人的幫助下,毛利元就煸動吉川家臣,家臣因驕橫的大鹽右衛門尉處理國政而不滿興經。一時吉川家內掀起一遍反對興經的浪潮,甚至有叛亂的發生。毛利元就亦以興經須為大鹽右衛門尉貪污的不當行為負上全部責任為借口,強逼興經退位。此時,經世等人勸興經以大局為重,以毛利吉川同為安芸國人眾,又有姻親關係為理由,建議興經迎立毛利元就的次男、興經的表兄弟少輔次郎(吉川元春)為興經的養子,繼承吉川家。十 在一遍反對的壓力下,天文十六年(1547年),興經退位隱居,吉川元春入主吉川家,成為吉川家第十五代當主。興經與嫡子千法師在毛利與熊谷領地之間的布川過著隱居生活,但實際是被幽禁。 經過三年的幽禁生活後,興經雖然除去家督之位,但仍想復興吉川家,令吉川家免於落入毛利元就手中。於是計劃逃出元就監視,投靠九州豐後的大友宗麟。而毛利元就從吉川元春入主小倉山城後,抽調福原元正等三十多名主要家臣給元春,擔心興經的存在會影響元春在吉川家的地位。 收到興經想逃脫的消息後,精於謀略的元就再施展手段。天文十九年(1550年)9月,元就故意放出興經將要造反的傳言,命令熊谷信直、天野紀伊守到布川附近埋下伏兵。計劃興經一離開幽禁地,便能以謀反罪將其處死。更以興經的知行地為利誘,收買興經身邊的寵臣村竹宗藏。 被流言嚇慌的興經擔心毛利元就會對自己不利,帶著隨從逃出幽禁地,行至半路,熊谷信直的伏兵出現。興經急忙應戰,但隨身的弓和佩刀都被破毀。儘管在弦斷刃破的情況下,素來勇猛的興經仍然打倒23人。此時背後的村竹宗藏向興經放冷箭,箭貫穿興經的腰部。熊谷、天野的手下將重傷倒地的興經包圍,當場被殺,年42歲。 出處 http://baike.baidu.com/view/454225.htm
宇山久兼 Uyama Hisakane(1511年-1566年) 宇山久秀的長子,幼名彌次郎,宇多氏為源氏佐佐木一族。 久兼為侍奉尼子經久、尼子晴久、尼子義久三代的老臣,根據尼子氏分限帳上記載,久兼與牛尾幸清、佐世清宗等人擔任家中御家老眾的筆頭重職,所領知行地在石見擁有祿高十八萬七千七百石,同時宇山一族也在控有美作國大部分的封地,月山富田城四周的能義郡及布部郡也都是他的直接領地,同時在官拜飛驒守後,便負責與中央大勢力及將軍幕府間進行外交聯絡工作。由此足見宇山氏在尼子家中的重要地位已達到共存共榮的情形。 在嚴島會戰後併吞了往日大內家大部份領地的安藝毛利家成為了尼子家新的敵手,而毛利家本身也在鯨吞下備後、周防、長門等國後躍躍欲試地想將兵鋒指向尼子家所掌握的出雲。 在毛利軍遠征出雲之際,元就先寢返了三刀屋氏,然後便對作為月山富田城前方防線的衛星城白鹿城出兵,當時久兼就是白鹿城的守將,他眼見白鹿城內僅有兵二千,城中亦缺乏兵糧,因此在陷入被一萬毛利軍包圍攻打的困境後火速向尼子本家請求援軍。當主尼子義久也緊急地派遣了其弟尼子倫久為總大將以及大將龜井秀綱、近習山中鹿之介和立原久綱等統率一萬援軍增援白鹿城。 但是在軍議評定中自認久經戰陣的久兼否決了小將山中鹿之介以他們這些近習為先鋒軍,衝入敵陣攪亂攻擊,再由主力部隊與城兵進行前後夾擊的戰術,自以為是地於上報尼子倫久之後,在龜井秀綱的援軍尚未到來前,便獨自開城應擊,最後在元就靈活的戰術下,由小早川隆景、吉川元春巧妙反構成左右夾擊的態勢而一敗塗地,結果是靠著擔任殿軍的山中鹿之介奮勇作戰,久兼才得以保全自身回到月山富田城。 在白鹿城落城,尼子家遲暮之色已再難遮掩,永祿八年(1565年)時毛利元就對富田本城發動包圍攻擊,元就分別從小森口、菅谷口、鹽谷口三方進攻,雖然因為月山富田城之堅與尼子軍背水一戰的勇猛而一度受挫,但仍然讓月山富田城陷入了籠城的危機,與當初天文九年(1540年)尼子軍圍攻毛利本據地吉田郡山城時的榮光相比,同樣的籠城戰受困的卻變成己方。蒼涼,想必難以從久兼心頭揮去。 精通謀略的毛利元就見不能一蹴而就攻下月山富田城,於是改變分針圍而不攻,並宣稱允許城中的士兵投降。月山富田城中的米糧已接近枯竭,逃兵日益增加,久兼有感城的困狀而憂心,取出家中的所有錢財,派人往丹波,若狹等地方蒐購糧食,走仍在山中鹿之介負責保衛下十分穩固的海路,由中海安來浦悄悄運入城中,總算暫時穩定住幾乎離散的軍心。 當時毛利元就也察覺到了月山富田城中的兵糧又日見增多,於是又高舉旗幟宣佈只要是投降的人員,無論士兵或是武將,一律給予優厚待遇。守城士兵又開始大批大批地投向毛利方,連和久兼同格的牛尾幸清、佐世清宗等家老宿將也覺得尼子家前途無亮而相繼棄尼子而去,倒入毛利旗下。月山富田城中僅剩下久兼這一位重臣,他索性將自家的糧食全部分給士兵,準備與毛利家決一死戰。 老謀深算的元就藉機使用離間計,尼子義久的近側大塚與三右衛門向義久進讒:「久兼將城內兵糧私物化,必有降毛利之心。」疑心生暗鬼的義久也知道窮途末路的尼子家已不能鞏固家臣的忠心,於是下令誅殺了久兼父子,結果反而使得月山富田城內人心惶惶,士氣低落,最後城中總共只剩下大約三百名城兵,尼子義久不得已,自縛開城投降了毛利元就,一度輝煌的「十一州太守」尼子氏從此走入歷史。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/topic/56804995
武田信実 Takeda Nobuzane(1524年-1555年) 天文9年(1540年)6月に安芸武田氏当主武田光和が急死すると、安芸分郡守護である若狭武田氏から迎えられ、その養子として安芸武田氏の当主となる。羽賀寺(福井県小浜市)に残る『羽賀寺年中行事』によると、光和の死後に出雲の使者が若狭に来て信実の安芸武田氏の継承を要請した旨が記されており、安芸武田氏には少なからず尼子氏の影響があったと考えられている。 光和の跡を継いで第9代安芸武田氏当主となったものの、重臣間では周防の大名大内氏との講和についての意見対立が起きており、ついには品川一党が香川氏の居城八木城を攻撃する内紛が生じた。しかし、安芸平賀氏・熊谷氏らが香川氏に援軍を出すとの報に接した品川一党は退却。大混乱をきたした武田氏家臣は佐東銀山城を捨てて逃亡。事態の急変に対して何の手を打つことができなかった信実も、佐東銀山城を捨て、出雲に逃亡した。 同年9月、尼子詮久が毛利元就討伐のため安芸に出陣。晴久に安芸武田氏復興の援助を求めた信実は、兵2,000を率いる牛尾幸清と共に、佐東銀山城に帰城する。しかし、尼子詮久の郡山城攻略は遅々として進まず、11月には、信実も毛利軍の国司元相勢と戦うが敗北している。翌年(1541年)、陶隆房率いる大内氏の援軍と毛利方の反撃により、詮久は無残な退却を強いられることとなる(吉田郡山城の戦い)。 尼子氏の敗北により、再び佐東銀山城が孤立すると、信実はまたもや城を捨てて牛尾幸清と共に出雲へ逃亡し、安芸国に戻ることはなく、城兵の多くも逃亡した。信実は弘治元年10月6日(1555年10月21日)に出雲で逝去した。 その一方、佐東銀山城には安芸武田氏の一族の武田信重が300余の兵と共に籠城していたが、元就の攻撃によりついに落城(佐東銀山城の戦い)。これにより、安芸武田氏は終焉を迎えることとなる。 なお、光和の庶子であったために生き残った武田小三郎(後の武田宗慶)は毛利氏に従っている。佐東銀山城に戻ることはなかったが、毛利氏の周防移封に伴って、周防武田氏と名乗るようになった。また、後代には、安芸武田氏の血を受け継ぐ(武田信重の子、もしくは武田元繁の女婿伴繁清の息子とも)安国寺恵瓊が毛利氏の外交僧として活躍している。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%AE%9F
熊谷信直 Kumagai Nobunao(1507年-1593年) 平安時代末期に平氏との戦いで活躍した熊谷直実の直系の子孫である。安芸国の国人領主であり、安芸の守護を務めていた安芸武田氏家臣となっていた。 父の元直は武田元繁に従い、永正14年(1517年)に毛利元就率いる吉川・毛利連合軍と戦い、有田中井手の戦いで討死している。この一件もあり、この頃は毛利氏と敵対関係であった。大永4年(1524年)に周防・長門の大名・大内義興が安芸に侵攻し、安芸武田氏の居城・佐東銀山城を包囲した。大内軍の一部が三入庄まで進出したため、八木城主香川吉景らの支援を得て、大内軍を打ち破った。同年7月には、父の仇であった毛利元就の指揮下に入り、香川光景・三須房清らと大内包囲軍に奇襲をかけ、散々に打ち破った。仇であった元就の戦いぶりを間近に見た信直は、元就に対する認識を変え、毛利氏との和解へと繋がった。 大永7年(1527年)に同じ安芸武田家臣の船山城主・山中成祐が信直を暗殺しようとして失敗。3年後にこの仇を討ち、弟の直続、家臣の岸添直清、末田直道らと謀って山中成祐兄弟を討ち取った。 天文2年(1533年)に所領の問題と武田光和夫人であった妹への待遇への不満、大内氏・毛利氏・熊谷氏の密約が漏れたこと、信直が武田氏の所領を横領したことなどで武田氏と対立。ついには自身の居城である三入高松城が攻撃を受けた。兵力は1000余で、それを二手に分け、三入高松城を攻撃するのは総大将武田光和以下、品川信定他200、もう一軍の総大将は武田一門の伴繁清、それに従うのは香川光景、己斐直之、熊谷一族の山田重任、温科家行、飯田義武、板垣繁任などのそうそうたる顔ぶれであった。それに対して熊谷勢は信直を総大将とし、弟の直続、末田直忠・直久兄弟、岸添清直、水落直政らがこれに従った。 三入庄に侵攻した伴繁清率いる武田軍は三入横川表に進出し、防備を固めていた熊谷信直配下300と激突した。この横川表の戦いにおいて少数の熊谷勢は奮戦して、総大将の伴繁清を負傷させた。また三入高松城へ侵攻した本隊も多くの死傷者を出し、撤退を余儀なくされた。これを横川表の戦いと言う。 この合戦を期に毛利氏との連携を強め、その指示へ従うようになった。 天文9年(1540年)、出雲の戦国大名・尼子詮久(後の尼子晴久)が安芸に侵攻。毛利元就の居城・吉田郡山城へと攻め寄せた。また牛尾幸清が兵2000を率いて佐東銀山城に入り、周辺をうかがった。籠城しながらも、毛利元就は神出鬼没の戦いぶりで尼子軍を翻弄し、大内氏の援軍として陶隆房が兵10000を率いて来ると、翌10年(1541年)に尼子詮久は撤退した。信直は三入高松城を守っていたが、佐東銀山城内の牛尾幸清が撤退するに及び、八木城主香川光景と追撃をかけるが、間に合わなかった(吉田郡山城の戦い)。 同年5月には元就の命に従い、宍戸隆家、香川光景らと旧主・安芸武田氏を攻撃。佐東銀山城を包囲してついに落城させ、安芸武田氏当主・武田信実は出雲に逃亡した。これにより、鎌倉時代より続いた安芸武田氏は終焉を迎えた。 天文11年(1542年)、大内義隆は勢力の衰えた尼子氏を討つべく山口を出陣。途中、三入庄の観音寺に宿泊して、出雲へ侵攻した。赤穴城の戦いで熊谷勢は苦境に立たされ、信直の弟直続が討死した。その後、月山富田城を包囲攻撃するも、吉川興経らの寝返りもあり、結局月山富田城攻略に失敗。熊谷勢も無残な退却戦となり、香川光景らと共に退却していたが、出雲鳶ノ巣川で一揆衆の襲撃を受け、乱戦の後に死地を脱した(月山富田城の戦い)。 天文16年(1547年)には娘の芳桂(新庄局)を毛利元就の次男・吉川元春に嫁がせ、毛利氏との関係を強化し、一門衆として扱われるようになった。 天文17年(1548年)8月、信直は元就と共に山口の大内義隆を訪問。翌年の3月まで山口に滞在した。そして天文19年(1550年)9月、元就の命を受け、月山富田城の戦いで煮え湯を飲まされた幽閉中の吉川興経を天野隆重と急襲して殺害した。興経の首は信直家臣の末田直共が取った。 天文20年(1551年)、大寧寺の変で大内義隆が家臣であった陶隆房の謀反により横死した。毛利氏は徐々に独立を志向し、陶氏率いる大内氏に従属を続けながらも、安芸国内の統一を目指した。翌21年(1552年)は5月に備後で尼子氏と対陣。7月には祝貞近を攻撃。9月には義隆の残党が立て籠もる安芸槌山城を攻略、平賀隆保らを討ち取った。また翌22年(1553年)には、鶴首城主・三村家親を支援した吉川元春に従い、備中猿掛城主・庄為資を攻撃して降伏させた。 天文23年(1554年)、折敷畑の戦いでも吉川軍主力として奮戦。陶軍を掃討し、宮川房長を自刃に追い込んだ。同年6月、陶軍の残党を打ち破り、廿日市周辺を征圧した。同年9月に、毛利軍は信直の婿であった野間隆実が籠もる矢野城を攻撃した。野間隆実の妻は信直の長女であったため、隆実は信直を通じて降伏したが、三入庄に移送されて暗殺された。基本的に降伏した者を赦す元就であったが、陶氏との決戦を目の前にしてやむを得ず緊急措置に至った。 天文24年(弘治元年、1555年)、陶晴賢(隆房より改名)率いる大内軍20000が厳島に上陸。毛利軍の拠点で、己斐直之が籠もる島内の宮尾城を包囲攻撃した。信直は4人の息子高直、直清、広真、三須隆経らと兵を率いて、落城寸前となった宮尾城への援軍として入城した。旧暦10月1日に毛利元就率いる本隊が奇襲をかけた際に、城から撃って出て陶軍を撃破、晴賢を討ち取った(厳島の戦い)。 同年の防長経略にも参戦、岩国へ進出して杉隆泰の鞍掛山城を攻略した。翌弘治2年(1556年)から3年(1557年)にかけて山口を制圧。逃亡した大内義長を追って長門勝山城を包囲し、内藤隆世は自刃。降伏した義長も最終的には自刃して果てた。 永禄元年(1558年)には石見出羽に進出して小笠原長雄を破り、福屋隆兼も打ち破った。12月には中村康之と石見最大の国人であった益田藤兼を降伏させた。これらの功もあり、13代将軍足利義輝は永禄3年(1560年)、信直を伊豆守に叙任した。翌年には毛利氏に降伏していた本城常光を暗殺。この時、信直も軽症を負った。 永禄5年(1562年)10月、元就率いる出雲遠征軍の一員として、出雲白鹿城を攻撃。城主・松田誠保は必死の防戦に努めたが、白鹿城は落城し、毛利軍は攻略に成功した。同年冬には出雲洗骸に陣を築いて月山富田城攻略の拠点とし、熊谷父子もそこに滞在して次の戦いに備えた。何度かの攻城戦の結果、元就は攻城の無理を悟り、長期攻囲作戦に切り替えた。そのため月山富田城内の兵糧は底をつき、徐々に逃亡兵が出るようになった。 永禄9年(1566年)11月、尼子義久・倫久・秀久兄弟は降伏し、大名としての尼子氏は滅亡した。 永禄11年(1568年)、吉川元春に従い熊谷親子は北九州に進出。博多を望む要衝・筑前立花山城を包囲攻撃し、援軍に現れた大友軍と激突した。立花山城は落城し、毛利氏の手中に収まったが、大内輝弘らが周防に乱入したため、立花山城を放棄して輝弘を討った(大内輝弘の乱)。 信直は元春と共に、中国地方各地を常に吉川軍の主力として転戦。最終的には国衆最高の16000石を得た。しかし天正7年(1579年)に嫡男の高直が病死、嫡孫の元直を補佐し、文禄2年(1593年)に病死した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E7%9B%B4
牛尾幸清 Ushio Yoshikiyo(生沒年不詳) 幸清是侍奉尼子經久、晴久、義久三代的重臣,和宇山久兼、佐世清宗二人並列,形成尼子家臣團的最上層建築。據《尼子分限帳》中記載,幸清作為御家老眾領有備前國十萬石的領地。 牛尾氏是大原郡牛尾庄地頭中澤氏的末裔,是領有稱為尼子十旗之一的牛尾城(又稱三笠城)周邊領土的國人領主。應仁、文明之亂以後,追隨守護京極氏。 文明十六年(1484年),與三刀屋氏、三澤氏等一些國人領主舉著為守護京極氏討伐尼子氏的旗幟,發動對月山富田城的攻擊,將尼子清貞、尼子經久父子驅逐出月山富田城。但是,尼子經久僅僅在短暫的三年之後,就將月山富田城奪回來,繼而奪得對整個出雲國的統治權。在經久統治的初期階段,牛尾氏便歸順尼子氏,成為被官。 永正十年(1513年),牛尾幸清追隨尼子經久上洛,參與船岡山合戰,之後又隨經久轉戰各地。天文九年(1540年),幸清參與尼子晴久的遠征安芸行動,擔任安芸武田氏的援護部隊。這次戰敗後,經久去世,幸清成為晴久的嫡系家臣。 此後主要活躍在石見方面,永祿元年(1558年)五月,參與尼子晴久的小笠原長雄救援軍,永祿三年(1560年)七月,參與晴久的本城常光救援軍。 到尼子義久為當主時,毛利氏對尼子氏的攻勢不斷加強,永祿五年(1562年)七月三日,毛利元就率軍一萬五千,開始出雲征伐。永祿六年(1563年),白鹿城淪陷,城守將松田誠保逃往隱岐,前往救援的長子.牛尾久信戰敗,在毛利軍的規勸下放棄自殺,返回月山富田城。 永祿八年(1565年)四月,毛利軍對月山富田城的總攻開始,由於月山富田城是出名的易守難攻,所以毛利元就決定使用圍困戰術,以耗盡城內的糧食。月山富田城被包圍數月後,城內的軍糧消耗殆盡,尼子軍將士的戰斗意志不斷喪失,陸續有武將出城投降毛利氏。 最終,幸清在長子久信的勸說下,歸降毛利家,之後消息不詳。 出處 http://baike.baidu.com/view/14889768.htm
香川光景 Kagawa Mitsukage(生年不詳-1605年) 香川元景の嫡男として生まれる。当時の主家・安芸武田氏は、当主の夭折や討死などにより、勢力が衰え、存亡の危機を迎えていた。その中で同じ安芸武田家臣であった熊谷信直が離反し、毛利側に転じた。1531年(享禄4年)、安芸武田氏当主・武田光和は香川光景や己斐氏等に命じて、熊谷信直を討つべく三入高松城攻略に向かった。しかし、熊谷信直・熊谷直続兄弟は寡兵ながらも安芸武田方を打ち破った(横川表の戦い)。 武田光和が病死すると、安芸武田家中では、その後継を巡っての争いが起きた。香川光景は若狭武田氏から養子を迎えて、大内氏・毛利と和平して、戦力を立て直すべきだと主張した。しかし品川左京亮らは、主戦論を主張して、家中には大きな亀裂が起きた。結局、新たな安芸武田氏当主には、若狭武田氏より武田信実が迎えられたが、重臣間の軋轢は一層強まり、不穏な空気が流れ始めた。 その最中、ついに品川左京亮らは決起し、香川光景の居城・八木城を攻撃した。光景は熊谷氏らの支援を得て、品川勢を撃退したが、安芸武田氏の崩壊は明らかで、当主の武田信実も佐東銀山城から逃亡し、家臣らも相次いで逃亡した。品川一族はこの際に逃亡し、一部は石見国の益田氏に仕えて、子孫に山中幸盛との一騎打ちで有名な品川将員を出した。 1540年(天文9年)に、出雲国の戦国大名・尼子詮久(後の尼子晴久)が毛利元就の居城・吉田郡山城へ侵攻すると、信実は尼子氏の支援を得て、牛尾幸清らとともに佐東銀山城に復帰した。しかし、吉田郡山城の戦いで尼子氏が撤退を余儀なくされると、信実と牛尾幸清は出雲国へ逃亡した。佐東銀山城にはまだ安芸武田氏の兵士が籠っていたが、毛利元就が佐東川対岸より火の点いた草鞋を流して陽動作戦を行い、後方より奇襲して攻略した。また残存の諸勢力は光景が投降を呼びかけ、抵抗する者は皆無となり、安芸武田氏は滅んだ。 香川光景は熊谷氏らとともに毛利氏に従っていたが、1551年(天文20年)の大寧寺の変により、大内義隆が殺害されると安芸国内も不穏な状況となった。1555年(弘治元年)に毛利元就は大内義長傀儡政権を牛耳る陶晴賢との決別を宣言し、厳島の戦いの前哨戦が始まる。まず、大内方の佐東銀山城を攻略し、光景は広島湾に浮かぶ仁保島(現在の黄金山)にある仁保島城に入り、守将となった。陶方は三浦房清を大将として仁保島城の攻略を図ったが、光景は陶勢を撃退した(仁保島合戦)。厳島の戦い本戦では、水軍を率いて参戦し、陶勢壊滅の一翼を担った。 毛利氏は大内領の周防国・長門国を併呑し、その後に北の尼子氏との対決が始まると、1564年(永禄7年)には三村家親とともに伯耆国の不動ガ嶽城を攻撃して、救援の尼子軍を撃退した後に攻略した。翌年には八橋城攻略戦にも参加して、同城を攻略した。また同年には尼子氏が降伏し、光景の山陰での活動は終わった。 1569年(永禄12年)、尼子勝久・山中幸盛率いる尼子再興軍は、出雲国・伯耆国の旧尼子勢力を結集して、出雲国へ侵入し、月山富田城を包囲した。それに注目した美作三浦氏の残党は尼子再興軍と、備前国の戦国大名・宇喜多直家と手を結び、連合軍を成して美作国に侵入した。毛利氏は援軍として香川光景を派遣。光景は子の香川広景、香川春継、一族の香川勝雄らを従えて城将・安達信泰の守る高田城に入城、連合軍は光景らの守る高田城への攻撃を開始した。 高田城内には尼子の降将が多数おり、内応者が続出して光景らは苦境に立たされた。香川勝雄はその混乱に乗じて攻撃を加えてきた尼子・三浦連合軍と、その支援に来た宇喜多春家率いる宇喜多勢と戦って討死した。香川光景や香川勝雄らの奮戦によって、高田城は落城を免れた。その後、光景は高田城を放棄して退却し、三浦貞広が高田城に入った。 その後、光景は家督を嫡男の広景に譲って隠居した。1605年(慶長10年)没。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E5%85%89%E6%99%AF

Send this to a friend