首頁 Tags 池田知正

Tag: 池田知正

三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
五十位人物:大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新齋、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑒速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光....
五百位人物:有馬直純、明智秀満、鵜殿長照、赤尾清綱、増田長盛、鵜殿氏長、脇坂安治、長束正家、岡部正綱、岡部長盛、奥平貞能、葛山氏元、蒲生賢秀、蒲生秀行、京極高吉、松平広忠、籾井教業、三好義興、青山忠成、石川家成、石川康長、畠山昭高、薄田兼相、大野治長、板倉勝重、筒井定次、伊奈忠次、鈴木重朝、榊原康勝、酒井忠勝、内藤清成、牧野康成、山口重政、尼子誠久、斯波義銀、毛利長秀、津川義冬、立原久綱、織田広信、織田信秀、織田信澄、織田信包、河尻秀隆、河尻秀長、柴田勝豊、丹羽長重、宇喜多詮家、平岡頼勝、松野重元、原田直政、三村元親、前田利長、前田利政、蜂屋頼隆、古田重然、小早川秀包、森忠政、生駒親正、柴田勝政、佐久間安政、前野長康、小野木重次、桑山重晴、仙石秀久、三好長治、徳永寿昌、戸田勝成、百々安信、中村一氏、原長頼、平塚為広、堀尾吉晴、溝口秀勝、徳山則秀、毛受勝照、土岐頼次、氏家行広、日根野弘就
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、羽柴秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、津軽為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、羽柴秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路頼綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、分部光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、、
和田惟政 Wada Koremasa(1536年-1571年) 和田惟助的長子、妻為高山友照之女;別名彈正忠、紀伊入道,「攝津三守護」之一。 永祿八年(1565年),將軍足利義輝被家臣松永久秀等暗殺,惟政將出家被軟禁的義輝弟.覺慶(足利義昭)和仁木義政一起從一乘院救了出來,暫時躲藏在自己的宅邸,之後跟隨流浪的義昭。在越前國的朝倉義景、尾張國的織田信長的援助下,還俗的義昭就任第15代將軍,就從信長處獲得了攝津國芥川山城,之後又被給予高槻城,惟政和池田勝正、伊丹親興共同被足利義昭任命為攝津國的守護,三人被稱作「攝津三守護」。 之後惟政在作為足利幕臣大力參與京都周邊外交與政治的同時,作為織田氏家臣也參與信長的政治及會戰,擔任義昭和信長之間的橋樑的職務。特別是永祿十二年(1569年)10月,惟政作為向信長請求援軍的播磨國赤松氏的援軍,參加了攻擊備前國浦上氏的戰役。 在那之後,惟政在因事前往美濃國的信長處的途中,收到信長傳來的蟄居的命令。據路易斯.弗洛伊斯(Luís Fróis)稱惟政受到的是「不允許接見」、「破壞近江國內惟政所擁有的城市」「沒收收入中的2萬Cruzado(葡萄牙幣)」這類嚴厲的處罰。雖然弗洛伊斯的記錄認為這是朝山日乘向信長誣陷惟政的結果,但可以推測出同時期信長和足利義昭的關係惡化才是最大的原因。惟政對此剃髮抗議。 元龜元年(1570年)惟政在京城謁見正要攻擊越前的信長後,信長恢復了他的地位。據弗洛伊斯稱有增加3萬Cruzado的俸祿。同年6月,作為織田氏一方參加了姊川之戰。11月,面對變成多方敵對勢力的形勢,信長利用將軍義昭的權威與六角氏和解,惟政曾與在六角氏下同樣作為甲賀當地國人眾的三雲成持.三雲定持之間有密切聯繫,在這次與六角氏的和解中扮演重要角色。 元龜二年(1571年)白井河原之戰中和伊丹氏、茨木氏討伐與松永等三好三人眾聯盟的池田知正,惟政誤計了敵人的數量,下令突進,未曾料到正好被埋伏在山麓的池田氏家臣荒木村重包圍戰死,時年42歲。 後話 惟政死後不久,兒子惟長一直存有為亡父報仇的念頭。元龜四年(1573年)三月,惟長殺了親荒木派叔父和田惟增。兔死狐悲,與惟增同為親荒木派的家老高山右近重友深覺危險,立刻通報村重,村重指使高山右近在城發動叛亂,同時自己也出兵高槻呼應。右近與惟長在城中互鬥,雙方都負了傷,結果荒木一黨和高山右近佔據了高槻城,惟長逃亡伏見,不久死去,和田氏走向沒落。 惟政在自己的領地上熱心地保護基督教的事在弗洛伊斯著的『日本史』上有詳細的記載。惟政除了在弗洛伊斯會見織田信長的時候擔任中間人,還為了不讓武士去教會住宿積極地做武士的思想工作,在皇宮發出伴天連(基督教)驅逐令的綸旨後想使其撤回,硬要讓傳教士坐自己的上座等對基督教非常熱忱。還很積極地協助畿內的基督教傳教。但是,因為惟政自身在接受洗禮之前就​​戰死了,對於他的死弗洛伊斯很是哀嘆。再者,有惟政在遇到基督教之前屬於禪宗的說法。 出處#1 http://baike.baidu.com/view/898047.htm 出處#2 http://baike.baidu.com/view/1056949.htm
池田勝正 Ikeda Katsumasa(1530年/1539年-1578年) 永禄6年(1563年)、前当主の池田長正の死去によって摂津池田家惣領として家督を継ぐ(長正の子ではなかったが、文武に秀でていたため池田家当主となる。また一説には長正の嫡男ともいわれ、知正らは脇腹の弟であるとも言われる)。この頃の池田氏は三好氏の盟友であったが、翌年の三好長慶の死去によって三好氏が弱体化すると、勝正は三好三人衆と組み松永久秀と戦った(東大寺大仏殿の戦い)。 永禄11年(1568年)に織田信長が足利義昭を擁して上洛してくると、三人衆が逃亡し久秀や摂津の他の豪族が降伏していく中で抵抗したが、信長の圧倒的な軍事力の前に降服せざるを得なかった。しかし信長は能力を認め、抵抗に対するお咎めをしないどころか加増の上で領地安堵(「織田武鑑」によると6万石)となった。信長はこの時、摂津の有力豪族である池田氏などを臣下に置いて摂津支配の安定を図ろうと考え、勝正・伊丹親興・和田惟政の3名に摂津支配を任せたため、勝正らは「摂津三守護」と称された。なお、勝正は室町幕府(信長の働きかけがあったとも言われている)から摂津守護に任じられ、伊丹親興・和田惟政を配下とし摂津を治めた。 永禄12年(1569年)、三人衆による本圀寺の変では手勢を率い救援に駆けつけ、桂川にて細川藤孝や三好義継と共に三人衆と戦い、敵陣に一騎駆けにて切り込み勝利に貢献する功を挙げる。その後、信長の但馬・播磨の平定と浦上宗景征討に協力し、元亀元年(1570年)の金ヶ崎の戦いでは明智光秀や木下秀吉らを率いて殿軍をつとめ、信長を無事に逃がす功を挙げた。 しかし、同年6月に家臣の荒木村重(池田長正の娘を娶っていたため一族衆)と一族の池田知正(長正の嫡男)が三人衆の調略を受け三好家に寝返り、勝正は池田城から追放された。『言継卿記』『細川両家記』によれば、勝正は同族と不和になり、同年6月19日、池田豊後守・池田周防守を殺した上で自ら大坂に出奔し、残された家中の者たちが三人衆に通じた。直後の26日に、勝正は三好義継に伴われて上洛し、足利義昭に拝謁したという。 その後、三人衆についた村重らの押さえとして信長より原田城主に任じられ細川藤孝らと共に各地を転戦したが、村重が信長家臣になると池田に戻り隠居した(諸国を旅し、九州へ渡ったとも言われている)。『永禄以来年代記』には、天正2年(1574年)4月2日に、「池田カツマサ」が本願寺に加担した旨の記述がある。『池田氏家譜集成』所収の系図によれば没年は天正6年(1578年)であるという。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%8B%9D%E6%AD%A3
池田知正 Ikeda Tomomasa(1555年-1604年) 父・長正の死後、家督は池田勝正が継いだが、元亀元年(1570年)、知正は三好三人衆と通じて織田信長を裏切り、池田家家臣の荒木村重と共に内紛を起こし当主であった勝正を追放し、家督を相続し摂津池田城主となり、元亀2年(1571年)には和田惟政を敗死させた(白井河原の戦い)。 以後、摂津国の領主として一時威を奮うが、天正元年(1573年)頃から15代将軍足利義昭と信長の仲が険悪となると、知正は細川藤孝の説得を振り切って義昭方に属したために没落。池田家は織田氏に寝返った荒木村重に乗っ取られ知正は摂津国を追放されるが、後に信長に降伏し村重の家臣となる(下克上)。 天正6年(1578年)10月、三木合戦で羽柴秀吉軍に加わっていた村重は有岡城(伊丹城)にて突如、信長に対して反旗を翻した(有岡城の戦い)。その後村重は有岡城に篭城し、織田軍に対して1年の間徹底抗戦したが、側近の中川清秀と高山右近が信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となった。それでも村重は「兵を出して合戦をして、その間に退却しよう。これがうまくいかなければ尼崎城と花隈城とを明け渡して助命を請おう」と言っていたが、天正7年(1579年)9月2日、単身で有岡城を脱出して尼崎城へ移ってしまった。 11月19日、信長は「尼崎城と花隈城を明け渡せば、おのおのの妻子を助ける」という約束(講和)を荒木久左衛門(池田知正)ら荒木の家臣たちと取り交わし、尼崎へ逃れた村重に代わって有岡城の城守をしていた久左衛門は開城を決意、津田信澄(信長の甥)が接収部隊を率いて本丸に入城した。ここに有岡城の戦いの戦闘は終結することになる。 前述の講和条件を受け、久左衛門らは織田方への人質として妻子を有岡城に残し、尼崎城の村重を説得に行ったが、村重は受け入れず、有岡城に引き返しづらくなり窮した久左衛門らは妻子を見捨てて出奔してしまった(久左衛門は淡路へ逃れたという)。信長は村重や久左衛門らへの見せしめの為、人質の処刑を命じた。 12月13日、有岡城の女房衆122人が尼崎近くの七松において鉄砲や長刀で殺された。 淡路へ逃れて以後の消息は分かっていないが、池田知正が歴史上に再登場するのは信長が1582年の本能寺の変で亡くなった後のことであり、信長の後継者となった羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)に仕えて摂津豊島郡2700石を与えられ、小牧・長久手の戦いや九州征伐に従軍した。秀吉の死後は徳川家康に仕え、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは小山評定より従い、戦後に5000石に加増された。 慶長9年(1604年)に死去。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E7%9F%A5%E6%AD%A3
荒木村重 Araki Murashige(1535年-1586年) 荒木義村的長子、妻為池田長正之女、北河原三河守之女、だし;幼名十二郎、號「道薰」、罵名「道糞」。 村重最初為攝津三守護之一池田勝政的家臣,迎娶池田長正女兒。後來池田知正(池田長正之子)受到三好三人眾的影響下發動叛變,村重乘機控制池田家。 元龜四年(1573年)隨三好氏衰落,信長上洛之後,經細川藤孝介紹,成為信長屬下,作為信長攝津攻略的主將,數年間消滅池田、和田、伊丹三守護的勢力,成為攝津國主。 元龜元年(1570年)開始,信長與攝津石山本願寺一向宗勢力進行了十年的石山戰爭,村重作為最前線的大將參戰。 天正六年(1578年)正月,織田信長在安土城舉辦茶會時,家中重臣只有12人有資格參加,村重列名其中,與秀吉、光秀等同列。在織田政權中與細川藤孝、明智光秀並稱為三大文化人,可謂文武雙全。 同年,經過多年廝殺,頑強的一向宗徒令信長大感頭疼,於是采取封鎖本願寺的饑餓戰術,終於迫使一向宗和談,村重代表信長與本願寺進行談判,但和談失敗,被信長降級至羽柴秀吉麾下,而村重看到一向宗徒餓殍遍地的慘狀,於情不忍,就贈送100石左右的大米,結果傳到信長那裡,被懷疑有通敵行為,從此遭到疏遠,而村重對於信長的殘忍也感到厭惡。同年9月,村重舉起叛旗,秀吉遣黑田孝高做使節,但反遭拘禁,雙方在有岡城交戰,戰事膠著一年,最後因部下中川清秀、高山右近等人變節令戰勢逆轉。 翌年9月2日、村重拋下妻小帶著茶具「小鼓」獨自逃離有岡城前往尼崎城,然後逃往花隈城(花隈城之戰)持續被織田軍狙擊,最終前往毛利氏的領地保命。而村重的36名家臣於五條河原被信長處刑。 天正十年(1582年)6月,發生本能寺之變,信長亡故,村重返回堺居住。接著豐臣秀吉控制京畿一帶,村重以荒木道薰之名進入大阪再次成為茶人,與千利休等人為親交。起初妻子見他逃亡時,嘲諷為「道糞」,而秀吉批准村重尉名為「道薰」。村重擁有銘器「荒木高麗」,作為茶人度過下半生,在許多次茶會的記錄裡都可以看到茶人「道薰」的名字, 天正十四年(1586年)5月4日,在堺逝世,年52歲。 出處#1 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E6%9D%91%E9%87%8D 出處#2 http://baike.baidu.com/view/954501.htm

Send this to a friend