首頁 Tags 森長可

Tag: 森長可

「信長之野望.創造 威力加強版」已發售,將逐漸更新網站內容。 ■ 12月11日 每日武將—德川家康 ■ 12月10日 每日武將—北條氏綱 ■ 12月09日 每日武將—朝倉宗滴 ■ 12月08日 每日武將—三好長慶 ■ 12月07日 每日武將—黑田孝高 ■ 12月06日 每日武將—織田信秀 ■ 12月05日 每日武將—長尾為景 ■ 12月04日 每日武將—陶晴賢 ■ 12月03日 每日武將—上杉景勝 ■ 12月02日 每日武將—瀧川一益 ■ 12月01日 每日武將—武田信虎 ■ 11月30日 每日武將—長野業正 ■ 11月29日 每日武將—大友宗麟 ■ 11月28日 每日武將—島津忠良 ■ 11月27日 每日武將—黑田長政 ■ 11月26日 每日武將—石田三成 ■ 11月25日 每日武將—宇喜多秀家 ■ 11月24日 每日武將—細川忠興 ■ 11月23日 每日武將—長宗我部信親 ■ 11月22日 每日武將—小西行長 ■ 11月21日 每日武將—龍造寺隆信 ■ 11月20日 每日武將—福島正則 ■ 11月19日 每日武將—伊達晴宗 ■ 11月18日 每日武將—後藤基次 ■ 11月17日 每日武將—島津豐久 ■ 11月16日 每日武將—本多正信 ■ 11月15日 每日武將—長宗我部盛親 ■ 11月14日 每日武將—仙石秀久 ■ 11月13日 宣傳影片第2弾、售前每日武將 ■ 11月07日 Fami通雜誌大圖 ■ 11月06日 新要素「會戰編」影片&姬武將、 系統強化調略、Fami通雜誌圖片 ■ 11月02日 ファミ通.com採訪小笠原 ■ 10月30日 新要素「外交編」介紹影片 ■ 10月23日 新要素「軍團編」介紹影片 ■ 10月17日 新要素「内政編」介紹影片 ■ 10月05日 Fami通雜誌圖 ■ 10月04日 4gamer.net 720P圖片分享 ■ 10月02日 官方網、fami通情報彙集 ■ 09月26日 樂天市場預購遊戲內容消息 ■ 09月22日 東京電玩展宣傳影片放出 ■ PC/PS3/PS4平台同時12月11日發售預定。
仁科盛信 Nishina Morinobu(1557年-1582年) 武田信玄的五子、母為油川信守之女.油川夫人、妻有武田信繁之女、武田信廉之女、仁科盛政之女、福知新右衛門之女;通稱五郎、初名武田晴清、繼承仁科氏,改姓名為仁科盛信。 永祿四年(1561年),父親信玄對曾經為上杉謙信的內應的信濃國人眾海野、高坂、仁科諸氏做出嚴厲的懲罰。沿襲當初對諏訪氏的處分方式,由信玄次子,天生就雙目失明的龍芳繼承海野家名,稱海野勝重;由近習春日虎綱繼承高坂家名,稱高坂昌信。 五月,父親信玄攻落信濃安曇森城,命城主仁科盛政切腹。仁科氏作為清和源氏的末流的名門,信玄不忍其家名從此斷絕,因而讓當時年僅五歲的五男繼承仁科氏的家名,改稱仁科盛信。成為森城城主,擁有親族眾百騎兵力。信玄滅絕敵對的勢力,並由自己的血親或者親信繼承家名復興之,逐漸收服長期反抗而且情況錯綜複雜的信濃諸國人眾。 天正元年(1573年),父親信玄在上洛途中病危,四月十二日退至信濃駒場病死,臨終前留下「三年之內密不發喪」的遺言,盛信的兄長武田勝賴獲得武田氏的支配權,但隨即在兩年後的長筱之戰中遭受致命的慘敗。此後到天正七年(1579年),盛信被任命為伊那高遠城主。 武田氏在長筱之戰後雖說仍苟延殘喘了七年時間,但是等織田信長一一擊破「信長包圍網」的敵勢後,終於騰出手來開始對付武田氏。 天正十年(1582年)二月,織田信長編成武田討伐軍,信長本人向木曾地方進軍;嫡子織田信忠向伊那地方進軍;金森長近從飛驒向信濃進擊;德川家康向駿河進軍;曾經的盟友北條氏政也從關東方向發起攻擊,五路大軍總數高達十萬之眾。而處於絕對劣勢的武田勝賴只得采取守勢,在木曾地方委派自己的妹夫木曾義昌,伊那地方委派叔父武田信廉,飯田城委派保科正直,而盛信作為高遠城主,也走到戰爭的最前線。 在形勢優劣一目了然的情況下,勝賴的妹夫木曾義昌率先投向織田一方,反而作為織田方的先鋒對武田領地展開侵攻,這位深受信任的武田一門親族的反叛給予勝賴沉重的打擊。 二月二日勝賴命武田信豐和山縣昌景之子山縣昌滿率兵三千為先鋒,自己為總大將率軍一萬五千自新府城出發討伐木曾。與此同時,下伊那松尾城的小山田信嶺也舉起反旗,飯田城主保科正直、大島城城主武田信廉先後在十四日和十六日不戰棄城。討伐木曾的武田先鋒軍也在木曾、織田聯軍面前吃敗仗。剛剛出陣到諏訪上原城的勝賴聽到這一系列不利的消息後,急忙撤回新府,打算做最後的抵抗。 此時勝賴也曾經發密函給高原城的盛信,讓他棄城到新府與自己合流,而盛信卻拒絕把城池白白地扔給敵人,在此時就已經做好戰死的覺悟。 三月一日,勢如破竹的織田軍兵臨高遠城下,面對四面楚歌的局勢,城主盛信把兒子和妹妹松姬送往八王子城後毅然決定與城共存亡。 高遠城作為武田氏在信濃最後的據點,由城主盛信為總大將,大將小山田備中守、小山田大學(昌辰)、渡邊金太夫照、諏訪勝右衛門夫婦及其以下三千余名將士守備;而進攻的織田方總大將是織田信長的嫡子織田信忠,大將瀧川一益、河尻秀隆、森長可、毛利秀賴及其以下大軍高達五萬三千人。可以說信忠的部隊是織田進攻的主力軍,信長也許也是想借此一戰來鍛煉自己的接班人。不過巧合的是,盛信的妹妹松姬就曾經與信忠有過婚約,在戰國的末世曾經的親戚成為死敵。 織田信忠在包圍高遠城後,曾經以黃金百枚為籌碼試圖誘降盛信,被嚴詞拒絕,派出勸降的外交僧,反而被盛信割掉耳朵趕出城來,信忠因此大怒,下令對高遠城發起最後的總攻擊。 織田軍敲響從開善寺搶來的大鍾作為進攻訊號,發起怒濤般的攻勢,很快就打破木門殺入城內,武田守軍都做好必死的覺悟,紛紛刺死幼子,殺入敵陣之中,連武士的妻子女兒都紛紛拿起武器抗敵。尤其值得一提的是諏訪勝右衛門的妻子諏訪はな,身披鎧甲,手持薙刀一連砍翻五六個敵人,連敵人也都發出「女中豪傑,前所未聞」的感歎。 武田軍的奮戰可謂空前慘烈,以至於逼得地方的總大將織田信忠也親自出陣,重整旗鼓發起攻擊,在十七倍之眾的敵軍的攻擊下,武田軍逐漸不支,三之丸、搦手門、追手門相繼失陷。盛信把最後的兵力集中在二之丸防守,自己和正室百合夫人退往本丸。 在織田信長大軍的進攻之下,武田家治下的城主與將領,不是開城投降就是棄城逃亡,其中卻只有盛信率領高遠城將士勇於抵抗並奮戰至最後一刻,最終切腹自盡,年二十六歲,法號放光院自刃宗知居士。 出處 http://baike.baidu.com/view/705112.htm
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、石川利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、木造雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、長尾景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部政直、南方就正、二階堂盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢沢頼綱、薬丸兼将、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐続光、里見義頼、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顕宗、伊達政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顕村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶広、蠣崎守広、蠣崎盛広、龍造寺家晴、富田氏実、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稲富祐秀、支倉常長、秋山信友、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、渋江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志駄義秀、平林正恒、神保氏張、滝野吉政、蜷川親長、井戸良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豊永勝元、長寿院盛淳、横山喜内、向井正綱、北条早雲、太田道灌、尼子経久、今川氏親、長尾為景、浅井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、本願寺蓮如、宮本武蔵、佐々木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧源太、南光坊天海、森蘭丸、簗田政綱、毛利新助、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林羅山、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田辺勝成、黒沢道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景広、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、関盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直頼、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南条元忠、南条元清、石野氏満、有馬則頼、有馬豊氏、赤松則英、赤松広秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戸元続、福原広俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷義治、大野治房、大野治胤、奥村長福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、吉弘統増、松平家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長頼、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章
出浦盛清 Ideura Morikiyo(1546年-1623年) 真田氏の家臣。主水佐、上総介(守)、対馬守。信濃国埴科郡坂城町出浦の生まれ。実名は出浦昌相(まさすけ)。幸久(ゆきひさ)・頼幸(よりゆき)とも伝わるが誤伝である。清和源氏信濃村上氏の一族である出浦清種の次男とされ、更級郡の上平城主(出浦城主)や、上州岩櫃城代などを務めた。江戸時代後期に松代藩の家老を務めた河原綱徳が記した『本藩名士小伝』の記載に甲州透破(忍者)の棟梁とあり、忍者として知られるが、後述の忍城攻めにおける活躍を「忍」と誤伝された可能性が指摘されている。 村上義清が武田信玄に敗れ、越後に逃れると武田家に臣従し、甲州透破(忍者)を統率した。武田氏滅亡後は織田信長家臣の森長可に属し、本能寺の変の後、長可が海津城から撤退を図った際には、長可配下の信濃国衆たちはほぼ全員が長可を裏切ったが、盛清は撤退に協力した。長可は深く感謝し、別れる際に脇差を与えたという。 その後、天正11年(1583年)から真田昌幸・真田信之に仕え、小県郡武石村に30貫文を領し、吾妻奉行を拝命した。更級郡上平城主を務め、岩櫃城では最後の城代を務めている。横谷左近とともに吾妻忍び衆を統率して活躍。天正18年(1590年)6月、豊臣秀吉の関東平定では真田軍として北条方が守る忍城攻め(忍城の戦い)でも活躍した。 松代藩では忍者の頭領となり、武者奉行にもなった。この頃は出浦対馬守を称している。関ヶ原合戦後は、上州吾妻郡の群馬原町に住み、 元和9年(1623年)に78歳で死去。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E6%B5%A6%E7%9B%9B%E6%B8%85
里見伏、犬塚信乃、犬川荘助、犬山道節、犬飼現八、犬田小文吾、犬江親兵衛、犬坂毛野、犬村大角、卜部季武、碓井貞光、坂田金時、渡辺綱、源頼光、源義経、織田信長、織田信長、豐臣秀吉、德川家康、德川家康、伊達政宗、武田信玄、真田信繁、上杉謙信、毛利元就、黑田孝高、石田三成、後藤基次、長宗我部盛親、明石全登、真田信幸、德川家康、藤堂高虎、立花宗茂、大谷吉繼、黑田孝高
大久保忠世 Okubo Tadayo(1532年-1594年) 大久保忠員的長子,母親為三條西公條之女,妻為近藤幸正之女,通稱新十郎、七郎右衛門。 父親忠員為三河松平家的譜代重臣,天文十八年(1549年),松平家當主松平廣忠被暗殺身死,幼主竹千代被稱霸遠江駿河的今川義元以結盟的名義帶至駿府城當做人質,三河國松平家在實質上受到了義元的支配。 永祿三年(1560年),桶狹間會戰。統率三河、遠江、駿河三國五萬大軍上洛的今川義元在桶狹間被尾張織田信長奇襲戰敗身故,已攻入大高城的松平元康趁機退回故國三河以岡崎城為根據地,脫離今川家獨立並與織田信長締盟,改名德川家康。 永祿六年(1563年),三河一向一揆蜂起叛亂,大久保忠世一族結集與一揆勢力奮戰立下戰功,之後忠世擔任仲介積極調解一揆方的不滿。 元龜三年(1572年),武田信玄發動上洛之戰興兵攻入遠江,面對武田精騎家康不顧由瀧川一益轉達的信長之意「固城堅守」,反而決定奮力一戰以維護身任兩國領主的尊嚴。德川武田兩軍遭遇於三方原,德川軍陷入武田軍的鶴翼陣,德川軍大敗,家康孤身逃跑。為了阻止武田軍進一步擴大戰果,大久保忠世與天野康景帶領洋槍隊發動夜襲,結果竟然使得武田軍一度撤退,令信玄亦十分驚嘆。 天正三年(1575年)五月,武田勝賴出兵包圍長篠城,在家康的請求下織田信長親自出征應援而來,大久保忠世與弟忠佐擔任德川軍的先鋒率領洋槍部隊以三段射擊,大破武田軍左翼山縣昌景三千赤備騎兵 ,大久保忠世在此戰中表現非常活躍,連遠在山上本陣的信長也問家康,「德川勢中標誌是金揚羽 蝶.餅的武將是誰?」,家康答說「是大久保兄弟! 蝶兄(忠世的標誌),餅弟(忠佐的標誌),皆是我臣。」 長篠會戰後昔日的強敵武田家元氣大傷,德川家康自然不會放過這大好時機,立即全面反攻一一收復以前的失地。天正三年(1575年)六月,大久保忠世在二俁城攻略戰中做為主力部隊立下大功,戰後成為二俁城城主。 天正十年(1582年),本能寺之變發生,織田信長橫死,織田軍新佔領的舊武田領甲斐信濃兩國立刻動蕩不安起來,德川家康伺機煽動甲信人民叛亂,織田家將領河尻秀隆因此被叛民所殺,森長可見勢已難挽無奈率軍撤走,甲信兩地頓成空國接連為德川家康所佔。 德川家康平定信濃一國後將其中佐久一郡封給大久保忠世並任命忠世為信州奉行,忠世接管信濃之初曾和相模北條家及領有沼田城的真田昌幸在領地分配發生問題,幸賴忠世手腕高明且處事公正,三方達成協議以無事結尾。 但領地的紛爭並未因此結束,天正十一年(1583年),家康與北條氏直對瓜分武田舊領達成協定:一、上州由北條家分國,甲、信由德川家領取,二、上野沼田城由北條家領取,將北條家的甲州都留郡和信州佐久間郡讓給德川家,三、家康的女兒督姬嫁給北條氏直。此條約對佔有沼田城的真田昌幸十分不利,因此昌幸對此向家康控訴,但是家康只以敷衍塞責的態度回應,昌幸看穿了家康決定犧牲自己的意圖,於是真田昌幸移居上田城整頓軍備以確保防守成功。 翌年春,德川家康在和豐臣秀吉的小牧、長久手一戰取得局部勝利後,邀北條家同時大舉進攻真田昌幸,北條家以北條氏照為總大將,領兵七千五百攻擊沼田城,德川家則派大將大久保忠世、平巖親吉等率兵八千出陣,忠世之弟大久保忠佐率進攻兩千人馬矢澤城,不料先是沼田城的守將矢澤賴綱頂下北條家連續三輪的猛攻,上田城的昌幸則巧借天時,信州白晝陽光明媚,夜裏烏雲密布,暴雨連綿的獨特氣候「峽霎」。派四百兵出陣,於陣前大罵家康,引起素以忠直聞名的德川軍大怒,真田軍且戰且走,昌幸趁機率領兩千兵士由德川軍背後攻擊,身任德川軍主將的大久保忠世身經百戰,一見到真田軍的罵陣便已預料到這一手,因此早留下本陣的三千軍抵擋昌幸的猛攻。 不料,此時昌幸次子真田幸村居然以區區兩百騎兵突出狂攻,副將平巖親吉軍大亂,隨後昌幸長子信幸率一千伏兵由北方殺出,東北方的矢澤三十郎也率五百兵出上田城加入圍攻,大久保忠世只好將軍勢移往千曲川撤退,沒想到由於峽霎前夜大雨的千曲川竟爆發洪水,落入真田昌幸陷阱的忠世被追擊而來的真田軍殺得大敗僅以身免,三個兒子忠生、忠賴、忠廣一一戰死。 天正十七年(1589年),豐臣秀吉在平定四國九州之後要求雄據關東五代的北條家來降,但最後因為真田家領地的問題,北條家攻擊真田昌幸所領的名胡桃城,秀吉一怒之下發起小田原討伐,其時大久保忠世與本多忠勝、井伊直政並列先鋒立下戰功。 戰後論功行賞,德川家康被轉封至關東八州,進入關東平原的德川家康以江戶城為居城,把位於關東關西要衝的舊北條氏居城小田原城賜給忠世,領四萬五千石領地。入城後不久大久保忠世便因病於文祿三年(1594年)九月過世,法名了源院日脫大居士。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/archive/topic/316484
妻木頼忠 Tsumaki Yoritada(1565年—1623年) 妻木貞徳の子で、妻木広忠の孫(寛政重修諸家譜の記述から広忠と貞徳の血縁を否定する説もある)。子に妻木頼利がいる。 天正10年(1582年)本能寺の変の後に起きた山崎の戦いで祖父の広忠が自刃し、織田信長の馬廻であった父の貞徳も美濃国妻木村で隠居したため、頼忠が妻木城を継ぐことになった。その頃森長可が可児郡、加茂郡内の反抗する勢力の掃討を開始。これを平定した森長可は更に土岐郡、恵那郡にも侵略の手を伸ばし、手始めに高山城主平井頼母に使者を送り、城を明け渡すように要求したが、これに応じなかったため自刃に追いこみ、その後肥田氏を入城させた。次に妻木城にも使者を送ったが、頼忠は拒否したので森長可は豊前市之丞を総大将とした兵を妻木城に送った。頼忠は城の兵を集めて奮戦したが、勝てる見込みがなかったので和議にもちこみ、森長可の家臣になった。この時、人質として2人の弟ら妻木一門らが金山城下への移住を強制されている。また、一時的に妻木城代は林為忠となっている。 天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いの際に頼忠は森長可の家臣だったため豊臣秀吉側についた。愛知県春日井市と岐阜県多治見市の境にある内津峠に布陣した。この時、敵と交戦した際に麓にある町や内津神社などが焼失したという。長可戦死後は跡を付いだ森忠政に仕えた。この頃、ある程度信任を得た頼忠は林為忠の高野城代転身に伴い妻木城代に復している。 慶長5年(1600年)の森忠政の信濃国川中島転封には同行せず美濃に残り、変わらず妻木城を領した。その後、徳川家康と通じて度々書状を交わし、上方の情報収集など諜報活動を行った(関ヶ原合戦前後の徳川家康文書も参照)。 同年、関ヶ原の戦いの際には徳川家康側につき、頼忠はこの地域を守るよう命じられ、父である妻木貞徳と共に岩村城主の田丸直昌と戦った。田丸直昌の家臣である田丸主水は妻木城から近い所に砦を築き、諸将の行動を封じ鎮圧しようと試みたが、頼忠は岩崎城主である丹羽氏次らを誘って田丸領の各所に放火して対抗し、高山城の城攻めを図ったが、田丸軍は高山城に火を放ち土岐砦へ退却して立て籠もった。頼忠は田丸軍の退路を完全に遮断するため現在の瑞浪市寺河戸町付近に砦を築いた。このほか、田丸領内である明知城と小里城は岩村城の支城となっていたので城番が居城していたが、元の城主である遠山利景、小里光親は徳川家や頼忠らの支援を受けて、まず明知城と小里城の攻撃を始めてその日に明知城を、翌日に小里城を奪回することに成功し、遠山利景、小里光親は城に戻ることができた。その後、岩村城を攻めようとしたが、攻略難落の城なので苦戦していたが、しばらくすると関ヶ原の戦いが終わり、東軍の勝利によって城主田丸直昌も東軍に降り、岩村城を守備していた田丸主水も遠山利景に城を明け渡した。 その戦功により慶長6年(1601年)に頼忠は徳川家康から改めて土岐郡内7,500石を所領として与えられた。その頃にはこの城はほとんど使用されず、妻木氏は山麓にある居館にいた。 その後、佐和山城や加納城の普請奉行を務める。大坂夏の陣では松平乗寿の隊に属し、戦功を挙げた。元和9年(1623年)、59歳で死去。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%BB%E6%9C%A8%E9%A0%BC%E5%BF%A0
安田國繼 Yasuda Kunitsugu(1556年-1597年) 美濃國安田村出身,幼名岩福?,通稱作兵衛,別名天野源右衛門;明智光秀旗下齋藤利三的家臣,明智三羽烏之一。 天正十年(1582年),在本能寺之變中擔任進軍京都的先鋒,以槍攻擊織田信長,卻刺進欲阻止他的森成利的腹部,於是立下戰功。後在山崎之戰中敗走而成為浪人,改名天野源右衛門。 曾經先後成為羽柴秀勝、羽柴秀長和蒲生氏鄉家臣,不過不久後再次成為浪人,後來森長可(森成利的兄長)欣賞國繼的勇武而納他為家臣。在小牧長久手之戰中沒有與長可同行,長可死後出奔並再次成為浪人。 後來仕於立花宗茂,在九州征伐中屬於立花軍並立下戰功。在文祿之役中向朝鮮出陣,成為豐臣家和立花家之間的使者。還有執筆『立花朝鮮記』。最後仕於寺澤廣高並領有8千石。在晚年改姓平野。 慶長二年(1597年)死去,年四十二歲。死因是臉頰有不明的突出物,因為痛苦萬分而自殺。巧合的是,國繼死時正好與織田信長的死忌同日。墓所在佐賀唐津市的淨泰寺,法名是善要智仙人禪定門。 在『翁草』中,年輕時的國繼和寺澤廣高約定,無論是誰能夠立身出世,都要向對方提供十分之一的俸祿。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%B9%BC
安藤直次 Ando Naotsugu(1555年-1635年) 安藤基能的長子、正室為中根助右衛門之女、繼室為本多信俊之女;幼名千福丸?別名彥兵衛、彥四郎、帶刀,戒名崇賢藤岩院。 年幼時就開始侍奉德川家康,從元龜元年(1570年)的姊川之戰到天正三年(1575年)的長篠之戰皆曾參戰。天正十二年(1584年)的小牧長久手之戰中有出色表現,斬殺池田元助。該役羽柴軍折損森長可、池田恆興等將領,戰後直次也從家康那裡得到弓做為賞賜。 天正十八年(1590年)、德川家康轉封到關東時,也受封1000石的領地。 慶長五年(1600年)關原之戰中,擔任德川家康的使番(傳令、巡視)一職隨軍作戰。慶長八年(1603年)、直次也參加家康被天皇任命為征夷大將軍的儀式。慶長十年(1605年)1月、受封武藏國2300石的領地,並和本多正純、成瀨正成等家康親信共同執掌幕府初期的政務。 慶長十五年(1610年)、德川家康任命直次為德川賴宣的家老(御附家老);之後直次還是參與幕政,並擔任遠江國橫須賀藩主.大須賀忠次的監護人。 從慶長十九年(1614年)開始的大阪之戰,直次代替年幼的德川賴宣率軍參戰;但長男.安藤重能不幸在大阪夏之陣中戰死。元和三年(1617年)、擔任遠江國掛川城主。 元和五年(1619年)7月19日、德川賴宣轉封到紀伊國和歌山城,直次做為紀伊藩附家老也一同轉移,並受封紀伊國田邊城3萬8000石的領地。直次深受賴宣的信任,日後賴宣也曾說「多虧了直次自己才能夠成為大名」。 寬永十二年(1635年)5月13日,逝世。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E7%9B%B4%E6%AC%A1
室賀正武 Muroga Masatake(生年不詳-1584年) 北信濃の国衆である清和源氏村上氏流屋代氏の支流・室賀氏の一族。『寛政重修諸家譜』によると、父は甲斐武田氏に仕えた室賀満正(勝永)で、満正は天正10年(1582年)4月に死去。同書では正武は「真田昌幸がために殺さる」とある。正武の家督相続に際しては、満正に従属する意志を示していた滝沢八兵衛が小県郡の国衆・小泉氏に離間する事件が起きている。なお、兄・屋代秀正と弟・室賀満俊は徳川家康に従い、両家とも江戸時代に大身旗本となっている。 武田氏の滅亡後、小県郡の室賀氏や屋代氏は信濃川中島四郡を与えられた織田家臣・森長可に臣従していたと考えられている。「屋代秀正覚書」によれば、同年4月には、越後国の上杉景勝に属した芋川秀正が芋川一揆を起こし、正武は長可とともにこれを平定している。同年6月には本能寺の変により武田遺領の甲斐・信濃を巡る天正壬午の乱が発生し、武田遺臣の真田昌幸らが相模国の北条氏直に属すなか、正武は別行動を取っていたと考えられている。 信州の小県(現在の上田市)には、"上室賀"、"下室賀"という地名が残っている。ここは、かつて室賀一族が支配した地域で、1万石ほどの勢力があった。 真田昌幸が真田一族の棟梁であった時には、千曲川をはさんで、北側を真田氏、南側を室賀氏が支配していた。 『加沢記』によると、天正11年(1583年)に「室賀殿」が徳川家康によって他の信濃豪族とともに所領の安堵状を受けている。同年、真田昌幸が所領を拡大しようとした際、室賀氏は真っ先に標的になったとされている。正武は守戦で自ら出撃して奮戦したが、間もなく真田氏と和睦した。だが真田氏の麾下に入った事は不本意であったとされ、天正12年(1584年)家臣の鳥井彦右衛門尉を家康の元へ使いに出すと、家康より昌幸を謀殺すべしとの指示を受けたという。間もなく昌幸より居城・上田城に招かれたため、正武は一門の室賀孫右衛門を徳川氏の家臣・鳥居元忠の元へと派遣して援軍を要請した。だが孫右衛門は既に昌幸に内通しており、そのまま上田城に駆けこんで昌幸に事の次第を密告した。孫右衛門はそのまま室賀家へ帰参したため、正武は計略が成功していると見誤り、桑名八之助、相沢五左衛門尉、堀田久兵衛らの家臣を引き連れて上田城を訪れた。正武は書院に通されたが、次の間に控えていた真田家臣・長野舎人と木村渡右衛門に急襲され、その場で斬殺された。正武が連れていた家臣たちも抵抗するが捕えられて、のち真田氏に仕えた。家康を刺激しないように正武の妻子の命は助け、上杉氏に引渡した。また室賀一族は甲斐国や尾張国に落ちて行ったという。なおこの事件は、真田による謀殺ではなく、室賀の逆心の成敗事件として噂が広められていった。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E8%B3%80%E6%AD%A3%E6%AD%A6
新發田重家 Shibata Shigeie(1560年-1601年) 上杉謙信に仕え、川中島の戦い(第4次川中島の戦いで諸角虎定を討ち取ったのは新発田勢とも言われている)や関東出兵などに参加する。謙信の死後に起こった御館の乱では安田顕元の誘いに応じて上杉景勝を支持し、上杉景虎方についた同族の加地秀綱を降し、三条城の神余親綱を討ち、乱に介入した蘆名盛氏・伊達輝宗の兵を退けるなど大いに活躍した。 天正8年(1580年)、兄の死により新発田家に戻って家督を相続し、新発田重家と名乗った。 三条攻略・蘆名撃退など数々の武功を挙げた重家は、新発田勢の活躍に相応する恩賞を期待していた。しかし、重家が貰えるものと思っていた恩賞のほとんどは、景勝子飼いの上田衆の手に渡り、亡くなった兄・長敦の功績は軽んじられ、重家に対する恩賞も新発田家の家督相続保障のみに終わった。重家を景勝陣営に引き入れた顕元は、景勝と重家の和解に奔走したものの効果がなく、重家に謝罪する意味合いで自刃し果てた。 天正9年(1581年)、蘆名盛氏の後を継いだ盛隆と伊達輝宗は、重家が景勝に対して不満を募らせている状況を見て、上杉に対して反乱を起こさせるべく様々な工作を行った。こうして6月16日、重家は一門衆のほか、加地秀綱ら加地衆や、上杉景虎を支持していた豪族を味方に引き入れ新潟津を奪取、同地に新潟城を築城し独立する。景勝は本庄繁長・色部長真(重家の義弟)に重家の抑えを命じたが、年内にはそれ以上の動きはなかった。一方、西側から上杉領攻略を進めていた織田信長の重臣柴田勝家は、この機に乗じて輝宗との連携を緊密にし、ますます上杉への攻勢を強めた。 天正10年(1582年)2月、景勝は重家に対する最初の攻勢を発動したが、あっけなく撃退されてしまった。そこで景勝は蘆名盛隆に背後から重家を襲うよう依頼したが、反乱の仕掛人である盛隆が応じる筈もなく、重臣の津川城主金上盛備に重家を援護させ、赤谷城に小田切盛昭を入れるなどかえって介入を強化した。4月に入り雪解けが本格化すると、景勝は再び重家攻めに着手したが、西からの柴田勝家、南からの森長可・滝川一益らの侵攻に対処するため本庄繁長・色部長真に重家対策を任せることとした。6月2日、本能寺の変で信長が死に、織田軍が撤退したため、とりあえず西方と南方からの脅威は取り除かれたが、景勝自身は織田の旧領をめぐって、休む間もなく信濃で北条氏直と対陣していたので、この時は重家との本格的な戦は無かった。景勝は7月に北条と和睦すると重家攻めに力を入れたものの、兵糧不足に陥り撤兵した。 天正11年(1583年)に入っても状況は変わらず、景勝は4月と8月に出陣したが頑強な抵抗は相変わらずで、8月の出陣の際には、上杉勢は豪雨と湿地帯のせいで大混乱に陥り、間隙を突いた新発田勢に散々に打ち据えられ、危うく景勝を討ち取られそうになった(放生橋の戦い)。この猛反撃で、重家の勢力範囲は一時的にせよ広がる結果となった。一方で景勝は蘆名家中の撹乱を狙い、直江兼続に命じて富田氏実・新国貞通などの盛隆に反抗的な重臣達を調略し、揺さぶりをかけた。 天正12年(1584年)8月、景勝は水原城奪還のため出陣した。上杉勢は重家率いる本隊を水原城下に引き付けて戦い、その間に迂回していた景勝が八幡砦を奪取して水原城を孤立させたため、新発田方は水原城を放棄して退却した(八幡表の戦い)。ところが上杉方は直江兼続の陣が重家の攻勢を受けて崩壊し大損害を蒙っていたため、それ以上兵を進めることが出来なくなり、水原城もほどなくして新発田方の手に戻った。そのため新発田方の意気は揚がり、一時は佐々成政と共に景勝の挟撃を目論むほどであった。 しかし、10月6日に蘆名盛隆が家臣に殺害されたことで、重家を取り巻く状況が暗転し始める。天正13年(1585年)5月、伊達輝宗に家督を譲られた政宗が蘆名と開戦し、秋には上杉に新発田への道を貸すなど、輝宗による越後介入路線を完全に放棄した。さらには10月8日には輝宗が死んだことで、伊達・蘆名両家による重家の支援体制は崩れ、重家は後ろ盾を失った。加えて11月20日に新潟城と沼垂城が藤田信吉の調略によって上杉方の手に落ちると、新発田方は新潟港から塩の津潟を経由して新発田に至る水利権を失い、これにより物資の大量輸送が困難になり、蘆名家との津川経由のルートによって当面の物資を補給せざるをえない状況に追い込まれた。 天正14年(1586年)、景勝は上洛して正式に羽柴秀吉に臣従した。これによって強力な後ろ盾を得た景勝は、新発田攻めに全力を傾けたものの、決着をつけることは出来なかった。しかし、この頃になると新発田方では兵糧が欠乏し、配下の討死や寝返りなどもあって戦力が目に見える形で衰えていった。 天正15年(1587年)夏、秀吉の支援を受けた景勝は1万余の大軍をもって新発田城を遠巻きに取り囲んだ。また、景勝と親交があった青蓮院門跡尊朝法親王が重家に和睦を勧告したが、重家はこれを断固としてはねつけた。周囲の諸城は上杉勢に次々攻略され、金上盛備が赤谷城の救援に向かうも藤田信吉に阻まれて撤退。9月19日、赤谷城が攻略された事により補給路は陸路・水路共に完全に寸断され、新発田城は義弟の五十公野信宗らが籠る五十公野城共々、孤立した。 9月24日、秀吉からの使者が先ず景勝に対し派遣された。「因幡守(重家)城を出て降参すれば赦すべし」との降伏勧告・ただし助命条件であり、景勝は使者を新発田城に送った。使者は重家に対面して勧告内容を伝えたが重家は拒否、景勝は秀吉に早飛脚を送り勧告の結果を報告した。折り返し、秀吉から景勝に対し「来春までには落着すべし」と厳命が下ったことにより、景勝は先ずは五十公野城を総攻撃することになった。 10月13日、藤田信吉らが五十公野城を陥落させ、残る主要な城は新発田城のみとなった。10月25日、景勝勢に厳重に包囲された新発田城内で重家は最期の宴を催し、それが終わるや否や城を打って出た。重家自らが率いる一隊は色部長真の陣に突入し、重家は「親戚のよしみをもって、我が首を与えるぞ。誰かある。首をとれ」と甲冑を脱ぎ捨て真一文字に腹を掻き切って自刃した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%99%BA%E7%94%B0%E9%87%8D%E5%AE%B6
森可成 Mori Yoshinari(1523年-1570年) 森可行的長子,母親為青木秀三之女,正室為林通利之女-妙向尼,又名與三、三左衛門。可隆、長可、成利(蘭丸)、坊丸、力丸、忠政等人的父親。 起初為土岐氏的家臣,土岐氏被齋藤道三滅亡後,於弘治元年(1555年)時改仕織田信長,是信長初期所倚重的重要戰力之一,屢屢參與前線作戰。 弘治元年(1555年)四月,才加入織田家的森可成隨信長出兵攻打尾張清州城的織田氏本家,討取了敵方主將織田彥五郎的首級,立下大功。從此織田氏本家被消滅完全由旁支出身的信長取代。 弘治二年(1556年)八月,信長之弟信行協同家老柴田勝家、林秀貞叛變,信長在稻生原以七百餘人擊破信行軍一千八百餘人,森可成及佐久間大學助、小山田治部左衛門同列此戰的功勳顯著者。後來永祿元年(1558年)時,與織田信長同為尾張守護代織田氏分家的巖倉城織田信清、信賢父子內鬥,在信長的刻意介入下,森可成以信長援軍的身份加入信清方,於浮野之戰中擊敗織田信賢,翌年信長正式巖倉織田氏的信賢消滅兼併。 永祿三年(1560年)五月,森可成參加桶狹間之戰,信長以兩千奇兵一舉突破了今川上洛軍本陣,家督今川義元當場戰死,家中重臣超過九成以上陣亡,從此東海道勢力結構產生巨大的變化。在德川家康宣告自今川家獨立並與織田家結盟後,再無後顧之憂的信長開始對他素來垂涎三尺的美濃進行激烈的攻擊,永祿八年(1565年)時信長將自美濃攻得的金山城交付予可成,森可成成為美濃金山城主負責封鎖稻葉山城東線的任務。 永祿十一年(1568年),信長在已故將軍足利義輝之弟義昭的請求下擁立他上洛即將軍位,同年九月在信長的南近江攻略中,森可成與柴田勝家、阪井政尚、蜂賴隆等織田家宿將聯手攻下近江六角氏數代苦心經營的堡壘觀音寺城,同月轉戰山城勝龍寺城降伏城主巖成友通。 戰後森可成與村井貞勝、丹羽長秀、細川藤孝共同擔任京都所司代次官的職務,永祿十二年(1569年)八月在信長命令下森可成再度帶兵隨軍出征平定北伊勢。元龜元年(1570年)四月信長統軍一鼓作氣攻入越前欲滅亡越前朝倉家時,不料盟國北近江淺井家竟突然發難於織田軍背後與朝倉家遙相呼應,在越前的袋形平原裡前後夾擊織田軍,這對織田軍的任何一員來說都無疑是晴天霹靂 ,在信長的果敢決斷及羽柴秀吉近乎犧牲的自願擔任殿軍,織田軍總算將傷亡縮到最小由越前撤退。 對朝倉、淺井燃起復仇之火的信長迅速再度集結兵力在同年六月出戰,織田德川聯軍與朝倉淺井聯軍在姊川附近發生遭遇戰,最後在德川軍擊退朝倉軍和稻葉良通(稻葉一鐵)奇襲淺井軍的情況下織德聯軍獲勝,但由於敵方大將淺井長政的英勇善戰和磯野原昌反其道進入佐和山城,所以其實朝倉淺井聯軍的損失並不算嚴重,也因此註寫森可成最後悲哀的結局。 姊川之戰後信長發布近江諸將的守備任務,其中柴田勝家駐長光寺城、佐久間信盛駐永原城、中川重政駐目加田城、丹羽長秀駐佐和山城、羽柴秀吉駐橫山城,而森可成則是負責志賀城及宇佐山城,其中宇佐山城就坐落在琵琶湖西畔為京都的主要守備點之一,能扛起這防衛京都第一線關卡重要任務的森可成,足可見他的優秀能力已獲得織田信長的充份信任。 元龜元年(1570年)九月,信長上洛時所擊退的阿波三好家整軍捲土重來由攝津上岸與本願寺的一向宗徒聯合向織田軍宣戰,前往的織田軍和本願寺、三好聯軍苦戰再加上伊勢長島的一向宗徒呼應總寺的命令也前僕後繼地對當地織田軍進行攻擊,使織田軍的主力全被釘死在攝津和伊勢。 這時淺井朝倉的三萬聯合軍也伺機南下進入比叡山,故森可成在同月十八日出陣征討,但因為大部份兵力都已往援攝津戰場,在寡不敵眾下森可成遭到擊退,最後在隔日的混戰中被討死,享年四十八歲,葬在近江阪本采迎寺,法號淨翁。由於長男森可隆已在越前敦賀時陣亡,所以家督一職由次男長可繼承,之後森長可在父親的第一塊封地美濃金山城興建一座寺廟並以父為名,取名可成寺以做供養。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/archive/topic/316188

Send this to a friend