首頁 Tags 朽木宣綱

Tag: 朽木宣綱

京極高吉 Kyogoku Takayoshi(1504年-1581年) 京極高清次子,一說為京極材宗之子,後為京極高清養子。妻淺井久政之女(京極瑪利亞)。子京極高次、京極高知、松之丸殿(武田元明妻、後豐臣秀吉側室)、女(氏家行廣室)、瑪格達萊納(Magdalena,朽木宣綱室)。 高吉深受父親高清的寵愛,與其兄京極高廣(京極高延)爭奪家督,然而敗於受到淺見貞則、淺井亮政等一幹國人達支持的高廣,遭到流放。後高廣也因與淺井亮政對立而被流放,此時京極氏的衰退成為定局。 被流放後的高吉在南近江六角氏支援下與京極高廣、淺井亮政爭鬥。後來和父親高清一起被與京極高廣對立的淺井亮政接回北近江一時重回領主之位,然而所謂領主不過是傀儡,因此再次離開近江。有一段時間作為近臣出仕足利義輝。 永祿三年(1560年)為奪回權力,返回近江再次與六角氏合作對淺井亮政之孫.淺井賢政(淺井長政)用兵,遭到擊敗,在近江殘留的支配權盡失。 永祿八年(1565年)永祿之變中,足利義輝慘遭暗殺,為擁立義輝之弟足利義昭竭盡心力。然而義昭與織田信長對立使得高吉不得不隱居近江,將兒子小法師(京極高次)送往信長處作為人質。小法師元服後起名高次,就此仕於信長。 天正九年(1581年)與妻一同在安土城內在古內奇.索爾蒂.奧爾岡蒂諾(注一)處受洗成為天主教徒,然而數天之後突然死去。因其急死街頭巷尾都流傳他受了佛罰。 注一:Gnecchi-Soldo Organtino 耶穌會傳教士,元龜元年(1570年)來日,負責京都一帶的傳教工作。姓名音譯自日語,可能不準確。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=3#postid-143 日文出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E6%A5%B5%E9%AB%98%E5%90%89
朽木宣綱 Kutsuki Nobutsuna(1582年-1662年) はじめ豊臣氏、次いで徳川氏に仕えた。元和2年(1616年)の徳川家康の太政大臣任官の儀において、配膳役を務める。江戸幕府のもとでは6,470石を領する旗本の一人として仕えた。旗本とはいえ防衛の要地を所領に持ち、近江源氏の名家でもあったので、大名並の待遇である交代寄合に列せられた。 正妻の京極マグダレナは、朽木智綱と京極高通を産んだ後、慶長11年(1606)京都八瀬の館で死去した。朽木宣綱は仏式の葬儀を主張したが、マグダレナの母・京極マリアの説得により、京都の教会にて盛大な切支丹式の葬儀が行われた。この事は後に問題となり、淀殿が徳川家康に苦情を訴える事件となった。 その後、朽木宣綱は、マグダレナの菩提を弔うために秀隣寺(周林院)を建立し、その境内に墓を建てた。秀隣寺の本尊は観音像に似せた聖母マリア像であった。秀隣寺は、享保14年(1729年)に興聖寺 (高島市)の移転によって、上柏村指月谷にうつるが、二度にわたる火災などで移転すること数度、文化10年(1813年)には無住となって廃され、のちに現在の朽木村野尻に再建された。 最初に秀隣寺が建立された地には、享禄元年(1528年)から享禄4年(1531年)にかけて第12第将軍・足利義晴が細川晴元・三好元長に追われ、朽木稙綱を頼って朽木谷に滞在した岩神館があり、管領・細川高国が造営した庭園が現在も残っている。その庭園は、「旧秀隣寺庭園」として登録され、国の名勝となっている。 寛文2年(1662年)5月1日、朽木宣綱は寛文地震に巻き込まれ近江国朽木にて死去した。享年81、法号は崇玄。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%BD%E6%9C%A8%E5%AE%A3%E7%B6%B1

Send this to a friend