首頁 Tags 服部一忠

服部一忠

今川義元 Imagawa Yoshimoto(1519年-1560年) 今川氏親的五子、母為中禦門宣胤之女・壽桂尼、正室為武田信虎之女・定惠院;幼名芳菊丸、法號栴嶽承芳、還俗後初名氏元;後受將軍足利義晴偏偉「義」字,改名為義元,異名「東海一の弓取り」。 義元幼年出家,法號栴嶽承芳,接受重臣太原雪齋(太原崇孚)的教育;天文五年(1536年)在長兄今川氏輝死亡時還俗,在得太原雪齋協助平定「花倉之亂」後得權並繼承家業。 「花倉之亂」為今川氏內部的繼承人之爭,今川氏親生前指定氏輝為繼承人,然而在氏親和氏輝病死後,今川氏的家督之位懸空,所以氏親所剩下的兩個兒子,庶兄玄廣惠探(今川良真)和義元便開始為爭取家督之位而對立。今川家臣太原雪齋倒向義元,義元率領大軍包圍今川良真的居城花倉城,良真戰敗自殺。 義元掌權後,不斷於與北條家、織田家爭權,而且勢力不斷擴大,並且於天文二十三年(1554年)訂立今川家、武田家與北條家的同盟,史稱善德寺三國同盟。義元之女・駿河姬嫁給武田晴信的長子・武田義信為妻,北條氏康之女・早川殿嫁給義元之子・今川氏真。 其後,藉以織田家攻擊松平家,義元先後在小豆阪之戰及安祥城之戰擊敗織田信秀將松平元康(德川家康)納為今川家的人質,巧妙地運用德川家康而掌控松平家,令松平家所領的岡崎城成為義元的領土之一,最終擴至擁有駿河、遠江、三河的領地,成為東海大大名。 義元擔任今川家督後,由於對京都文化有狂熱的崇拜,將京都文化往關東地區流傳視為使命。因此義元刻意仿效並且遵循京都裡華麗的王孫公卿,穿直-衣、戴立烏帽子、塗黑齒、描蟬眉、抹脂粉、召開詩會, 甚至是孌童。義元所刻意興建的臨濟寺,只是為利用駿府在禪宗文化傳播中的地理優勢,來滿足自己對臠童的癖好。也因為義元以京都文化作為包裝行臠童之實的行為影響到駿河人,導致駿河人普遍將相貌尚可以上的男童送入臨濟寺去接受寺廟僧侶的調教與打扮,以求麻雀變鳳凰的可能。 另外義元又為今川氏親的《今川假名目錄-》追加制定,加上重視內政、名主層的組織化、強化對工-商業者的管理、建立交通制度等,並強調主從間的恩給與奉公關係。《今川假名目錄》自此凡五十四條,即《假名目錄追加21條》,是東國大名中最早的分國法,也是戰國家法中最完備-的一部。由於今川氏世代的累積加上義元細心管理,今川氏由最初的駿河22萬石知行領地,到義元時的實力已有七十六萬石,可調集投入戰鬥的兵員更可達二萬六千多人。相較當時尾張織田家的四十三萬石也只能勉強調集出將近一萬五千多人而已。 永祿三年(1560年)5月,義元認為尾張國內的政情混亂,尾張北邊美濃的信長岳父齋藤道三被齋藤義龍奪權所殺,情勢一片大好,因此欲上洛以勤皇為名掌握天下,以動員二萬五千人出兵入侵尾張,對外則號稱四萬人。義元派朝比奈泰朝為先鋒進攻鷲津,命令松平元康(德川家康)攻下丸根城。 由於松平元康進攻丸根城的進展相當順利,18日上午進攻,下午丸根城就淪陷;加上據守丸根城的佐久間大學的腦袋一起被松平元康的軍使送到義元的面前,以致於鬆懈今川軍的鬥志。到5月19日午後,義元誤以為此刻織田信長應該還瑟縮在清洲城(織田氏居城)內不敢出兵,於是大意輕敵,在善照寺砦東南方的桶狹間附近歇息,並且竟在陣地中開擺筵席,大宴將士,因此受到織田信長率眾三千的突襲。 義元遭到織田信長的侍衛服部一忠、毛利新助近身攻擊,儘管義元奮勇力戰,還將毛利新助小指頭咬斷,最後仍被梟首,年42歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%B7%9D%E7%BE%A9%E5%85%83
服部一忠 Hattori Kazutada(生年不詳-1595年) 出生不明,以服部小平太之名較為人所知,又稱春安、忠次,官位從五位下、采女正。 年少起擔任織田信長的侍騎護衛隊(馬迴眾),身穿母衣奔馳在戰場傳達軍令,於永祿三年(1560年)的桶狹間之戰中表現勇敢,協助織田軍擊斃敵方總大將今川義元。 根據『信長公記』記載,信長方二千軍勢藉滂沱大雨,向著只有三百名旗本士兵守護的今川軍本陣正面突襲,其中服部一忠首先發現今川義元,並用手上長槍刺傷義元,立下一番槍功勞,不過遭對方猛烈反抗,結果被砍傷膝蓋,造成右膝負傷,未能一舉拿下今川義元首級,此時另一位馬迴眾成員毛利新助加入打鬥,趁混亂中以太刀刺向義元腹部,最終殺死義元,相對地,一忠則錯過奪得敵軍大將首級的機會。由於雙人合力擊斃今川家的大將,織田軍士氣大振,桶狹間一役以織田軍大勝結束,今川家則損失逾4000名士兵敗退,此後勢力迅速衰落。 桶狹間之戰後,服部一忠繼續侍奉織田氏,直至天正十年(1582年)本能寺之變爆發,戰國政局迅速轉變,一忠決定投向地位急速向上提升的羽柴秀吉(豐臣秀吉),成為秀吉的馬迴黃母衣眾成員。次年,服部一忠敘任采女正之職,官位從五位下。 其後,他在秀吉帳下參加針對關東後北條氏的小田原征伐,憑此戰功再受提拔,天正十九年(1591年),服部一忠被擢升為伊勢松阪城城主(原城主蒲生氏鄉),並領有伊勢國一志郡合共3萬5000石俸祿,成為了地方上的小大名。 不過,由於一忠需要留在京都,統籌有關聚樂第方面的工作,因此並沒有即時前往領內,而是由家臣石黑毛又衛門擔任城代,負責處理該城的日常運作。而在較早時間,一忠已經被納入秀吉養子、關白羽柴秀次(豐臣秀次)的軍勢。 文祿元年(1592年),秀吉發動起文祿朝鮮之役,試圖取道朝鮮進入中國明朝國境內,一忠亦跟隨大軍出發,奉命進軍至漢城(首爾),駐守約三年後撤退。 至文祿四年(1595年),服部一忠折返日本後,因為豐臣秀次受到秀吉疏遠,秀次被放逐至高野山,一忠亦難免受到牽連,被中止在聚樂第的政務,最終更遭罷去所有領地,並移交到越後予上杉景勝看管,不久之後就受命切腹自盡。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%8D%E9%83%A8%E4%B8%80%E5%BF%A0
田中吉政 Tanaka Yoshimasa(1548年-1609年) 田中氏は、18世紀後半に編纂された『寛政重修諸家譜』によると近江国高島郡田中村(現在の滋賀県高島市安曇川町田中)の出身であったという。また先祖は近江源氏高島氏の一族で田中城の城主であったともいわれる。吉政が家紋に「一つ目結い」紋(釘抜き紋ともいう)を用いたことから、先祖は佐々木氏となんらかの関係があった可能性も指摘される。織田信長の高島郡進攻により田中氏は当時は帰農していたとされる。 また、吉政の出生地は浅井郡の三川村または宮部村(現在の長浜市三川町、宮部町)で、吉政自身はそこに住む農民であったという説もある。この根拠としては、浅井郡の住人に限られる竹生島の行事・蓮華会の頭人を柳川藩主となっていた吉政が担ったという記録があることである。また三川村には田中吉政の出生伝承が残っている。彼自身が宮部村の国人領主である宮部継潤に仕えた記録がある。また吉政の母すなわち国友与左衛門(宮部継潤家臣)の姉は宮部村と三川村にほど近い坂田郡国友村(当時有数の鉄砲の生産地。現在の長浜市国友町)の出身などである。ただ、近江八幡時代以前の記録は少ない。 天正10年(1582年)頃、宮部家中から5,000石を与えられ、秀吉の甥の羽柴秀次(のちの豊臣秀次)の宿老となった。 天正13年(1585年)に秀次が近江八幡43万石を与えられると、吉政はその筆頭家老格となった。このとき、同じく秀次付き家老格となった中村一氏・堀尾吉晴・山内一豊・一柳直末らはそれぞれ居城を持ったが、吉政は秀次の居城・八幡山城にあって、関白殿一老として政務を取り仕切った。また天正14年(1586年)の大政所の三河下向にもかかわったという記述がある。 この時代の吉政の書状は、比較的多く残っている。織田信長が築いた安土城下の町を八幡城下に移し、町割を行った。江戸時代中ごろまでは、久兵衛町と名づけられた地域が、近江八幡の町の一画に残っていた。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉は関東の北条氏を制圧し、諸大名の大幅な配置換えを行った。この結果、徳川家康は関東に転封された。また織田信雄は下野国烏山2万石に減封された。その結果、空いた尾張国には豊臣秀次が入った。小田原征伐でも秀次軍として活躍した吉政は三河国岡崎城5万7400石の所領が与えられた。尾張堤普請には惣奉行に命じられ、資材の調達にも関わっていた。 文禄4年(1595年)、秀次は自害させられ、木村重茲、前野景定、羽田正親、服部一忠、渡瀬繁詮、明石則実、一柳可遊、粟野秀用、白江成定、熊谷直之ら10名が賜死となり、そのほかにも多くの家臣が処分を受けたが、吉政ら宿老にはお咎めはなかった。その際、石田三成が関与したかどうかは不明である。ただし、関白殿一老であった吉政に対しては、切腹を勧める者もいた。吉政には実際は処分はなく、「秀次によく諌言をした」ということで2万8,358石3斗の加増、文禄5年(1596年)に更に1万4,252石6斗加増され、三河国岡崎城主、10万石の大名となった。 吉政は岡崎城を近世城郭に整備した。そして城下の町割には7つの町を堀で囲む田中掘を築造した。また、西側の低湿地の埋め立てを行った。さらに、本来岡崎の郊外を通っていた東海道を岡崎城下町の中心を通るように変更し、「岡崎の27曲がり」といわれるクランク状の道に整備した。 秀吉の死後は徳川家康に接近し、慶長5年(1600年)9月の関ヶ原の戦いでは東軍に属した。関ヶ原の合戦前の岐阜城攻略では黒田長政・藤堂高虎と共に大垣城から岐阜城へ向かう西軍を河渡で殲滅した。この際、石田三成の配下の杉江勘兵衛は、吉政の家臣である辻重勝により討ち取られ戦死している。これにより、三成は戦意を喪失したという記述がある また、西軍の山田去暦や、最前線で戦った明石全登(田中吉政の娘婿という説がある)の逃走を、合戦後に黒田長政(明石全登の親族)と共に手助けをしたとされている(実際は黒田孝高の没後、黒田長政がキリスト教を禁教したので、田中忠政を頼ったという)。 東軍勝利後、三成の居城佐和山城を宮部長煕と共に搦手から突入して落城させるとともに、伊吹山中で逃亡中の石田三成を捕縛する大功を挙げた。実際に捕縛に当たったのは、田中伝左衛門・沢田少右衛門である。三成は腹痛で病んでいたが、医師の勧める薬は拒否したため、吉政は熟慮の上、健康に良いという理由付けをしてニラ粥を勧めたので三成はそれを食したと言われている。吉政に会った三成は太閤から給わった脇差しを吉政に授けた(寸延短刀 石田貞宗:東京国立博物館蔵)。手厚くもてなされた礼であると言われている(三成も捕縛される時、「他の者よりはお前に捕らえられた方がいい」という旨の発言をしたという)。戦後、これらの勲功が認められて、筑後一国柳川城32万石を与えられ、国持ち大名となった。 吉政は、柳川の掘割を整備することで水運や稲作のための用水路を整備し、近代的な街作りを行った。水路以外にも柳川と久留米を結ぶ田中街道(現県道23号線)や柳川と八女福島・黒木を結ぶ街道を作るなど、陸路の整備にも力をいれた。また、矢部川の護岸整備や有明海沿岸に慶長本土居と呼ばれる堤防を整備したほか、収入の増加を目指して有明海の干拓にも熱心に取り組んだ。 慶長14年(1609年)に京都伏見で没した。享年62。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%90%89%E6%94%BF