首頁 Tags 小幡虎盛

Tag: 小幡虎盛

三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
五十位人物:相馬盛胤、小島政章、宍戶隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡邊了、田原紹忍 / 田原親賢、茂庭綱元 / 鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米穀常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顯、本城常光、江戶忠通、肝付兼続、中條藤資、南部晴政....
織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豊臣秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春
多田満頼 Tada Mitsuyori(生年不詳-1563年) 甲斐武田氏家臣で足軽大将。武田信虎・武田信玄の2代に仕える。三八・三八郎、淡路守。諱は『寛永諸家系図伝』に拠れば「昌澄」、『甲斐国志』人物部第五に拠れば「満頼」としているが、文書上からは確認されない。法名は宗樊。妻は不詳だが、『寛永諸家系図伝』に拠れば土屋昌続の妹とする説がある。子は『甲陽軍鑑』に拠れば新蔵・久蔵、『寛永諸家系図伝』に拠れば新八郎(八右衛門)、昌俊とされる。また、同じく武田家の足軽大将である治部左衛門も縁者と考えられている。後代には武田の5名臣に含まれる。 摂津源氏一族の多田源氏後裔と称し、源頼光の孫の多田頼綱或は、源満仲の弟の源満季の子孫というが、系譜は詳らかではない。 『甲陽軍鑑』に拠れば、美濃国の生まれで、弓矢修行のため甲斐国に渡り武田信虎に仕え足軽大将となったという。晴信にも仕え、二十九の武功を挙げ、全身に二十七カ所の傷があったする逸話を持つ。原虎胤、横田高松、小幡虎盛、山本勘助とともに五人衆と称されたという。預けられた足軽・同心数は不明。 確実な記録資料上においては、天文16年(1547年)8月の信濃国佐久郡・志賀城攻めにおいて活動が見られ、関東管領・上杉憲政の援軍との小田井原の戦いにおいて板垣信方らと活躍している(『勝山記』)。翌天文17年(1548年)には信濃守護・小笠原長時との戦いにおいて信玄から感状を受けている。 『甲斐国志』においては、三八郎が信濃虚空蔵山砦(長野県上田市塩尻)を警護していた際に地獄の妖怪「火車鬼」を退治したという伝説や、山梨県甲府市湯村の湯村温泉で天狗を倒した鬼の湯伝説が残っている。 永禄4年(1561年)の第4次川中島の戦いの頃は、既に病床にあり、自分の代わりに息子を参戦させている。その2年後の永禄6年(1563年)に病死。長野県諏訪郡富士見町境には多田淡路守の居城とされる先達城が所在し、近在の常昌寺には墓所がある。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%94%B0%E4%B8%89%E5%85%AB%E9%83%8E
大熊朝秀 Okuma Tomohide(生年不詳-1582年) 大熊政秀之子、正室為小幡虎盛之女.小宰相の局;別名長秀。 父親政秀係擔任越後守護上杉家的段錢收取之奉行職務,為守護體制下的財政官員。政秀死後,朝秀繼承父親的職位,並擔任越後箕冠城主。越後自從守護代長尾為景殺害守護上杉房能、關東管領上杉顯定之後,國內局勢不斷動盪,各豪族征戰不已,為景長子長尾晴景懦弱無能,在長尾家的家臣團及越後豪族的擁護下,以直江景綱、本庄實乃、大熊朝秀三人組成新政權的中樞,順利擁戴為景次子長尾景虎(上杉謙信)成為春日山城的新主人。朝秀則繼續擔任財政奉行之職,並位列重臣執政。 朝秀原為守護體制下的官員,與長尾家的家臣及其他越後豪族立場原本即為相左,謙信對其亦有所防備警戒。弘治二年(1556年),越後的上野家成與下平修理亮發生領土爭執,謙信命本庄實乃與朝秀共同負責裁決,朝秀認為應將領地歸由下平修理亮,原本獲得實乃的認可,但上野家成卻派兵搶先佔領爭執的領土,朝秀大怒,作成強制上野家成應服從裁決之文書,但實乃立場開始鬆動,拒絕在文書上簽名,雙方最終演變成派系鬥爭。此時,又有北條高廣叛變事件,揚北眾的中條藤資又與黑川實氏發生領地糾紛,年輕而有潔癖的謙信,對於前述一連串的叛變及領土糾紛,感到十分厭煩與無奈,竟憤而決定放棄一切前往高野山出家,引發極大的騷動,幸賴家臣勸說而中止出家行為,周遭之人均將相關騷動怪罪於朝秀,朝秀逐漸遭到孤立。朝秀憤而暗中與已將勢力延伸至信濃、越後國境的武田信玄聯繫,舉兵叛變,但遭上野家成擊敗,逃至越中。永祿六年(1563年),轉往甲斐投靠信玄,暫行劃歸在山縣昌景之軍隊編制下效力。 永祿九年(1566年),朝秀於信玄進攻上野時,隨軍參戰,與長野業正麾下的上泉信綱(新陰流劍術兵法名家,為柳生宗嚴之師傅)單打獨鬥,毫髮無傷。信玄知道朝秀為不可多得之人才,乃藉此提拔朝秀為本營直屬之足輕大將。天正元年(1573年)信玄病逝後,由武田勝賴繼承武田家,朝秀亦獲得勝賴賞識,命朝秀鎮守遠江小山城,防備德川家康的攻擊。因為朝秀為越後人士,從信玄時代起,就擔任與越後上杉家的外交交涉任務。 天正六年(1578年),謙信病逝時,上杉家爆發了上杉景虎(北條氏秀)與謙信之外甥上杉景勝的繼承糾紛,勝賴原本打算協同北條氏政共同支持上杉景虎,乃派朝秀前往春日山城拜訪景勝,企圖協調景虎與景勝的糾紛,但景勝獻上大量黃金,並迎娶勝賴之妹菊姬,武田家與上杉家乃締結同盟,景勝得以在「御館之亂」擊敗景虎而獲勝。勝賴卻因此得罪於氏政,武田家陷入與織田信長、德川家康、北條氏政三方為敵的困境。 天正十年(1582年),信長派遣瀧川一益為先鋒,進軍甲信地區,家康亦說服信玄之女婿穴山信君投降,而由駿河進攻甲信地區,值此風雨飄搖的時刻,武田家的累代重臣及親族眾或降或逃,但曾經背叛謙信的朝秀,卻感念信玄、勝賴的兩代恩義,追隨勝賴到最後,於天目山戰死,與武田家命運共始終。 朝秀之子大熊長光則因效力於真田昌幸而得以保存命脈。 作者 Thbobo 出處 http://thbobo.pixnet.net/blog/post/31401638
小幡信貞 Obata Nobusada(1540年-1592年) 父は上野小幡氏の小幡憲重(重貞、重定)。(ただし、重貞と名乗ったのは信貞とも、信真や信定は信貞の子の名ともいわれ、はっきりしない)。尾張守、上総介を称す。上野国峯城城主。『甲陽軍鑑』によれば憲重と併せて500騎持ちで、これは武田家中でも最大である。 小幡氏は元々上野の国人であった。上杉憲政を関東管領に擁立に貢献するなど、長野氏と並ぶ有力な存在であったが、後に憲政と対立すると離反して武田晴信(信玄)仕え、後北条氏の上野進出後も両属の関係を続けた。天文22年(1553年)、憲重は息子を連れて信濃国塩田城にいた武田晴信に出仕し、間もなく息子は元服して「信」の字を与えられ「信真」と称した。 信貞も父と共に信玄に仕えて、上野攻略戦を始め、三増峠の戦いや三方ヶ原の戦い等の主要な合戦に参加して武功を挙げている。 なお信貞の小幡氏は、小畠虎盛(小幡虎盛)・昌盛・景憲などの甲州小幡氏とは別系統である(甲州小幡氏は武田信玄の命で改姓して「小幡」姓となった)。 1575年、長篠の戦いで父が戦死したため、家督を継いだとされるが異説もある。『甲陽軍鑑』中に「信用できない木曾義昌の代わりに(織田領との国境である)木曾に小幡を入れたらどうか」という意の記述があり、『甲陽軍鑑』の信憑性はともかくとして、準譜代的な扱いを受けていた様である。 天正10年(1582年)武田氏が織田信長によって滅ぼされると、家老・森平策之進の献言を容れて、信長軍に降伏。滝川一益の与力として配属させられた。しかし、同年に信長が本能寺の変で横死、それを受け北条氏直が滝川一益を神流川の戦いで破り織田氏の勢力を上野から駆逐したため、信貞は氏直に降伏して北条氏の家臣となった。実子はなく、1585年に養嗣子(弟・信高の子)に家督を譲って隠居身分となる。 1590年の小田原征伐では小田原城に籠城したが、北条氏が敗北すると、真田幸綱の流浪時代から武田氏時代を通じて親交の深かった真田氏(当時の当主は昌幸で勝頼時代は上野方面攻略の責任者)を頼り、そこで余生を送った。1592年に死去。享年52。 一説では、父の憲重は大永年間に死去し、父の憲重の事績とされる事柄は信貞のことだとも言われている。また、赤備えの部隊を率いた勇猛果敢な武将であり、信長公記中の長篠合戦の項に小幡勢について「馬上巧者」の記述がある。武田氏24将の一人として数えられる。長篠の戦いで戦死したともいわれることがあるが、戦死したのは信貞の弟とされている。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B9%A1%E4%BF%A1%E8%B2%9E
小幡昌盛 Obata Masamori(1534年-1582年) 小畠虎盛(小幡虎盛)之子,妻為原虎胤之女;通稱又兵衛,別名豐後守,假名孫十郎(孫次郎?);與父虎盛同為武田二十四將之一。 據『甲陽軍鑒』,小幡氏一族為遠江出身,於祖父日淨(小畠盛次)、父親虎盛時期訪問甲斐被武田信虎收入麾下。父虎盛駐守北信濃地區與越後上杉謙信對峙的前線海津城,輔佐春日虎綱(高坂昌信)。據『軍鑒』,昌盛與虎盛共同駐守海津城,於永祿四年(1561年)其父虎盛在第四次川中島之戰前夕死去後繼承家督,繼續輔佐春日虎綱。 文書上唯一出現是元龜二年(1571年)11月,為監督領內僧眾而組織的祈禱奉行文書中與長坂昌國之名一同,其余則見於『甲陽軍鑒』之記述。 『軍鑒』中於天文二十三年(1554年),對相模國北條氏康之合戰及永祿四年(1561年)第四次川中島之戰中表現活躍。另記他在作為內藤昌豐配下擔任西上野的總橫目(注一)。此外出於武田信玄「鬼之子與鬼之女頗為相配」的考量,娶原虎胤之女為妻(注二)。 還有一段逸話:父親虎盛死後,昌盛希望辭去海津城副將之職,調回武田信玄身邊做旗本,招致信玄大怒被勒令蟄居於甲府妙音寺並切腹,在諏訪勝賴(武田勝賴)與土屋昌續求情下被赦免,留任足輕大將。 武田勝賴時期之天正十年(1582年),織田信長、德川家康連合軍入侵甲斐(甲州征伐),昌盛臥病在床未能參戰。武田氏敗勢濃厚之際,與逃亡至甲斐善光寺的勝賴道別不久後病死,年四十九歲。 另外,據『甲陽軍鑒』記載與武田勝賴道別時的內容,可推斷昌盛所患之病即死因可解釋為地方病(日本血吸蟲病,見注三),這是少有的在『甲陽軍鑒』成書的近世前期揭示甲斐國地區地方病蔓延可能性的記錄,格外引人注目。 注一:總橫目:戰國時代武田氏、上杉氏設置之職務,是被派往新歸屬國監視兵將動向的橫目之總長。 注二:昌盛之父小幡虎盛人稱「鬼虎」,而原虎胤人稱「鬼美濃」。 注三:日本血吸蟲病:於該病的重災區甲斐地區被稱為地方病,由日本血吸蟲(Schistosoma japonicum)引起的寄生蟲病,幼蟲經由皮膚感染,後寄生於消化系統中,最終致死。腹部腫脹是該病的典型症狀。『甲陽軍鑒』中記載昌盛此時積聚脹滿,乘轎而行,由此推測他很可能是患了日本血吸蟲病。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=4#postid-150 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B9%A1%E6%98%8C%E7%9B%9B
小幡虎盛 Obata Toramori(1491年-1561年) 小畠虎次之子;幼名孫十郎,受武田信虎偏諱「虎」字,名為虎盛、號日意,渾名鬼虎,武田の五名臣之一。 實姓小畠氏,通說的小幡氏為誤解,小幡氏是上野國的武家名,兒子小幡昌盛時,才被武田信玄允許使用,亦有虎盛是上野小幡氏遠親的系圖,在此以小幡氏為準。 虎盛出身東海遠江,明應九年(1500年)父親虎次仕於武田信虎,跟隨進入甲斐。 永正元年(1504年),父親虎次鎮壓今井信是叛亂出陣,但被討死;虎盛以14歲之齡繼承家督,在武田信虎麾下以足輕大將的身份在甲斐國統一戰以及與今川氏、後北條氏的戰鬥中活躍。 大永元年(1521年),在今川氏配下的福島正成進攻甲斐之際,與原虎胤一同擔任先鋒並成為迎擊的最前線。因為這些與今川、北條氏戰鬥的戰功而受武田信虎的偏諱「虎」一字,於是改名為虎盛,而亦因為武勇而被稱為「鬼虎」。 天文十年(1541年),在武田信虎被追放後跟隨其子武田信玄而活躍。天文二十年(1551年),隨信玄入道並與原虎胤、真田幸隆等一同剃髮,號日意。 永祿年間以高阪昌信的副將身份進入海津城,在抑制上杉氏中活躍著。永祿四年(1561年)6月,病死,年七十一歲。 遺言「好好地認清自己吧」(よくみのほどをしれ)在日本相當有名。一生中參加過36次合戰,獲得感狀36枚,身上有41次受傷。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%95%A0%E8%99%8E%E7%9B%9B
馬場信房 Baba Nobufusa(1514/1515年-1575年) 教來石信保之子,初名教來石景政,繼承馬場氏,改名為馬場信房、信春,別名信政、信武、氏勝,戒名龍嶽院殿大法壽山居士。 天文十年(1541年)時武田信玄將其父武田信虎流放至遠江,信房與重臣板垣信方、甘利虎泰居功厥偉,信房得到信玄認同而受到重用。 天文十五年(1546年)以「旗本組侍大將持有騎馬五十騎」的獎勵受到拔擢,同時,由於武田家譜代家臣馬場虎貞向武田信虎諫言而被誅殺,馬場氏斷絕,受武田信玄之命,繼承馬場氏,改名為馬場信房。 之後信房功勳不斷累積,尤其永祿四年(1561年)著名的第四次川中島之戰,信房擔任妻女山攻擊機動隊,率領一百二十騎重創越後上杉軍,勇名大噪;另外在武田信玄重擊德川家康的三方原之戰中,信房與山縣昌景、內藤昌豐擔任頭陣,對敗走濱松城的家康軍瘋狂追擊,被評為功績第一。 永祿七年(1562年)武田名將「鬼美濃」原虎胤病死後,武田信玄命信房繼承鬼美濃的武名,同時受封為美濃守信房。 關於馬場的戰術天份,武田信玄曾感嘆「武田軍中戰術運用的巧妙無人能出其右」,在其一生參與的合戰四十有餘,卻連一次也沒有負傷過。除了武勇之外,信房也向小幡虎盛學習築城之術,信玄曾命其協助建造海津城,並擔任海津城城主以抵禦戰國軍神上杉謙信,信房在擔任城主期間深得民心,被將士與平民百姓稱為「具有一國太守器量的人物」,其人望在甲陽軍鑑一書中也頗受稱道。 後來武田信玄死後武田勝賴繼位,信房成為補佐勝賴的首席譜代家老,同時擔任北信濃、越中與飛驒的守備任務。 天正三年(1575年)在武田家武運斷絕的長篠合戰時,信房見織田軍鐵炮隊守備堅固,不利騎兵正面攻擊,因而建議武田勝賴即時撤退,但勝賴不願接受,認為「織田軍一直避免主力對決,此次在長篠城應集中全力將其一次殲滅」,信房見到情勢不佳持續獻策,然而勝賴卻一意孤行,結果武田家慘遭敗北,武田無敵騎兵遭到織田與德川勢3000丁鐵砲的攻擊而毀於一旦,而信房則志願擔任勝賴逃亡的殿軍,當勝賴平安逃離戰場的消息獲得確認後,信房將馬首掉頭,衝入織田陣戰亡。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E4%BF%A1%E6%98%A5

Send this to a friend