首頁 Tags 小幡昌盛

小幡昌盛

小幡昌盛 Obata Masamori(1534年-1582年)小畠虎盛(小幡虎盛)之子,妻為原虎胤之女;通稱又兵衛,別名豐後守,假名孫十郎(孫次郎?);與父虎盛同為武田二十四將之一。據『甲陽軍鑒』,小幡氏一族為遠江出身,於祖父日淨(小畠盛次)、父親虎盛時期訪問甲斐被武田信虎收入麾下。父虎盛駐守北信濃地區與越後上杉謙信對峙的前線海津城,輔佐春日虎綱(高坂昌信)。據『軍鑒』,昌盛與虎盛共同駐守海津城,於永祿四年(1561年)其父虎盛在第四次川中島之戰前夕死去後繼承家督,繼續輔佐春日虎綱。文書上唯一出現是元龜二年(1571年)11月,為監督領內僧眾而組織的祈禱奉行文書中與長坂昌國之名一同,其余則見於『甲陽軍鑒』之記述。『軍鑒』中於天文二十三年(1554年),對相模國北條氏康之合戰及永祿四年(1561年)第四次川中島之戰中表現活躍。另記他在作為內藤昌豐配下擔任西上野的總橫目(注一)。此外出於武田信玄「鬼之子與鬼之女頗為相配」的考量,娶原虎胤之女為妻(注二)。還有一段逸話:父親虎盛死後,昌盛希望辭去海津城副將之職,調回武田信玄身邊做旗本,招致信玄大怒被勒令蟄居於甲府妙音寺並切腹,在諏訪勝賴(武田勝賴)與土屋昌續求情下被赦免,留任足輕大將。武田勝賴時期之天正十年(1582年),織田信長、德川家康連合軍入侵甲斐(甲州征伐),昌盛臥病在床未能參戰。武田氏敗勢濃厚之際,與逃亡至甲斐善光寺的勝賴道別不久後病死,年四十九歲。另外,據『甲陽軍鑒』記載與武田勝賴道別時的內容,可推斷昌盛所患之病即死因可解釋為地方病(日本血吸蟲病,見注三),這是少有的在『甲陽軍鑒』成書的近世前期揭示甲斐國地區地方病蔓延可能性的記錄,格外引人注目。注一:總橫目:戰國時代武田氏、上杉氏設置之職務,是被派往新歸屬國監視兵將動向的橫目之總長。注二:昌盛之父小幡虎盛人稱「鬼虎」,而原虎胤人稱「鬼美濃」。注三:日本血吸蟲病:於該病的重災區甲斐地區被稱為地方病,由日本血吸蟲(Schistosoma japonicum)引起的寄生蟲病,幼蟲經由皮膚感染,後寄生於消化系統中,最終致死。腹部腫脹是該病的典型症狀。『甲陽軍鑒』中記載昌盛此時積聚脹滿,乘轎而行,由此推測他很可能是患了日本血吸蟲病。作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=4#postid-150 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B9%A1%E6%98%8C%E7%9B%9B
小幡景憲 Obata Kagenori(1572年-1663年)小幡昌盛の三男,幼名は熊千代、別名を孫七郎、勘兵衛。法名は道牛。『甲陽軍鑑』によれば、父・昌盛は信濃海津城主・春日虎綱を補佐して在城し、後に武田信玄の旗本に転じ、海津在番の後任は叔父の小幡光盛が務めたという。父の昌盛は武田勝頼期に死去し、叔父の光盛も武田氏滅亡後は越後上杉氏に臣従している。景憲は他の武田遺臣とともに武田遺領を確保した徳川氏に仕えたが、1595年(文禄4年)に突如として徳川秀忠のもとを出奔して諸国を流浪したという。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、徳川氏の家臣・井伊直政に属して戦功を挙げたといわれ、1614年(慶長19年)の大坂の陣では豊臣氏に与したが、内実は徳川氏に内通しており、江戸幕府京都所司代の板倉勝重に連絡していたという。戦後は再び徳川氏に仕えて1500石を領した。のち、横田尹松の末子縄松(つなとし)を養子とした。景憲は甲州流兵学者の創始者として名高く、幾多の武士に教授したとされる。特に北条氏長・近藤正純・富永勝由・梶定良は小幡の高弟として名高く「小幡門四哲同学」などと呼ばれている。剣術にも優れて小野忠明から皆伝を受けている。江戸時代に成立した軍学書『甲陽軍鑑』は、春日虎綱の甥・春日惣次郎が書き残した口述を小幡光盛の子孫と考えられる小幡下野守が入手し原本が成立したと考えられているが、景憲は小幡家伝来の原本を入手し成立に携わったという。1663年(寛文3年)、死去。出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B9%A1%E6%99%AF%E6%86%B2
小幡虎盛 Obata Toramori(1491年-1561年)小畠虎次之子;幼名孫十郎,受武田信虎偏諱「虎」字,名為虎盛、號日意,渾名鬼虎,武田の五名臣之一。實姓小畠氏,通說的小幡氏為誤解,小幡氏是上野國的武家名,兒子小幡昌盛時,才被武田信玄允許使用,亦有虎盛是上野小幡氏遠親的系圖,在此以小幡氏為準。虎盛出身東海遠江,明應九年(1500年)父親虎次仕於武田信虎,跟隨進入甲斐。永正元年(1504年),父親虎次鎮壓今井信是叛亂出陣,但被討死;虎盛以14歲之齡繼承家督,在武田信虎麾下以足輕大將的身份在甲斐國統一戰以及與今川氏、後北條氏的戰鬥中活躍。大永元年(1521年),在今川氏配下的福島正成進攻甲斐之際,與原虎胤一同擔任先鋒並成為迎擊的最前線。因為這些與今川、北條氏戰鬥的戰功而受武田信虎的偏諱「虎」一字,於是改名為虎盛,而亦因為武勇而被稱為「鬼虎」。天文十年(1541年),在武田信虎被追放後跟隨其子武田信玄而活躍。天文二十年(1551年),隨信玄入道並與原虎胤、真田幸隆等一同剃髮,號日意。永祿年間以高阪昌信的副將身份進入海津城,在抑制上杉氏中活躍著。永祿四年(1561年)6月,病死,年七十一歲。遺言「好好地認清自己吧」(よくみのほどをしれ)在日本相當有名。一生中參加過36次合戰,獲得感狀36枚,身上有41次受傷。出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%95%A0%E8%99%8E%E7%9B%9B