首頁 Tags 小川祐忠

小川祐忠

大谷吉繼 Otani Yoshitsugu(1559年/1565年?-1600年)大谷吉房/大谷盛治之子,母為豐臣秀吉正室高台院的女侍.東殿;幼名桂松,別名吉隆、通稱紀之介、平馬、大谷刑部,號白頭,戒名溪廣院殿前刑部卿心月白頭大禪定門。關於吉繼的出生有幾個說法,父親盛治因病到豐後國治療,一度成為大友家的家臣時出生,這種說法最沒根據,也有說是羽柴秀吉(豐臣秀吉)的私生子。比較有力的說法為他是六角家的家臣大谷吉房的兒子,天正初年成為秀吉的小姓受到寵愛。『華頂要略』的「坊官大谷家系圖」有吉繼的名字,為本願寺坊官下間賴亮妻妹之子,或青蓮院門跡坊官大谷泰珍之子,「大谷」在日本為淨土真宗本願寺覺惠代代相傳的家名(大谷姓的本字為-豅),覺惠祖父為淨土真宗宗祖親鸞,母親為覺信尼,幼時在天台宗的青蓮院習法,此為另一個說法。吉繼有兄弟姐妹,歷史上記載吉繼有栗山林齊和祐玄兩個外甥存在,栗山林齊在攝津國池田出家,被黑田長政命令出仕栗山備後一家的栗山名乘(300石-800石)。祐玄坊出現在『關原決戰圖屏風』及其他資料中,故豐臣秀吉私生子之說可信度不高。天正十年(1582年)織田信長死於本能寺之變後,豐臣秀吉掌握實權。翌年,織田家筆頭家老柴田勝家和秀吉對立表面化引發賤岳之戰。此時吉繼成功將當時柴田方的長濱城城主柴田勝豐遊說,使他成為豐臣軍的一員,立下足以和賤岳七本槍匹敵的大功。天正十三年(1585年)7月,授予從五位下刑部少輔。此後被人稱為「大谷刑部」。翌年,在九州征伐中和石田三成一起擔任兵站奉行,提供後勤支援立下功勞。天正十七年(1589年)授予越前國敦賀郡、南條郡、今立郡5萬石成為敦賀城城主。翌年,在小田原之役中擔當從軍,接下來的奧州征伐中在出羽擔任檢地的任務。文祿元年(1592年)豐臣秀吉出兵朝鮮(文祿・慶長之役)中擔當船奉行,掌管船舶的調度以及物資的運輸。同年6月,奉秀吉之命渡海和大明談和。文祿三年(1594年)參與建造伏見城。慶長三年(1598年)8月豐臣秀吉死後,與五大老之一的德川家康接近。翌年,為保護家康免受前田利家襲擊,和加藤清正與福島正則等豐臣家武將派保護德川的宅邸。曾經為特意派部下到伏見城,阻止前田利長的「家康暗殺計劃」,而吉繼也跟柛原康政解決宇喜多秀家的內部問題,吉繼的行動在此較為親近德川。後來上杉景勝向德川家康宣戰,家康向全日本大名作出動員令討伐上杉景勝,吉繼出兵協助家康,途中經過失權的好友五奉行之一的石田三成的居城佐和山城。其間為緩解三成同家康的緊張關係招募三成的兒子石田重家跟隨自己出征,三成卻邀請吉繼一同對家康舉兵。吉繼連說三次「三成啊,沒有勝機。」結果雖然明知沒有勝算,仍然不忍背叛好友而加入西軍。成為西軍首腦之後的吉繼返回敦賀城,為牽制東軍的前田利長,拉攏越前、加賀的大名們,成功贏得丹羽長重、山口宗永和上田重安等大名的支持。前田利長侵攻北之庄城時吉繼散布假情報使利長動搖。8月前田軍聽假情報後撤退,途中遭到丹羽軍襲擊(淺井畷之戰)。最後迫使利長退回金澤城,使得他無法參與關原之戰。9月,吉繼在三成指示下率領脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、戶田勝成、赤座直保諸將襲擊美濃。九月十五日(西曆10月21日),東西兩軍展開關原之戰。吉繼率領大谷一族和戶田,平塚為廣率5700人在關原西南山中的藤川台一帶布陣。身患麻瘋病的吉繼乘轎指揮部下和東軍的藤堂高虎、京極高知激烈交戰(也有說大谷軍指揮是由平塚為廣代為指揮),成功牽制敵人。然後又在松尾山布陣,戰前預計小早川秀秋會叛變投敵,因此在他的進軍路線設下「攔馬柵」,並在事發後派出600人的直屬部隊狙擊小早川秀秋的1萬5000人。在脫離前線的戶田勝成和平塚為廣加入之下,一度將小早川秀秋逼退500米達二、三次,並擊斃東軍派在小早川秀秋身邊監視的奧平貞治。正要追擊小早川秀秋的時候,脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保四隊4200人皆叛變投靠東軍,大谷軍被包圍,西軍也因此潰敗。最後切腹自盡,介錯為湯淺五助。出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E5%90%89%E7%B9%BC
小川祐忠 Ogawa Suketada(生年不詳-没年不詳)小川伯耆守入道の子。正室は一柳直高娘。通称は左平次、孫一郎。官位は土佐守。左近太夫。小川氏は近江の土豪であり、宇多源氏あるいは藤原姓下河辺氏流といわれる。応仁の乱後の南近江の六角氏と京極氏の対立の中、六角氏の重臣・小川左近太夫が佐和山城主として置かれたことに始まる。六角氏の衰退した戦国後期には佐和山城を追われ、祐忠の頃には小川城を居城として浅井氏の家臣となっていた。元亀2年(1571年)8月、主家・浅井氏と敵対する織田信長と戦うが、同月下旬に織田氏家臣の佐久間信盛、中川重政、柴田勝家、丹羽長秀率いる軍勢の志村城攻略を知ると人質7人を差し出して降伏。吉田重勝、池田伊予守、後藤喜三郎、多賀新左衛門、阿閉貞征父子、久徳六左衛門らとともに赦されて(『信長公記』)、信長の旗本に取り立てられ、土佐守の官位を賜った(子も右馬允に任じられた)。天正7年(1579年)、安土城の築城に際して堀部佐内、青山助一とともに瓦奉行を命じられている(『安土日記』)。また、このころか、信長から茶会を免許されている。天正10年(1582年)、本能寺の変により織田信長が横死すると、明智光秀の傘下に入り山崎へも出陣したが敗北し、羽柴秀吉に降伏する。清洲会議で北近江が柴田勝家の領土となって後はその傘下となり、勝家の養子・柴田勝豊の家老として仕える。賤ヶ岳の戦いにおいては大谷吉継の調略を受け勝豊が秀吉に寝返ったため秀吉側として戦った。勝豊死後は秀吉直臣となる。小牧・長久手の戦いには兵250を率いて参陣、羽柴秀次の中入りにも中軍の一隊の将として加わった。天正18年(1590年)に小田原征伐にも参陣し武功を立て、正式に従五位下土佐守に叙任された。文禄元年(1592年)の文禄の役では、名護屋留守陣の将の1人として肥前名護屋城に在陣する。同2年には朝鮮へ渡海し、金海の戦いで伊達政宗とともに浅野長政を救援する功を立てた。慶長3年(1598年)、朝鮮安骨浦で討死した池田景雄の後を受けて伊予今治7万石を与えられ、国分城(国分山城)を居城とした(なお、伊予国分寺には祐忠のものと伝わる供養塔が残る)。同年の醍醐の花見においては三番茶屋を立て、茶室内には狩野山楽や長谷川宗仁ら当代一流の画師に馬、鷹などを描いた襖絵を描かせた。太閤検地にも関わり、慶長3年7月24日に西笑承兌から越前の検地が完了し総奉行の長束政家以下の奉行衆が上洛した事に関する書状(「西笑和尚文案」)を受け取っている。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは当初、西軍に与して北国口守備にあたる(『上田軍記』では左馬允とともに2500の軍勢を率いたとされる)。本戦では小早川秀秋の寝返りに呼応して脇坂安治、朽木元綱、赤座直保と共に東軍に寝返り、家臣小川甚助の郎党樫井正信が平塚為広を討ち取る(「小川系図」)など武功を上げる。戦後、佐和山城攻略戦にも参加した。 しかし、通款を明らかにしなかったことを咎められ、戦後改易となる。改易の理由には領内悪政、嫡男とされる小川祐滋が石田三成と入魂であったなどの理由も伝わる。改易後は京に隠棲し(帰農したとの説もある)、程無く没したとされる(『武徳安眠記』)。出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E7%A5%90%E5%BF%A0
小早川秀秋 Kobayakawa Hideaki(1582年-1602年)木下家定的五子、母為杉原家次之女、養父為豊臣秀吉、小早川隆景;正室為毛利輝元養女・長壽院;幼名辰之助、初名秀俊、過繼羽柴、小早川氏,最終改名為秀詮,慣稱小早川秀秋。因父親家定與羽柴秀吉(豐臣秀吉)有姻親關係(家定為秀吉的妻舅),在三歲的時候正式成為秀吉的養子。慶長二年(1597年),在慶長之役中,明軍包圍蔚山城,與小西行長擔當支援行動。生涯的初次上陣,作為總大將的秀秋做了很多輕率的行為(把女人、小孩錯當成敵人屠殺),但是在戰鬥中,秀秋手執長槍,向敵人衝向去,最後成功生擒敵將,十分英勇。但是因為秀秋的屠殺行為,秀秋被豐臣秀吉以築後國沒有領地而召回,當秀秋聽到此消息大怒,後來認為是石田三成向秀吉說謊,於是開始親近德川家康。慶長五年(1600年),關原之役中,原本打算跟隨德川家康,但是在石田三成的催促之下便參加西軍。秀秋在伏見城包圍戰前線活躍,但石田三成不太認同其戰功,秀秋再一次與石田三成不和。到達關原戰場以後,關原之前戰開戰前的一天,西軍其中一個將領大谷吉繼向秀秋承諾,在豐臣秀賴15歲以前,可以擔任關白一職和得到播磨和近江兩國合共十萬石的領地。秀秋率領一萬五千部隊在松尾山佈陣,當時秀秋已經成為東軍的內應;不過開戰不久以後,戰況對西軍有利。宇喜多秀家擊退福島正則的部隊,而大谷吉繼則擊退藤堂高虎的部隊。這個時候,而秀秋卻為加入東軍而猶豫。之後,德川家康派遣使者送信,下令秀秋攻擊,但是秀秋仍然沒有行動。終於,德川家康下令向秀秋部隊開火,秀秋感到驚慌,於是秀秋有所行動,向大谷吉繼的部隊攻擊。雖然大谷吉繼預先估計秀秋會叛變,但是大谷無法預計其他部份參與叛變。而一部份西軍部隊,脇坂安治與小川祐忠等嚮應秀秋的行動,最後西軍迅速崩潰,大谷吉繼自盡,終於東軍在關原之戰中取得勝利。後來參加對西軍殘留部隊的戰鬥,在佐和山城的攻略戰當中,立下不少的戰功,最後被德川家康移封於宇喜多氏舊領的備前和美作,合共55萬石。但是在戰後,對西軍背叛的指責,甚至是對秀秋的人身攻擊,精神受挫,沉迷於酒色當中。不久,秀秋的精神開始不正常,以為看見大谷吉繼的靈魂。最後,慶長七年(1602年)在沒有子嗣繼承之下病死,年21歲。出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%97%A9%E5%B7%9D%E7%A7%80%E7%A7%8B
平塚為広 Hiratsuka Tamehiro(生年不詳-1600年)父は平塚入道無心。三浦義明の弟・岡崎義実を祖とし相模国大住郡平塚発祥の桓武平氏三浦氏流の平塚氏出身であり、相模国平塚の地頭三浦為高(為重)の7代目の子孫。しかし、先祖に関する裏付けは乏しい。通称は孫九郎。はじめ明智光秀に仕え、本能寺の変では織田信長襲撃に参加していたとも言われている。別説では秀吉の中国出陣時、秀吉から勘気を被り浪人になっていた平塚藤蔵が播磨の戦で黒田孝高に陣借りをし、高倉山城主福原助就を討ち取る手柄を立て再び秀吉に仕えたとし、この平塚藤蔵を為広とする。後に豊臣秀吉の家臣(馬廻)として仕え、小牧・長久手の戦いや小田原征伐に参加して武功を挙げた。天正20年(1592年)からの朝鮮出兵にも参加し、肥前名護屋城に駐屯した。文禄4年(1595年)7月、長年の忠義を認められて8000石を与えられた。慶長3年(1598年)、醍醐の花見にも秀吉の護衛として参加している。秀吉死後は豊臣秀頼に仕え、慶長5年(1600年)には美濃垂井に1万2000石の所領を与えられた。同年の関ヶ原の戦い直前、徳川家康に対して挙兵しようとする石田三成を大谷吉継と共に佐和山城にて諫言したが聞き入れられず、西軍に与することとなった。伏見城攻めでは軍功を挙げている。のちに吉継に属し北国口の防備に加わり、8月4日(9月11日)には東軍の前田利長に備えるために北庄城に入る。8月下旬、吉継とともに美濃に南進、9月3日(10月9日)に関ヶ原の西南の山中村に着陣。9月14日(10月20日)、吉継より戸田勝成と共に小早川秀秋の動向を探り秀秋に裏切りの気配があれば暗殺するように密命を受けていたが秀秋に事前に暗殺計画を察知されたため、かなわなかったと言われている。9月15日(10月21日)の関ヶ原本戦では、吉継に属して前備え360人を率い藤川の台に布陣、予想通り裏切った秀秋の部隊相手に奮戦し数度撃退したが、脇坂安治らの裏切りや藤堂隊、京極隊の攻撃に持ちこたえることができず壊滅状態になった。為広はなおも孤軍奮闘したが、小川祐忠の家臣・小川勘助の隊下の樫井太兵衛に討たれた。その際、吉継に討ち取った敵将の首と共に辞世の句(「名のために棄つる命は惜しからじ 終にとまらぬ浮世と思へば」)を送っている。出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%A1%9A%E7%82%BA%E5%BA%83
松平忠吉 Matsudaira Tadayoshi(1580年-1607年)德川家康的四子,母為戶塚忠春之女.西鄉局,正室為井伊直政之女.清泉院;幼名福松君,繼承東條松平家,初名為松平忠康,法名性雲院殿憲永大居士。天正九年(1581年),在東條松平家的家忠病死之際,繼承東條松平家並領有三河國東條城1萬石,受祖父「忠」字和父親「康」字,名為松平忠康。天正十二年(1584年),小牧長久手合戰後,與兄長結城秀康一同被送往大阪豐臣秀吉處擔任人質。天正十八年(1590年),在豐臣秀吉發動小田原包圍戰將五代雄據關東一百年的北條家消滅後,開始以封賞的名義大規模遷易諸大名的領地,蒲生氏鄉移至會津、伊達政宗改封到大崎,而德川家康也在此時被要求改易至北條舊領關東六州二百五十萬石,家康清楚這是秀吉明升暗抑的決策,但仍表明樂意接受如此安排,並在此時替忠康留下武藏忍城十萬石,暫時由伊奈忠次代替忠康負責在武藏領的檢地。天正十九年(1591年),因為家康對秀吉的行為皆以合作態度表示臣服,所以秀吉覺得不必再留下太多德川家的人質,所以只留下已成為秀吉養子的秀康在身邊讓忠康離開大阪城歸國。父親家康被移封至關東地方後,在文祿元年(1592年)成為武藏國忍城城主,家康親自替忠吉元服。忠吉在伊奈忠次的協助下正式親身統管自己的領地,之後在家康的安排下迎娶德川家重臣井伊直政的女兒。慶長三年(1598年),秀吉死後,家康謀奪天下的雄心再現,此時與家康對立的是秀吉遺臣石田三成,但是出身文吏派石田三成生性高傲、陰險小氣所以讓家康得以伺機分化與三成不睦的武鬥派加藤清正、福島正則等人,就在慶長五年(1600年),石田三成和家康之間爆發關原之戰。當時家康招來已成年的四個兒子,起用忠吉擔任東海道行軍的大將並命忠吉的岳丈井伊直政及本多忠勝兩人擔任忠吉的補佐役,次兄秀忠則自東山道進軍關原,長兄秀康負責管制奧羽的大名上杉家,三兄信吉因為體弱多病駐守江戶城。九月十五日上午六時,德川家康到達桃配山後開始布陣,忠吉率3000人進入關原佈陣與井伊直政、寺澤廣高三隊並列在加藤嘉明後面。在之前的軍議中家康為顧全大局答應福島正則的要求讓他擔任先鋒,這使在德川軍常任先鋒的井伊直政頗感不快,將此情況看在眼中的忠吉便逕自進入岳父的陣營向井伊直政說:「身為武士的兒子,唯有在戰場上才是正路。」血氣方剛的忠吉這番話打動井伊直政的心弦,決定聯同忠吉不理會德川家康任命福島正則為先鋒的命令,率領麾下部隊一同進攻,忠吉與井伊直政帶三十個兵士以偵察對手之名迅速越過福島正則的陣地,然後就向西軍宇喜多秀家的部隊發射火槍,點燃大戰的硝煙。東西軍參戰部隊完全捲進混戰,而戰事就底定於小早川秀秋的背叛,他的背叛引發西軍部隊的連鎖式反應,朽木元綱、小川祐忠及赤座直保等先後反叛加入東軍,西軍全面崩潰。此時島津義弘率餘兵向牧田口方向突擊衝去殺出一條退路,忠吉見狀和福島正則、本多忠勝、井伊直政一同追擊過去,其中希冀建立功名的忠吉更是兇猛異常,在激烈的爭戰中忠吉被島津義弘家臣松井三郎兵衛所刺傷,戰勝後忠吉與井伊直政一同謁見家康,忠吉受到家康的贊賞,同時家康也對擔任補佐役的直政表達謝意,感謝他對忠吉的教導。戰後忠吉因在關原的戰功封尾張清洲城五十二萬石,官拜從四位下侍從,但是忠吉卻一直滯留在伏見,負責燬壞後伏見城城下町的重建,後來在慶長九年(1604年)忠吉身染重病,最後忠吉在慶長十二年(1607年)往江戶參勤途時,於三月五日在江戶城下的芝浦病逝,年二十八歲。因為忠吉沒有嗣子,慶長二年(1597年)所生的獨子.梅貞大童子,在出生後16日死去,清洲藩由弟弟德川義直繼承,為御三家之一的尾張德川氏,同母兄長秀忠對忠吉的死去感到非常悲傷。出處#1 http://happyfish.zone.gamebase.com.tw/zone/happyfish/forum/3867/archive/topic/316199 出處#2 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E5%BF%A0%E5%90%89
脇坂安治 Wakisaka Yasuharu(1554年-1626年)脇坂安明的長子,母親為田付景治之妹,幼名甚內。父親脇坂安明為淺井家臣,於永祿十一年(1568年),淺井氏與盟軍織田氏聯軍進攻南近江六角家,在觀音寺城攻城中戰死。元龜元年(1570年)淺井氏與織田氏同盟破棄,天正元年(1573年)織田氏在朝倉氏滅亡之後,隨即開始對淺井家進行圍城攻略戰,史稱小谷城之戰。九月,當主淺井長政小谷城裡切腹自盡,淺井氏滅亡。年幼的安治繼任為家督並投身至明智光秀的麾下,後於永祿十二年(1569年)羽柴秀吉協助光秀進攻丹波時,改投入秀吉陣中並與波多野家的猛將赤井直正單挑,將其討取,此後安治就在秀吉身邊擔任小姓,祿高3石。天正十年(1582年),在本能寺之變中信長身故。翌年,為了決定信長所遺下的霸權,秀吉和織田家元老柴田勝家於近江賤岳發生激戰,安治和同在秀吉身邊擔當侍童的加藤清正、福島正則、加藤嘉明、片桐且元等一起出戰,在混戰之中討取了柴田麾下驍將佐久間勝政的首級,戰後脇坂安治得到秀吉的感狀並且在山城得到三千石的領地,因其武功與加藤清正、福島正則共同得到「賤岳七本槍」之勇名的讚賞。天正十二年(1584年),惟恐被秀吉反客為主的信長次子織田信雄與父親的盟友德川家康聯合對秀吉展開挑戰,爆發著名的小牧、長久手合戰,安治並未隨秀吉親上尾戰戰線與三萬織田德川聯軍對峙,而是被派任於秀吉之弟秀長的麾下出兵伊勢,侵略當地織田信雄的領土,該陣中安治在伊賀上野城的籠城戰打敗了信雄軍的將領瀧川雄利,成攻工佔伊賀上野城,翌天正十三年(1585年),安治積功獲得攝津一萬石的領地,官拜從五位下中務少輔。天正十四年(1586年),秀吉與家康正式議和,家康迎娶了秀吉之妹旭姬並且讓次男於義丸前往大坂城成為秀吉的養子,算是在實際上雙方交換人質之意。與家康議和後,秀吉接受北九州大名大友宗麟之請出兵直驅九州攻打島津,安治加封淡路洲本城三萬石的領地隨軍出戰,但是這第一次對島津的征討卻因為秀吉所派遣的軍監仙石秀久之無謀而大敗,四國之雄長宗我部元親的嫡男信親、十河存保相繼戰死。秀吉經此次戰役後於盛怒之下於隔年親率二十五萬大軍侵入九州,島津義久在無力回天後棄戰稱降。天正十八年(1590年),秀吉對五代稱霸關東的相模北條家發動攻勢,征戰連強如武田信玄、上杉謙信亦久工不落的堅城小田原,脇坂安治作為水軍出戰主要任務在與九鬼水師包圍封鎖小田原的水上,期間安治曾率水軍打下伊豆下田城徹底阻斷小田原的外援,同年七月五日,小田原開城,此戰不但讓秀吉一舉統合關東而且諸多東北大名的參陣和臣服,可以說秀吉已經完成了統一全日本的霸業。但是當安治再次身任水軍將領出戰時,卻遇到了意料之外的強敵。文祿元年(1592年),以武力一統全日本的秀吉,為了轉移內部的矛盾,同時滿足他建立更偉大功業的心理,秀吉出兵侵略朝鮮。十五萬日軍自釜山登陸後,長驅直入,先後攻下漢城、平壤等朝鮮的重要城池,直逼明朝邊界。但相較於陸戰的一路順風,在海上的日軍更顯得滿途荊棘,由脇坂安治與九鬼嘉隆、加藤嘉明率領的水師,在玉浦、永登浦、赤珍浦等地遭到朝鮮水軍名將李舜臣的襲擊,後勤補給幾乎斷絕,為了及時對陸上的日軍進行補助,三人以巨濟島作為目標三路分進,但也因此變的獨立作戰,結果均被李舜臣以詐敗戰術引至閑山島,讓李舜臣以閑山島水深的地理完全發揮出龜甲船攻守之利,以鶴翼陣正面和側面將日本水軍擊潰,從此制海權完全為朝鮮水軍所掌握。慶長三年(1598年)八月,臥病在床久矣的豐臣秀吉過世後後,由以德川家康和前田利家為首的五大老輔佐秀賴執政,德川家康想巧奪豐臣政權的野心漸露,翌年唯一可以制衡家康的前田利家亦繼好友秀吉而去,素與文吏派之首石田三成不合的加藤清正、福島正則、黑田長政、細川忠興、加藤嘉明、池田輝政及淺野幸長七將於利家逝世當晚襲擊石田三成在大坂的宅第,甫從利家屋邸弔問歸來的三成在佐竹義宣的保衛下投奔伏見家康處以隱居為條件避過一劫。石田三成被逼隱居後,德川家康毫無顧忌去實行其取代豐臣家奪取天下的計劃。石田三成不甘心權力被德川家康所奪,起兵討伐德川家康,西軍發出彈劾德川家康的檄文後,派兄長石田正澄在愛知川設下關卡,阻止西國諸將參加家康對上杉發動的會津征伐,安治次子安元遂因此而加入西軍。出於對石田三成的不滿,加藤清正、福島正則等武鬥派將領在德川家康的誤導下認為擊敗石田三成才是穩固秀吉遺兒秀賴政權的行為,因而選擇加入東軍與三成對抗,所以同列為「賤岳七本槍」,素與清正等人相善的脇坂安治雖然因為次子安元投身西軍而亦加入西軍的陣列且參與伏見城的攻城戰,但一直與東軍諸將有暗中往來,並約定為東軍的內應。關原位於美濃國的西面,為一馬蹄形的盆地,脇坂安治部隊在西軍右翼大谷吉繼的指揮下在藤川台東南方的松尾山山麓布陣,率領一千人與赤座直保、小川祐忠、朽木元綱的部隊針對福島正則、藤堂高虎等軍的側面防範並且監視松尾山上松尾新城中小早川秀秋一萬五千人的部隊。交戰當日,就在東西兩軍僵持不下之時,小早川秀秋部隊倒戈由松尾山出兵突襲大谷吉繼部隊的側翼,大谷吉繼早就為此防範以脇坂安治與赤座直保、小川祐忠、朽木元綱四隊防備,開戰後還追加了由長子大谷吉勝和外甥木下賴繼的部隊以做壓制。但他未料到脇坂安治乃是東軍的內應,秀秋一倒戈相向,脇坂安治便依約一起叛變並同時串連與他一起負責防備秀秋軍的赤座直保、小川祐忠、朽木元綱三隊互相呼應反叛,使大谷吉繼軍身陷重圍,脇坂安治與藤堂高虎、京極高知、寺澤廣高、小早川秀秋、朽木元綱、小川祐忠及赤座直保共八支部隊夾擊大谷吉繼軍使其崩潰。戰後論功行賞,脇坂安治得到伊予大洲城五萬三千五百石的封地。後於元和元年(1615年)隱居,把家督之位讓給安元,元和三年(1617年)脇坂家移封信濃伊奈、上總長柄五萬五千石時隱居於京都的西桐院。寬永三年(1626年)在當地逝世,享壽七十三歲,法名臨松院殿前中書少輔平林安治大居士。出處 http://forum.gamer.com.tw/G2.php?bsn=03183&sn=284
赤座直保 Asaza Naoyasu(生年不詳-1606年)赤座氏は朝倉氏家臣123家を所収した「一乘録」にその名が記されており、直保や父の直則も朝倉氏家臣であった可能性が高い。天正元年(1573年)8月織田信長の越前朝倉氏討滅後、信長に降り信長書状によって本領を安堵されたのが直保の初出である。その後越前守護代となった桂田長俊(前波吉継)の下で信長に仕え、天正3年(1575年)11月には長俊の書出しに基づいて府中火内村56石の加増を受けた。この所領は翌年府中三人衆から打ち渡しを受けている。このころ堀江・新開・千福・赤座・鞍谷・諏訪といった越前の諸士は柴田勝家や府中三人衆の与力とされており、前田氏とは関係があった。天正10年(1582年)の本能寺の変で父・直則が討ち死にすると家督を継ぎ、豊臣秀吉に仕えて所領を安堵される。天正17年(1589年)10月、南条郡大桐村に灰焼きの営業独占権を与えた文書が現存する。天正18年(1590年)の小田原征伐では石田三成の麾下で武蔵国岩槻城、忍城の攻略に参加し、この功によって従五位下備後守に任官、越前国今庄2万石に加増され大名に列する。しかしその地位は小早川秀秋や堀尾吉晴の与力であり、独立の大名ではなかった。今庄は直保が居館を置いたことからその統治下において発展し、その統治は結城秀康の街道整備政策によって引き継がれて北国街道の宿駅として栄えるに至る。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで初めは西軍の大谷吉継の軍に属して北国口で戦ったが、本戦で小早川秀秋が東軍に寝返ったのに呼応し、脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠らと共に東軍に寝返り、大谷軍を壊滅させる。だが事前に通款を明らかにしなかったとの理由で、戦後、徳川家康にその功を認められず、所領を没収された。その後は京に住んだが、同年10月前田利長の家臣となり加賀へ赴き、松任城代として7千石を領した。慶長8年(1603年)には利長の命により先祖赤座景秋が建立した棟岳寺を下屋敷の敷地内に移転させている。慶長11年(1606年)、越中大門川の氾濫の検分の際、濁流を渡河中に落馬、溺死している。出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%BA%A7%E7%9B%B4%E4%BF%9D