首頁 Tags 天道

Tag: 天道

三國志12A(本體版人物,含歷史武將、新武將、部分信長之野望.天道人物,jpg線上瀏覽三國志12 人物顏) 利用官方自帶頭像導入工具 NOBU14SR_FaceTool 使用方法 每一檔案168位人物圖。 遊戲效果
五十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豊臣秀吉 / 木下秀吉、齋藤道三、德川家康 / 松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北條氏康、武田信玄 / 武田晴信、山縣昌景 / 飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、上杉謙信 / 長尾景虎、上杉景勝 / 長尾顯景....
五十位人物:佐竹義宣、長野業正、太田三楽齋 / 太田資正、北條氏政、可児吉長、北條綱成、風魔小太郎、武田信繁、高阪昌信、內藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生石舟齋 / 柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安國寺恵瓊、黑田長政、宇喜多秀家....
五十位人物:佐瀨種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政德、山浦國清 / 村上國清、平塚為広、安居景健 / 朝倉景健、安田景元、北條氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、小山明長 / 柏山明長、多賀穀政広、児玉就方、赤星親家....
五十位人物:相馬盛胤、小島政章、宍戶隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡邊了、田原紹忍 / 田原親賢、茂庭綱元 / 鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米穀常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顯、本城常光、江戶忠通、肝付兼続、中條藤資、南部晴政....
五十位人物:大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新齋、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑒速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光....
太田牛一 Ota Gyuichi(1527年-1613年) 『信長公記』などの軍記と伝記の著者。官位は和泉守。通称は又助(又介)あるいは和泉を用いた。 諱は天正9年(1581年)までの文書では「信定」と署名しているのが確認できる。その後の書状では、年代の確実なもので古いものは天正17年(1589年)から「牛一」と署名して、晩年までこれを続けた。そのため信長の死んだ天正10年(1582年)前後に諱を変えたのではないかと言われている。また平家語り一方流琵琶法師が名乗りの一文字の末尾に「一」を付けるので、それに倣ったという説もある。 大永7年(1527年)、尾張国春日井郡山田荘安食村(現・名古屋市北区)の恐らく土豪の家に生まれる。成願寺において僧侶をしていたが、還俗し斯波義統の家臣となる。 天文23年(1554年)7月12日の義統殺害の後、那古野城の織田信長の保護を求めた遺児の斯波義銀に付いて織田家に行った可能性がある。 天文23年(1554年)、信長の家臣・柴田勝家に仕え足軽衆となる。同年7月18日、安食の戦いに参加する。義統弔い合戦の意味もあったと思われる。弓の腕を認められ、信長の直臣となり弓3人鑓3人の「六人衆」の一員となり近侍衆となる。永禄7年(1564年)、美濃斎藤氏の堂洞城攻略では二の丸の門近くの建物の高い屋根から弓を射て活躍し信長に褒められ知行を増やされる。 その後は近習の書記となる。後には安土城下で屋敷を持ち、信長に近侍する官僚(吏僚)として、永禄12年(1569年)から天正10年(1582年)にかけて丹羽長秀の与力として京の寺社との間の行政を担当する。本能寺の変後は長秀に2,000石で仕え柴田勝家との戦いのため坂本城に長秀に従い参陣する。後に天正13年(1585年)の長秀没後は丹羽長重に加賀国松任で仕えるが、公務は息子に譲り同地で一時隠居する。 しばらくして豊臣秀吉に召し出され、天正17年(1587年)から洛南の行政官僚となり再度寺社行政と検地なども担当し、この年から山城国加茂六郷を検地する。天正18年(1588年)には淀城を拠点にし、南山城と近江国浅井郡の代官も兼任する。天正20年(1590年)、肥前国名護屋へ秀吉に従軍し、道中の人足や馬を配分する奉行に就く。名護屋では名護屋城の建築工事の差配をする。文禄元年(1592年)の文禄の役では城の留守番衆として詰める。文禄3年(1594年)、大阪に戻る。文禄5年(1596年)5月9日、豊臣秀頼の初の上洛に供奉する。この時に後陽成天皇に『太閤御代度々御進発之記』を献上する。慶長3年(1598年)3月15日の醍醐の花見では秀吉の側室・三の丸殿の警護を務めた。同年3月17日、醍醐寺三宝院で門跡・義演から信長から秀頼までの記録を書いたと紹介され一部暗誦もした。 同年9月18日の秀吉の没後は豊臣秀頼に仕えた。慶長6年(1601年)までに『関ヶ原合戦双紙』を徳川家康に献上し、11月7日中井宗茂にも進上する。慶長11年(1606年)、南禅寺金地院の河内真観寺領の代官になる。慶長12年(1607年)頃、『関ヶ原合戦双紙』奥書で自分の著作をまとめて「五代之軍記」と名付ける。慶長16年(1611年)3月28日、秀頼の家康との京都二条城での会見への上洛に供奉する。 80代で感冒で重体となり、体力が低下したが回復する。隠居しないまま大阪城東南の重臣の屋敷地区の大坂玉造で慶長18年(1613年)に病死する。 非常に長寿で壮健で慶長15年(1610年)、84歳の時の書も残っている。 記録作者として優れ、信長・秀吉・秀次、秀頼、家康の軍記・伝記を著述したが、信長の一代記である『信長公記』が、その綿密さと史料性の高さから特に有名である。戦記としても軍事的に正確で研究対象となっている。江戸時代の通常の編纂物や軍記物とは一線を画している。長篠の戦いを描いた屏風『長篠合戦屏風』は地形は前後に縮小されているが概ね、『信長公記』通りでありその信ぴょう性を高めている。人の行為、戦争や生死に対しては、天道が定めているという運命論者であり、信長の虐殺も坦々と事実を描くが批判はしない。他には安土城についても細部まで正確に記録していたことが、上層の絵の位置が一部入れ替わっているが加賀藩伝来の天守指図の発見で裏付けられた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E7%89%9B%E4%B8%80
宮本武藏 Miyamoto Musashi(1584年?-1645年) 新免無二之子、養子為三木之助、伊織;幼名弁助、弁之助,別名藤原玄信、新免武藏守、新免玄信、新免武藏、宮本二天,戒名二天道樂居士。 在『五輪書』中,武藏自述在13歲初次決鬥戰勝「新當流」的有馬喜兵衛,16歲擊敗但馬國剛強的兵法家秋山,21歲赴京都,與來自各國的兵法家交手,從13歲到29歲,決鬥60餘次,沒有一次失手。 慶長五年(1600年),武藏自稱隸屬於宇喜多秀家的新免氏武士,以西軍身分參加關原之戰;然而從黑田家之文書(『慶長七年・同9年黑田藩分限帖』)記載著武藏父親新免無二在關原之戰以前是在東軍的黑田家仕官,因此在關原之戰中武藏也很有可能同父親一起侍奉當時豐臣家的黑田孝高,在九州作戰。 『五輪書』中記載「21歲赴京都,與來自各國的兵法家交手,沒有一次不成功的」。從天正十二年(1584年),武藏出生推算的話,赴京應是慶長九年(1604年)。在『新免武藏玄信二天居士碑』(小倉碑文)記載「扶桑第一之兵術吉岡」,應是指吉岡流一門。而武藏與吉岡兄弟決鬥的故事,則在各文藝作品間廣傳至今。 武藏的決鬥事蹟中,最廣為人知的莫過於「岩流島決鬥」,也就是在慶長年間在長門國(今本州山口縣下關市)的舟島(浮在關門海峽上的岩流島),與岩流的兵法家佐佐木小次郎對決的故事。大部份人認為武藏在這次決鬥中戰勝佐佐木小次郎,但實際上決鬥的經過、勝敗、甚至武藏的對手到底叫什麼名字,不同資料的記載亦有不同,仍然有待查證。 大阪之役(大阪冬之陣與大阪夏之陣)之中,武藏以豐臣軍名份參戰的故事,實為稗官野史詄聞毫無根據之誤傳。實際上武藏是以水野勝成的客將以德川軍名義參陣之。與水野勝成的嫡長子水野勝重(水野勝俊)活躍的戰蹟,亦在數個歷史文獻中記載。 之後武藏在姬路城主本多忠刻的交涉下,參予明石的町割(都市計劃),以及姬路、明石等城寨、寺院的修築建設。根據『海上物語』,武藏也在這個時期和夢想權之助(神道夢想流祖師)在明石進行決鬥比試。 元和初年(1615年),武藏收水野家臣中川志摩助的三男,中川三木之助為養子,並推薦三木之助出仕姬路城主本多忠刻。然而三木之助卻在寬永三年(1626年),為本多忠刻亡故而殉死。於是武藏只好在三木之助死後,收播磨武士侍田原久光的次男伊織成為養子。宮本伊織後來出仕明石城城主小笠原忠真,在寬永八年(1631年),年僅20歲時便成為小笠原家的家老。 寬永十五年(1638年),島原之亂爆發,小倉城主小笠原忠真與恃從伊織出陣鎮壓之,武藏與忠真外甥中津城城主小笠原長次也參陣其中。從島原之亂後從武藏寄給延岡城主有馬直純的書信中,寫著「我不會再被石頭打到」的紀錄看來,武藏有被當時島原一揆軍投石擊中而負傷。另外,在小倉寄宿之中,武藏依忠真之命與寶藏院流槍術的高田又兵衛(高田吉次)比武。 寬永十七年(1640年),武藏受熊本城城主細川忠利邀請移駐熊本城。門人7人每人分給18石共300石之俸祿,並在熊本城東部的千葉城武家一處房捨供居住之,武藏更破格可參予以往只有家老身分方可參予的獵鷹活動。細川忠利也邀請武藏和同樣客人身分的足利道鑑(尾池義辰?,足利義輝遺孤),3人依同前往山鹿溫泉。但隔年細川忠利猝死,其第二代藩主細川光尚同樣給予300石的待遇對待之。『武公傳』的武藏弟子士水(山本源五左衛門)記載:『士水傳紀錄:武公肥後的門弟、為首有太守長岡式部寄之、澤村宇右衛門,其他如御家中、御側、外樣、與陪臣、輕士共千餘人』入門武藏門下。在教授劍術兵法之餘,則以繪畫與製作工藝作品流傳至今。 寬永二十年(1643年),武藏登上九州肥後岩戶山(今熊本市附近),並閉居山下的靈岩洞,開始執筆撰寫『五輪書』。另外,在武藏死亡之前數日,武藏則把二書『獨行道』與『五輪書』合稱為「自誓書」並授與弟子寺尾孫之允。 正保二年(1645年)武藏於千葉城的武士居所死亡。 出處 https://zh.wikipedia.org/zh-hk/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E6%AD%A6%E8%97%8F
相良治頼 Sagara Haruyori(1514年-1546年) 永正11年(1514年)、相良長弘の子として八代にて誕生。祖父頼泰が宗家に謀反を起こしたため、幼少であった父長弘は八代に逃れて死を逃れた。 治頼は成長すると16代当主相良義滋(長唯)に仕えた。治頼は天性器量に優れ、武技に通じ、天道兵法に詳しく芸能の嗜みも深かった。八代岡(八代市岡町)の地頭として功があり、民心も得ていた。それで球磨郡の重臣の中にもその人となりに心服し、謀反(下克上)を唆す者があった。治頼もついにその気になって決意するが、その企みは内通者によってすぐに露見した。義滋が治頼に切腹を命じるつもりであるという話が伝わると、治頼は観念して自害しようとしたが、犬童頼安(軍七)と宮原玄蕃がこれを止めて、人吉に逃れて同志を集めて一戦交えようと説得したので、これに従って球磨郡に向かった。 天文14年(1545年)6月15日夜半、10名程度の一行は、万江川(球磨川の支流、人吉市の西の境)に至った。しかしその情報をつかんだ人吉の井手隼人と林田忠次郎が待ち受けていて、「人吉の謀臣は皆自害した」と嘘を教え、郡内に入るのを妨害しようとした。治頼はこれを怪しみ、厳しく詰問したので、両人は答えに窮し、怒った治頼は林田を斬るが、井手を取り逃がしてしまった。治頼は取りあえず山道を使って、一時真幸院まで逃れることにした。義滋は八代から追手を差し向けたが、この頃には治頼はすでに逃れていた。 しばらくして、球磨・葦北の味方が治頼の元へ集まって来たので、林田・井手に騙されたことがわかり、改めて手勢40余人を率いて球磨郡に向かった。7月14日夜、多良木に至って鍋城に入った。鍋城では税所源兵衛が応対したが、治頼らを歓迎するふりをして、城は城壁が強固ではないからと入城を拒み、地頭岩崎加賀の家に入れと勧めて、そのうちに直接八代に通報。岩崎加賀も深水出羽と謀って歓迎するふりをして家に泊めるが、夜のうちに逃亡した。結局、治頼は期待した応援を得られなかった。 義滋は人吉の兵を追討に派遣することにした。9月13日、治頼は耳取原にて僅か40人余りの手勢でこれを迎え撃ったが、衆寡敵せずに敗退。久米の地頭を頼ったがこれにも断られたので、日向国に逃れ、さらに豊後国に移住した後、一年後の天文15年(1546年)、佐賀関にて病死した。享年33。法名は摩利支天正位。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E8%89%AF%E6%B2%BB%E9%A0%BC

Send this to a friend