首頁 Tags 塙直之

Tag: 塙直之

人物:織田信長 柴田勝家 前田利家 明智光秀 丹羽長秀 羽柴秀吉 石田三成 長井規秀 松平元康 本多忠勝 伊達政宗 南部信直 最上義光 蘆名盛氏 佐竹義重 上杉憲政 結城晴朝 里見義尭 北条氏康 武田晴信 武田勝頼 飯富昌景 馬場信房 真田昌幸 真田幸村 村上義清 長尾景虎 上杉景勝 ...
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、滝川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、上杉景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家
望月千代女、大久保忠教、三条の方、宝蔵院胤栄、伊東義祐、浦上宗景、寿桂尼、吉岡妙林、柳生利厳、小堀政一、有馬豊氏、内藤忠俊、堀尾吉晴、渡辺了、大久保長安、伊達阿南、加藤嘉明、森可成、真壁氏幹、花房職秀、十河一存、神保長職、江裏口信常、脇阪安治、九鬼守隆、長宗我部信親、定恵院、秦泉寺泰惟、福留親政、嶺松院
塙直之 Ban Naoyuki(1567年?-1615年) 父母不詳,妻為櫻井氏;通稱長八、別名時雨左之助、須田次郎左衛門、塙直次、塙尚之、道號鐵牛,以「塙團右衛門」之名為人所知。 一說指直之出自上總國養老之裡並仕於北條綱成,另一說法認為直之為織田家臣塙直政一族,最初仕於織田信長和羽柴秀吉。 但是因為直之愛喝酒卻又酒品不佳,大醉之後喜歡打架鬧事而被解職。之後為當時初露頭角的織田家部將羽柴秀吉(豐臣秀吉)招攬,可是因為他酗酒的壞毛病仍然不改,所以被同僚們厭惡而再次出奔。賤岳之戰後,成為羽柴家首要功勳者賤岳七本槍之一的加藤嘉明的家臣,擔任鐵炮大將。 直之作為加藤家的家臣在豐臣秀吉出兵朝鮮時活躍。之後在關原之戰,因為主君加藤嘉明份屬武斗派而效力於東軍,協助德川家康與石田三成交戰。所以直之也理所當然地以東軍部將的身份參加關原之戰,盡管當時直之已是拜領一千石俸祿的武將,還是挺起長槍沖進敵陣浴血奮戰,斬下許多敵軍首級。 但是在日後加藤嘉明知道當時直之在戰場的表現時,罵他一句:「你不具大將之器。」直之為此感到氣憤,因而拂袖而去,在他離開城門時留下一句:「江南野水終不留,高飛天地一閑鷗」(遂に江南の野水に留まらず、高く飛ぶ天地一閑鷗)便出走。 之後直之先後侍奉小早川秀秋及松平忠吉。也許是不幸,小早川秀秋和松平忠吉都年紀輕輕便因病逝世,後來有段時間他成為福島正則的家臣,然而因為原雇用大名加藤嘉明的回狀對他不利,所以沒多久便被福島正則辭退。 離開廣島城的直之似乎失去出仕信心,沒有再投靠其他大名,成為浪人萌生出世之念,遠到京都剃發出家為禪僧。 慶長十九年(1614年),大阪之役爆發,為應付將要西來的德川家康大軍,豐臣秀賴母子積極招徠浪人進入大阪城,人在京都的直之再次燃起心中的火苗,在此時決定加入大阪方任官參戰。 直之投靠大阪城初期,並沒有受到太多重視,只是作為一般將領,編入大野治長的弟弟治房麾下。真正使直之開始引人注目的,是在冬之陣末期,德川、豐臣雙方和談之前,那場被稱作「本町橋夜襲」的奇襲戰。 在冬之陣中,直之提議用150兵偷襲敵方軍隊制造混亂,而目標是阿波大名蜂須賀至鎮軍的中村重勝部隊,夜晚突然的奇襲讓蜂須賀軍一時不知所措,同時大野治房也率軍往援夾擊,雖然最後在蜂須賀至鎮的其它軍團群其圍攻下被迫撤退,但是直之也從此被世人稱為「夜襲大將」,而聲名大噪。 慶長二十年(1615年),大阪夏之陣烽煙再起,豐臣方主動出擊,向大和進軍。以大野治房為主將,直之、岡部則綱、淡輪重政、新宮行朝為備大將,率領三千士兵,進攻淺野家的主城和歌山城。豐臣軍出動的消息迅速地由紀伊國人眾處傳到幕府京都代官板倉勝重的耳中,板倉勝重立即調遣和歌山藩淺野長晟來救,豐臣軍在途中先攻下岸和田城後,直之由貝塚出發與淺野長晟的先鋒隊岡部則綱遭遇,雙方一陣口舌戰後,正式交戰。 由於淺野軍的龜田高綱部隊埋伏一旁射擊,使直之一方面要對付眼前之敵,一方面還要注意龜田高綱部隊放的冷箭,疲於奔命,行軍速度減緩並脫離後方本隊,最後淺野軍的上田重安率軍來援,豐臣軍士氣大潰而敗北。直之一直奮戰直到中箭落馬,被人從背後用槍刺死,與副將淡輪重政一同戰死。 出處#1 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%99%E7%9B%B4%E4%B9%8B 出處#2 http://baike.baidu.com/view/900015.htm
小出吉英 Koide Yoshihide(1587年-1666年) 天正15年(1587年)、豊臣秀吉の従弟である小出吉政の長男として、大坂で生まれた。秀吉の従甥にあたる。文禄2年(1593年)、7歳の時、従五位下右京大夫に叙任される。 慶長9年(1604年)、徳川家康の命で父が和泉岸和田城に移った後、代わりに吉英が但馬出石藩6万石を与えられて領した。この際、叔父にあたる三尹に吉英の所領の中から1万石を分知するように命じられて、和泉陶器藩を立藩させた。同年、吉英は新たに出石城を築城し、有子山城より居城を移転した。 慶長17年(1612年)、大和守に任命された。 慶長18年(1613年)、父が死去して3月に家督を継いで岸和田に戻ったため、出石城を弟吉親に譲り、吉英は 和泉国大鳥郡、日根郡、但馬国養父郡、気多郡、美含郡の5郡の内、5万石を領した。同年、将軍徳川秀忠より領知の朱印状を与えられる。 慶長19年(1614年)、大坂の陣が始まる前、豊臣方より誘いをかけられた。豊臣秀頼から黒印を贈られ、大野治長、津田頼長からの書簡が添えられていたが、吉英はこれを受け取らず本多正純に事の次第を説明してくれるように頼んだので、これを聞いた家康は大変喜んだという。冬の陣では、吉親と共に出陣して天王寺口の攻撃に参加した。岸和田城は手薄となり、大坂城が近いため、援軍として本多政武、松平信吉が入城した。しばらくしてさらに北条氏重が加わった。和平交渉に際して、大野治長は嫡子信濃守治徳(長徳)を吉英の陣に送って人質とした。これは和議成立後に返還された。 翌年の夏の陣でも吉親と共にあり、これに金森可重、伊東治明ら親族が加わって岸和田勢をなした。4月29日に豊臣方が出陣して大野道犬が岸和田城を押さえている間に、大野治房を主将に、塙直之、岡部則綱、淡輪重政らが紀伊国へ侵攻して浅野長晟を攻撃しようとした。これが樫井の戦いで敗れて退却すると、5月1日に道犬も撤収しようとしたので、吉英らは城より打って出て、首級62、捕虜6人と得る戦果を挙げた。7日、大坂落城ではその戦いに加わって数百を斬り、首級107を挙げた。これら首級をそれぞれ公儀に献じて褒美を受けた。8日、秀忠の命をうけて堺浦の警備にあたり、落ち武者狩りを行った。 元和5年(1619年)、岸和田から出石の旧領への移封を命じられ、但馬国出石郡、養父郡、気多郡、美含郡、朝来郡の5郡からなる5万石となり、出石城に戻った。この時、吉親は丹波国園部に移封されて園部藩を立藩し、吉英は家督を(まだ存命の長男ではなく)次男吉重に譲るとして一線を退いた。 寛永10年(1633年)、出雲松江藩堀尾忠晴が無嗣断絶で改易となると、古田重恒、池田長常と共に松江城の接収役となった。同14年に今度は堀尾領を引き継いだ京極忠高が没して同地が没収となると、再び古田重恒、亀井茲政と共に松江城に守衛として入った。 寛永15年(1638年)、命を受けて高野山大塔を造営した。寛文3年(1663年)、出石郡矢根銀山を賜った。 寛文6年に没す。享年80。法名は雪江院潙峰不白。下谷広徳寺に葬られた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E5%90%89%E8%8B%B1
淺野長晟 Asano Nagaakira(1586年-1632年) 淺野長政的次子、母為淺野長勝之女.彌彌(長生院)、正室為德川家康三女.振姬;幼名岩松、戒名自得院殿洞雲宗仙大居士。 出生於近江國滋賀郡坂本(現今滋賀縣大津市),文祿三年(1594年),仕於豐臣秀吉而被賜予3千石。 慶長五年(1600年)的關原之戰以後跟隨德川家康,擔任德川秀忠的小姓。在慶長十五年(1610年)被賜予備中足守2萬4千石。 慶長十八年(1613年),長兄淺野幸長在沒有嗣子的情況下病死,於是繼任家督並成為紀伊國和歌山藩(紀州藩)藩主。 在慶長十九年(1614年)的大阪冬之陣、翌年(1615年)的夏之陣參戰,在堅井之戰中討死塙直之等人而立下功績。不過在紀伊國內有北山一揆、紀州一揆和國人眾勢力相繼蜂起,在戰後立即返回領內鎮壓一揆。 元和五年(1619年),在福島正則被改易後加增移封至安藝廣島42萬石。 寬永九年(1632年)9月3日,在廣島死去,年四十六歲。家督由次男光晟繼承。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%BA%E9%87%8E%E9%95%B7%E6%99%9F

Send this to a friend