首頁 Tags 堅田元慶

堅田元慶

堅田元慶 Katada Motoyoshi(1568年-1622年)粟屋元通の子、母為江田元周女、養父:堅田元乗?、妻 益田元祥女。毛利輝元の近習として寵愛される。天正10年(1582年)に元服して、元勝と名乗る。行政手腕に優れていたため、毛利輝元や小早川隆景に信任を受けた。そのため子の無かった小早川隆景の養子として認められたが、元慶はそれを辞退して、周防国堅田を名字として名乗った。養嗣子にはならなかったものの、隆景の寵愛を受け、天正13年(1585年)に隆景が伊予国に移封された際、それまで隆景の本拠であった三原城を預けられた。天正16年(1588年)には輝元に従って上洛。豊臣秀吉にも気に入られて大坂城にも出仕し、従五位下兵部少輔に叙任、豊臣姓を下賜された。 文禄・慶長の役では朝鮮半島へ上陸し、毛利軍の一員として戦っている。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいても、四国方面の経略を進めると共に毛利輝元の側近として大坂城に入り、各方面へ輝元の指示を伝えている。敗戦後は毛利氏の防長移封に従うも、徳川家康は関ヶ原前後の元慶の行動は安国寺恵瓊と同じであるとして元慶の処刑も考えていたが、井伊直政や本多正信の執り成しによってであると輝元嫡子毛利秀就とともに証人(人質)として江戸に住した。生命は許されたものの、その身は20年の長きに渡って江戸に留め置かれた。元慶は一時帰国が許されることもあったが、帰国が長期に渡ることもあり、毛利輝元は本多正信の意見に従い、元慶の家族を江戸に送らせた。慶長15年(1610年)、元慶は以前から懇意にしていた周防国山口の瑠璃光寺の元住持秀山を誘い、江戸に瑠璃光寺を創建した。元和8年(1622年)に江戸で死去した。墓所は東京都港区瑠璃光寺。子の就政は、幼少のため所領を湯野・戸田・日置の2,000石に削減され、寛永2年(1625年)周防国湯野(現在の湯野温泉)に移住した。子孫は同地で明治維新を迎えている。出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%85%E7%94%B0%E5%85%83%E6%85%B6
末次元康 Suetsugu Motoyasu(1560年-1601年)毛利元就的八子、母為三吉氏、養父椙杜隆康、正室為杉原盛重之女、繼室為吉見廣賴之女.矢野局;幼名少輔七郎,通稱七郎兵衛尉,別名毛利元康、富田元康,戒名石心玄也。生於安藝國吉田庄,同母兄毛利元秋、出羽元俱,異母兄弟有毛利隆元、吉川元春、小早川隆景等。自元就處受領出雲國末次庄(所領2400貫)末次城故常以末次元康為名。後來代替被椙杜氏迎作養子的同母兄元秋成為椙杜氏家督。天正四年(1578年)跟隨兄長吉川元春進攻因幡國宮石城(現鳥取縣鳥取市氣高町)立功,此為初陣。天正十三年(1585年),毛利氏參加四國征伐時南條直秀(南條元續)趁機奪取伯耆國河原山城,末次元康將城奪回,因而受到褒獎。同年,接替急死的同母兄毛利元秋成為出雲國月山富田城主。天正十九年(1591年)豐臣秀吉命吉川氏當主吉川經言(吉川廣家)轉封月山富田城,元康移至備後國神邊城(現廣島縣廣島縣福山市神邊町)。文祿元年(1592年)開始的文祿慶長之役中作為主君毛利輝元的名代出兵朝鮮。碧蹄館之戰擊退攻來的明軍一千餘人將戰鬥引向勝利,功勞甚大,獲得豐臣秀吉感狀。後於文祿四年(1595年)擔任從五位下官職,並獲賜豐臣姓。文祿之役後的慶長三年(1598年)在瀨戶內海內的小半島上修築了王子山城(現廣島縣福山市東深津町),並將居城自神邊移至此處。嫡男元宣亦生於此城。慶長五年(1600年),豐臣秀吉死後,德川家康極盡專橫之事,與石田三成、宇喜多秀家產生對立,毛利家中對於加入哪一方也是爭論不休。因而元康一邊負責協調家中意見,一邊受毛利輝元之命與堅田元慶等人向藤堂高虎、加藤嘉明領內伊予國國人久枝又左衛門發送書信希望其內應,積極的展開各種內應工作。關原之戰中參加前哨戰伏見城攻城戰,伏見城落城後作為西軍的大將率軍一萬五千進攻京極高次駐守的大津城(大津城之戰)。元康將本陣置於長等山,並在此與立花宗茂軍勢聯合對城內進行炮擊。9月13日開始總攻擊,掩埋了護城河,連下三の丸、二の丸直逼本丸,9月15日城主京極高次投降,同日關原之戰本戰打響,結果沒有趕上本戰。聽聞主力敗北傳聞的元康返回大阪城進行抗戰準備,由於毛利輝元無意作戰,最終撤出大阪城返回本國。戰後由於毛利氏減封至防長兩國,所領變為長門國厚狹郡10,500石,子孫是長州藩一門家老厚狹毛利家。慶長六年(1601年)病死於大阪木津毛利宿陣,得年四十二歲。另:現廣島市內元安橋,本名元康橋,後為避德川家康之諱改名元安橋,此橋即得名自末次元康。橋下的河也因橋而得名元安川。以元康為名的原因一說是其指揮了架橋工作,一說此橋正好通到元康宅邸門前。元安橋經過數次改修,於1920年改為鋼筋混凝土結構。1945年廣島原爆時,此橋距爆心僅130米,然而奇跡般的並未坍塌。1989年,因為原橋結構老化進行了大幅度改修,僅保留了原橋的些許結構物。作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=7#postid-207 日文出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AB%E6%AC%A1%E5%85%83%E5%BA%B7
村上元吉 Murakami Motoyoshi(1553年-1600年)村上武吉的嫡子,母為村上通康之女,妻為小早川隆景養女,弟為村上景親,子為村上元武;通稱少輔太郎,受毛利元就偏諱「元」字,名為元吉,官位掃部頭。天正四年(1576年)率領村上水軍在第一次木津川口之戰擊潰織田水軍。被認為也有參與第二次木津川口之戰。天正十年(1582年)3月來島村上氏的來島通總、得居通幸兄弟被羽柴秀吉(豐臣秀吉)籠絡投靠織田軍時,曾經追擊過他們。天正十年(1582年)繼承家督。織田信長於同年橫死於本能寺之變,豐臣秀吉繼承了信長統一天下的事業。村上元吉和父親、弟弟們皆未參與天正十四年(1586年)的四國征伐,於是被秀吉討伐。但同年在傳教士科埃略的請求下,元吉將村上水軍的軍旗給科埃略,讓科埃略得以安全通行瀨戶內海。豐臣秀吉為了統一天下在天正十六年(1588年)頒佈海賊停止令,瀨戶內海的海盜行為也被禁止。之後違反了海賊停止令的關係,元吉和父親被流放到築前國加布裡(現在的福岡縣前原市)。文祿元年(1592年)的文祿慶長之役中,負責將軍隊輸送至朝鮮。慶長三年(1598年)隨著豐臣秀吉去世,毛利輝元將元吉和父親移到安藝國竹原並授與4700石。一封元吉於慶長四年(1599年)10月6日寫給毛利家臣堅田元慶,祝賀毛利秀就元服的信保留至今,藉由這封書信可以看到村上家和毛利家的關係。慶長五年(1600年)在關原之戰的前哨戰中,攻擊阿波國的蜂須賀氏,並奪下豬山城。9月時登上興居島,為了進攻加藤嘉明的居城伊予國松前城,在17日來到伊予國三津濱(現松山市古三津)佈陣。但是在9月17日晚上至18日早上遭到佃十成夜襲而戰死(三津刈屋口之戰)。墓所在安藝國竹原的鎮海山城跡。嫡男村上元武在武吉的輔佐下繼承家督。作者 秋霜烈日 譯文出處 https://sepkalily41.blogspot.com/2018/08/blog-post_3.html 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%85%83%E5%90%89