首頁 Tags 堀尾吉晴

Tag: 堀尾吉晴

三百八十五位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豐臣秀吉、齋藤道三、德川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北條氏康、武田信玄、山縣昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼續、柿崎景家、本願寺顯如、今川義元、淺井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黑田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉繼、島清興、蒲生氏鄉、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝賴、足利義輝、尼子晴久、津輕為信、榊原康政、伊達成實、山本晴幸、真田幸隆、太原雪齋、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季廣、石川高信、丸目長惠、上泉信綱、渡邊守綱、里見義堯、蘆名盛氏、瀧川一益、佐佐成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、豐臣秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、齋藤義龍、稻葉良通、石川數正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戶澤盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北條氏政、可兒吉長、北條綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、內藤昌豐、真田信幸、今川氏真、柳生宗嚴、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安國寺惠瓊、黑田長政、宇喜多秀家、長宗我部國親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覺兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定滿、齋藤朝信、北條幻庵、本庄繁長、下間賴廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、穎娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀨種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政德、村上國清、平塚為廣、朝倉景健、安田景元、北條氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政廣、兒玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黑田職隆、甘粕景繼、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七條兼仲、伊東義祐、瀧川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路賴綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戶隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡邊了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顯、本城常光、江戶忠通、肝付兼續、中條藤資、南部晴政、分部光嘉、多田滿賴、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑實、齋藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北條氏邦、犬童賴安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為賴、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮廣綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、關口氏廣、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豐、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北鄉時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠鄰、城井正房、大熊朝秀、氏家行廣、池田知正、土井利勝、德山則秀、平田範重、穴山信君、一條兼定、堀秀政、百百安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、蘆名義廣、三善一守、板部岡江雪齋、岡本顯逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、淺野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重經、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、姉小路良賴、和田惟政、新發田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大內定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長增、安東實季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間賴照、酒井家次、結城朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪賴忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色滿信、真壁氏幹、本庄實乃、大田原晴清、中村春續、朝比奈信置、安藤守就、山名豐國、鵜殿長持、北條氏直、足利晴氏、結城秀康、岡吉正、一栗高春、北條景廣、富田隆實、木下昌直、岡部元信、圓城寺信胤、遠藤直經、岡本禪哲、安倍元真、大寶寺義氏、福原資孝、斯波詮真、佐藤為信、筑紫廣門、春日元忠、戶蒔義廣、鬼庭良直、真田信綱、太田政景、岡利勝、蒲池鎮漣
五十位人物:大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顯綱、平田舜範、正木賴忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、龜井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新齋、北條氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮國綱、臼杵鑒速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光....
三百位人物:羽柴秀次、石川五右衛門、久武親直、三好政勝、一条兼定、河野通直、来島通康、松平忠吉、阿蘇惟将、松平忠輝、柳生宗厳、松浦鎮信、相良義陽、相良頼房、深水長智、犬童頼安、伊東義祐、伊東祐兵、稲富祐直、島津家久、種子島時尭、母里太兵衛、伊集院忠朗、伊集院忠棟、新納忠元、京極高次、花房職秀、柳生宗矩、百地三太夫、大内義長、大友義統、岩城重隆、赤井直正、本願寺証如、尼子国久、尼子勝久、里見義頼、吉田孝頼、龍造寺政家、鈴木重則、足利義氏、千葉胤富、斯波義統、相良晴広、東郷重位、武田信廉、武田義信
五百位人物:有馬直純、明智秀満、鵜殿長照、赤尾清綱、増田長盛、鵜殿氏長、脇坂安治、長束正家、岡部正綱、岡部長盛、奥平貞能、葛山氏元、蒲生賢秀、蒲生秀行、京極高吉、松平広忠、籾井教業、三好義興、青山忠成、石川家成、石川康長、畠山昭高、薄田兼相、大野治長、板倉勝重、筒井定次、伊奈忠次、鈴木重朝、榊原康勝、酒井忠勝、内藤清成、牧野康成、山口重政、尼子誠久、斯波義銀、毛利長秀、津川義冬、立原久綱、織田広信、織田信秀、織田信澄、織田信包、河尻秀隆、河尻秀長、柴田勝豊、丹羽長重、宇喜多詮家、平岡頼勝、松野重元、原田直政、三村元親、前田利長、前田利政、蜂屋頼隆、古田重然、小早川秀包、森忠政、生駒親正、柴田勝政、佐久間安政、前野長康、小野木重次、桑山重晴、仙石秀久、三好長治、徳永寿昌、戸田勝成、百々安信、中村一氏、原長頼、平塚為広、堀尾吉晴、溝口秀勝、徳山則秀、毛受勝照、土岐頼次、氏家行広、日根野弘就
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、羽柴秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、津軽為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、羽柴秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路頼綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、分部光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、、
織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、豊臣秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春
吉川經家 Kikkawa Tsuneie(1547年-1581年) 吉川經安的長子、母為吉川經典之女、妻為境經輝之女;幼名千熊丸,通稱小太郎。 弘治二年(1556年)吉川本家家督・吉川元春進攻石見,父親經安被配置在福光城。永祿四年(1561年),那賀郡音明城城主福屋隆兼因領土問題反叛毛利家。年僅14歲的經家隨父討伐福屋隆兼。 天正二年(1574年),父親經安隱居,27歲的經家繼承石見吉川家。身為吉川一族(安芸吉川分支石見吉川),經家追隨「鬼吉川」吉川元春轉戰各地。 隨著中國毛利與近畿織田兩個強大勢力的接鄰,兩家的戰爭亦無可避免地隨之而展開。天正五年(1577年)10月,羽柴秀吉受織田信長的之命,作為織田家中國征伐軍的總大將,負責織田家中國地區的軍務。中國地區的城池一個接一個的落入秀吉之手。 天正八年(1580年)5月,秀吉完成但馬攻略,留弟弟羽柴秀長支配但馬,開始將目光投至因幡的鳥取城。天正八年(1580年)9月21日,風聞秀吉攻來的鳥取城城主山名豐國力排眾議,向家臣表達向秀吉投降的決定。家臣森下道譽、中村春統等屢勸不果,遂將山名豐國放逐,向毛利家負責山陰地區軍務的吉川元春請求派遣將領入衛鳥取城。 鳥取城是依著險峻的久松山而建成的山城,西北接連丸山、雁金山,鄰近千代川、袋川。利用天然地形使鳥取城成為一座易守難攻的要害,更成為因幡國的重要據點。宗家的毛利輝元和吉川元春、小早川隆景都知道鳥取城是中國地方毛利陣營的最前線,甚為重要,關系到織田勢能否進出中國地方。吉川經家被派遣擔任鳥取城城代,入城防衛。 天正九年(1581年)2月26日,經家離開福光城,從溫泉津乘船出發,由隱岐水軍將領奈佐日本助、鹽冶周防守、佐佐木三郎左衛門等護送,向鳥取城進發。3月18日,經家帶同400人的援軍進入鳥取城。面對將要來臨的秀吉大軍,經家已有被打敗的心理准備,檯棺進城,表明已有決死的覺悟。然而,當經家調查固守城池所需物資時,他大感愕然。原因是防守鳥取城的山名家部隊約1000人,毛利吉川軍約800人,鄉民約2000人,鳥取城約有全體4000人。他發現固守城池所需糧食不夠整整四千人吃。經家馬上派人從近鄰的農民籌措米糧,不過太遲。秀吉已經透過細川藤孝、宮津屋甚兵衛,宮津屋喜右衛門等人,指示附近的商人以高價買下因幡全部的米糧。經家唯有向毛利家請求糧食救援。 經家的想法是,當秀吉攻來,說的是從夏末天到晚秋的籠城攻擊。因此如果有足夠糧食給城中軍民挨過秋天,秀吉大軍將要在山陰度過嚴寒的冬天,到時秀吉就不得不退。可是,鳥取城的貯糧又未知否足夠。 此外,經家在雁金山築寨,配置500多人,由鹽冶周防守高清駐守,以及在丸山築寨,由奈佐日本助駐守。經家務求將連成鳥取城(久松山)一雁金山一丸山防線,以發揮鳥取城的長期作戰能力,令秀吉知難而退。經家更對鳥取城對出的加露浦做特別安排,以維持海路的聯絡。當時補給路的大動脈是由千代川進入袋川,再經由丸山城、雁金山至鳥取城。 秀吉大軍的行動很快。天正九年(1581年)6月25日,秀吉率領二萬多人的大軍從姬路城出發,與但馬竹田城的秀長五千兵會合,由但馬口攻入因幡,越過戶倉峠,穿過若櫻、私都谷、三代寺、宮之下、岩倉、瀧山、小西谷,四日後突然出現於帝釋山。秀吉在鳥取城的東面本陣山著陣,俯視整個鳥取城。秀吉迅速將鳥取城徹底包圍。 秀吉在鳥取城外構築柵欄、矢倉、堀溝等圍城工事。堀溝闊十間.深五間,堀底有逆木及樁子。每十町設置一座三層櫓,夜間火燃起火把,把黑夜照得像白天一樣,並下令馬迴眾巡回警固,不許城中一個人溜出城外。秀吉采用軍師黑田官兵衛的斷水斷糧的圍城戰略。鳥取城攻略成了一場兵糧戰爭。 此外,秀吉派遣部將宮部繼潤占領鳥取城與雁金山之間的道祖神谷,並進攻經家設置的雁金山寨,以斷絕經家與城外的聯絡。雁金山寨的鹽冶周防守高清與宮部繼潤死戰,不過在猛攻之下,鹽冶周防守高清不敵棄寨,並跑到丸山寨,與奈佐日本助一起死守。經家失去雁金山寨的屏障,鳥取城更形孤立。天正九年(1581年)8月13日,信長更命令丹波的明智光秀、丹後的細川藤孝、攝津的池田恆興、高山右近、中川清秀准備出陣,務求拔下鳥取城。 毛利家以水陸兩路向鳥取城提供補給。可是秀吉大軍之迅速著陣及嚴格的包圍網令由陸路運來的救援物資進入不了鳥取城。水路方面,毛利方以25艘大船編成水軍,押運米糧至鳥取城。天正九年(1581年)9月16日,自丹後,但馬運送軍糧至秀吉陣營的細川藤孝,松井康之為數1500人、60餘艘警備船的水軍與和毛利水軍發生沖突。結果秀吉方水軍擊敗毛利方水軍。及後松井康之在伯耆泊城再擊敗毛利水軍眾鹿足元忠,奪取船5艘船,擊破65艘。從海路運來物資不能進入鳥取城。鳥取城處於孤立無援的狀態。 秀吉的「兵糧攻」令鳥取城的所有糧食在僅僅半個月便被吃光。在嚴重缺糧、軍民挨餓的情況下,鳥取城內的軍民吃樹芽,吃草;樹芽、草被吃盡後,他們殺死牛馬來吃;牛馬被殺清吃盡後,終於痛苦的開始人吃人、父母吃孩子的慘況。缺糧中的鳥取城成了一個地獄。 天正九年(1581年)10月20日,秀吉以堀尾吉晴和一柳直末為使者,向經家表達投降勸告,表明只是城代的經家毋須受罪,只須讓放逐山名豐國的山名家臣森下道譽、中村春統,毛利方海賊奈佐日本助、鹽冶周防守高清、佐佐木三郎左衛門切腹自殺即可,並願意將跟隨經家入城的毛利方部隊安全遣返安芸。但經家表示即使只是城代,亦須為失去地池承擔起全部責任,表明以自己加上山名重臣森下,中村等人的切腹作為條件來換取鳥取城內所有人的性命。 當初,織田信長對經家的切腹自殺雖然表現難色,但結果也接受經家的請求。天正九年(1581年)10月24日,秀吉向經家送贈酒三樽及鯛魚五尾。經家在城中設宴,與城中諸人交杯。同年10月24日未明,經家在城中山麓的真教寺切腹自殺,由靜間源兵衛介錯,年35歲。 出處 http://baike.baidu.com/view/899963.htm
堀尾吉晴 Horio Yoshiharu(1544年-1611年) 堀尾泰晴的長子,幼名仁王丸,通稱茂助,後來投效豐臣秀吉,晉封為大名之列,是豐臣三中老之一,也是出雲國松江藩的初代藩主。 永祿二年(1559年)、身為巖倉織田氏配下,初陣就是面對織田信長的巖倉城之戰,吉晴雖然取得功勳,但在信長消滅巖倉織田氏後淪落為浪人,在信長統一尾張後轉而成為信長家臣。後於永祿十年(1567年)織田家進攻稻葉山城前後寄騎木下秀吉。在天正元年(1573年)織田信長擊破近江淺井家並將其舊領交給秀吉管理,堀尾吉晴獲得近江長濱一百石俸祿。天正七年(1579年),堀尾吉晴在天王寺一戰中與中村一氏擊破當地的一向宗徒,因功在播磨國增加一千五百石的領地。天正十年(1582年)堀尾吉晴在攻打備中高松城時,擔當清水宗治的檢死役。 在織田信長亡於本能寺之變後,羽柴秀吉於山崎之戰和明智光秀交手,役中堀尾吉晴和中村一氏率領先鋒的洋槍隊立功,戰後在丹波國黑江加封六千五百石。後在天正十一年(1583年)於秀吉打敗織田家元老柴田勝家的賤岳之戰中建功,拜若狹國高濱一萬七千石領地,翌年,堀尾吉晴再度參加小牧·長久手之戰,因戰功加封若狹阪木二萬石。 天正十三年(1585年),堀尾吉晴受秀吉任命與田中吉政、中村一氏、山內一豊、一柳直末共同擔任豐臣秀次的宿老,增俸改封近江佐和山四萬石。 秀吉鎮壓九州後,堀尾吉晴在秀吉的拜請下晉升從五位下帶刀先生,並被賜姓豐臣。在消滅小田原城的北條氏政與北條氏直父子後,秀吉將北條舊領給了德川家康,而堀尾吉晴也因為參予攻打北條氏的山中城以及加入平定九戶政實之亂,因功得到家康舊領遠江國濱松十二萬石,只可惜長子金助也在征討北條氏時陣亡。 慶長三年(1598年),豐臣秀吉因病逝世,在過世前秀吉安排堀尾吉晴語生駒親正、中村一氏三人擔任三中老,負責調解五奉行和五大老之間的事務。 但五大老之首德川家康在秀吉死後首先無視諸大名不能私婚的遺命,與諸大名通婚。引起其他四大老及五奉行的嚴重不滿,尤其是五奉行之首石田三成更是氣忿難當,遂聯合其餘四大老、五奉行及三中老進行會議,最後決定在元月十九日以堀尾吉晴為首以三中老的名義質問德川家康。 但德川家康遂又透過堀尾吉晴和細川忠興兩人為和事佬在伏見城與另一名五大老前田利家會面交換誓書。 慶長四年(1599年)十月,堀尾吉晴辭退三中老之職隱居,把家督之位讓給嫡子次男堀尾忠氏,於越前國領五萬石隱居料。 慶長五年(1600年)七月,石田三成為對付德川家康發起關原之戰,戰前諸大名紛紛為該加入東軍還是西軍而大傷腦筋,七月十九日堀尾吉晴在回遠江濱松中途於三河的池鯉鮒參加宴會,席間美濃加賀井城主加賀井秀望與三河刈屋城主水野忠重為該加入那方的問題發生劇烈衝突,加賀井秀望大醉之下拔刀將水野忠重當場刺殺,甚至連前來勸解的堀尾吉晴也斬成重傷,最後加賀井秀望被堀尾吉晴的侍衛親兵亂刀斬殺,但堀尾吉晴身負十七處刀傷無法再上戰場,但堀尾吉晴考慮再三後指示兒子忠氏加入東軍參戰,因而戰後忠氏因戰功加封至出雲國富田二十四萬石,並改建松江城為新本據。 慶長九年(1604年),堀尾忠氏因急病過世,由六歲的幼子三之助接任家督,年老的堀尾吉晴擔任孫兒的後見役監國,但堀尾家的筆頭家老堀尾河內守(堀尾吉晴的女婿)意圖·謀奪堀尾的家督,堀尾吉晴發覺其陰謀,將河內守父子流放至隱歧切腹。並在鄰近的伯耆國米子藩 爆發內亂時,應其家督中村一忠的邀請出兵鎮壓。 慶長十六年(1611年)六月十七日堀尾吉晴於出雲廣瀨富田病故,享年六十八歲,法名法雲院殿前楓松庭世柏大居士。 出處 http://zh.wikipedia.org/zh-hk/%E5%A0%80%E5%B0%BE%E5%90%89%E6%99%B4
堀尾忠晴 Horio Tadaharu(1599年-1633年) 堀尾忠氏之子,母為前田玄以之女,出雲松江藩第二代藩主。正室為奧平家昌之女.敏姬(音譯),有一女,嫁予石川廉勝。江戶初期的『寧固齋談叢』記載了他和前田利常的同性戀愛情故事(注一)。 慶長九年(1604年),父忠氏英年早逝,年僅五歲繼承家督。因為他完全不是處理政務的年紀,於是由祖父堀尾吉晴代為執政。當時其姑母(吉晴長女,名不詳)與一族的筆頭家老堀尾河內守(吉晴外孫)親子計劃篡奪家督的陰謀暴露,河內守與掃部父子先是流放,又被判切腹。此事與後來的仙石騷動(注二)頗為相似,雖是有力外樣大名家的內鬥卻沒有招致改易,想必是吉晴健在才得以逃過一劫。 慶長十六年(1611年),祖父堀尾吉晴死後開始親政,起名忠晴。作為藩主並沒有留下什麼治事功績。大阪之陣雖然有功,然而被前來責難其違反軍令的德川家軍奉行的氣勢壓得一言不發。元和五年(1619年),福島正則受幕命轉封信州川中島時,負責接收廣島城。 寬永九年(1632年),受幕府拆除丹波龜山城的天守,卻誤拆了伊勢龜山城的天守。 寬永十年(1633年)死去,年三十五歲。忠晴與正室、側妾之間都沒生出男孩(據『系圖纂要』有一子堀尾萬五郎),家中立忠晴的從兄弟宗十郎(一般認為其父為堀尾忠氏之弟氏泰)作末期養子的希望未被幕府認可,堀尾宗家就此斷絕。一族當中,祖父堀尾吉晴的從兄弟堀尾但馬和吉晴之弟氏光之子氏晴等人仕於松江松平家。堀尾茂助(4代目)則仕於肥後細川家。 為解決堀尾家的祭祀事宜,在忠晴外孫石川憲之對德川綱吉的不斷催促下,憲之三男勝明元服之時起名堀尾勝明。勝明在貞享3年(1686年)拜謁將軍綱吉,以堀尾家之命獲得幕席。據石川家口傳,憲之的外祖母敏姬(家康長女龜姬之孫)生前一直對堀尾家再興一事念念不忘。然而勝明卻在2年後的元祿元年(1688年)死去,堀尾家再興也因此大受挫折。順便一提,慶安三年(1650年),憲之從近江膳所城受命轉封到了被忠晴誤拆了天守的伊勢龜山城。另外,堀尾家在京都的菩提寺俊岩院在堀尾家斷絕後一直由憲之維護,在進行了庭園整備,房屋增築等後的寬永十三年(1636年)寺號改為春光院,以後由歷代石川家當主負責贊助和庇護。在此之後,於元祿15年(1702年),旗本前田家初代當主前田玄長得以封綱吉之命進行堀尾家的祭祀(注三)。 注一:該故事網上搜索即可見,此處不詳述。 注二:仙石騷動:江戶後期出石藩仙石家的禦家騷動。藩主仙石政美早逝,筆頭家老仙石左京密謀將自己的兒子小太郎推舉為繼承人,然而因為政美之父久道健在,未能實現。因幼主無力,藩內分成仙石左京與仙石造酒兩派相互攻訐,最後鬧到了幕府處。仙石左京一派失勢。事後仙石家減封但未改易。 注三:前田玄長,出自公家押小路家,和加賀藩主家沒有關係。祖父三條西實條娶了前田玄以之女為妻,因而以前田為姓。又因為前田玄以的另一個女兒嫁給了堀尾忠氏,所以和堀尾家沾親。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=8#postid-209 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E5%B0%BE%E5%BF%A0%E6%99%B4
堀尾忠氏 Horio Tadauji(1578年-1604年) 父:堀尾吉晴、母:津田氏、正室:前田玄以の娘・長松院;幼名弥助,受徳川秀忠偏諱「忠」字,名為忠氏,戒名忠光寺殿前雲州太字天軸球大居士。 天正6年(1578年)、当時は織田信長の家臣で後に豊臣家三中老となる堀尾吉晴の次男(異説として長男とも)として生まれる。兄・金助(金助は吉晴の弟の子で養子との説もある)が天正18年(1590年)に小田原征伐の陣中で亡くなったことから、吉晴の世子となる。 元服に際しては徳川秀忠から偏諱を受けて忠氏と名乗った。類似の例に前田利家から偏諱を受けた南部利直、増田長盛から偏諱を受けた長宗我部盛親のケースがあり、大老・奉行の下に大名が統制されていた傍証となっている。慶長4年(1599年)、父の隠居に伴い、遠江浜松12万石を相続する。ただし、中老職を継承したかどうかは不明である。父は隠居料5万石を徳川家康から与えられており、またこの時点ですでに三中老制は有名無実化されていたことから、恐らくは相続していなかったものと思われる。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、家康方の東軍に与して山内一豊と城提供の策を謀議し、また戦前に加賀井重望による殺傷事件に遭遇して負傷した父に代わって、東軍側として関ヶ原前哨戦に武功を立てる。本戦にも参加したが、こちらでは長宗我部盛親の出撃を牽制したのみで武功を挙げていない。戦後、前哨戦における武功を徳川家康から賞されて、出雲松江24万石に加増転封された。 ちなみに父・吉晴の隠居料は忠氏の加増転封に伴い収公されている。その後は父と共に協力して藩政を行なった。 慶長5年(1600年)11月に堀尾家は出雲に入国する。忠氏は月山富田城を居城としたが、この城が山に囲まれて地理的に偏った場所にあり、水上交通には不便である事や城下町を広く建設できない事などから、慶長8年(1603年)に江戸幕府から新城建設の許可を得て、城地の選定に乗り出した。 この城地選定に関して吉晴と忠氏の意見は異なっており、吉晴が荒隈山を、忠氏が亀田山(末次城跡)を述べるなど意見の対立があったようである。忠氏は吉晴が推す場所は余りに広大すぎて維持費がかかり過ぎ、24万石の身代では困難であるとして反対した。この選定で父子の意見は一致しないままだったという。 また忠氏は慶長6年(1601年)に家臣の知行割や寺社への寄進を行ない、慶長7年(1602年)からは藩内の検地に着手した。この検地は寛永6年(1629年)まで段階的に行なわれたが、前領主の毛利家が1反を360歩にしていたのに対して忠氏は1反を300歩に改めるなど、この検地はかなり厳しかったと伝わっている(『出雲大社文書』)。 慶長9年(1604年)、忠氏は城地選定のため、島根郡や意宇郡の調査をしていた。7月下旬、意宇郡の大庭大宮(神魂神社)に参拝したが、この時に神主を呼び出して「当社には小成池があると聞いた。見物したい」と伝えたが、神主は禁足地であるとして断った。しかし忠氏は国主として見なければならないと主張し、神主は案内人を連れて忠氏を池の近くまで行き、そこからは忠氏が1人で行った。そして帰って来た時に忠氏は顔色が紫色になっており、富田城に帰ってから自らの行為に後悔し、程なく病床について、8月4日に吉晴に先立って病死した。享年27。跡を子の忠晴が継いだが、幼少のため吉晴が実際の藩主として統治に当たった。 病弱でもなく急死する理由は見当たらず、本当に病死かどうかは謎である。一説にはニホンマムシにかまれたためともいう。藩主としては松江城の城地を選定するという治績を残している。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E5%B0%BE%E5%BF%A0%E6%B0%8F
小田友治 Oda Tomoharu(1548年-1604年) 小田氏の一族で小田氏治の長男。守治の庶兄。官位は左京亮。幼名は小太郎。号は帰庵。八田 左近(はった さこん)としても知られる。妻は芳賀伯耆守の娘。子に、豊臣秀頼の家臣となった義治と、宇都宮為明の養子となった友重がいる。 氏治の子だが、庶子だったため、氏治が北条氏康と同盟を結んだ際にその人質として北条氏に出された。そこでそのまま家臣となり、次の氏直の代にも仕えている。天正18年(1590年)の北条氏滅亡後は豊臣秀吉に、のち秀次に1000石で仕える。帰郷と称して東国に出入りし、東国大名の動静を秀吉に伝える、間諜としての行動もとっている。朝鮮出兵では舟奉行として功があり、播磨国赤穂および伊勢国羽田で3100石を与えられた。伊勢羽田郷八村を「八田」と改名し、自身も祖先の姓である「八田」と改姓した。秀次事件の連座で改易となると、難を逃れてほとぼりが冷めるまで逐電した。その後、堀尾吉晴の斡旋で慶長3年(1598年)に徳川家康に拝謁し、その後一時結城秀康に仕える。 関ヶ原の戦いでは秀康に抜け駆けを薦めたことが家康の逆鱗に触れ、秀康の越前転封に際してやはり秀康に仕えていた弟・守治が小田氏として嫡流にあたることからその家臣になるよう迫られ、結局結城家を退去するに至った。その後やはり小田家や結城家の縁を頼りに松平定勝に仕えたが、程なくして致仕。その後奈良で隠居の後、京都東山に移る際に出家して、帰庵と号した。慶長9年(1604年)2月3日、京都で没したと伝えられる。57歳。南岳院殿磨甎道安大居士。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8F%8B%E6%B2%BB
山内一豊 Yamauchi Kazutoyo(1545年-1605年) 岩倉織田氏の重臣・山内盛豊の三男として尾張国葉栗郡黒田(現在の愛知県一宮市木曽川町黒田)の黒田城、もしくは岩倉(現在の愛知県岩倉市)に生まれる。当時山内家は岩倉織田氏(当主は織田信安、後に信賢)の配下で、父の盛豊は家老として仕えていた。やがて岩倉織田氏は同族の織田信長と対立する。弘治3年(1557年)に兄十郎が盗賊(織田信長の手勢であるといわれる)に黒田城を襲撃された際に討死、さらに永禄2年(1559年)に岩倉城が落城した際、父の盛豊は討死もしくは自刃する。こうして主家と当主を失った山内一族は離散し、諸国を流浪する。 一豊は苅安賀城(一宮市)主・浅井新八郎(政貞)をはじめ、松倉城(岐阜県各務原市)主・前野長康、美濃国牧村城(岐阜県安八郡安八町)主・牧村政倫や近江国勢多城(滋賀県大津市)主・山岡景隆に仕える。景隆が織田信長に逆らって出奔したことから、永禄11年(1568年)頃から信長の配下に入り、木下秀吉(後の豊臣秀吉)の下で家人となったと考えられるが、秀吉への仕官を天正2年頃とする説もある。 元亀元年(1570年)9月の姉川の戦いで初陣し、天正元年(1573年)8月の朝倉氏との刀禰坂の戦いでは顔に重傷を負いながらも敵将三段崎勘右衛門を討ち取った。この戦闘の際、一豊の頬に刺さったとされる矢は、矢を抜いた郎党の五藤為浄の子孫が家宝とし、現在、高知県安芸市の歴史民俗資料館に所蔵されている。これらの功績により、近江国浅井郡唐国(現在の長浜市唐国町)で400石を与えられた。 なお、「山内一豊の妻」こと見性院との結婚は、元亀年間から天正元年(1573年)の間であったと見られる。 天正4年(1576年)の竹生島奉加帳に「山内伊右衛門」と署名しており、この頃までには秀吉の直臣となっていたことが確認されている。 天正5年(1577年)には、播磨国有年(兵庫県赤穂市内)を中心に2,000石を領した。その後も秀吉の中国地方経略に加わり、播磨の三木城を巡る戦い(三木合戦)や因幡の鳥取城包囲・高松城水攻め(備中高松城の戦い)などに参加している。 天正9年(1581年)の馬揃えの際には、妻が蓄えておいた黄金で良馬を買って夫に武士の面目を施させたという美談がある。 天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは、その前哨である伊勢亀山城(三重県亀山市)攻めで一番乗りの手柄をあげている。また、翌12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、秀吉の命で、家康を包囲するための付城構築の作業に当たっている。 四国平定後、羽柴秀次(豊臣秀次)が大幅に加増されると、田中吉政・堀尾吉晴・中村一氏・一柳直末と共にその宿老の1人として付けられて、天正13年(1585年)には若狭国高浜城主、まもなく秀次が近江八幡に転封すると、一豊も近江へ移り、長浜城主として2万石を領した。天正18年(1590年)の小田原征伐にも参戦し、秀次に従い山中城攻めにも参加した。織田信雄の改易に伴って再び秀次が尾張・伊勢で加増されると、一豊ら宿老衆も転封して、遠江国掛川に5万1,000石の所領を与えられた。この頃から大名としての行動が見られ、掛川では城の修築と城下町づくりを行い、更に洪水の多かった大井川の堤防の建設や流路の変更を川向いを領する駿府城主中村一氏とともに行っている。朝鮮の役では、他の秀次配下の諸大名と同じく出兵を免れたが、軍船の建造や伏見城の普請などを担当して人夫を供出した。 文禄4年(1595年)に秀次が謀反の疑いで処刑され、この頃に秀次の宿老であった前野長康と渡瀬繁詮はこの事件の責任を負わされて、秀次を弁護した繁詮は切腹を命じられ、長康は中村一氏に預かりとされて蟄居後、賜死とされた。しかし一豊や田中・中村・堀尾ら配下の大名衆は、秀吉の命令を遂行して秀次らを取り調べる立場となり、秀次の処断の後で逆に遺領から8,000石を加増されている。 秀吉の死後の慶長5年(1600年)には五大老の徳川家康に従って会津の上杉景勝の討伐に参加した。家康の留守中に五奉行の石田三成らが挙兵すると、一豊は下野国小山における軍議(小山評定)で諸将が東軍西軍への去就に迷う中、真っ先に自分の居城である掛川城を家康に提供する旨を発言し、その歓心を買って東軍に組した。この居城を提供する案は堀尾忠氏と事前に協議した際に堀尾が発案したが、油断してうっかり洩らしたものを聞き、自分の案として家康に申し出、感謝を受けたと言われる。また大坂の妻からの密書で石田三成の挙兵の知らせを受けたという話も有名である。これらは話の信憑性には疑問があるものの、東海道筋の他の大名である中村一氏が死の床にあり、同じく忠氏の父である堀尾吉晴も刺客に襲われて重傷を負うなど老練な世代が行動力を失っている中で、周辺の勢力が東軍に就くよう一豊が積極的にとりまとめていた。三河国吉田城主の池田輝政など、この時期に一豊とたびたび接触しており、豊臣恩顧の家臣衆の取り纏め役を果たしていたとは考えられる。 関ヶ原の戦いの前哨戦である河田島村と米野村での戦いで、西軍に味方した岐阜城主の織田秀信の軍勢を、池田輝政や浅野幸長らと共に破った。本戦でこれらの武将は南宮山に陣取った毛利・長宗我部軍などの押さえを担当したが、東軍に内応していた毛利軍先鋒の吉川広家隊が南宮山に蓋をしていたためにさしたる戦闘もなく、輝政を残して主戦場へ移動した。戦後は小山会議での右顧左眄(うこさべん)していた諸侯を一挙に徳川加担に向かわせた発言が功績として高く評価され、土佐国一国・9万8,000石を与えられた。後に、高直しにより20万2,600石を幕府から認められている。 慶長6年(1601年)、掛川から土佐に移封となり、浦戸城に入城する。大幅な加増があり、余所から入部してきた大名は、ただでさえ人手も足りなくなるので地元の元家臣を大量に雇用するのが常であったが、一領具足を中心とした旧長宗我部氏の家臣団は新領主に反発し、土佐国内で多くの紛争(旧主長宗我部盛親の復帰を求めるなど)を起こした。これに対して一豊は、新規召し抱えの家臣は上方で募るなど、重要な役職を主に外来の家臣で固めたが、有益な長宗我部旧臣は懐柔して登用した。当時はまだ土佐領内に不満分子が完全に排除されていなかった為、高知城の築城の際などには一豊と同装束六人衆を影武者として共に現地を視察したと言う。 高知平野内の大高坂山に統治の中心拠点として高知城を築城し、城下町の整備を行った。領民に対して食中毒を気遣い、鰹を刺身で食べることを禁じたという話が伝わる。それに対し、領民が鰹の表面のみをあぶり、刺身ではないと言い繕って食すようになった。これが鰹のタタキの起源だとされている。 慶長8年(1603年)、豊臣姓を下賜されて、従四位下土佐守に叙任された。 慶長10年(1605年)、高知城にて病死した。享年60。法名は大通院殿心峯宗伝大居士。墓所は高知県高知市天神町の日輪山真如寺の山内家墓所。京都市右京区花園妙心寺町の正法山妙心寺大通院。 現在、高知城には(右上の写真にある)一豊が騎馬姿で槍を持った姿の銅像が建てられている。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%86%85%E4%B8%80%E8%B1%8A

Send this to a friend