首頁 Tags 向井正綱

Tag: 向井正綱

三百八十五位人物:石卷康敬、石川家成、南部利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、淺野長政、淺野長晟、淺利則祐、淺利賴平、前波吉繼、相良晴廣、增田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義實、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西賴晴、大西賴武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大內義長、大掾貞國、瀧川雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹內久盛、築紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、豬去詮義、豬苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長續連、上杉景信、長尾當長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛實、島津義虎、島津歲久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、德田重清、那須資晴、內藤清成、內藤隆春、鍋島勝茂、南條元續、南條廣繼、南條宗勝、南條隆信、南部季賢、南方就正、蘆名盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寢重張、禰寢重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗實、畠山義綱、畠山義續、八戶政榮、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連龍、富田景政、富田重政、武田義信、武鎗重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡賴勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高繼、芳賀高定、蜂屋賴隆、蜂須賀家政、豐島重村、北楯利長、北條高廣、北條氏勝、北條氏照、北條氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀滿、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川廣家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢澤賴綱、藥丸兼將、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐續光、里見義賴、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顯宗、留守政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顯村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶廣、蠣崎守廣、蠣崎盛廣、龍造寺家晴、富田氏實、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稻富祐秀、支倉常長、秋山虎繁、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、澀江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志馱義秀、平林正恒、神保氏張、瀧野吉政、蜷川親長、井戶良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豐永勝元、長壽院盛淳、橫山喜內、向井正綱、北條早雲、太田資長、尼子經久、長尾為景、淺井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、宮本武藏、佐佐木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧道家、南光坊天海、森成利、簗田政綱、毛利良勝、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林信勝、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田邊勝成、黑澤道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景廣、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、關盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直賴、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南條元忠、南條元清、石野氏滿、有馬則賴、有馬豐氏、赤松則英、赤松廣秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戶元續、福原廣俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷吉治、大野治房、大野治胤、奧村永福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、高橋統增、德川家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長賴、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章、柳生三嚴、赤池長任、和久宗是、東鄉重位、安井成安、山田長政、天草時貞、伊東祐益、三浦按針、猿飛佐助、霧隱才藏、穴山小助、海野六郎、望月六郎、筧十藏、根津甚八、由利鎌之助、三好清海、三好伊三、加藤段藏、蠣崎基廣、下國師季、雫石詮貞、大崎義宣、相馬顯胤、蘆名盛舜、二本松義國、二階堂輝行、留守景宗、懸田俊宗、安東堯季、安東舜季、淺利則賴、天童賴長、天童賴貞、鮭延貞綱、結城政朝、佐野豐綱、那須高資、宇都宮尚綱、真里谷信應、長尾憲長、上杉朝定、太田資顯、藤田康邦、松平廣忠、平手政秀、遠山友忠、木造俊茂、小山田信有、板垣信方、甘利虎泰、橫田高松、高遠賴繼、小笠原長時、小笠原貞種、三木直賴、長尾晴景、長尾房長、椎名長常、神保覺廣、溫井續宗、堀江景忠、朝倉孝景、六角定賴、進藤貞治、朽木稙綱、粟屋勝久、武田義統、本願寺証如、願証寺蓮淳、波多野稙通、內藤國貞、細川持隆、細川氏綱、香川元景、香西元成
三百六十位人物:松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顕泰、沼田祐光、上村頼興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顕長、色部長実、新井田隆景、新関久正、新発田綱貞、新発田重家、森岡信元、森下通与、森好之、森長可、森田浄雲、真柄直隆、神戸具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田満親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成沢光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公広、青景隆著、石巻康敬、石川家成、石川利直、赤穴盛清、赤松政秀、赤尾清綱、跡部勝資、千葉重胤、千葉邦胤、川上久朗、川上忠克、川村重吉、浅野長政、浅野長晟、浅利則祐、浅利頼平、前波吉継、相良晴広、増田長盛、足利義氏、太田康資、太田氏資、太田重正、大浦為則、大館義実、大久保忠佐、大久保忠世、大久保長安、大崎義隆、大西頼晴、大西頼武、大道寺政繁、大友義統、大友親家、大内義長、大掾貞国、木造雄利、谷忠澄、丹羽長重、淡河定範、池田恒興、池田勝正、池田長正、竹内久盛、筑紫惟門、中川清秀、中村一氏、中野宗時、猪去詮義、猪苗代盛胤、朝倉景鏡、長宗我部盛親、長船綱直、長船貞親、長倉祐政、長続連、長尾景信、長尾当長、長野藤定、長野稙藤、長連龍、鳥居元忠、津田重久、天野景貫、田結庄是義、田中吉政、土屋昌恒、土居清宗、土橋守重、島村盛実、島津義虎、島津歳久、島津忠直、藤田信吉、藤方朝成、徳田重清、那須資晴、内藤清成、内藤隆春、鍋島勝茂、南条元続、南条広継、南条宗勝、南条隆信、南部政直、南方就正、二階堂盛隆、二木重吉、尼子義久、日根野弘就、禰寝重張、禰寝重長、乃美宗勝、波多野秀治、波多野晴通、梅津政景、柏山明吉、柏山明久、白石宗実、畠山義綱、畠山義続、八戸政栄、塙直政、塙直之、板倉勝重、飯尾連竜、富田景政、富田重政、武田義信、武鑓重信、服部友貞、福原貞俊、福留儀重、平岡直房、平岡頼勝、平賀元相、平田光宗、片倉重長、保科正俊、母里友信、芳賀高継、芳賀高定、蜂屋頼隆、蜂須賀家政、豊島重村、北楯利長、北条高広、北条氏勝、北条氏照、北条氏房、北信愛、牧野康成、堀秀治、本山茂宗、本多重次、本多忠政、本多忠朝、本堂忠親、明石全登、明智秀満、毛屋武久、毛利秀元、吉川元長、吉川広家、毛利勝永、木下秀秋、木曾義康、木村重成、木脇祐守、問註所統景、問田隆盛、矢作重常、矢沢頼綱、薬丸兼将、柳生宗矩、有馬晴信、遊佐信教、遊佐盛光、遊佐続光、里見義頼、里見忠義、立原久綱、立石正賀、留守顕宗、伊達政景、龍造寺家就、龍造寺信周、龍造寺政家、龍造寺長信、鈴木重兼、鈴木重則、鈴木重朝、浪岡顕村、六角義治、垪和康忠、簗田晴助、簗田詮泰、蘆田信蕃、蠣崎慶広、蠣崎守広、蠣崎盛広、龍造寺家晴、富田氏実、佐藤好信、三好長治、小幡信貞、大田原綱清、仙石秀久、稲富祐秀、支倉常長、秋山信友、原虎胤、織田信秀、船尾昭直、渋江政光、酒井政辰、安藤良整、長尾種常、志駄義秀、平林正恒、神保氏張、滝野吉政、蜷川親長、井戸良弘、箸尾高春、宇喜多詮家、中島元行、豊永勝元、長寿院盛淳、横山喜内、向井正綱、北条早雲、太田道灌、尼子経久、今川氏親、長尾為景、浅井亮政、大友義鑑、龍造寺家兼、本願寺蓮如、宮本武蔵、佐々木小次郎、二階堂盛義、梶原景宗、福留親政、小牧源太、南光坊天海、森蘭丸、簗田政綱、毛利新助、最上義忠、森忠政、木村定光、以心崇伝、林羅山、秋月元種、井田親之、服部康成、浪岡慶好、遠藤盛胤、川島宗泰、保土原行藤、小田辺勝成、黒沢道家、梅津憲忠、岡本宣綱、須田盛久、長尾景広、大道寺直次、中山照守、塙安友、前田利政、生駒一正、上田重安、桑山重晴、関盛吉、田丸直昌、小笠原秀政、木曾義利、千村良重、宮部長房、新庄直頼、新庄直忠、小川祐忠、京極高知、松井康之、筒井定慶、松倉重政、南条元忠、南条元清、石野氏満、有馬則頼、有馬豊氏、赤松則英、赤松広秀、福原長堯、長船定行、毛利元康、毛利秀包、宍戸元続、福原広俊、仁木義治、吉田政重、佐竹親直、秋月種長、種子島久時、赤座吉家、足立重信、石田重家、太田一吉、大谷義治、大野治房、大野治胤、奥村長福、金森可重、上泉泰綱、郡宗保、小西行景、吉弘統増、松平家光、速水守久、福島高晴、前田利常、水野勝成、脇坂安元、村井長頼、由布惟信、小野鎮幸、飯田直景、柳生宗章
三百位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、丹羽長秀、羽柴秀吉、石田三成、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、南部信直、最上義光、蘆名盛氏、佐竹義重、山内上杉憲政、結城晴朝、里見義尭、北条氏康、武田信玄、武田勝頼、山県昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、村上義清、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、北畠具教、六角義賢、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田官兵衛、宇喜多直家、尼子晴久、大内義隆
向井正綱 Mukai Masatsuna(1557年-1625年) 向井正重之子,母親為長谷川伊勢守長憲之女,正室為長谷川三郎兵衛長久女。 向井氏出自清和源氏的足利氏一脈。始祖為足利義康之後經二代傳到足利實國時改苗字為仁木,是為仁木氏的始祖。之後經義俊、義繼、師義、義勝到仁木右京大夫義長,其子仁木四郎長宗,因戰功受將軍足利義持賜伊賀國向莊為封地,遂改苗字為向井,是為向井氏的始祖。之後向井氏捲入將軍足利義教與鐮倉公方足利持氏的爭端中從屬於將軍方,不幸戰敗自此失去領地移居到伊勢田丸臣屬愛州氏,走上水軍之路,成為三國司之一的北畠家的水軍部隊。 傳至第七代家督向井正重時,在弘治年間被今川家持舟城主朝比奈駿河守所招攬,離開北畠家投向當時已雄據東海道三國的今川義元。不料在義元於上洛途中受到織田信長的奇襲遭到討取,這場被後世成為桶狹間會戰的戰役不但是討取了今川義元的生命,同樣也討取了駿河今川家的未來。義元死後,今川家在其子氏真的統領下急速勢微,不善武事的氏真再難恢復昔日今川家的榮光,因此眼見今川家沒落的向井正重在受到武田家名將山縣景昌的邀請後,便同意加入武田家,成為水軍眾,居於清水港江蒲原。並在天正五年(1577年)北條水軍將領安良裡城主梢原備前守景宗火攻江蒲原時,不顧病危的妻子迅速出兵協防與梢原軍交戰,戰後獲得武田勝賴簽發的感狀。天正七年(1579年)九月十九日,德川家康帶兵出擊駿河持舟城,正重與養子正行在奮戰不敵後一同討死。 在持舟城之戰時正綱因為在三保袋城中而未一同陣亡,所以在父親正重死後,獲得武田勝賴相續令,承認領有父親的舊領。翌天正八年(1580年),北條水軍梢原備前守景宗再度來犯,繼承父親地位的向井正綱和小濱、間宮、伊丹等武田方水軍眾受命出戰,於沼津千本松原沖和梢原軍展開激烈的船戰,役中向井正綱冒險潛入敵陣奪取了三十艘戰船而在戰勝後獲得武田勝賴簽發的感狀,此役之敗也讓北條氏政嘆道:「莫非北條水軍將要滅亡了。」 天正十年(1582年)三月,自長篠會戰便走入窮途的武田家敗於織田與德川的聯合軍,麾下臣屬非敗即降,勝賴本身更是被逼到天目山無奈自刃。在武田家覆滅後,失去主家的向井正綱一度成為浪人,之後才在德川家重臣,有鬼作左之稱的本多重次說服下改投在有著殺父之仇的家康麾下,領俸祿兩百俵,也許有人會覺得向井正綱不孝,不僅未思報父仇,反而成為其臣子,但是識時務者為俊傑,這就是戰國時代大多數武士的生存方法,比起摸不著的仇恨,能夠養家活口的俸祿實在更重要多了。 天正十一年(1583年),為了爭奪信長死後留下的武田舊領,德川家和稱霸關東五代的北條家大打出手,向井正綱受命與本多重次一同攻打北條家所領的伊豆半島,在混戰之中雖然身負箭傷卻還是奮勇殺敵,並討取了敵軍大將鈴木團十郎的首級立下武勳,戰後更因此功而獲得家康的感書表揚。隔年,在信長次子織田信雄的請求下家康出兵小牧協助信雄與秀吉展開會戰,並在長久手奇襲擊敗三好秀次跟池田恆興的軍勢,同一時間正綱也率領德川水軍在伊勢小濱浦戰勝了往日織田家的首席水軍將領九鬼嘉隆所指揮的九鬼水軍,向井水軍從此名傳於世。此役之後,正綱確立為德川水軍四大將中的首位,凌駕於阿部善九郎正勝、本多彌太郎正信、大久保新十郎忠泰之上。於天正十八年(1590年),向井正綱在小田原征伐中率領德川水軍和豐臣水軍的聯合部隊殲滅伊豆的北條水軍,立下大功而被封為德川家的御召船奉行,船隊駐紮在清水港江尻澀川口,宅邸也被設在武田時的領地江尻蒲原。 同年九月,在北條家滅亡後,德川家康被改封到往昔北條家所統治的關東六州,向井正綱也被移駐到三浦郡三崎,領相模、上總兩國內的二千石知行地,和間宮酒造丞高則及北條遺臣小濱民部左衛門尉景隆、千賀孫兵衛合稱為御船手四人眾,主要工作在負責新領地的海上治安與軍役警備。此後的出兵朝鮮,關原之戰和大阪之役向井正綱作為御召船奉行,其中大阪之役中由於正綱嫡子忠勝因思維敏捷而受到秀忠的器重,當時便已負責接待外使的一切工作和物品的運用,慶長十九年(1614年),父子同率水軍出陣攻打大阪,但在元和三年(1617年)時忠勝仍因大阪之戰的功績而在父親所領之外,另外獲得三千石知行。寬永元年(1624年),向井正綱去世,享年六十九歲。 向井正綱在水戰上的才能除了他自己本身善於指揮外,他所獨創以前腳掌前踏游水的「踏迂扇」技法之向井流泳法也是一大要素,這種結合水軍戰法的泳技在江戶時代大盛,直到幕末各藩沿岸的警備都會被集中訓練學習向井流泳法,直到現在向井流水法會每年都還會定期舉辦向井流泳法的公開賽,以保存文化的留續。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/topic/58502454/1
小浜景隆 Ohama Kagetaka(1540年—1597年) 志摩国出身で、後に武田信玄、徳川家康に仕えた水軍の将である。子に光隆。通称は民部左衛門、伊勢守。 小浜衆はもと答志郡小浜村(現在の鳥羽市小浜町)に本拠を置き、伊勢湾に勢力を持っていた海賊の頭目で、伊勢国司の北畠家に属した。景隆は大型の軍船である安宅船を持ち、北畠家の海賊衆を束ねていたが、織田信長の援助を受けて志摩国統一を狙う九鬼嘉隆に敗れ、伊勢湾を追われた。 元亀2年(1571年)、武田水軍創設にあたって武田信玄の家臣・土屋貞綱に招聘され、信玄の家臣として仕える。安宅船1艘、小舟15艘持の船大将となる。信玄没後は武田勝頼に仕えた。 天正10年(1582年)3月に武田氏が滅亡すると、徳川家康の船大将として仕え、駿河国内で1,500石与えられた。その後は向井正綱・間宮高則とらとともに本多重次の指揮下にあって水陸両戦に活躍し、特に小牧・長久手の戦いでは海上から羽柴秀吉を苦しめた。 天正18年(1590年)の家康の関東移封後は相模・上総で3,000石を与えられるとともに、江戸湾への入口である相模国三浦郡三崎村(現在の神奈川県三浦市三崎町三崎)に駐屯し、三崎四人衆の筆頭として、向井氏・間宮氏・千賀氏とともに重きをなした。向井正綱の知行地が二〇〇〇石であるから、小浜景隆は三崎衆の筆頭として迎えられたとみてよい。ところが景隆は三崎四人衆の中で最も早く没し、関ヶ原戦に参戦したのは子光隆である。小浜景隆の三崎邸は、旧三崎城主北条氏規の家臣・南条 因幡守 昌治(南条氏)の邸址で、現在の曹洞宗本瑞寺が建つ地と伝える。 慶長2年(1597年)に死去。享年58。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B5%9C%E6%99%AF%E9%9A%86

Send this to a friend