首頁 Tags 佐世清宗

Tag: 佐世清宗

佐世清宗 Sase Kiyomune(生年不詳-没年不詳) 家系は出雲国守護の佐々木氏の一門。官途は伊豆守。父は佐世幸勝。子に佐世正勝・佐世元嘉。 はじめは出雲州衆の一員として出雲国の尼子氏に仕えたが、主君・尼子晴久から奉行衆に任命され、家老衆である富田衆の一員として殆どの奉行連署状に名を連ねた。また文芸に優れ、主君・晴久とともに連歌会の席に出席し、自ら自閑斉と号し画を残している。 天文23年(1554年)元旦、富田城中「杵築大社法楽」の連歌会にも参加した。 安芸国の毛利氏が勢力を拡大すると、これと戦い度々出陣した。天文9年(1540年)9月には、毛利元就の吉田郡山城の戦いに出陣。 永禄3年(1560年)7月には、石見銀山山吹城攻めに出陣した。毛利氏が出雲へと侵略を開始すると、永禄6年(1563年)9月、尼子倫久を総大将とした白鹿城の救援に従軍するも敗北を喫して撤退した。 永禄8年(1565年)4月、毛利元就による月山富田城の戦いの際にも、尼子秀久を大将とした3000余人で菅谷口を守った。 しかし、月山富田城内が混乱の極みに達した永禄8年(1565年)冬、息子2人を連れて毛利氏の包囲軍に降伏した。清宗以外にも尼子氏の重臣であった亀井安綱、河本隆任、川副久盛、牛尾幸清、湯惟宗らも次々と降伏していったが、清宗は破格の待遇をもって迎えられたという。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E6%B8%85%E5%AE%97
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、木下秀吉、斎藤道三、松平元信、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田晴信、飯富昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、長尾景虎、長尾顕景、樋口兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、毛利元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友義鎮、龍造寺胤信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義秋、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、戸次鑑連、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、久慈為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、後藤基次、山中幸盛、陶隆房、吉弘統虎、吉弘鎮種、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、石川信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、木下秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、武田盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、三木自綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、細野光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津日新斎、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、平岩親吉、成田泰季、本多正純、長束正家、里見義康、堀尾吉晴、大久保忠隣、城井正房、大熊朝秀、氏家行広、池田知正、土井利勝、徳山則秀、平田範重、穴山信君、一条兼定、堀秀政、百々安信、針生盛信、泉山政義、酒井忠世、佐竹義広、三善一守、板部岡江雪斎、岡本顕逸、法華津前延、堅田元慶、木曾義在、泉山古康、浅野幸長、千葉胤富、桑折貞長、岡部正綱、赤松義祐、太田定久、今泉高光、飯田興秀、大崎義直、成田氏長、金森長近、多賀谷重経、長尾憲景、武田信廉、原田忠佐、三木嗣頼、和田惟政、新発田長敦、明石景親、松田憲秀、鵜殿氏長、氏家定直、大内定綱、前田玄以、蒲生定秀、吉岡長増、安東実季、河合吉統、小梁川宗朝、三好康長、下間頼照、酒井家次、宇都宮朝勝、伊地知重興、正木時忠、諏訪頼忠、安宅信康、大掾清幹、百武賢兼、海北綱親、水原親憲、一色満信、真壁氏幹、本庄実乃、大田原晴清、中村春続、朝比奈信置、安藤守就、山名豊国、鵜殿長持
五十位人物:佐瀨種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政德、山浦國清 / 村上國清、平塚為広、安居景健 / 朝倉景健、安田景元、北條氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、小山明長 / 柏山明長、多賀穀政広、児玉就方、赤星親家....
三百位人物:三好清海、三好伊三、肝付良兼、由利鎌之助、肝付兼亮、肝付兼護、穴山小助、島津豊久、伊集院忠倉、筧十蔵、根津甚八、海野六郎、望月六郎、山浦国清、高梨政頼、屋代政国、屋代勝永、須田満親、須田長義、蘆田信蕃、小笠原長時、小笠原秀政、犬甘政徳、犬甘久知、二木重吉、溝口貞泰、木曾義利、諏訪頼忠、保科正俊、三木顕綱、三木国綱、長尾晴景、上杉景信、色部勝長、色部顕長、色部長実、河田長親、北条景広、本庄慶秀、安田能元、甘粕景継、鬼小島弥太郎、水原親憲
三百六十位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、羽柴秀吉、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、最上義光、佐竹義重、北条氏康、武田信玄、山県昌景、馬場信春、真田昌幸、真田信繁、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、柿崎景家、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、井伊直政、足利義昭、鈴木重秀、福島正則、加藤清正、竹中重治、立花道雪、石田三成、大谷吉継、島清興、蒲生氏郷、鍋島直茂、片倉景綱、武田勝頼、足利義輝、尼子晴久、津軽為信、榊原康政、伊達成実、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉教景、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花宗茂、高橋紹運、細川藤孝、細川忠興、村上義清、北畠具教、六角義賢、上杉憲政、結城晴朝、南部信直、小島貞興、丹羽長秀、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵、上泉信綱、渡辺守綱、里見義堯、蘆名盛氏、滝川一益、佐々成政、筒井順慶、荒木村重、九鬼嘉隆、羽柴秀長、蜂須賀正勝、藤堂高虎、小西行長、斎藤義龍、稲葉良通、石川数正、酒井忠次、本多正信、服部正成、伊達稙宗、伊達輝宗、戸沢盛安、佐竹義宣、長野業正、太田資正、北条氏政、可児吉長、北条綱成、風魔小太郎、武田信繁、高坂昌信、内藤昌豊、真田信幸、今川氏真、柳生宗厳、三好義賢、高山重友、赤井直正、籾井教業、島津家久、安国寺恵瓊、黒田長政、宇喜多秀家、長宗我部国親、吉良親貞、香宗我部親泰、長宗我部信親、甲斐親直、島津貴久、島津忠恒、上井覚兼、佐竹義昭、織田長益、安東愛季、直江景綱、宇佐美定満、斎藤朝信、北条幻庵、本庄繁長、下間頼廉、鈴木重意、毛利隆元、清水宗治、毛利輝元、村上武吉、十河一存、深水長智、新納忠元、前田利益、頴娃久虎、柏山明助、仁科盛信、佐瀬種常、葛西晴信、田北鎮周、口羽通良、佐竹義廉、木曾義昌、相良義陽、別所長治、吉弘統幸、犬甘政徳、村上国清、平塚為広、朝倉景健、安田景元、北条氏繁、初鹿野昌次、里見義弘、柏山明長、多賀谷政広、児玉就方、赤星親家、佐世清宗、和田昭為、成富茂安、池田輝政、肝付兼亮、桂元澄、黒田職隆、甘粕景継、松平忠直、沼田景義、前野長康、森可成、佐久間信盛、吉弘鑑理、朝比奈泰朝、大野直昌、正木時茂、七条兼仲、伊東義祐、滝川益重、鈴木重泰、宮崎隆親、飯富虎昌、長野業盛、姉小路頼綱、城親賢、吉岡定勝、織田信雄、別所就治、相馬盛胤、小島政章、宍戸隆家、織田信忠、原田隆種、竹中重門、渡辺了、田原親賢、鬼庭綱元、上田朝直、波多野秀尚、松浦隆信、米谷常秀、相馬義胤、毛受勝照、土居宗珊、田村隆顕、本城常光、江戸忠通、肝付兼続、中条藤資、南部晴政、分部光嘉、多田満頼、薄田兼相、色部勝長、小幡景憲、遠山綱景、一萬田鑑実、斎藤利三、小幡虎盛、菅谷勝貞、清水康英、安田長秀、長尾政景、氏家直元、北条氏邦、犬童頼安、岩城重隆、川崎祐長、土岐為頼、有馬晴純、小山田信茂、鍋島清房、武田信虎、前田利長、宇都宮広綱、成田長忠、安東通季、大道寺盛昌、大村喜前、青山忠成、大野治長、三木顕綱、平田舜範、正木頼忠、関口氏広、別所安治、伊達晴宗、亀井茲矩、後藤賢豊、山村良勝、佐竹義堅、遠藤慶隆、島津忠良、北条氏規、岩井信能、木造長正、宇都宮国綱、臼杵鑑速、遠藤基信、鈴木元信、細川晴元、猿渡信光、北之川親安、溝口秀勝、牧野久仲、大村純忠、高城胤吉、北郷時久、益田元祥、、
宇山久兼 Uyama Hisakane(1511年-1566年) 宇山久秀的長子,幼名彌次郎,宇多氏為源氏佐佐木一族。 久兼為侍奉尼子經久、尼子晴久、尼子義久三代的老臣,根據尼子氏分限帳上記載,久兼與牛尾幸清、佐世清宗等人擔任家中御家老眾的筆頭重職,所領知行地在石見擁有祿高十八萬七千七百石,同時宇山一族也在控有美作國大部分的封地,月山富田城四周的能義郡及布部郡也都是他的直接領地,同時在官拜飛驒守後,便負責與中央大勢力及將軍幕府間進行外交聯絡工作。由此足見宇山氏在尼子家中的重要地位已達到共存共榮的情形。 在嚴島會戰後併吞了往日大內家大部份領地的安藝毛利家成為了尼子家新的敵手,而毛利家本身也在鯨吞下備後、周防、長門等國後躍躍欲試地想將兵鋒指向尼子家所掌握的出雲。 在毛利軍遠征出雲之際,元就先寢返了三刀屋氏,然後便對作為月山富田城前方防線的衛星城白鹿城出兵,當時久兼就是白鹿城的守將,他眼見白鹿城內僅有兵二千,城中亦缺乏兵糧,因此在陷入被一萬毛利軍包圍攻打的困境後火速向尼子本家請求援軍。當主尼子義久也緊急地派遣了其弟尼子倫久為總大將以及大將龜井秀綱、近習山中鹿之介和立原久綱等統率一萬援軍增援白鹿城。 但是在軍議評定中自認久經戰陣的久兼否決了小將山中鹿之介以他們這些近習為先鋒軍,衝入敵陣攪亂攻擊,再由主力部隊與城兵進行前後夾擊的戰術,自以為是地於上報尼子倫久之後,在龜井秀綱的援軍尚未到來前,便獨自開城應擊,最後在元就靈活的戰術下,由小早川隆景、吉川元春巧妙反構成左右夾擊的態勢而一敗塗地,結果是靠著擔任殿軍的山中鹿之介奮勇作戰,久兼才得以保全自身回到月山富田城。 在白鹿城落城,尼子家遲暮之色已再難遮掩,永祿八年(1565年)時毛利元就對富田本城發動包圍攻擊,元就分別從小森口、菅谷口、鹽谷口三方進攻,雖然因為月山富田城之堅與尼子軍背水一戰的勇猛而一度受挫,但仍然讓月山富田城陷入了籠城的危機,與當初天文九年(1540年)尼子軍圍攻毛利本據地吉田郡山城時的榮光相比,同樣的籠城戰受困的卻變成己方。蒼涼,想必難以從久兼心頭揮去。 精通謀略的毛利元就見不能一蹴而就攻下月山富田城,於是改變分針圍而不攻,並宣稱允許城中的士兵投降。月山富田城中的米糧已接近枯竭,逃兵日益增加,久兼有感城的困狀而憂心,取出家中的所有錢財,派人往丹波,若狹等地方蒐購糧食,走仍在山中鹿之介負責保衛下十分穩固的海路,由中海安來浦悄悄運入城中,總算暫時穩定住幾乎離散的軍心。 當時毛利元就也察覺到了月山富田城中的兵糧又日見增多,於是又高舉旗幟宣佈只要是投降的人員,無論士兵或是武將,一律給予優厚待遇。守城士兵又開始大批大批地投向毛利方,連和久兼同格的牛尾幸清、佐世清宗等家老宿將也覺得尼子家前途無亮而相繼棄尼子而去,倒入毛利旗下。月山富田城中僅剩下久兼這一位重臣,他索性將自家的糧食全部分給士兵,準備與毛利家決一死戰。 老謀深算的元就藉機使用離間計,尼子義久的近側大塚與三右衛門向義久進讒:「久兼將城內兵糧私物化,必有降毛利之心。」疑心生暗鬼的義久也知道窮途末路的尼子家已不能鞏固家臣的忠心,於是下令誅殺了久兼父子,結果反而使得月山富田城內人心惶惶,士氣低落,最後城中總共只剩下大約三百名城兵,尼子義久不得已,自縛開城投降了毛利元就,一度輝煌的「十一州太守」尼子氏從此走入歷史。 出處 http://www.gamebase.com.tw/forum/3867/topic/56804995
牛尾幸清 Ushio Yoshikiyo(生沒年不詳) 幸清是侍奉尼子經久、晴久、義久三代的重臣,和宇山久兼、佐世清宗二人並列,形成尼子家臣團的最上層建築。據《尼子分限帳》中記載,幸清作為御家老眾領有備前國十萬石的領地。 牛尾氏是大原郡牛尾庄地頭中澤氏的末裔,是領有稱為尼子十旗之一的牛尾城(又稱三笠城)周邊領土的國人領主。應仁、文明之亂以後,追隨守護京極氏。 文明十六年(1484年),與三刀屋氏、三澤氏等一些國人領主舉著為守護京極氏討伐尼子氏的旗幟,發動對月山富田城的攻擊,將尼子清貞、尼子經久父子驅逐出月山富田城。但是,尼子經久僅僅在短暫的三年之後,就將月山富田城奪回來,繼而奪得對整個出雲國的統治權。在經久統治的初期階段,牛尾氏便歸順尼子氏,成為被官。 永正十年(1513年),牛尾幸清追隨尼子經久上洛,參與船岡山合戰,之後又隨經久轉戰各地。天文九年(1540年),幸清參與尼子晴久的遠征安芸行動,擔任安芸武田氏的援護部隊。這次戰敗後,經久去世,幸清成為晴久的嫡系家臣。 此後主要活躍在石見方面,永祿元年(1558年)五月,參與尼子晴久的小笠原長雄救援軍,永祿三年(1560年)七月,參與晴久的本城常光救援軍。 到尼子義久為當主時,毛利氏對尼子氏的攻勢不斷加強,永祿五年(1562年)七月三日,毛利元就率軍一萬五千,開始出雲征伐。永祿六年(1563年),白鹿城淪陷,城守將松田誠保逃往隱岐,前往救援的長子.牛尾久信戰敗,在毛利軍的規勸下放棄自殺,返回月山富田城。 永祿八年(1565年)四月,毛利軍對月山富田城的總攻開始,由於月山富田城是出名的易守難攻,所以毛利元就決定使用圍困戰術,以耗盡城內的糧食。月山富田城被包圍數月後,城內的軍糧消耗殆盡,尼子軍將士的戰斗意志不斷喪失,陸續有武將出城投降毛利氏。 最終,幸清在長子久信的勸說下,歸降毛利家,之後消息不詳。 出處 http://baike.baidu.com/view/14889768.htm

Send this to a friend