首頁 Tags 佃十成

佃十成

佃十成 Tsukuda Kazunari(1553年—1634年) 生於三河國加茂郡猿投(現愛知縣豊田市)。其父據傳為國人眾岩松玄蕃丞。 初跟隨織田信長,後仕於德川家康,天正十三年(1585年)因為一些瑣事引起爭鬥,遭到逐出,蟄居於攝津國西成郡佃。此時改名「佃十成」。 之後受加藤嘉明邀請成為家臣、九州征伐、小田原征伐、文祿.慶長之役從軍立有功勞、升任家老。關原之戰時、作為前往關原主戰場的主君加藤嘉明之留守居留在領地伊予松前城,巧施計謀擊退了毛利氏支援下蜂起的河野氏舊臣(三津濱夜襲,見注一)。憑藉此功於戰後加封伊予國浮穴郡久萬山に6000石領地。松山城築城中負責劃定城池的構造範圍,作為加藤家重臣在北郭建設了豪華的宅邸。 寬永十一年(1634年)死去。墓所位於愛媛縣松山市高砂不論院。 注一:三津濱夜襲:關原之戰時,河野氏當主河野通軌(毛利家臣.宍戶氏出身)在毛利家臣桂元綱、村上元吉與河野遺臣曾根景房、平岡直房等支持下,對加藤領發動侵攻。佃十成假裝恭順麻痺了毛利軍,後發動夜襲。毛利軍受損巨大,村上元吉、曾根景房討死,殘軍逃回安藝。此戰被認為是毛利輝元積極參與對東軍作戰的表現之一,促成了毛利家的減封。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=2#postid-130 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%83%E5%8D%81%E6%88%90
八木豊信、山田重直、行松正盛、尼子清久、尼子久幸、赤穴久清、赤穴光清、牛尾幸清、亀井秀綱、別所重棟、別所吉治、宇野政頼、赤松村秀、井上之房、栗山利安、黒田一成、後藤勝国、後藤元政、原田忠長、原田貞佐、三浦貞久、三浦貞盛、金田弘久、中村則治、牧良長、宇喜多興家、伊賀久隆、遠藤俊通
加藤嘉明 Kato Yoshiaki(1563年-1631年) 加藤教明的長子,母親為堀部氏,正室為堀部市右衛門之女,通稱孫六,初名茂勝。 父親教明原仕於德川家,由於教明信奉一向宗因此當三河發生一向一揆的叛亂時,教明離開了德川家加入一向一揆的活動,所以在三河一向一揆平定後教明成為浪人。 後來教明臣服於近江長濱城主羽柴秀吉,十三歲的加藤嘉明就被當作人質出仕秀吉擔當侍童,後來又被編為秀吉養子羽柴秀勝的近侍。 天正四年(1576年),秀吉後信長之命攻略播磨,年輕力盛的嘉明於初陣中因勇猛善戰立下功勞,獲得三百石俸祿,同年又在另一場戰役中立功再增加兩百石。天正十一年(1583年),為了爭奪信長死後的天下霸權主導,羽柴秀吉和柴田勝家掀起一決勝負的賤岳之戰,在這場戰役中嘉明與同為勤務兵的加藤清正、福島正則、脅阪安治等小兄弟並肩奮勇作戰,加藤嘉明亦討取了柴田家將領淺井則政的首級,戰後加藤嘉明名列「賤岳七本槍」之一,武名傳遍天下,受封播磨、近江、河內共三千石的領地。 之後加藤嘉明在豐臣家中專門負責指揮水軍,參加了豐臣家平定天下的各場戰役如小牧長久手之戰、九州島島討伐戰中立下功勞,天正十三年(1585年)秀吉替嘉明奏請為從五位下左馬助的官位,翌年加封為淡路志智城城主,領一萬五千石領地,後來又在小田原包圍戰中率領水軍立下戰功,移封伊予松前城領六萬二千石。 文祿元年(1592年)秀吉出兵朝鮮,加藤嘉明被任命為舟奉行率水軍出陣,被李舜臣的龜甲船隊在熊川海戰中,幸得脅阪安治相救,才保住性命。因為在戰場上受到了嚴重的打擊,加藤嘉明被招回國參加興建伏見城的任務。於慶長三年(1598年)再封賞嘉明伊予三萬七千石的領地,總共合計是十萬石。 秀吉過世後,接下執政之責的前田利家與德川家康一致決定將駐紮在朝鮮的日軍全數撤離,再次立下功勞,順利將日軍全數帶回本國。 慶長四年(1599年),就像當年信長死後一樣,缺乏有力領導人的豐臣家發生變動,在孚望甚厚的前田利家的死訊一傳出後,素來與五奉行之首石田三成不睦的武斷派眾臣於前田利家辭世當晚襲擊石田三成在大阪的屋邸,加藤嘉明與加藤清正、福島正則、黑田長政、細川忠興、池田輝政及淺野幸長七人,在得知石田三成剛好至前田利家的屋邸吊問後,仍不死心,漏夜追殺過去,但是此一舉動已讓平日和三成交好的常陸大名佐竹義宣探知,親身率兵保護石田三成離開大阪投奔伏見。石田三成心知德川家康不會殺他,故特意投奔伏見尋求庇護,德川家康也如他所願拒絕了加藤清正他們七人交出石田三成的要求,讓三成辭去五奉行之職,回到近江佐和山城隱居。 為了決定天下誰屬,德川家康使出計謀讓石田三成在伏見城正式引爆關原之戰,素來與加藤清正、福島正則等一同並列武鬥派的加藤嘉明和他們一起與文治派的石田三成相抗,而且在其後對敗軍的追擊戰中,保持軍伍陣形不亂參見家康,被家康稱譽為「不論何事都能保持穩重的男人」。 在關原展開激戰的同時,西軍名義上領袖毛利輝元亦派遣家臣村上元吉、穴戶元真及曾根景房等,聯合河野氏的舊臣興兵渡海攻向嘉明的領地伊予松前城,卻被嘉明的部將佃十成夜襲擊敗,村上元吉戰死於此役。不久,西軍於關原戰敗的消息傳開後,穴戶元真和曾根景房立即便率兵撤退,離開伊予。 戰後加藤嘉明的領地加封至二十萬石仍為伊予松前城城主,後於慶長八年(1603年)將居城遷往擁有港口的松山城,藉海運之便整頓領內商業。在明白天下大勢已屬於德川的加藤嘉明不改立場在大阪之戰中參加德川家陣營,但是因為豐臣方刻意所放出的流言,被認為有和大阪城內通的嫌疑,與福島正則、黑田長政等同樣受過秀吉恩顧的大名以「留守居役」的名義被留在江戶城,由長子明成代理率軍參戰,在夏之陣中活躍於天王寺、岡山之戰。 後在元和五年(1619年),福島正則被貶離備後前往信濃川中島時為防範他舉兵謀反,由當時已得到幕府信任的加藤嘉明帶兵隨行監督。 寬永四年(1627年),會津城主蒲生忠鄉過世,在藤堂高虎的推薦下,加藤嘉明臨到老時再度被加封,轉封至奧州領有陸奧會津四十萬石領地,定居城於若松城。 寬永八年(1631年),加藤嘉明過世於江戶的屋敷中,享年六十九歲,法名為三明院道宣興。 出處 http://baike.baidu.com/view/89326.htm
村上元吉 Murakami Motoyoshi(1553年-1600年) 父は村上武吉、母は村上通康の娘。弟に村上景親。妻は小早川隆景の養女。子に村上元武。官途は掃部頭。仮名は少輔太郎。毛利元就から一字を拝領した。 1576年(天正4年)の第一次木津川口の戦いでは村上水軍を率いて織田水軍を壊滅に導いた。第二次木津川口の戦いには参戦しなかったと推定される。1582年3月に来島村上氏の来島通総・得居通幸兄弟が羽柴秀吉(豊臣秀吉)に籠絡され、織田側に寝返った際には、その追討に加わっている。 1582年(天正10年)頃、家督を相続する。織田信長が1582年(天正10年)に本能寺で横死した後(本能寺の変)、その天下統一事業を継承した羽柴秀吉が台頭した。1586年(天正14年)の四国征伐において村上元吉も父や弟ともに、豊臣秀吉に協力しなかったため、追討されかける。同年には、宣教師ガスパール・コエリョに要請されて、元吉は瀬戸内海を安全に通行できるよう、村上水軍の旗を与え、コエリョの安全を保障した。 天下統一を進める秀吉は1588年(天正16年)に海賊停止令を出し、瀬戸内海の海賊行為も禁止された。後に海賊停止令に違反したとして、村上元吉も父とともに筑前国加布里(現在の福岡県前原市)へと追いやられた。1592年(文禄元年)から始まる文禄・慶長の役では、朝鮮に出兵する将兵の輸送に活躍した。 1598年(慶長3年)豊臣秀吉が没すると、毛利輝元は村上元吉を父とともに安芸国竹原に移して、4700石を与えた。1599年(慶長4年)10月6日付けで、毛利家臣・堅田元慶に宛て、毛利秀就の元服を祝う書状が残されており、毛利氏との関係がうかがえる史料となっている。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの前哨戦では、阿波国の蜂須賀氏の所領を攻撃。阿波国猪山城を落城せしめた。9月になると興居島に上陸後、加藤嘉明の居城・伊予国松前城を攻撃するため、17日四国伊予国三津浜(現在の松山市古三津)に上陸し宿陣した。しかし、同年9月17日夜から翌18日朝にかけての佃十成の夜襲であえなく討死した(三津刈屋口の戦い)。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%85%83%E5%90%89
足立重信 Adachi Shigenobu(生年不詳-1625年) 美濃国の出身で、若い頃より加藤嘉明に小姓として仕えた。主君・嘉明の転封に伴い、伊予国正木(松前)城に入った後、文禄・慶長の役に従軍し功を立て、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、佃十成らと共に主君嘉明の留守居として、毛利氏らの支援を受けて蜂起した河野氏の旧臣らの軍勢を撃退する(三津浜夜襲)。これら戦功によって家老に任ぜられ、5000石の所領を与えられた。   その後は、主に領内開発に奉行として従事し、中でも暴れ川として有名だった伊予川の灌漑工事は下流に新たな流路12キロに渡って開削し堤防を築いて大改修を行い、流域に広大な耕作地を生み出した。さらに松山城の南麓を流れる湯山川(現在の石手川)の流路を変更して伊予川と合流させ、城の堀として活用する等、堅固な築堤と水制工事、城下開発に卓越した手腕を見せた。この重信の工事により、領内では水害がなくなり、収穫も潤ったという。それ以来伊予川は「重信川」と呼ばれ、国内でも珍しい個人の業績を名に残す川となった。 その後も松山城の城郭や堀割などの構築に尽力し、伊予松山藩の初期土木行政に活躍したが、寛永2年(1625年)に松山城の完成を待たず死去した。生前望んだ松山城下を見渡せる愛媛県松山市の山越来迎寺に葬られた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E9%87%8D%E4%BF%A1