首頁 Tags 今川義元

Tag: 今川義元

飯尾連竜 Iio Tsuratatsu(生年不詳-1566年) 駿河飯尾氏の出自は三善氏といわれる。元々室町幕府の奉行衆であり、飯尾長連の代に駿河国に下向、以来代々今川氏家臣として仕えた。 永禄3年(1560年)桶狭間の戦いにおいて、織田信長を相手にした駿河今川氏は当主の今川義元を討取られると同時に、連竜の父で長連の孫の乗連を初めとする遠江の今川氏配下領主や国人領主達にも数多の戦死者を出した。当主戦死による混乱も相まって、今川氏は遠江国に対する支配力を低下させたため、遠江国は混乱状態になった。今川氏に仕える者、織田氏に寝返る者、三河国で今川氏からの独立(再独立)を計る松平家康(徳川家康)に同調する者など、国内は混乱した。 永禄5年(1562年)、連竜が松平家康を通じて織田・松平方に通じたことを知った今川氏新当主の今川氏真は曳馬城を攻めた。「この時氏真が大いに怒り糾明するために曳馬城を攻めたが利あらずして退いた。」と、『遠江』『武家事紀』は記している。『改正三河後風土記』では連竜が家康に内通し、病と称して曳馬城に引き返してる間、新井白須賀邊の駅舎を放火したという疑いに今川氏真は大いに憤り、その真偽を問いただす為に新野親矩とその弟式部之規を大将とした三千人の兵を曳馬城へ差し向け、有無を言わさずにいきなり攻撃したと記されている。これは今川氏の遠江国支配保持のための見せしめ、いわば強硬な武力示威行為と考えられる。しかし今川方は曳馬城を落すことができず、連竜と和睦し一旦退いた。またこの戦いで寄せ手の氏真方の大将の新野親矩や三浦正俊、中野直由ら、飯尾氏の側でも重臣等が戦死した、ともされている。『改正三河後風土記』ではその時連竜は少しも恐れず矢炮を飛ばし防戦し、寄せ手の大将である新野親矩達を撃退することに成功したが、氏真はますます怒り、朝比奈泰能、瀬名親隆とその子瀬名氏範、朝比奈秀盛等大勢を付き添え囲み昼も夜も攻めたが城は落ちなかった。連竜は敵陣に対して矢文で「某讒者の為に無実の罪を蒙ったために遺恨はなく、一時の急難をのぞかんがために防戦したためまったく異心はなく早く讒者の虚実と糾明して恩免を蒙りすみずみまで二心なく忠勤する」という起請文を出した。今川方の寄せ手はそれを受け取り、引き返した、と記述されている。 『井伊家伝記』では曳馬城の城主だった井伊直平の家老だったと記されており、天野左衛門尉が今川氏に背いたことを知った氏真が井伊直平に天野左衛門尉の鎮圧を命じ、直平が出陣の支度をしている所を天野左衛門尉と天野左衛門尉の縁者とお田鶴の方と共に連竜へ反逆を勧め、連竜は直平に反逆した。そして永禄6年(1563年)9月18日にお田鶴の方が直平に茶を勧めるも、その茶は毒茶だったため直平は有玉旗屋の宿にて落馬し絶命した。(また『井伊家伝記』には連竜が直平に毒薬を進め申したと上記とは異なる記述も存在する。)その後連竜達は飯尾一味に同心の輩を相催し、大手を固め籠城した。またこの時直平の家来も毒死。多くは連竜達の味方になった。直平の死後、連竜は氏真にも反逆を企み従わなかった。これにより、氏真の命で新野親矩、中野信濃守が攻め込むも、両人無勢にて攻めづらかったため、氏真に援軍を願い申した。その後永禄8年(1565年)に氏真より兵1000人または2000人の援軍、井伊谷の兵を集め曳馬城を攻め込むも両人は討死した。 正確には不明であるが、遠州錯乱と呼ばれるような遠江国の混乱および、飯尾氏や犬居城主天野景泰、元景父子、二俣城主松井宗恒ら遠江領主による今川家を離反する動きがあったことが確認される。 しかし、連竜に対する疑念を拭い去ることができなかった氏真は連竜を駿府に呼び寄せた。永禄8年(1565年)12月、連竜はわずかな供を連れて駿府に入ったが、駿府城内の一角で氏真によってあえなく謀殺された。 『改正三河後風土記』では、氏真に罪を許された連竜は礼謝の為に駿府に来たが氏真に謀殺された、と記されている。 また『武家事紀』では連竜の死に関しては複数の記述がある。氏真は駿府で連竜に対して逆心を糺明し、永禄8年(1565年)12月20日に氏真は駿府において連竜を切腹させたとある。この際に連竜は自身の屋敷に立て籠もり、兵士を所々に出して力戦し、打手の大将の新野親矩をはじめとして多く戦死した。その後連竜は自殺した、とされている。 また同書には永禄7年(1564年)12月20日に自害したとも記されている。 『井伊家伝記』には永禄11年(1568年)に連竜は曳馬城の城主となった。またこの時武田信玄が大軍を集め氏真を攻め込もうとしていたため、氏真は遠州の人数を集め防戦の支度をした。この時氏真は松居郷八郎という別懇の武士を以って連竜に和談を申し入れた。今度引馬の兵を相催し武田軍を相防ぎ申せば、連竜の息子の辰之助に氏真の娘を遣わす申した。連竜は近年氏真に背いていたため、連竜は誠実と思い辰之助と共に駿府へ下向いた。この時氏真と三浦右衛門が辰之助に祝言をもてなし酒宴を催し、氏真は連竜と辰之助を切腹させた。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B0%BE%E9%80%A3%E7%AB%9C
高力清長 Koriki kiyonaga(1530年-1608年) 高力安長的長子、母為板倉氏、正室為阿部道金之女;通稱與左衛門、別名新三、佛高力。 在天文四年(1535年),松平氏當主松平清康在守山崩事件中被暗殺,其後織田信秀派兵攻進三河的時候,出身三河的清長的父親高力安長和祖父高力重長均戰死。因此,當時年僅6歲的清長就由叔父高力重正撫養。清長最初出仕於松平廣忠,及後在廣忠死後不久的天文二十一年(1552年)出仕於其子曾經在駿河當人質的德川家康。 永祿三年(1560年)5月,家康跟隨今川義元攻打尾張,清長則負責將軍糧運送至尾張的大高城。永祿五年(1562年),義元戰死後,清長跟隨獨立的家康前往清洲城締結清洲同盟。其後,清長在西三河平定戰和永祿六年(1563年)的三河一向一揆鎮壓戰中先後立下軍功,然而他在政治上的貢獻比軍事上更勝一籌,他在平定一向一揆後保護佛像和典籍,努力避免這些古物失傳,又將寺社改回原狀等措施款為人稱道。翌年,清長憑其功績獲任命為岡崎奉行。永祿八年(1565年),清長與本多重次、天野康景一同獲任命為三河三奉行。 永祿十一年(1568年),清長在遠州平定戰中,進攻前往掛川城路上的久野城,並且派使者成功說服今川氏真的譜代重臣久野宗能改投德川氏。翌年,清長在進攻掛川城期間,雖然遇上善戰的氏真家臣朝比奈泰朝而一度陷入苦戰,但是最終成功攻下掛川城。 在元龜元年(1570年)6月爆發的姊川之戰中,清長亦有參戰,並且立下軍功,從而獲賜予遠州長上郡100貫文的領地。元龜三年(1572年)12月爆發的三方原之戰中,清長亦有參戰,然而德川軍卻大敗於武田信玄,清長本人亦受傷,同族和郎黨共數十人戰死。天正八年(1580年),清長獲家康賜予遠州馬伏塚城和鎌田鄉。 天正十年(1582年)6月,織田信長在本能寺之變中死去,在家康越過伊賀期間,清長以小荷馱奉行身份擔任殿軍之職,卻不幸被盜賊以鐵砲擊傷。同年,清長獲賜予駿河田中城,同時獲得駿河先鋒25名騎兵。 在天正十二年(1584年)爆發的小牧、長久手之戰中,清長亦有參戰。戰事結束後,他作為使者與豐臣秀吉會面,並且得到其賞識,在天正十四年(1586年)獲賜姓豐臣,成為從五位下河內守。同年,清長開始擔任興建聚樂第的普請奉行,並且獲秀吉賞賜由刀匠新藤五國光鑄造的脅差。 在天正十八年(1590年)爆發的小田原征伐中,受秀吉之命的家康派清長和成瀨國次一同前往小田原城,與北條氏政和氏直父子交涉。小田原征伐後,清長獲得武藏岩槻2萬石領地,並且託管足立郡浦和鄉1萬石的領地。天正二十年(1592年),清長在秀吉發動的萬曆朝鮮之役中於肥前名護屋城負責建造軍船。 慶長四年(1599年),由於嫡子高力正長早死,清長在翌年爆發的關原之戰結束後隱居,將家督之位讓給嫡孫高力忠房。 慶長十三年(1608年),清長因中風死去,年79歲。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8A%9B%E6%B8%85%E9%95%B7
鳥居元忠 Torii Mototada(1539年-1600年) 鳥居忠吉的三子、母不詳、正室為松平家廣之女、側室為馬場信春之女;幼名彥右衛門,其忠節被譽為「三河武士の鑑」。 父親鳥居忠吉效力松平清康、松平廣忠、松平元康(德川家康)三代,當家康被送往駿府今川義元處擔任人質時,忠吉留守三河擔任奉行,為三河家臣團臥薪嘗膽以等待家康長大的的代表性人物。元忠出生於天文八年(1539年),比主君德川家康大三歲,從小就跟隨家康待在駿府,擔任側近;與同為德川家武功派將領而著名的「德川四天王」:酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政等人相比,年紀與家康相近,又是家康在駿府擔任人質時期的伙伴,君臣彼此間的親密信賴感毋寧較上述德川名將更強。從家康的初陣「寺部城之役」以降,即追隨左右,無役不與,包括大高城之役、掛川城之役、沛川會戰等。 元龜三年(1572年),武田信玄起兵西上,威脅家康,元忠在著名的「三方原會戰」中,擔任家康的騎本部隊,一度壓制武田軍先鋒小山田信茂,但遭到逆襲而敗,撤退途中並受到箭傷。信玄去世後,其子武田勝賴持續進攻家康,於織田信長與家康聯手擊敗勝賴的「長籐原會戰」中,元忠與負責殿後的武田名將馬場信春對戰並擊破之。但在後續進攻遠江取訪原城時,奮戰當中遭到槍擊傷到左屁股,元忠因此而不良於行,儘管如此,仍然轉戰遠江、駿河等地,武勇異常。 同年,父親忠吉死去,長兄忠宗和幼弟忠廣先後戰死、次兄本翁意伯出家為僧,家督便由元忠承繼。 天正十年(1582年),信長在「本能寺之變」死後,甲斐成為德川與北條競逐的戰場,北條氏政、北條氏直派遣北條氏勝、北條氏忠進攻甲斐郡內,遭到元忠擊敗,家康乃將郡內領地賜予元忠。據說在平定甲斐之後,家康命元忠尋找馬場信春之女的下落,元忠回報多方探詢仍不知去向,後來有人向家康密報,實際上該女係由元忠所藏匿,家康聞言也只能苦笑,或許元忠被該女容貌所吸引,或許是敬重其父信春之名,不知家康尋找該女下落用意,而不願將該女交給家康,元忠嗣後與該女生下三男一女,傳為野巷逸話,也可窺見元忠的硬漢柔情與君臣之誼。 天正十二年(1584年),家康與豐臣秀吉經過「小牧山、長久手之戰」後和解,秀吉準備對於德川諸臣數位授以官位以籠絡人心,包括忠次、忠勝、康政、直政等「德川四天王」都獲得獎敘,但元忠卻以無法效力二君,且為鄉下武士恐怕失態為由而拒絕,此或許是基於和解之前,石川數正背棄家康投奔秀吉,元忠為了顯示三河武士團的剛毅而表態,讓家康更覺窩心。 慶長三年(1598年),秀吉去世,天下動盪之時,元忠向家康表明願以一身老骨再次效力沙場,以求協助家康成為天下人。慶長五年(1600年),家康遂於征討東國會津上杉景勝時,乃將其最信賴的元忠置於伏見城作為防守西國大名蠢動的最重要防線。石田三成組織西軍,進攻伏見城,元忠面臨包括宇喜多秀家、小早川秀秋、島津義弘等率領的大軍包圍伏見城的局勢,堅守不退,欲以自己的性命換取家康率軍從東國返回的時間,經過激烈的攻防,由長束正家率領的甲賀眾突破伏見城缺口,元忠從二丸一路力戰至退守本丸及天守,最後在烈火中,在天守自殺,壯烈成仁,年六十二歲。 家康後來兼程率軍趕回,終在「關原會戰」擊敗三成的西軍,成為天下人,完成了元忠從人質時期託付在主君家康身上的遙遠之夢。 作者 Thbobo 出處 http://thbobo.pixnet.net/blog/post/31401653
鵜殿氏長 Udono Ujinaga(1549年-1624年) 天文18年(1549年)、今川義元の家臣で三河国上ノ郷城(蒲郡市神ノ郷町。『三河物語』では、西之郡之城とある。)主として宝飯郡一帯(現在の蒲郡市域)を支配していた鵜殿長照の子として生まれる。幼名は新七郎。しかし彼が未だ少年時代であった永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで義元が織田信長に討たれると彼を含めた鵜殿氏の運命は暗転する。鵜殿氏と同じく今川家に臣従していた松平元康(徳川家康)が今川氏から独立を図り、さらに三河一国の統一を目指して侵攻を開始したのである。 永禄5年(1562年)、松平軍の攻撃により上ノ郷城は陥落し父・長照は戦死、氏長も捕縛された。家康は彼の身柄と引き換えに今川氏に臣従していた時期に義元のもとへ人質として差し出していた正室の瀬名姫と嫡男の竹千代を返還するよう今川氏に要求した(氏長の祖父・鵜殿長持の正室は今川義元の妹だったため、氏長は今川氏の当主氏真にとっては従兄弟の息子にあたった)。 交渉はなんとか成立したが、故地を失った氏長は遠江二俣城の松井宗恒のもとに身を寄せた。しかし永禄11年(1568年)、武田信玄と呼応した家康が今川領に侵攻し、二俣城を攻めてくると、氏長は家康に降伏し、家臣として仕えた。 その後、家康のもとで元亀元年(1570年)の姉川の戦い、天正3年(1575年)の長篠の戦いに参加している。天正18年(1590年)の小田原征伐後に家康が関東に移封されると、1,700石を与えられ、旗本となった。 文禄2年(1593年)、従五位下・石見守に叙位・任官する。寛永元年(1624年)6月14日に死去。享年76。諡号:日仙。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E6%AE%BF%E6%B0%8F%E9%95%B7
鵜殿長照 Udono Nagateru(生年不詳-1562年) 鵜殿長持の子で鵜殿氏長、鵜殿氏次の父。通称、蔵太郎。長門守。 三河国宝飯郡の上ノ郷城(蒲郡市神ノ郷町、『三河物語』では、西之郡之城とある)主。今川氏が西進政策を採り続ける中で、三河の東西を結ぶ意味合いを持っていた鵜殿氏の所領は、非常に重要度が高かった。そのため、縁を結ぶことで西進路を確保しようと目論む今川氏によって、鵜殿氏の地位は向上する。また、今川義元の妹が生母ということで、当人も今川家の親戚として重用された。弘治3年(1557年)、父の長持が死去し家督を継いだ(ただし『三河物語』は長持の没年を永禄5年(1562年)とする)。 永禄3年5月(1560年)の桶狭間の戦い以前から、大高城の城代に任命されていたといわれる。だが、大高城は対織田戦線の最先端にあって身動きを封じられ、兵糧枯渇の窮地に立たされていた。義元自身による尾張攻め入りの前哨戦が、この大高城の支援を目的とされている。松平元康(のちの徳川家康)の兵糧運び入れが賞賛されたのは、この時である。窮地から解放されると、その元康と大高城の守備担当を交代させられる。その後の使命や働きなどは明確でなく、義元の本隊からの命令待ちで大高城内で待機していたと考えられる。しかし、肝心の本隊で、義元が移動の小休止中に織田信長によって討たれると、元康よりも先に三河の本領に逃げ帰っている。 義元の子で、今川氏の次なる当主となった今川氏真は武略に欠けた人物であったため、今川氏の支配が弱まった三河では松平家康(義元の死後、家康と改めた)が台頭。多くの領主達が家康に味方する中、鵜殿氏は今川家の縁戚であったことから今川方に留まった。ただしそれは、今川氏との密接な間柄を保持する上ノ郷城の鵜殿総領家だけであって、周辺の下ノ郷城(蒲形城)を有する分家などは家康の味方に転じていった。やがて、清洲同盟を結んで織田氏方に与し、今川氏からの自立・決別色を強めた松平氏と敵対。永禄5年(1562年)には家康からの攻撃を受け、戦死した(『朝野旧聞裒藁』によれば2月4日)。この戦闘で子の氏長と氏次は捕らえられ、駿河に人質となっていた家康の妻・築山殿、嫡男・松平信康との交換に利用された。 一説によると上ノ郷城落城の際に長照は辛うじて城から脱出したものの、現在の蒲郡市清田町にある安楽寺の横の坂で伴資定という者に討ち取られたという。この坂は現在でも鵜殿坂と呼ばれており、この坂で転ぶとその怪我は一生治らないという伝説がある。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B5%9C%E6%AE%BF%E9%95%B7%E7%85%A7

Send this to a friend