首頁 Tags 上条政繁

Tag: 上条政繁

上条定憲 Jojo Sadanori(生没年不詳) 越後上杉氏の一族である上条上杉氏当主で上条城城主。通称は弥五郎、播磨守。別名は憲定(のりさだ)、定兼(さだかね)。上杉房実の子(あるいは孫、上杉顕定の子とする説もある)。 上杉房能を倒した新守護の上杉定実・長尾氏と敵対し、永正6年(1509年)の上杉顕定の越後侵攻に際しても長尾為景に敵対した(このときはのちに寝返って顕定を敗死に追いやったとされる)。以後は守護上杉定実に一貫して忠誠を尽くし、守護を傀儡化した長尾為景との抗争を続ける。 永正10年(1513年)9月に宇佐美房忠(ふさただ、定満の父)が小野城で挙兵し、上杉定実ら守護方と為景のあいだで抗争が勃発すると定憲も定実に応じて挙兵した。しかし10月下旬には定実は為景によって幽閉されてしまい、翌11年正月の上田荘六日市の合戦でも守護方が大敗。同年5月には房忠も岩手城で自害に追い込まれ、定憲自身は目立った動きに出ることが出来ないまま抗争は終結した。 この後しばらく越後国内の政情は小康状態が続くが、享禄3年(1530年)に定憲と為景のあいだで抗争が勃発した。為景はこの原因を大熊政秀(まさひで、朝秀の父)が定憲と為景のあいだを色々と「申し妨げた」ためと釈明している。しかし幕府を後楯にしていた為景を前に、揚北衆といった国人や上杉一門にも定憲に加担する勢力は少なく、将軍足利義晴の手引もあり翌年には収束した。 しかし、享禄4年(1531年)6月に為景が後楯としていた幕府の有力者細川高国が政変(大物崩れ)に敗れ自刃し、天文2年(1533年)9月には両者間で「再乱」が生じる。このとき定憲(定兼)は、上田長尾氏や揚北衆など国内勢力に加え、会津蘆名氏や出羽砂越氏といった国外の勢力も味方につけることに成功し、為景方への攻勢を強める。天文5年(1536年)には三分一ヶ原合戦で大敗するも、8月に為景を隠居に追い込んだ。その後の動向は不明であるが、一部史料によると、同年のうちに死去した可能性が高い。 諸系図では甥(または弟)に上条定明(さだあき)・上条頼房(よりふさ)らの名前がみえる。また、定兼(さだかね)を定憲の弟に置く系図も見られる。また、上条上杉氏は上条政繁が継いだとされる。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%A1%E5%AE%9A%E6%86%B2
上条政繁 Jojo Masashige(1545年?-沒年不詳) 上条上杉家当主、上杉氏の家臣。上条城主。初名は景義。通称は弥五郎、山城守、播磨守、織部。号は宜順斎。上杉定実の子。一説に上条上杉家の一族で越後守護上杉定実の舎弟といわれる。室は長尾政景の娘。 上条上杉家は長尾為景と敵対して没落していたが、元亀2年(1571年)、為景の子上杉謙信の代に廃絶していた上条上杉家(上条頼房か上条定憲)の家督を政繁が相続したものと見られる。天正初年間頃までには入道して宜順と号した。 謙信に仕えて上野国や越中国に転戦した。天正3年(1575年)の「上杉家軍役帳」によると96人の軍役を負担し、上杉家一門の第四位に列したという。天正5年(1577年)能登国守護畠山氏の七尾城を攻めた際には、謙信の命で畠山氏(畠山義続か)の遺児(後の義春)を養嗣子とした。 謙信の死後、御館の乱では上杉景勝に味方して、戦後もそのまま景勝に従い、重臣として遇された。天正9年(1581年)越中松倉城の河田長親が没したために、後継として同城に入る。 天正12年(1584年)羽柴秀吉に人質を送る事になると、当時景勝に実子がいなかったため、孫(義春の子)の義真(景広とも)を景勝の養子として送る事となり、軍役を免除される事となった。同年、信濃海津城の山浦景国が失脚すると、その後任として海津城に入るが、翌天正13年(1585年)には須田満親に代わられたため、景勝と対立するようになり、天正14年(1586年)上杉家を出奔して秀吉の元に依り、河内国高井郡に500石を与えられた(『寛政重修諸家譜』では直江兼続に讒言されたためとある)。以後、養子の義春の事跡に変わるので、間もなく没したものと思われる。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%A1%E6%94%BF%E7%B9%81
三百八十五位人物:高島正重、佐伯惟教、山上照久、穗井田元清、阿蘇惟光、織田秀信、正木為春、大關高增、鵜殿長照、那須資胤、織田信孝、西園寺實充、長野具藤、奧平貞能、尼子勝久、上杉景虎、天野隆重、北畠晴具、朝比奈泰能、京極高吉、德川秀忠、上條政繁、山村良候、林秀貞、高森惟直、畠山義隆、北畠具房、田尻鑑種、一色義幸、土居清良、平岡房實、小梁川宗秀、岩成友通、武田信豐、德永壽昌、本願寺教如、高梨政賴、片桐且元、朝倉景紀、赤松則房、小島職鎮、橫瀨成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部繼潤、三雲成持、小野崎從通、大田原資清、志道廣良、真田幸昌、豐臣秀賴、伊達實元、內ヶ島氏理、淺利勝賴、安東茂季、寒川元鄰、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶、有馬義貞、豬俁邦憲、加藤嘉明、稻富祐直、平野長泰、波多野宗高、淺井久政、國分盛顯、兒玉就忠、山口重政、石川康長、那須資景、赤星統家、赤松晴政、京極高次、斯波詮直、山崎片家、最上義時、相良賴房、松本氏輔、柴田勝豐、戶澤政盛、藤方安正、脇坂安治、原田信種、小寺政職、豬苗代盛國、岡家利、蒲生秀行、鳥屋尾滿榮、吉弘鎮信、村井貞勝、一迫隆真、蘆名盛興、小野寺輝道、神代勝利、篠原長房、島津豐久、矢澤賴康、村上通康、阿蘇惟種、阿蘇惟將、阿蘇惟豐、阿閉貞征、安芸國虎、安見直政、安宅冬康、安田顯元、安田能元、朝倉景隆、安富純治、安富純泰、伊集院忠倉、伊集院忠棟、伊集院忠朗、伊達盛重、伊東義益、伊東祐慶、伊東祐兵、伊奈忠次、井伊直孝、磯野員昌、一栗放牛、一色義清、一色義道、一色藤長、稻葉貞通、宇喜多忠家、宇山久兼、芳賀高武、羽床資載、臼杵鑑續、延原景能、延澤滿延、遠山景任、鹽屋秋貞、奧平信昌、岡部長盛、岡本賴氏、屋代景賴、屋代勝永、屋代政國、溫井景隆、溫井總貞、下間仲孝、下間賴龍、糟屋武則、河尻秀長、河尻秀隆、河田長親、河東田清重、河野通宣、河野通直、河野通直、花房職秀、花房正幸、花房正成、皆川廣照、垣屋光成、垣屋續成、角隈石宗、葛山氏元、葛西俊信、葛西親信、葛西晴胤、樺山久高、蒲生賢秀、蒲池鑑盛、肝付兼護、肝付良兼、關一政、關盛信、岩上朝堅、岩清水義教、岩清水義長、願証寺証惠、吉見廣賴、吉見正賴、吉川經安、吉川經家、吉田孝賴、吉田康俊、吉田重俊、吉田重政、吉良親實、津輕信枚、久能宗能、久武親信、久武親直、宮城政業、朽木元綱、魚住景固、近藤義武、金子元宅、金上盛備、九戶康真、九戶實親、九戶信仲、九戶政實、窪川俊光、窪田經忠、熊谷元直、熊谷信直、隈部親永、結城政勝、兼平綱則、犬甘久知、犬童賴兄、原胤榮、原胤貞、原長賴、原田宗時、古田重然、戶川秀安、戶川達安、戶澤政重、戶澤盛重、戶澤道盛、戶田勝成、後藤高治、後藤勝元、後藤信康、御子神吉明、御宿政友、公文重忠、弘中隆兼、江井胤治、江上武種、江村親家、江馬輝盛、江馬時盛、江里口信常、溝尾茂朝、甲斐親英、荒木氏綱、香川之景、高橋鑑種、高原次利、高山友照、高城胤則、高城胤辰、高梨秀政、高梨賴親、國司元相、國分盛氏、黑岩種直、黑川晴氏、佐久間安政、佐久間勝政、佐久間盛政、佐竹義久、佐竹義憲、佐竹義斯、佐竹貞隆、佐田鎮綱、佐田隆居、佐波隆秀、佐野宗綱、佐野房綱、最上家親、最上義守、妻木廣忠、齋藤龍興、細野藤敦、鮭延秀綱、三好義興、豐臣秀次、三好政康、三好政勝、十河存保、三好長逸、三村家親、三村元親、三村親成、三澤為清、三木國綱、山崎家盛、山崎長德、山田宗昌、山田有榮、山田有信、山內一豐、山名豐定、山名祐豐、四釜隆秀、市川經好、志賀親次、志賀親守、志賀親度、志村光安、斯波義冬、斯波經詮、斯波長秀、氏家吉繼、氏家守棟、寺崎盛永、寺澤廣高、寺島職定、筒井順國、筒井定次、七里賴周、執行種兼、車斯忠、種子島惠時、種子島時堯、酒井忠勝、酒井敏房、秋月種實、秋月文種、三好義繼、楯岡滿茂、小笠原信淨、小笠原成助、小笠原長雄、小笠原貞慶、小貫賴久、小山高朝、小山秀綱、小田氏治、小田守治、小田政光、小田友治、小幡憲重、小峰義親、小野木重次、松浦鎮信、松永久通、內藤忠俊、松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顯泰、沼田祐光、上村賴興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顯長、色部長實、新井田隆景、新關久正、新發田綱貞、新發田重家、森岡信元、森下通與、森好之、森長可、森田淨雲、真柄直隆、神戶具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田滿親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成澤光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公廣、青景隆著
人物:織田信長 柴田勝家 前田利家 明智光秀 丹羽長秀 羽柴秀吉 石田三成 長井規秀 松平元康 本多忠勝 伊達政宗 南部信直 最上義光 蘆名盛氏 佐竹義重 上杉憲政 結城晴朝 里見義尭 北条氏康 武田晴信 武田勝頼 飯富昌景 馬場信房 真田昌幸 真田幸村 村上義清 長尾景虎 上杉景勝 ...
五百位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、丹羽長秀、羽柴秀吉、石田三成、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、南部信直、最上義光、蘆名止々斎、佐竹義重、上杉憲政、結城晴朝、里見義堯、北条氏康、武田信玄、武田勝頼、山県昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、村上義清、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、北畠具教、六角承禎、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、尼子晴久、大内義隆、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、足利義輝、足利義昭、福島正則、加藤清正、大谷吉継、島清興、竹中重治、井伊直政、榊原康政、片倉景綱、伊達成実、津軽為信、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、蒲生氏郷、鈴木重秀、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花道雪、立花宗茂、高橋紹運、鍋島直茂、細川幽斎、細川忠興、浅井亮政、林羅山、土井利勝、酒井忠世、青山忠俊、足利義明、稲葉貞通、真田幸昌、小幡景憲、蘆名盛舜、尼子経久、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵

Send this to a friend