首頁 Tags 三村家親

Tag: 三村家親

三村元祐 Mimura Motosuke(生年不詳-1567年/1571年/1575年) 三村家親的長子,三村元親之兄。後過繼給庄為資(一說穗井田實近)作養子,別名庄元祐(穗井田元祐)。 由於備中守護細川氏早已威風不在,戰國時代的備中國人眾分成尼子、大內等不同勢力相互爭鬥。庄氏本與三村氏相互聯合以圖勢力擴張,然而在永祿二年(1559年)的猿掛合戰兩家兵戎相見。兩方相持不下,毛利氏在父親家親邀請下做了兩家中介,終於和解。作為結果庄為資亦或是同族的庄實近(穗井田)收了元祐作為養嗣子。元祐做了庄氏養子後繼承了庄氏歷代相傳的通字「資」字改名「元資」(「元」獲賜自毛利氏),花押也一併變更。另外在15世紀中有同名猿掛城主庄元資,然而是另一人。此後作為三村氏分家同時也是毛利氏麾下武將四處征戰。 永祿十年(1567年),在為祭奠遭宇喜多直家暗殺的父親家親而發動的明善寺合戰(明禪寺合戰)中擔任三村軍的右翼,然而因為全軍陷入苦戰,元祐也被打得大敗(注一)。然而此後在毛利氏麾下率備中國眾出兵九州。其活躍受到毛利氏的稱讚。 元祐的結局眾說紛紜。據同時代資料,元資在支援佐井田城(又名齊田城,位於現岡山縣真庭市)時被浦上.宇喜多軍擊殺,時為元龜二年(1571年)9月4日。另說,據三村氏子孫的傳說與系圖,天正三年(1575年)的備中兵亂(注二)中加入本家備中松山三村氏一方,大戰毛利氏不敵,死於佐井田城。另有毛利家資料指出元祐於元龜二年(1571年)1月於佐井田城與宇喜多勢交戰時不敵被殺。 根據後來做成的毛利家系譜,毛利元就第四子毛利元清(穗井田元清)曾當過元祐的養子,另據元清自身寫的書狀,因所居之猿掛城(今岡山縣倉敷市)所在穗田而起名穗田(穗井田)因而否定了元祐和庄氏的關係。 注一:一說元祐在此戰中遭宇喜多忠家、戶川秀安等人所率軍勢擊殺。遊戲中也採用了這一說法。然而介於此後仍有大量文獻記載其健在,推測應為宇喜多方的誤報。 注二:天正二年(1574年),三村元親因對毛利氏與殺父仇人宇喜多直家結盟感到不滿,內通織田信長起兵反抗毛利氏。天正三年(1575年)遭小早川隆景平定。詳情見三村元親條目。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=9#postid-242 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%98%E5%85%83%E7%A5%90
三村元範 Mimura Motonori(1549年?-1575年?) 三村家親的三子,三村元祐、三村元親之弟。備中國槓城主。 其父家親死後,作為家臣輔佐兄長.三村家當主元親。後元親與織田信長聯合起兵對抗毛利輝元(備中兵亂,見三村元親條目),作為三村一方固守槓城(又做楪城,位於今岡山縣新見市)遭毛利氏小早川隆景進攻,寡不敵眾陣亡。元範是長刀達人,英勇戰鬥至最後一刻。年二十七歲。 「備中兵亂記」載槓城於天正三年(1575年)1月8日落城,「萩藩閥閱錄」則有天正二年(1574年)11月6日輝元發給楢崎豊景的感狀一封,其中載「槓城落去」,槓城落城時間可能比備中兵亂記中記載的早一些(注一)。 新見市高尾有紀念元範的「三村元範討死碑」。 注一:據此則其生卒年為1548年-1574年。 作者江蛤蟆 出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=9#postid-241
三村元親 Mimura Motochika(生年不詳-1575年) 三村家親的次子,母為阿波三好氏之女。 父親家親以毛利氏為後盾、將備中國幾近全域及備前國一部分納入勢力範圍,並謀求將勢力擴展到備前、美作國。永祿九年(1566年)、宇喜多直家因正面攻擊無法取勝,而派人以鐵砲將家親暗殺。 長兄元祐為備中庄氏養子,元親繼承家督後,向宇喜多氏展開復仇。永祿十年(1567年),率領約2萬士兵攻進備前國,但卻被僅有5千士兵的宇喜多軍所大敗(明禪寺之戰)。此役讓在備中享有威名的三村氏出現衰退,在毛利氏的援助下,元親總算止住頹勢。 之後,天正二年(1574年)、因為毛利氏與仇敵宇喜多直家結盟,元親不顧叔父三村親成、竹井氏等一部分重臣的反對,改投織田信長,反叛毛利氏。此外,也在同年支援受到宇喜多直家叛亂之苦的浦上宗景。 相對於認為這是毛利家中大事而進言討伐三村氏的小早川隆景,吉川元春(反對毛利氏與宇喜多氏結盟)進言應直接和元親見面,勸說元親回心轉意以避免用兵。可是,負責山陰道的元春進言不被接受,而採用負責山陽道的隆景意見討伐三村氏。 毛利軍難以攻下在元親手中要塞化的本城備中松山城,於是採取先將周圍支城依序攻下的作戰方式。在支城紛紛陷落後,毛利軍包圍備中松山城進行持久戰。在寡不敵眾的情形下,城池終於淪陷。元親聽從家臣意見,和妻子、家臣一起逃出,但在途中受了重傷,於是派出使者向毛利軍提出切腹的請求。元親在毛利家中舊識粟屋元方的照看下,留下辭世詩數首在松連寺切腹自殺。以下是其中一首: 「人といふ 名をかる程や 末の露 きえてぞかへる もとの雫に」(人,不過是借用名字的軀體;我的生命如同消失的露水,回歸到原本的水滴。) 元親是個精通詩歌等雅緻學問的文化人,和細川藤孝也有深交。據說在元親困守備中松山城時,藤孝曾送去『八雲集』;元親自殺之際,也贈與藤孝一首詩歌。之後,元親之子勝法師丸被捕,雖然懇求饒命,但小早川隆景擔心他的聰明伶俐會在將來造成危害,還是將其殺害。至此,戰國大名三村氏的血脈完全斷絕,元親的叔父親成等旁支以他國家臣的身分延續下去。 出處 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9D%91%E5%85%83%E8%A6%AA
三村家親 Mimura Iechika(1517年-1566年) 三村宗親之子,三村盛親(三村時親)之孫。三村親成之兄(一說叔父)。子三村元祐(庄元祐)、三村元親、三村元範、上田實親。有女四人,分別嫁予上野隆德、水野勝成、石川久式、楢崎元兼。正室出自同樣自稱小笠原氏支流的阿波三好氏(注一),一般認為此女為三村元親與上田實親之母。 因備中守護細川氏的威光早已十分衰微,家親藉此機會先是與庄氏聯合,後來由於其爭鬥,藉此謀求擴張勢力。因為與庄氏的爭鬥陷入膠著,恐怕是向尼子氏一邊倒的備中國人中第一個投靠毛利氏的。毛利元就對家親評價頗高,並對三村氏使者發表了大意為「備中一國自此與毛利家囊中之物別無二致」的言論,頗為欣喜。 家親與毛利氏聯合之後,逐漸驅逐了備中尼子氏一方的勢力,實現了備中的統一。據點也從備中成羽的鶴首城(今岡山縣高梁市成羽町)移到備中松山城(今岡山縣高梁市內山下),鶴首城被委任給重臣三村親成。再次在期間積極與備中守護代家庄氏、石川氏、上野氏構築姻親關係,只有庄氏一族沒有被完全掌握,因而成了一件恨事。 永祿七年(1564年),家親派遣石川久智發兵救援備前三村一方的龍口城(今岡山縣岡山市)穝所氏時庄高資、庄勝資起兵造反(注二)。 後來為了擴大勢力而出兵備前國和美作國,家親勇猛過人,數次擊敗宇喜多直家。然而永祿九年(1566年)2月5日家親於美作國興善寺與重臣進行評議時,遭受直家之命的遠藤秀清、遠藤俊通兄弟使用短管火繩槍槍擊身亡。年五十歲。死於火器暗殺在這一年代確屬一件罕事。 注一:三好家出自阿波小笠原氏,其家祖為小笠原長經之子長房。三村氏自稱家祖為小笠原長經之子長時。 注二:出自『黃薇古簡集』,此書還記載庄氏父子佔據備中松山城後遭奪回一事。 作者 江蛤蟆 譯文出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=9#postid-241 日文出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9D%91%E5%AE%B6%E8%A6%AA
三村親成 Mimura Chikashige(生年不詳-1609年) 備中国の戦国大名・三村宗親の三男として誕生。兄の三村家親の甥ともいわれる。 備中三村氏が従属していた毛利氏からの信任が厚く、毛利元就が三村氏宛の文書を当主・家親のみならず親成にも見せるように使者に言い含めていたほどである。永禄9年(1566年)に、美作国・備前国へ出陣中の兄・家親が宇喜多直家からの刺客(遠藤秀清、俊通の遠藤兄弟)に暗殺されると、機転をきかせて陣中の動揺を押さえ、兄が率いていた軍勢を代行指揮する。家親横死を秘しての余りに鮮やかな引き際であったため、直家は暗殺成功の報告を容易に信じなかったという。以後は備中兵乱に至るまで、成羽から本家である備中松山の元親をよく補佐し、三村家の屋台骨と評された。 ところが、毛利氏が三村氏にとって不倶戴天の宇喜多氏と結び、それを好機と見て取った織田信長が毛利氏からの離反を誘うが、親成は三村氏旧臣・竹井氏などとともに「織田はとても信用できかねる相手であり、毛利と手を切って織田と手を結ぶのは時期尚早である」旨の主張した。しかし、前当主・三村家親を慕う一族の大勢は織田方につくことで一致し、当主・三村元親は毛利氏離反を決定した。そのため、身の危険を感じた親成は毛利氏に通じ三村氏討伐に協力した。備中兵乱後、一定の功績が毛利氏より認められて備中成羽(鶴首)城主の地位は安堵されたが、備中松山・三村本家の叛乱を諫止できなかった咎を問われ、所領は原封の半分以下といわれる約8,000石にまで減封された。 関ヶ原の戦いまで成羽(鶴首)城主の地位にあったが、戦後に備中成羽からの離封を余儀なくされ没落。その後、備前児島三宅氏のもとへ身を寄せていたが、江戸幕府開府後、備後国に封ぜられた水野勝成に家老として召抱えられたといわれる。ただし、勝成の備後入封は親成死去から10年後の元和5年(1619年)であり矛盾している。なお、記録によると、息子の親良は慶長19年(1614年)に、親宣は元和5年(1619年)にそれぞれ勝成に召出されている。 慶長14年(1609年)10月1日に死去。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9D%91%E8%A6%AA%E6%88%90
三浦貞広 Miura Sadahiro(生年不詳-没年不詳) 三浦貞久の嫡子。三浦貞勝のおそらくは兄。道祖(才)五郎、次郎。能登守と称したとも考えられる。 天文17年(1548年)9月16日の父・貞久の病死を受けて家督を相続。以降惣領として出雲尼子氏のもとにあったが、後に帰国。牧尚春等と共に、三村家親によって没落した三浦氏の再興を目指した。そして永禄9年(1566年)2月、三村家親が宇喜多直家に美作国籾村の興善寺で暗殺されたのに乗じて所領を奪回した。 しかし永禄11年(1568年)2月19日、毛利元就に攻められて叔父三浦貞盛が死去、居城である高田城も落城し所領を追われた。元亀元年(1570年)、山中幸盛の支援を得て所領を奪回した。 天正2年(1574年)に浦上宗景と宇喜多直家が対立した際には浦上氏に与同し、備中国の三村元親を同盟に引き入れた。このことから宇喜多氏と交戦、更に翌3年(1575年)には備中国を平定した毛利氏の侵攻を受けるに至って、同年9月、宇喜多直家の周旋により降伏した(天神山城の戦い)。 以降貞広は天正10年(1582年)に備中高松合戦に参陣、その後播磨国林田で病死したとされる(「高田城主次第」)。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E8%B2%9E%E5%BA%83
上野隆德 Ueno Takanori(生年不詳-1575年) 上野高直之子,上野高秀之父。正室為三村家親之女鶴姬。常山城主。又稱上野高德。 隆德出自上野家旁系。天文二十三年(1554年),隆德與三村家親之女鶴姬成親。隆德自此作為三村氏家臣活動。 天正二年(1574年),三村元親對毛利家與宇喜多家聯合一事深感不滿,最終決定起兵對抗毛利,招致小早川隆景大軍討伐,史稱備中兵亂(詳見三村元親條目)。隆德積極響應主君,與毛利氏作戰。天正三年(1575年)6月2日,備中松山城陷落,三村元親自殺身亡。隆德之常山城成為三村方最後一城,然而6月4日也遭乃美宗勝軍六千餘人圍困。 數日後,上野方防線崩潰,乃美宗勝率軍展開總攻,隆德自覺取勝無望,決定將家人殺害後自盡。此時其妻鶴姬突然提出「一名敵軍都沒殺死,就這麼白白死去,豈不可惜?」便披甲提刀,帶領侍女三十餘殺了出去。然而不多久其女軍即被屠戮殆盡,鶴姬提出要與乃美宗勝進行一騎討,乃美宗勝以「女子不要舞槍弄刀」拒絕。鶴姬絕望之下逃回本丸自殺。隆德目睹其妻自盡後切腹自殺。6月7日,常山城落城。 現常山城跡(岡山縣岡山市與玉野市交界處)有據傳是當年隆德切腹之處的「腹切岩」。 作者 江蛤蟆 出處 https://www.nobuwiki.org/forum?view=thread&id=20&part=9#postid-241
三百六十位人物:北条氏直、足利晴氏、松平秀康、岡吉正、一栗高春、北条景広、富田隆実、木下昌直、岡部元信、円城寺信胤、遠藤直経、岡本禅哲、安倍元真、大宝寺義氏、福原資孝、斯波詮真、佐藤為信、筑紫広門、春日元忠、戸蒔義広、鬼庭良直、真田信綱、太田政景、岡利勝、蒲池鎮漣、高島正重、佐伯惟教、山上照久、毛利元清、阿蘇惟光、織田秀信、正木為春、大関高増、鵜殿長照、那須資胤、織田信孝、西園寺実充、北畠具藤、奥平貞能、尼子勝久、北条氏秀、天野隆重、北畠晴具、朝比奈泰能、京極高吉、松平秀忠、畠山政繁、山村良候、林秀貞、高森惟直、畠山義隆、北畠具房、田尻鑑種、一色義幸、土居清良、平岡房実、小梁川宗秀、石成友通、武田信豊、徳永寿昌、本願寺教如、高梨政頼、片桐且元、朝倉景紀、赤松則房、小島職鎮、横瀬成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部継潤、三雲成持、小野崎従通、大田原資清、志道広良、真田幸昌、木下秀頼、伊達実元、内ヶ島氏理、浅利勝頼、安東茂季、寒川元隣、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶、有馬義貞、猪俣邦憲、加藤嘉明、稲富祐直、平野長泰、波多野宗高、浅井久政、国分盛顕、児玉就忠、山口重政、石川康長、那須資景、赤星統家、赤松晴政、京極高次、斯波詮直、山崎片家、最上義時、相良頼房、松本氏輔、柴田勝豊、戸沢政盛、藤方安正、脇坂安治、原田信種、小寺政職、猪苗代盛国、岡家利、蒲生秀行、鳥屋尾満栄、吉弘鎮信、村井貞勝、一迫隆真、蘆名盛興、小野寺輝道、神代勝利、篠原長房、島津豊久、矢沢頼康、来島通康、阿蘇惟種、阿蘇惟将、阿蘇惟豊、阿閉貞征、安芸国虎、安見直政、安宅冬康、安田顕元、安田能元、朝倉景隆、安富純治、安富純泰、伊集院忠倉、伊集院忠棟、伊集院忠朗、伊達盛重、伊東義益、伊東祐慶、伊東祐兵、伊奈忠次、井伊直孝、磯野員昌、一栗放牛、一色義清、一色義道、一色藤長、稲葉貞通、宇喜多忠家、宇山久兼、宇都宮高武、羽床資載、臼杵鑑続、延原景能、延沢満延、遠山景任、塩屋秋貞、奥平信昌、岡部長盛、岡本頼氏、屋代景頼、屋代勝永、屋代政国、温井景隆、温井総貞、下間仲孝、下間頼竜、加須屋真雄、河尻秀長、河尻秀隆、河田長親、河東田清重、河野通宣、河野通直、河野通直、花房職秀、花房正幸、花房正成、皆川広照、垣屋光成、垣屋続成、角隈石宗、葛山氏元、葛西俊信、葛西親信、葛西晴胤、樺山久高、蒲生賢秀、蒲池鑑盛、肝付兼護、肝付良兼、関一政、関盛信、岩上朝堅、岩清水義教、岩清水義長、願証寺証恵、吉見広頼、吉見正頼、吉川経安、吉川経家、吉田孝頼、吉田康俊、吉田重俊、吉田重政、吉良親実、久慈信枚、久能宗能、久武親信、久武親直、宮城政業、朽木元綱、魚住景固、近藤義武、金子元宅、金上盛備、九戸康真、九戸実親、九戸信仲、九戸政実、窪川俊光、窪田経忠、熊谷元直、熊谷信直、隈部親永、結城政勝、兼平綱則、犬甘久知、犬童頼兄、原胤栄、原胤貞、原長頼、原田宗時、古田重然、戸川秀安、戸川達安、戸沢政重、戸沢盛重、戸沢道盛、戸田勝成、後藤高治、後藤勝元、後藤信康、御子神吉明、御宿政友、公文重忠、弘中隆兼、江井胤治、江上武種、江村親家、江馬輝盛、江馬時盛、江里口信常、溝尾茂朝、甲斐親英、荒木氏綱、香川之景、高橋鑑種、高原次利、高山友照、高城胤則、高城胤辰、高梨秀政、高梨頼親、国司元相、国分盛氏、黒岩種直、黒川晴氏、佐久間安政、佐久間勝政、佐久間盛政、佐竹義久、佐竹義憲、佐竹義斯、佐竹貞隆、佐田鎮綱、佐田隆居、佐波隆秀、佐野宗綱、佐野房綱、最上家親、最上義守、妻木広忠、斎藤龍興、細野藤敦、鮭延秀綱、三好義興、三好秀次、三好政康、三好政勝、三好存保、三好長逸、三村家親、三村元親、三村親成、三沢為清、三木国綱、山崎家盛、山崎長徳、山田宗昌、山田有栄、山田有信、山内一豊、山名豊定、山名祐豊、四釜隆秀、市川経好、志賀親次、志賀親守、志賀親度、志村光安、斯波義冬、斯波経詮、斯波長秀、氏家吉継、氏家守棟、寺崎盛永、寺沢広高、寺島職定、慈明寺順国、慈明寺定次、七里頼周、執行種兼、車斯忠、種子島恵時、種子島時堯、酒井忠勝、酒井敏房、秋月種実、秋月文種、十河義継、楯岡満茂、小笠原信浄、小笠原成助、小笠原長雄、小笠原貞慶、小貫頼久、小山高朝、小山秀綱、小田氏治、小田守治、小田政光、小田友治、小幡憲重、小峰義親、小野木重次、松浦鎮信、松永久通、松永忠俊
三百位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、丹羽長秀、羽柴秀吉、石田三成、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、南部信直、最上義光、蘆名盛氏、佐竹義重、山内上杉憲政、結城晴朝、里見義尭、北条氏康、武田信玄、武田勝頼、山県昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、村上義清、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、北畠具教、六角義賢、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田官兵衛、宇喜多直家、尼子晴久、大内義隆
五百位人物:織田信長、柴田勝家、前田利家、明智光秀、丹羽長秀、羽柴秀吉、石田三成、斎藤道三、徳川家康、本多忠勝、伊達政宗、南部信直、最上義光、蘆名止々斎、佐竹義重、上杉憲政、結城晴朝、里見義堯、北条氏康、武田信玄、武田勝頼、山県昌景、馬場信房、真田昌幸、真田幸村、村上義清、上杉謙信、上杉景勝、直江兼続、本願寺顕如、今川義元、浅井長政、朝倉義景、北畠具教、六角承禎、三好長慶、松永久秀、毛利元就、吉川元春、小早川隆景、黒田孝高、宇喜多直家、尼子晴久、大内義隆、長宗我部元親、大友宗麟、龍造寺隆信、島津義久、島津義弘、足利義輝、足利義昭、福島正則、加藤清正、大谷吉継、島清興、竹中重治、井伊直政、榊原康政、片倉景綱、伊達成実、津軽為信、山本晴幸、真田幸隆、太原雪斎、朝倉宗滴、蒲生氏郷、鈴木重秀、後藤基次、山中幸盛、陶晴賢、立花道雪、立花宗茂、高橋紹運、鍋島直茂、細川幽斎、細川忠興、浅井亮政、林羅山、土井利勝、酒井忠世、青山忠俊、足利義明、稲葉貞通、真田幸昌、小幡景憲、蘆名盛舜、尼子経久、蠣崎季広、石川高信、丸目長恵
小島職鎮、横瀬成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部継潤、三雲成持、小野崎従通、大田原資清、志道広良、真田幸昌、豊臣秀頼、伊達実元、内ヶ島氏理、浅利勝頼、安東茂季、寒川元隣、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶
望月千代女、大久保忠教、三条の方、宝蔵院胤栄、伊東義祐、浦上宗景、寿桂尼、吉岡妙林、柳生利厳、小堀政一、有馬豊氏、内藤忠俊、堀尾吉晴、渡辺了、大久保長安、伊達阿南、加藤嘉明、森可成、真壁氏幹、花房職秀、十河一存、神保長職、江裏口信常、脇阪安治、九鬼守隆、長宗我部信親、定恵院、秦泉寺泰惟、福留親政、嶺松院

Send this to a friend