首頁 Tags 一色義道

Tag: 一色義道

一色満信 Isshikii Mitsunobu(生年不詳-1582年?) 父は一色義道、妻は細川藤孝(幽斎)の娘・伊也(『一色軍記』では”菊の方”);別名は義定、義俊、義有。通称を五郎。 剛勇に優れ、父・義道と共に織田信長配下の長岡藤孝(細川藤孝)の奥丹後侵攻を退けたという。天正7年(1579年)に義道が自害すると一色家の家督を継承し、弓木城で残党を率いて織田方に抗戦した。信長の意向もあり抗戦に手こずった藤孝は、明智光秀の助言により政略結婚によって和議を結び、以後、丹後国を長岡氏(細川氏)と分割統治した。 中郡・竹野郡・熊野郡のいわゆる奥丹後を領した義定(長岡氏は加佐郡・与謝郡を領有した)は織田政権の丹後守護として天正9年(1581年)の京都御馬揃えにも参加し、織田氏による甲州征伐にも口丹後の長岡氏(細川氏)と共に参戦している。隣国である但馬国の山名堯熙(氏政)とも親しく旧守護家同士ということで親交を深めていた。姻戚関係にあったともいう。 また国許においては弓木城を居城にして城下町を形成し丹後北半国を統治した。天正10年(1582年)の山崎の戦いでは直接の上司である明智光秀に味方する(長岡氏は上司である明智光秀に背く)。 戦後、天下を掌握しつつあった羽柴秀吉からの義定による謀反企図の報に接し、南丹後の長岡氏によって長岡氏の居城である宮津城内で謀殺された。その際、城内の家臣や城下の雑兵100人も松井康之、米田求政率いる軍勢に討ち取られ、弓木城も降伏した。なお、妻・伊也は降伏した際に長岡氏に戻っている。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%89%B2%E7%BE%A9%E5%AE%9A
一色義幸 Isshiki Yoshiyuki(生年不詳-没年不詳) 第13代当主一色義有の子、または第9代当主一色教親の子で義有の養子とされる。子に一色義道(義辰)、一色昭辰(あきたつ)、一色義清(越前守)。左京大夫。名前(諱)の「義」の字は家の慣例に倣って足利将軍家よりその通字を受けたものである。 前代までの一色氏は、隣国である山名氏と親しく応仁の乱においても西軍に与したため管領細川氏により丹後国の守護職を一時期隣国の若狭武田氏に奪われるなど没落し、さらに守護代延永氏をはじめとする国人達の離反により衰退していた。先代の当主は一色義貫の末裔の一色義有(義道の子・義定とは別人)か、一色義清(左京大夫)(子の越前守義清とは別人)と思われるが、戦国の混乱期であり記録が乏しいため義幸が当主に就任する直前の時期の一色氏の動向ははっきりせず、また伝わる系譜も多種あるために繊細には分からない。 先々代(義幸の父)とされる一色義有は幕府の御供衆にも列する一色氏一門で、また丹後一色氏の元、郡代もつとめていた。しかし、義有およびその次代(義有の子で義幸の兄とされる)義清(左京大夫)が亡くなり一色氏本家(一色義貫流)の血筋が絶えると、一色教親の子(末裔)である義幸が一色宗家を継承し、幕府より丹後守護職に任命された(若狭武田氏より丹後守護を脱還)という。また義幸は若狭武田氏の勢力を追い、加佐郡の丹後守護所(八田守護所)および建部山城(八田城)に入ったとされる。 守護代延永氏との関係も良好であり、若狭にもたびたび攻め入り若狭守護武田元光と丹後・若狭の領有をめぐって争ったという。 驍将であった義幸も永禄元年(1558年)には隠居し、一色氏宗家の家督を自分の子義道に譲った。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%89%B2%E7%BE%A9%E5%B9%B8
一色義道 Isshikii Yoshimichi(生年不詳-1579年) 別名は一色義辰(よしたつ)・一色義通(よしみち)、「義」の字は室町幕府第15代将軍足利義昭より足利将軍家の通字を賜ったものである。官途は式部大輔、左京大夫。父は義幸、子に義定、兄弟に昭辰(あきたつ)、義清がいる。 一色氏は室町幕府の四職に数えられる名家であったが、戦国時代には没落の一途をたどり、丹後守護職の名分も宿敵である若狭武田氏に奪われ、長らく続いたかつての守護家の権威をもって丹後の実効支配を続ける状態にあった。 永禄元年(1558年)、父・義幸の隠居により家督を継承し加佐郡の八田守護所および建部山城に入り、実弟の義清を吉原城に配して丹後国の奥三郡を治めさせた。また同じく弟の昭辰(あきたつ)には「辰」の字を与え、彼は同じく将軍足利義昭より偏諱(下の「昭」の字)を授与されてその奉公衆として将軍家に近侍した。 義辰は昭辰を介して毛利輝元とも親交を深め、戦国武将としての地位を確立した。また、越前一向一揆討伐戦に参加するなど織田信長とも親交を深め、信長が擁立した足利義昭将軍より丹後一国を正式に安堵される。しかし、比叡山焼き討ちよって追われた延暦寺の僧を匿うなど信長と対立し、天正6年(1578年)には織田家の武将である明智光秀と長岡藤孝による丹後国への侵攻を招いた。 翌天正7年(1579年)、丹後国人の相次ぐ織田方への寝返りを招き、丹後守護所の詰城である建部山城も落城する。義道は但馬国の山名氏への亡命を企てて途中中山城に身を寄せたが、城主の沼田幸兵衛は長岡方に内応したため行き場を失って自害した。(細川家譜には丹後平定戦の最中に病死したとある) 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%89%B2%E7%BE%A9%E9%81%93
三百八十五位人物:高島正重、佐伯惟教、山上照久、穗井田元清、阿蘇惟光、織田秀信、正木為春、大關高增、鵜殿長照、那須資胤、織田信孝、西園寺實充、長野具藤、奧平貞能、尼子勝久、上杉景虎、天野隆重、北畠晴具、朝比奈泰能、京極高吉、德川秀忠、上條政繁、山村良候、林秀貞、高森惟直、畠山義隆、北畠具房、田尻鑑種、一色義幸、土居清良、平岡房實、小梁川宗秀、岩成友通、武田信豐、德永壽昌、本願寺教如、高梨政賴、片桐且元、朝倉景紀、赤松則房、小島職鎮、橫瀨成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部繼潤、三雲成持、小野崎從通、大田原資清、志道廣良、真田幸昌、豐臣秀賴、伊達實元、內ヶ島氏理、淺利勝賴、安東茂季、寒川元鄰、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶、有馬義貞、豬俁邦憲、加藤嘉明、稻富祐直、平野長泰、波多野宗高、淺井久政、國分盛顯、兒玉就忠、山口重政、石川康長、那須資景、赤星統家、赤松晴政、京極高次、斯波詮直、山崎片家、最上義時、相良賴房、松本氏輔、柴田勝豐、戶澤政盛、藤方安正、脇坂安治、原田信種、小寺政職、豬苗代盛國、岡家利、蒲生秀行、鳥屋尾滿榮、吉弘鎮信、村井貞勝、一迫隆真、蘆名盛興、小野寺輝道、神代勝利、篠原長房、島津豐久、矢澤賴康、村上通康、阿蘇惟種、阿蘇惟將、阿蘇惟豐、阿閉貞征、安芸國虎、安見直政、安宅冬康、安田顯元、安田能元、朝倉景隆、安富純治、安富純泰、伊集院忠倉、伊集院忠棟、伊集院忠朗、伊達盛重、伊東義益、伊東祐慶、伊東祐兵、伊奈忠次、井伊直孝、磯野員昌、一栗放牛、一色義清、一色義道、一色藤長、稻葉貞通、宇喜多忠家、宇山久兼、芳賀高武、羽床資載、臼杵鑑續、延原景能、延澤滿延、遠山景任、鹽屋秋貞、奧平信昌、岡部長盛、岡本賴氏、屋代景賴、屋代勝永、屋代政國、溫井景隆、溫井總貞、下間仲孝、下間賴龍、糟屋武則、河尻秀長、河尻秀隆、河田長親、河東田清重、河野通宣、河野通直、河野通直、花房職秀、花房正幸、花房正成、皆川廣照、垣屋光成、垣屋續成、角隈石宗、葛山氏元、葛西俊信、葛西親信、葛西晴胤、樺山久高、蒲生賢秀、蒲池鑑盛、肝付兼護、肝付良兼、關一政、關盛信、岩上朝堅、岩清水義教、岩清水義長、願証寺証惠、吉見廣賴、吉見正賴、吉川經安、吉川經家、吉田孝賴、吉田康俊、吉田重俊、吉田重政、吉良親實、津輕信枚、久能宗能、久武親信、久武親直、宮城政業、朽木元綱、魚住景固、近藤義武、金子元宅、金上盛備、九戶康真、九戶實親、九戶信仲、九戶政實、窪川俊光、窪田經忠、熊谷元直、熊谷信直、隈部親永、結城政勝、兼平綱則、犬甘久知、犬童賴兄、原胤榮、原胤貞、原長賴、原田宗時、古田重然、戶川秀安、戶川達安、戶澤政重、戶澤盛重、戶澤道盛、戶田勝成、後藤高治、後藤勝元、後藤信康、御子神吉明、御宿政友、公文重忠、弘中隆兼、江井胤治、江上武種、江村親家、江馬輝盛、江馬時盛、江里口信常、溝尾茂朝、甲斐親英、荒木氏綱、香川之景、高橋鑑種、高原次利、高山友照、高城胤則、高城胤辰、高梨秀政、高梨賴親、國司元相、國分盛氏、黑岩種直、黑川晴氏、佐久間安政、佐久間勝政、佐久間盛政、佐竹義久、佐竹義憲、佐竹義斯、佐竹貞隆、佐田鎮綱、佐田隆居、佐波隆秀、佐野宗綱、佐野房綱、最上家親、最上義守、妻木廣忠、齋藤龍興、細野藤敦、鮭延秀綱、三好義興、豐臣秀次、三好政康、三好政勝、十河存保、三好長逸、三村家親、三村元親、三村親成、三澤為清、三木國綱、山崎家盛、山崎長德、山田宗昌、山田有榮、山田有信、山內一豐、山名豐定、山名祐豐、四釜隆秀、市川經好、志賀親次、志賀親守、志賀親度、志村光安、斯波義冬、斯波經詮、斯波長秀、氏家吉繼、氏家守棟、寺崎盛永、寺澤廣高、寺島職定、筒井順國、筒井定次、七里賴周、執行種兼、車斯忠、種子島惠時、種子島時堯、酒井忠勝、酒井敏房、秋月種實、秋月文種、三好義繼、楯岡滿茂、小笠原信淨、小笠原成助、小笠原長雄、小笠原貞慶、小貫賴久、小山高朝、小山秀綱、小田氏治、小田守治、小田政光、小田友治、小幡憲重、小峰義親、小野木重次、松浦鎮信、松永久通、內藤忠俊、松倉重信、松平信康、松平忠輝、松平忠吉、松野重元、沼田顯泰、沼田祐光、上村賴興、上田憲定、城井長房、城井鎮房、城親基、城親冬、植田光次、織田信光、織田信澄、織田信包、色部顯長、色部長實、新井田隆景、新關久正、新發田綱貞、新發田重家、森岡信元、森下通與、森好之、森長可、森田淨雲、真柄直隆、神戶具盛、神保長城、神保長職、仁保隆慰、壬生義雄、壬生綱房、壬生綱雄、須田長義、須田滿親、水越勝重、水谷胤重、水谷正村、杉原盛重、菅沼定盈、菅谷政貞、成松信勝、成澤光氏、正木憲時、生駒親正、西園寺公廣、青景隆著
小島職鎮、横瀬成繁、浦上宗景、佐世元嘉、木造具政、成田長泰、益田藤兼、福原資保、宮部継潤、三雲成持、小野崎従通、大田原資清、志道広良、真田幸昌、豊臣秀頼、伊達実元、内ヶ島氏理、浅利勝頼、安東茂季、寒川元隣、杉重良、桑名吉成、斯波義銀、織田信勝、泉田胤清、百地三太夫、畠山義慶
細川昭元 Hosokawa Akimoto(1548年-1592年) 幼少期の天文21年(1552年)、父が三好長慶と一時的に和睦した際に人質となる。父が再び長慶と敵対すると管領細川氏綱と共に山城淀城に軟禁され、永禄元年(1558年)に11歳で長慶のもとで元服した。 永禄4年(1561年)、実弟の細川晴之が六角・畠山軍に擁立され、将軍足利義輝の命を受け近江に於いて反三好の兵を挙げる(将軍地蔵山の戦い)。しかしこの戦いにて戦死。 永禄5年(1562年)、父が長慶と和睦すると父子は久々の対面を果たしている(久米田の戦い)。 永禄6年(1563年)3月に摂津富田普門寺で病没した父の跡を継ぐものの、勢力は取り戻せず、管領であった氏綱の没後も管領職に任命されることはなかった。ただし、永禄8年(1565年)の永禄の変の後、足利義栄を室町幕府14代将軍に擁立する三好三人衆により名目上の管領として処遇を受けた。 永禄11年(1568年)、織田信長が足利義昭を擁して上洛すると三人衆の筆頭である三好長逸と共に摂津芥川山城に籠城するも、三人衆派の他の城が織田軍に次々と落とされると9月30日に城を捨てて長逸と共に阿波へ逃亡、義栄の急死もあり義昭が15代征夷大将軍に任じられると敵対行動を続けた。 元亀元年(1570年)、野田城・福島城の戦いにおいて三人衆に加勢して当初は織田軍と対峙した。 同年に三人衆と信長が和睦すると、翌元亀2年(1571年)12月17日に上洛、やがて義昭に対し臣下の礼をとり、京兆家歴代の慣例として義昭より一字拝領を受けて昭元(あきもと)と名乗った。 義昭より重用され、三好勢力が後退した後の名目上の摂津の旗頭とされた。名門の出身であった昭元はしばしば外交官としての役割を果たしている。四職家の当主でもある丹後の一色義道が義昭に臣従し、誼を求めて信長との面会を求めたとき昭元はこれに立ち会い、ともに堺を見物した。 信長の勢力下では、元亀3年(1572年)に摂津で本願寺坊官の下間頼龍・下間頼純と交戦して敗北したり、翌元亀4年(天正元年、1573年)2月17日に反信長派の三好義継・松永久秀らに居城の摂津堀城を落とされるなど武功には恵まれなかったが、足利将軍家に次ぐ武門の名門であったため、信長の傀儡として後年さらに最大限に利用されることとなる。 7月に義昭が追放された時昭元は京都に留まり、義昭が去った後の槇島城(京都府宇治市)を任された。槇島城は山城の守護所だったので、信長は昭元を山城守護に任じることにより山城における将軍権力を否定したともいわれている。管領家当主である昭元の存在は、義昭が去った後の織田政権にとり、重要な存在となった。同族の細川藤賢も近江坂本城を任されている。 天正3年(1575年)には信長の推挙により、正式に右京大夫に任じられる。このことにより京兆家当主として朝廷からも認められた。 天正5年(1577年)には信長の妹お犬を娶り、信長からの偏諱を受けて細川信元(ほそかわのぶもと)、さらに信良(のぶよし)と名を改めた。お犬の方にとっては2度目の結婚であり、信良よりも年長であった。以後、織田家の親族として織田政権内で厚遇されることとなるが、反対に信長は「京兆家当主の義兄」として立場を手に入れることとなる。信良はさらに丹波の桑田郡・船井郡の支配を許され、名目上丹波の旗頭の地位を委ねられた。しかし丹波支配の実権は、しだいに信長の家臣明智光秀に移っていった。 天正10年(1582年)の本能寺の変の直後、正室のお犬の方とは死別した。変後から天正13年(1585年)の羽柴秀吉による四国攻めまでの間にかけて、本来は細川氏の家臣の家系であった長宗我部氏と阿波において連絡を取りあい、秀吉に抵抗した記録が残されている。 しかし、やがて秀吉に属し、名を再び元の昭元に戻した。関白となった秀吉から貴人の1人として遇され、斯波義銀や山名豊国らと共に御伽衆に加えられた。 ただし、本願寺法主顕如の元へ身を寄せていたともいわれ、天正17年(1589年)3月9日に京都聚楽第の壁に書かれた落書の犯人が本願寺寺内町に逃げ込んだ事件で、斯波義銀・尾藤知宣と共に逮捕、後に釈放されたとされる。 晩年は不詳の部分も多いが、天正20年(1592年)に病没したと伝わる。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E4%BF%A1%E8%89%AF
細川藤孝 Hosokawa Fujitaka(1535年-1610年) 三淵晴員的次子、母為清原宣賢之女、養父細川元常、正室為沼田光兼之女.光壽院;幼名萬吉,通稱與一郎,受足利義藤偏諱「藤」字,名為藤孝,別名長岡藤孝,號幽齋玄旨(細川幽齋)。 天文九年(1540年),在7歲時成為伯父.和泉半國守護細川元常(三淵晴員的兄長)的養子(『寬政重修諸家譜』)(不過有說法指出,可能近江佐佐木氏一門出身.將軍的近臣細川高久,或淡路守護家細川晴廣才是養父)。天文十五年(1546年),接受將軍足利義藤(足利義輝)的偏諱,於是改名為藤孝。天文二十一年(1552年),敘任從五位下兵部大輔。以幕臣身份仕於將軍義輝。 永祿八年(1565年),足利義輝在永祿之變中被三好三人眾和松永久秀殺死,義輝的弟弟一乘院覺慶(足利義昭)亦被幽禁在興福寺,此時與兄長三淵藤英等人一同將其救出,為請求近江國的六角義賢、若狹國的武田義統、越前國的朝倉義景等人幫助義昭成為將軍而奔走。當時貧窮得連燈籠的油都欠缺,甚至曾在社殿內拿油。 後來,通過明智光秀向尾張國的織田信長請求幫助。永祿十一年(1568年)9月,信長以足利義昭臣下的名義進入京都,藤孝亦隨之入京。之後從三好三人眾的岩成友通手上奪回山城勝龍寺城(青龍寺城),以後在大和國和攝津國轉戰。 不過後來足利義昭和織田信長的對立開始出現,元龜四年(1573年)3月,迎接率軍上洛的信長並示出恭順姿勢。秘密向信長送出義昭對信長抱有逆心的書信。在義昭被追放後的7月,成為山城桂川之西、長岡(西岡)一帶(現今長岡京市,向日市附近)的知行,此時改名為長岡藤孝。 8月,與池田勝正一同在山城澱城之戰(第二次澱古城之戰)中消滅岩成友通,因此立下功績,以後以織田信長的武將身份在畿內各地轉戰。除石山合戰(高屋城之戰)、紀州征伐外、還以山陰方面軍總大將明智光秀的與力身份相當活躍(黑井城之戰)。天正五年(1577年),與光秀一同攻陷背叛信長的松永久秀所守的大和信貴山城(信貴山城之戰)。 天正六年(1578年),經由織田信長推薦下,嫡男長岡忠興(細川忠興)與明智光秀之女.明智玉結婚。以光秀的與力身份,在天正八年(1580年),長岡家單獨進攻丹後國,不過遭到丹後國守護一色義道反擊而失敗。後來受到光秀的增援,終於平定丹後南部,被信長認可領有丹後南半國(加佐郡、與謝郡),於是以宮津城為居城(北半國的中郡、竹野郡、熊野郡由舊丹後守護家的一色義定領有)。在朝倉征伐、甲州征伐中與一色義定一同出陣。 織田信長在正月12日送給藤孝的黑印狀中提到,在知多半島取得的鯨肉獻給朝廷,而且要分給家臣藤孝。 天正十年(1582年),本能寺之變爆發,藤孝拒絕曾是上司、親戚、密友的明智光秀再三邀請,剃髮並以雅號幽齋玄旨自稱,以及隱居在田邊城,把家督讓予細川忠興。同樣與光秀有很深關係的筒井順慶亦拒絕參戰,陷入困境的光秀在山崎之戰中敗死。 後來被討伐明智光秀的羽柴秀吉(豐臣秀吉)重用,天正十四年(1586年),被賜予在京料山城西岡3千石。在天正十三年(1585年)的紀州征伐、天正十五年(1587年)的九州平定中亦以武將身份參戰。而在梅北一揆之際,以上使身份前往薩摩國,進行島津家藏入地的改革(薩摩御仕置)。因為這些功勞,在文祿四年(1595年)加增大隅國3千石(後來移封至越前府中に)。 幽齋與千利休等人一同是豐臣秀吉側近的文化人,得到相當寵遇。細川忠興(細川三齋)亦對茶道有很深造詣,並成為利休的高弟之一。另一方面,與德川家康亦有親交,在慶長三年(1598年)秀吉死去後,開始接近家康。 慶長五年(1600年)6月,細川忠興為參加德川家康的會津征伐,於是從丹後率領細川家的軍勢前往,幽齋與三男幸隆一同以不足5百士兵守備丹後田邊城。7月,石田三成等人舉兵討伐家康,身在大阪的忠興的妻子.明智玉在被包圍的屋敷中放火並自殺。田邊城被小野木重勝、前田茂勝等人率領1萬5千人的大軍包圍,不過幽齋指揮士兵激烈抵抗,攻圍軍中亦有許多幽齋在歌道的弟子,因此缺乏戰意,於是變為長期戰(田邊城之戰)。 幽齋的弟子之一的八條宮智仁親王在7月和8月,兩度建議雙方講和,但是幽齋謝絕並繼續籠城戰。通過使者把『古今集証明狀』送給八條宮,把『源氏抄』和『二十一代和歌集』獻給朝廷。終於八條宮向兄長後陽成天皇奏請,派出三條西實條、中院通勝、烏丸光廣為敕使前往田邊城,在關原之戰兩日前的9月13日,敕命雙方講和。幽齋結束長達2個月的籠城戰,並在9月18日讓出城池,進入敵將前田茂勝的丹波龜山城。 細川忠興在關原之戰中,於前線與石田三成的軍隊戰鬥,在戰後得到豐前小倉藩39萬9千石。此後,長岡氏回復為細川氏,以後長岡姓以細川別姓的身份成為一門和重臣。後來幽齋在京都吉田過著悠悠的晚年。 慶長十五年(1610年)8月20日,於京都三條車屋町的自邸中死去,年七十七歲。 出處 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%97%A4%E5%AD%9D

Send this to a friend