人物誌.未翻譯

黒川晴氏 Kurokawa Haruuji(1523年-1599年) 大永3年(1523年)、陸奥黒川氏第7代当主・黒川稙国の子として生まれる。将軍・足利義晴より偏諱を拝領して晴氏と名乗り、永禄11年(1568年)に兄の第8代当主・稙家が死去すると家督を相続して黒川氏第9代当主となった。 黒川氏は斯波一門・最上氏の分家にあたり、奥州探題大崎氏(最上氏の本家)に属していたが、16世紀初期には伊達稙宗の勢力伸長に伴って伊達一門の飯坂家から養子を迎えており(第6代当主・景氏。晴氏の祖父)、加えて稙宗が大崎氏を実質的に従属させたことで、晴氏の代には黒川氏は半ば独立した地位を保ちつつも、大崎・伊達氏に両属する状態にあった。晴氏は娘を伊達晴宗の三男・留守政景に嫁がせ、また男子がいなかったため、義兄大崎義直の子・義康を養嗣子とし、義康の正室には晴宗の弟・亘理元宗の娘を迎えた。これらの縁組は、当時の黒川氏が置かれていた状況をよく反映している。 晴氏は智勇兼備の将として名高く、伊達氏の傘下にあって活躍した。ところが天正12年(1584年)に家督を相続した伊達政宗が、父・輝宗の外交方針を破棄して上杉景勝と結んだために最上義光と対立を深めたことで、伊達・斯波双方の一門につながる晴氏の立場は極めて微妙なものとなっていった。天正16年(1588年)2月に政宗が大崎義隆(義康実兄・義光義兄)を攻めるに及び、婿・政景の援軍として桑折城に入っていた晴氏は遂に伊達氏からの離反を決め、中新田城攻略に失敗した伊達軍を強襲して撃破した(大崎合戦)。晴氏はさらに潰走した伊達軍の籠もる新沼城を包囲したが、窮状に陥った政景を救うために和睦を斡旋し、泉田重光・長江勝景を人質として提出させることを条件にして城の囲みを解いた。 天正18年(1590年)7月26日、黒川氏は豊臣秀吉によって小田原征伐に参陣しなかったことを咎められ改易された。秀吉によって黒川領の支配を認められた政宗は、大崎合戦の恨みを忘れず晴氏を殺そうとしたが、政景の取りなしによって助命され、以後は政景の庇護下で余生を過ごした。 慶長4年(1599年)7月5日死去。享年77。没年には慶長14年(1609年)説もある。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E6%99%B4%E6%B0%8F
黒川清実 Kurokawa Kiyozane(生年不詳-沒年不詳) 黒川盛実の子として生まれる。越後国の国人領主黒川氏の当主。沼垂郡(北蒲原郡)奥山庄の黒川城城主。揚北衆三浦党の一人。 相模国の名族で鎌倉幕府創立の功臣、平姓三浦氏、和田氏の流れである。 享禄4年(1531年)の上条の乱では長尾為景に属するが、天文4年(1535年)の乱の時には上条氏に組する。 天文16年(1547年)、長尾家家中で長尾晴景と景虎(後の上杉謙信)の兄弟間に抗争が起こった際には、対立する中条藤資が景虎を擁立しようとしたことから晴景を積極的に支援した。しかし、景虎が守護代後に国主となることにより、清実の立場は悪化していった。後に景虎に恭順し、川中島の戦いにも参戦している。 天文23年(1554年)、景虎より郡司不介入の特権を認められる。また同時期、同族の中条氏に対して領土紛争を起こす。 天正3年(1575年)の「上杉家軍役帳」によると148人と同心35人の軍役を課せられており、席次は中条氏に次いで国衆(下郡)第2位となっている。 謙信死後の上杉家の家督争いである御館の乱では上杉景虎派に属し、上杉景勝方の鳥坂城(中条氏)を攻めるが、その隙に中条氏一族である築地城(築地館)主の築地資豊に攻められている。後に占拠していた鳥坂城は資豊に奪還され、伊達輝宗の仲立ちにより景勝に降伏した。その後は景勝に従い、天正10年(1582年)の新発田攻めの陣にも加わった。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E6%B8%85%E5%AE%9F
黒田職隆 Kuroda Mototaka(1524年-1585年) 大永4年(1524年)、黒田重隆の子として備前の福岡(現在の岡山県瀬戸内市)にて生まれたと伝わる。初名は満隆(みつたか)。妻は小寺氏の養女で明石正風の娘・いわ、後妻または側室として母里氏、神吉氏がいた。 播磨国御着城主の小寺政職に仕え、天文12年(1543年)には政職の敵であった香山重道を討ち取った。それらの功績から天文14年(1545年)、政職の養女を娶って家老に列せられると共に、小寺の姓氏と偏諱(「職」の1字)を与えられて小寺職隆と名乗り(異説あり)、播磨姫路城の城代になった。職隆は百間長屋を建てて貧しい者や下級武士、職人、行商人などを住まわせるなどして、配下に組み入れたり情報収集の場所としていた。 永禄7年(1564年)には、浦上政宗の子・浦上清宗と自分の娘の婚姻を実現させたが、その宴席中に父・重隆のかつての主である赤松政秀の奇襲で浦上親子が殺害され、職隆は政秀と対立したといわれている。永禄10年(1567年)頃、子の孝高(官兵衛・如水)に家督を譲り、姫路城の南東に位置する国府山城(こうやまじょう)に隠居した。 永禄12年(1569年)、かねてより対立していた赤松政秀が、足利義昭を抱える織田信長に属した池田勝正と別所安治の支援を受け、姫路城に3,000の兵を率いて攻め込んで来た際、迎撃に出るも実弟の井手友氏などを失い危機に陥っていた子・孝高救援のために自身も出馬して勝利に貢献した(青山・土器山の戦い)。 その後、主君の小寺政職は織田氏に与するが、天正6年(1578年)に摂津有岡城主・荒木村重の織田氏に対する謀反に政職も呼応する向きを見せた。孝高は村重を説得するために有岡城に乗り込んだが失敗し、捕縛され牢に入れられた。孝高が幽閉され音信不通になってしまった事で黒田氏は当主不在となったが、この時、孝高の重臣7名が連署で主が不在の間は職隆の命に従う事を誓った書状を職隆に宛てて送っている。こうした要請に応じて職隆は孝高が救出されるまでの間、黒田家当主の座に復帰し、織田氏から離反した小寺氏には与さず織田氏に変わらず味方する姿勢を示した。天正8年(1580年)、荒木村重の謀反鎮圧に伴い小寺政職が逃亡すると、その子・氏職を密かに引き取って養育していたという。その清廉で忠義一徹なところを羽柴秀吉にも賞賛され、後に姫路城の留守居を任された。 天正13年(1585年)8月22日、62歳で死去した。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E8%81%B7%E9%9A%86
黒田重隆 Kuroda Shigetaka(1508年-1564年) 「黒田家譜」によると重隆は1508年に伊香郡黒田村で誕生します。父 高政が軍令違反を犯し近江を出奔すると、重隆も父とともに備前国福岡に移住することになります。 高政が福岡で没すると重隆は姫路に移り、やがて赤松氏の重臣小寺氏に仕えることになったのです。どのようないきさつで小寺氏の家臣になったのか判明していませんが、相当な財力があったようです。 流浪の身でなぜ財力を蓄えることができたのか?「夢幻物語」という史料には重隆が目薬を販売して財を成したことが記されています。 「夢幻物語 むげんものがたり」によると、姫路に移住してみたものの生活に困窮していた重隆は、ある日夢の中で近江大明神を見ます。 何かのお告げだと感じた重隆は、広峰大明神に参拝し神主の井口太夫と出会うのですが、お告げについて井口と話しているうちに、黒田家には秘伝ともいえる目薬の調合法があることを思い出します。 その目薬を護符と一緒に販売してはどうかと助言を受けた重隆は、調合した目薬に「玲珠膏 れいしゅこう」と名をつけ販売を開始するのです。重隆の「玲珠膏」は瞬く間に評判となり飛ぶように売れ、多くの富を重隆にもたらします。 重隆は、目薬販売で得たお金を元手に金融業や田畑の開墾事業などを手がけさらに財を蓄えたとされています。 「夢幻物語」は江戸時代に創られた物語であり、目薬販売で富を成したという話しをそのまま信じるわけにはいきません。ただし、重隆は何らかの方法で蓄財をし、その豊富な資金力を背景に在地の土豪などを配下に従え力をつけていったことは十分考えられます。 小寺氏が重隆を家臣に迎えたことを考えれば、重隆という人物はそれなりの実力があったのではないでしょうか。「播磨古事」という史料には、重隆が1564年2月6日に没し、姫路にある心光寺に葬られたとの記述があります。 出處 http://www.junk-word.com/taiga-drama/xn--f6qx0wq4bm15evzg/002127.html
齋藤利三 Saito Toshimitsu(1534年-1582年) 血筋的には、斎藤道三とは別の系譜の本来の美濃斎藤氏の一族。父は斎藤利賢、母は蜷川親順(室町幕府の重臣蜷川氏)の娘という説がある。親順の孫となる蜷川親長の妻は、利三の姉妹であり、系譜上の錯誤の可能性がある。徳川家の正史である徳川実紀には、「斎藤利三は明智光秀の妹の子」と書かれているが、後世に編纂された可能性もある。斎藤利三と明智光秀の年齢差を考えると、妹ではなく姉だとする説もある。史料として光秀の妹と記されているのは、正室(妻木氏)の姉妹である。その母は、石谷光政に再嫁し、娘(長宗我部元親正室)をもうけた。 前室は斎藤道三の娘であったというが、史料的に明確なものではない。後室は稲葉一鉄の娘で、斎藤利宗、斎藤三存、それに末娘の福(春日局)らを産んだ。福は稲葉重通の養女となり、江戸幕府の第3代将軍徳川家光の乳母となり、権勢を誇った。 斎藤利三は、実兄の石谷頼辰や明智光秀と同様に幕府の奉公衆の出身であり、上京後に摂津の松山新介に仕え、次いで斎藤義龍に仕え、後に、西美濃三人衆の一人稲葉一鉄が織田氏へ寝返ると、それに従い、稲葉氏の家臣となり、美濃曽根城主となった。しかし後に稲葉一鉄と喧嘩別れし、明智光秀との縁戚関係から光秀に仕えるようになったといわれている。光秀には重用され、明智秀満と並ぶ明智氏の筆頭家老として用いられた。光秀の丹波平定後、1万石を与えられて丹波黒井城主となり、氷上郡統治にあたる。 織田信長が明智光秀に討たれた1582年の(本能寺の変)の直前、四国の戦国武将・長宗我部元親が光秀の家臣で親戚関係にあった斎藤利三とやりとりした書状が見つかった。林原美術館(岡山市)と岡山県立博物館(同市)が発表した。 書状で元親は四国侵攻を計画していた信長の命令に従う意向を示しており、同博物館の内池英樹主幹は「本能寺の変直前のやりとりが史料で初めて明らかになった。本能寺の変に影響を与えた可能性がある」と話している。 天正10年(1582年)、光秀が織田信長に対する謀反(本能寺の変)を計画すると、藤田行政・溝尾茂朝・明智秀満などの一部の重臣に計画を打ち明けているが、利三もそのメンバーの中に含められている(『信長公記』、『川角太閤記』)。利三はその無謀さから秀満と共に光秀に対し反対したと言われている(『備前老人物語』)。しかし主君の命令には逆らえず、また光秀の恩義に報いるため、結局は本能寺の変に首謀者の一人として参加せざるを得なくなったとされる。 しかし、これには異説も存在し、当時信長が土佐の戦国大名で利三の妹婿である長宗我部元親攻撃のために織田信孝と丹羽長秀を四国に出撃させようとしていたことから、利三が変の主導的な役割を担ったとの説も存在している。この説は現代、八切止夫と井沢元彦が支持している。 本能寺にて信長を討った後、中国から引き返してきた羽柴秀吉との山崎の戦いでは先鋒として活躍するが、敗れて逃走した。その後、秀吉の執拗な捜索により近江堅田で捕縛されたが、梅雨時だったため暑さにあたって病となり、衰弱していたという。秀吉の命令で六条河原で斬首となった。享年49。磔にされたともいわれる。 出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E5%88%A9%E4%B8%89
龍造寺信周 Ryuzoji Nobuchika(1535年?-1608年) 龍造寺周家の第二子。通称左馬頭。龍造寺隆信の次弟だが、異母兄弟であったため、隆信と同母弟の長信より地位は低かったらしい。 隆信とともに各地を転戦し、武功を挙げたといわれている。 元亀元年(1570年)に大友氏と龍造寺氏が戦った今山合戦後、局地戦では大勝した龍造寺軍ではあったが、国内情勢は不安定であった為に、大友氏とこのまま抗争状態になるのは不利と判断。大友氏からの要請により、人質として大友氏へ派遣され、和議を成立させている。 天正12年(1584年)に沖田畷の戦いでの兄隆信が戦死した後須古城に移り、豊臣秀吉の九州征伐、朝鮮出兵などを経て、龍造寺氏から鍋島直茂への権力の移譲が進むと、この流れに従って、鍋島氏の肥前支配体制を認めた。 龍造寺高房の龍造寺氏復権への動きに対し、幕府が事情聴取のために、信周と弟龍造寺長信(一説には子の多久安順)、龍造寺家晴の3人を江戸に招聘した。この時、3人は鍋島氏の肥前支配を認めたこともあり、鍋島氏の肥前支配は決定的となった。 なお、信周の子孫は須古鍋島家(龍造寺四家の一つ)として、佐賀鍋島家の重臣として明治維新を迎えた。 慶長13年(1608年)死去。跡を二男の龍造寺信昭が継ぐ。 出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E9%80%A0%E5%AF%BA%E4%BF%A1%E5%91%A8