湯目景康 Yunome Kageyasu

湯目景康 Yunome Kageyasu湯目景康 Yunome Kageyasu(1564年-1638年)

永禄7年(1564年)、長井郡筑茂城主.湯目重康の子として生まれる。幼名は智喜力。湯目氏は長井郡の在地豪族で、南北朝時代に伊達氏が長井郡を攻略するとその家臣となった。

天正5年(1577年)に伊達政宗が元服するとその側近となり、人取橋の戦い.摺上原の戦い.葛西大崎一揆鎮圧戦などに従軍。天正19年(1591年)、政宗が岩出山に転封されると栗原郡佐沼城主となり、1,500石を知行する。文禄4年(1595年)、政宗が秀次事件に関与したとして謹慎を命じられた際には、中島宗求と共に伏見の津田が原にて豊臣秀吉に直訴し、処分を解くことに成功した。この功により景康は1,000石を加増されるとともに、政宗から津田が原に因んで「津田」の姓を与えられ津田景康と改名した。

慶長5年(1600年)には奉行に任命され、慶長15年(1610年)に亘理郡坂元城主に異動となるが、元和2年(1616年)には大坂夏の陣での功により3,800石に加増されて再び佐沼城主となった。寛永13年(1636年)、政宗の跡を継いだ第2代藩主.忠宗により評定役に任命され、奉行職は嫡男.頼康が引き継いだ。

寛永15年(1638年)2月17日死去。享年75。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E7%9B%AE%E6%99%AF%E5%BA%B7