柳沢元政 Yanagisawa Motomasa

柳沢元政 Yanagisawa Motomasa柳沢元政 Yanagisawa Motomasa(1536年-1613年)

天文5年(1536年)、柳原新右衛門の子として誕生。京都の公家.藤原北家の分流柳原家の出身で、父の新右衛門と同じく足利将軍家の12代将軍足利義晴、13代足利義輝、15代足利義昭にわたって仕えた。柳原から柳沢に名字を変えたのは、義輝の命だったとされる。また、武芸の嗜みもあり、永禄12年(1569年)に本圀寺で三好三人衆の襲撃を受けた際には奮戦して義昭を守った(本圀寺の変)。

天正元年(1573年)に義昭が織田信長との対立によって京都から追放されると、元政は上野秀政、真木島昭光、武田信景、六角藤尭らとともにこれに従い、備後国鞆へと移り鞆城に入城して毛利輝元の庇護を受けた。そして、義昭への庇護と引き換えに毛利氏に出仕し、後に周防国の重要拠点である山口高嶺城代にも任じられた。また、足利将軍家の家臣としての立場を利用し、義昭の使者として天正12年(1584年)には肥前国の龍造寺政家、翌13年(1585年)には薩摩国の島津義久との交渉にも当たっている。

天正20年(1592年)から始まる豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に、秀吉の家臣に抜擢され、豊臣氏の家臣として備後国や出雲国に所領を与えられ、1万石の所領を得た。文禄2年(1593年)、豊臣姓を下賜された。また秀吉の命により石見銀山の鉱山奉行も務めている。秀吉の死後は、再度毛利氏の家臣に復帰し、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、毛利氏の防長移封に従った。

慶長18年(1613年)に山口で死去し。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E6%B2%A2%E5%85%83%E6%94%BF