山吉景長 Yamayoshi Kagenaga

山吉景長 Yamayoshi Kagenaga山吉景長 Yamayoshi Kagenaga(1565年?-1611年)

天正5年(1577年)9月、父.豊守が死去し、嫡子の兄.盛信も急死したため、13歳で叔父の景久の後見の下に家督を継ぐ。上杉家のしきたりによれば15歳までは領地没収(元服後に改めて登用)の決まりであったが、山吉家の長年の貢献などが考慮され、領地半減の上に三条城から木場城へ移るという処置に落ち着いた。

天正5年(1578年)に御館の乱が勃発すると、上杉景勝方に付き木場城を守る。御館の乱が元になって起きた新発田重家の乱も景勝方に付き、新潟津攻防の最前線基地として景勝からの援将蓼沼弥七を迎えて、木場城は重要な役割を為す。景長自身も新潟城や沼垂城の攻略戦へ出陣しており、新発田駿河守盛喜(重家の兄弟)を討ち取るなど新発田城への重要な補給ルートである新潟津の奪取に大きく貢献した。

その後の佐渡本間家討伐の先陣、豊臣秀吉による小田原征伐での八王子城攻め、文禄.慶長の役での母衣武者としての参陣など、上杉軍の主要戦力として参戦している。

主家の会津.米沢への転封に従い、慶長16年(1611年)に死去。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%90%89%E6%99%AF%E9%95%B7