脇坂安元 Wakisaka Yasumoto

脇坂安元 Wakisaka Yasumoto脇坂安元 Wakisaka Yasumoto(1584年-1654年)

天正12年(1584年)3月4日、山城国で生まれる。慶長3年(1598年)には大坂にて徳川家康に謁見した。慶長5年(1600年)に豊臣姓を授けられ、従五位下、淡路守に叙任されている。

家康による会津征伐が起こると、父安治の命で家康の元に参陣しようとしたが、石田三成らに阻まれ断念した。三成らが挙兵すると、大坂に滞在していた脇坂親子は、止むを得ず西軍に加勢した。しかし、小早川秀秋の裏切りを機に東軍に寝返り、大谷吉継隊を壊滅させ、石田三成の居城佐和山城攻めに加わるなど東軍の勝利に貢献した。

慶長11年(1606年)には、江戸城の普請を行っている。大坂の役では先鋒として活躍する。大坂冬の陣が勃発すると、藤堂高虎指揮下で生玉辺りを攻め、大坂夏の陣においては土井利勝と共に天王寺辺りを攻めるなどして活躍した。同年、父の隠居に伴い大洲5万3,500石を襲封した。

元和3年(1617年)伊予大洲藩5万3,500石から、信濃飯田藩5万5000石(上総国一宮5000石を含む)に加増移封された。2代安政と共に55年間にわたって飯田の城下町を整備し、飯田城の掘割を完成させ、街道の流通と伝馬を確立し、飯田十八町を完成させ、文化産業振興にも力を注ぐなど、飯田の発展に尽くした。

元和9年(1623年)の秀忠の上洛や寛永3年(1626年)9月の秀忠、家光の上洛、寛永11年(1634年)7月11日の家光の上洛など将軍家の上洛に従っている。また、勅使馳走職として勅使の日光参詣に従ったり、朝鮮通信使を江戸接待役として江戸本誓寺にて接待するなど接待役としても活躍した。寛永9年(1632年)12月に改易された徳川忠長の居城だった駿府城や正保元年(1644年)4月1日に下館城などの守衛を務めている。承応2年(1653年)12月3日、信濃飯田にて70歳で死去した

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%87%E5%9D%82%E5%AE%89%E5%85%83