分部光信 Wakebe Mitsunobu

分部光信 Wakebe Mitsunobu分部光信 Wakebe Mitsunobu(1591年-1643年)

長野正勝の長男。母は分部光嘉の娘。正室は渡辺久勝の娘。継室は酒井重忠の娘。幼名は竜之助。官位は従五位下、左京亮。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際には分部氏本家によって同じ東軍に属した富田信高への人質として差し出された。

慶長6年(1601年)から徳川氏に仕える。同年に先代藩主の光嘉が死去する。光嘉の長男.光勝は早世していたため、娘婿に当たる長野正勝の子で外孫にあたる光信が養嗣子として跡を継ぐこととなった。光信は二条城や駿府城、大坂城、佐和山城の普請で功を挙げた。慶長9年(1604年)6月22日には叙任している。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では本多忠政に属して功を挙げ、翌年の夏の陣でも功を挙げたため、元和5年(1619年)8月に近江大溝藩に移封された。

寛永3年(1626年)、徳川家光の上洛に従う。寛永11年(1634年)、織田信長によって比叡山焼き討ちされていた比叡山延暦寺の復興奉行を務めた。藩政では領民に金子を分配するなど、善政を敷いたと言われている。

寛永19年(1642年)5月に病に倒れ、翌年2月22日に53歳で死去。跡を三男の嘉治が継いだ。法号は泰雲院殿順翁宗曲大居士。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%83%A8%E5%85%89%E4%BF%A1