田坂全慶 Tasaka Yoshiaki

田坂全慶 Tasaka Yoshiaki田坂全慶 Tasaka Yoshiaki(1502年-1547年)

田坂氏は小早川氏8代当主.小早川貞平の次男である土倉夏平を祖とした小早川氏の庶流とされ、小早川春平により下野国より招かれたとも、美濃国の浪士から身を起こしたともされる。初代.田坂義忠(官位は右馬允)が応永元年(1394年)、安芸国沼田荘小坂郷に稲村山城を築城、5万石の城主として封じられてより後、喜範、喜政、善親と代々沼田小早川家の執権職を勤めた。義詮は田坂氏の5代目にあたる。

義詮の代になり、毛利氏から小早川隆景を養子として迎えた竹原小早川家が勢いを増す一方、宗家にあたる沼田小早川家は13代扶平、14代興平、15代正平の当主3代の早逝、および16代当主である繁平の失明などによってその立場を脇かされていた。そのため、隆景を沼田小早川家に迎えようとする一派と、沼田小早川家の当主は小早川一族から出すべきとする一派の対立が沼田小早川家中で起こると、繁平の後見人でもあった義詮は後者の中心人物となった。

しかし、隆景の実父.毛利元就からの圧力などもあり、最終的には隆景が沼田小早川家も相続することとなった。そして正式に沼田小早川家を相続した隆景は、天文16年(1547年)1月16日に隆景の相続に反対した一派の粛清を行い(一説によれば元就による粛清だったともいわれる)、義詮は高山城内で日名内玄心により暗殺された。その後、竹原小早川家家臣の乃美宗勝らの襲撃により稲村山城も落城し、戦国武将としての田坂氏は絶えた。義詮の墓は広島県三原市小坂町の稲村山城址にある。また、子の田坂頼賀の墓は広島県尾道市の観音寺にある。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%9D%82%E7%BE%A9%E8%A9%AE