谷衛友 Tani Moritomo

谷衛友 Tani Moritomo谷衛友 Tani Moritomo(1563年-1628年)

永禄6年(1563年)、戦国大名斎藤道三の家臣であった谷衛好の3男として美濃国で生まれた。衛好はその後、織田信長、次いで豊臣秀吉に仕えた。

天正7年(1579年)の播磨征伐(中国攻め)で、衛好は平田城主とされた。しかし三木合戦における賀伏城周辺の戦いで、衛好は討死。初陣であった17歳の衛友は、父の仇(室小兵衛)をその場で討ち取り、遺骸を奪い返す武勲を立てた。これが織田信長に賞され、本領ならびに2ヶ所の領地、感状と家紋「五三の桐」を賜った。

天正10年(1582年)、豊臣秀吉より丹波国何鹿郡山家村に封ぜられて1万6000石を領した。

天正11年(1583年)、滝川一益征伐で伊勢で戦い、同年の賤ヶ岳の戦いや天正12年(1584年)の小牧.長久手の戦い、特に九州征伐では豊前厳石城攻めでは一番乗りの功名をたてた。天正18年(1590年)の小田原征伐、天正20年(1592年)の朝鮮出兵など、秀吉の主なる合戦に従軍した。

文禄3年(1594年)、伏見城の普請工事に参加した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、丹波福知山城主小野木重次らと西軍に属し、細川藤孝の丹後田辺城を攻撃した。しかし、歌道の師匠であった細川を積極的に攻める意思はなく、傍観的対応に終始した(田辺城の戦い)。戦後は小野木を攻撃するなど東軍に内応し、細川氏や本多正純の仲介によって所領を安堵された。

慶長20年(1615年)の大坂の陣に参陣し、のち将軍の徳川秀忠の御伽衆を務めた。寛永4年(1627年)に死去。享年65。跡を4男の衛政が継いだ。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E8%A1%9B%E5%8F%8B