多胡辰敬 Tako Tokitaka

多胡辰敬 Tako Tokitaka多胡辰敬 Tako Tokitaka(1497年—1562年)

尼子氏の家臣。経久、晴久、義久の代まで仕えた父は石見国余勢城主多胡忠重もしくは多胡久秀。姉妹は尼子国久の正室として嫁いだ。弟に多胡正国、子に多胡重盛と湯永綱の妻(亀井茲矩の母)となった娘がいる。また、国久の三男尼子敬久の与力であったと思われる。

尼子晴久に仕えて天文9年(1540年)、吉田郡山城攻めに従軍したが毛利元就らによって撃退された。

天文12年(1543年)には、鰐淵寺造営を行い、鰐淵寺領の掟を定め、晴久の命を伝えている。この後石見銀山を守る位置になった刺鹿城主(島根県大田市久手町刺鹿)となった。天文23年(1554年)の元旦に月山富田城内で連歌師宗養を招いた際に歌を読んだ事が『多胡文書』に伝わっている。 永禄元年(1558年)、元就は川本温湯城の小笠原長雄を攻撃した。この事態を打開するために晴久は辰敬らを含めた援軍を派遣したが、温湯城は降伏し長雄は毛利氏に仕えた。

軍事にも政治にも通じ、教養豊かであった辰敬は、諸芸十七箇条からなる『多胡家家訓』を記しており、自身もその家訓を一生に渡って実践し続けている。

その言葉通り永禄5年(1562年)、辰敬の居城の石見国刺鹿城に毛利氏が侵攻し、奮戦するも落城し自刃した。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%83%A1%E8%BE%B0%E6%95%AC