白河晴綱 Shirakawa Harutsuna

白河晴綱 Shirakawa Harutsuna白河晴綱 Shirakawa Harutsuna(1520年?-1573年)

はじめ直広(なおひろ)と名乗り、1542年に左京大夫に任ぜられると同時に、当時の古河公方.足利晴氏の偏諱を受けて晴広(はるひろ)と改名、さらにその後晴綱(はるつな)と名を変えた。義綱から家督を譲られ白河結城氏の当主となったのはこの時期と見られる。

近隣の二階堂氏や田村氏、石川氏と和戦を繰り広げた。岩城氏とは友好関係を保ち、佐竹氏と抗争が起きた際には何度か調停を受けている。

伊達氏の天文の乱に晴綱は積極的に参加した形跡は見られない。しかし、1545年に晴宗から友好を求められたこと、同年に二階堂照行(稙宗婿)の領地を侵したこと、1546年に晴宗から田村義顕.隆顕(稙宗婿)父子を背後から牽制するように要請を受けた(それに応じた気配はない)ことなどが知られており、晴宗派であったと思われる。しかし一方で、稙宗とも友好関係を結んでいたようである。

1539年、下野の那須政資.高資父子が争った際、下総結城氏の結城政勝.小山高朝に協力して高資を支援した。

1551年には二本松義国と共同して、対立していた蘆名氏と田村氏を仲介し講和を成立させた。

内訌を克服し領内に侵攻してきた佐竹氏に対抗すべく、1555年に一門の筆頭であった小峰義親の室に蘆名盛氏の娘を迎え蘆名氏と同盟し、また小田原の北条氏とも同盟して佐竹氏と争うが、那須氏との争いも勃発するなどして、次第に勢力を失っていった。

晴綱の治世下においても佐竹氏の北進を止めることはできず、1560年に寺山城を、1564年には羽黒山城を佐竹義昭によって制圧されている。1574年には、義昭の跡を継いだ佐竹義重によって赤館城を攻め落とされて、南郷一帯はことごとく佐竹氏の支配下に落ちたという。

晩年は失明し、重病の床に伏した。嫡男の義顕は幼少だったため、白河結城氏は小峰義親が家政を執り行うこととなった。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E6%99%B4%E7%B6%B1