佐藤堅忠 Sato Katatada

佐藤堅忠 Sato Katatada佐藤堅忠 Sato Katatada(1548年-1613年)

父は佐藤信則。通称、勘右衛門。従五位下、駿河守。名は堅成、堅忠。法名宗雪。子に佐藤継成、佐藤吉次。戒名、冬林宗雪居士(後年に元亨院殿と追贈)。伊深佐藤氏の祖4

同じ藤原秀郷の佐藤一族である加治田城主.佐藤忠能と共に行動する。堂洞合戦、関.加治田合戦後、織田信長の要請を受けて佐藤忠能の養子となり、斎藤利治が城主になるとその同族として共に行動する。

利治が本能寺の変で主君.信長、織田信忠親子と共に討死した後、美濃斎藤氏の斎藤利堯に仕える。加治田.兼山合戦に従軍して森氏に勝利するもしばらくの後、利堯が病没してしまい、またその際の後継者を決めておらず、程無くして敵対勢力の森氏によって領地が統合され、結果的に森氏の支配下となった。

その後、兼山村一柳に寓居。森忠政の推挙により、豊臣秀吉に仕官。天正13年(1585年)金切裂指物使番となり、文禄3年(1594年)伏見城の普請奉行を務めた。秀吉の没後は、徳川家康に転仕している。

家康と共に会津征伐、関ヶ原の戦いに従軍。慶長10年(1605年)徳川秀忠の将軍宣下拝賀上洛に供奉し、慶長12年(1607年)には駿府城築城の普請奉行など歴任する。慶長17年(1612年)65歳で死去。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%A0%85%E5%BF%A0