真田信尹 Sanada Nobutada

真田信尹 Sanada Nobutada真田信尹 Sanada Nobutada(1547年?-1632年)

真田幸隆の四男として誕生。幼名は源次郎。同母兄に信綱、昌輝、昌幸がいる。

昌幸と同じく幼年期から人質として甲府に出仕した4。主君の武田信玄の命により甲斐の旧族である加津野昌世の養子となり、名門.加津野氏(和野、鹿角)の名跡を継ぐ。隠岐守の官途を自称し、武田勝頼に近侍して槍奉行を務め、加津野市右衛門尉信昌と称した4。武田家では騎馬15、足軽10を率いる槍奉行としての地位にあったと「信玄代惣人数書上」『甲陽軍鑑』にはある4

元亀2年(1571年)1月、武田信玄北条綱成の守る駿河深沢城を陥落させているが、これは信伊の武功によるところが大きかったと伝えられ、この際に綱成の「黄八幡」の旗指物を奪い取ったという4。昌幸と同じように武田家の竜朱印状の奉者を勤め、天正7年(1579年)6月25日付で二宮神主宛の居屋敷諸役免許状を出しており、武田家の家臣団の一翼を構成していた4

天正10年(1582年)3月の武田家滅亡後に真田姓に復姓し、諱を「信尹」と改名する4

当初は北条氏に属し、天正12年(1584年)から徳川家康に仕えた4。兄.昌幸が北条家から徳川家に乗り換える際には間を取り持っている。徳川家では5000石を与えられ4、後に1万石に加増されるが「それだけの働きをしていない」として浪人する。一説に小田原征伐で武蔵江戸城の無血開城で功績を立てたにも関わらず、家康からの恩賞に不満を覚えて家康の下を離れたとされている4

その後、池田輝政を介して会津の蒲生氏郷に5000石で仕えるが、文禄4年(1595年)に氏郷が死去して蒲生騒動が起こったため、慶長3年(1598年)に再び徳川家康に甲斐で4000石を与えられて帰参した4

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い、慶長19年(1614年)の大坂の陣で御使番.軍使として功績を挙げ、それにより1200石を加増されて5200石になる4

その後は幕臣として徳川家に仕え、寛永9年(1632年)5月4日に病死4。享年86。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%B0%B9