小田政治 Oda Masaharu

小田政治 Oda Masaharu小田政治 Oda Masaharu(1492年-1548年)

明応元年(1492年)、堀越公方.足利政知の子として生まれる。父の政知は前年に死去していたため、父の死後に生まれたことになる。また、室町幕府第11代将軍.足利義澄の弟に当たる。

但し、『小田事蹟』では小田氏第13代当主.小田成治の実子(三男)であるとしている。この場合、第8代将軍足利義政(政知の弟、1436-1490)から「政」の字を賜っている筈だが、政治が生まれた時には義政も政知に先立って亡くなっており、しかもおおよそ将軍が兄の11代将軍義澄(明応3年(1495年)から在任)の代になっているので、生誕年に誤りがない限りはこの説は誤りとみて良いだろう。よって、成治の嫡男である小田治孝がその弟の小田顕家に暗殺されたため、政知の子を成治の養嗣子に迎えたとする説が有力と思われる。この場合、名前については亡き父.政知と養父.成治から1字ずつ取ったということになる。

永正11年(1514年)、成治の死去により家督を継いで第14代当主となる。

古河公方の内紛では宇都宮成綱.忠綱、結城政朝らとともに足利高基を支持し、佐竹義舜、小山成長、岩城常隆.由隆、結城顕頼ら足利政氏を支持した戦国大名らと対立した。

また、高基が父.政氏に勝利し古河公方になったことで、関東南部で急激に勢力を拡大する後北条氏を危惧し、妹を佐竹義篤の妻にさせ、佐竹氏との関係強化を図った。

享禄4年(1531年)、石岡の戦いで江戸氏を破った。天文6年(1537年)には多賀谷氏と同盟して結城政勝と戦ったが敗れている。他にも古河公方足利家などと戦うなど、多方面で敵勢力と戦い、小田氏の勢力を拡大した。天文14年(1545年)の河越夜戦では足利晴氏に味方して敗れており、政治の晩年ころから小田氏の衰退が始まった。

天文17年(1548年)に死去。享年57。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E6%94%BF%E6%B2%BB