禰寝重長 Nejime Shigetake

禰寝重長 Nejime Shigetake禰寝重長 Nejime Shigetake(1536年-1580年)

禰寝氏は大隅国の国人。禰寝氏16代当主。

永禄4年(1561年)、肝付兼続に従って大隅国内に出陣する。その後も肝付氏に従って島津氏と戦ったが、兼続の死で肝付氏の形勢が不利になると、元亀4年(1573年)、島津義久と単独で和睦した。このため、肝付兼亮伊地知重興に攻められることとなったが、これは島津軍の援軍によって撃退している。

また、重長は内治において優れた才を発揮し、対明貿易や商業の奨励を盛んに行なった。温州みかんの栽培を日本で最初に行った人物といわれている。

天正8年(1580年)死去。嫡子.重張が17代当主となり、島津氏の重臣として引き続き仕えた。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%B0%E5%AF%9D%E9%87%8D%E9%95%B7