内藤国貞 Naito Kunisada

内藤国貞 Naito Kunisada内藤国貞 Naito Kunisada(生年不詳-1553年)

内藤貞正の子。同国守護を兼ねる管領の細川高国より偏諱(「国」の字)を賜り、国貞と名乗る。弾正忠.備前守。丹波国船井郡八木城主。

永正17年(1520)頃に父.貞正より丹波守護代職を譲られ、父と同様に細川高国に属した。

大永6年(1526)10月に丹波国の波多野稙通.柳本賢治兄弟がそれぞれの居城である八上城.神尾寺城に拠って高国に叛いた際、これを鎮圧するため細川尹賢に従って神尾寺城攻めに従軍したが、11月初旬には形勢を見て追討軍から離脱し、居城に引き返した。

高国の死後にはその弟.晴国に属したようだが、晴国が重用した多紀郡の国人領主.波多野秀忠との競合からかしだいに晴国との距離は開いていき、天文2年(1533)に至って12代将軍.足利義晴の赦免を受けて細川晴元に属し、丹波守護代に復帰したようである。しかし晴元との関係は良好とは言えず、天文7年(1538)10月に高国残党が蜂起した際にはこれに呼応する動きを見せ、天文14年(1545)には「高国の跡目」と称する細川氏綱に通じて晴元に叛いているが、氏綱の有力な支援者である畠山稙長が同年5月に没したことを契機に反晴元勢力が退勢となると、三好長慶.波多野秀忠らに鎮圧されている。

天文17年(1548)10月、細川晴元と決裂した三好長慶が氏綱陣営に参じると長慶に属し、天文22年(1553)9月、長慶の配下武将の松永久秀.長頼兄弟らと共に晴元方の波多野氏を攻めたが、逆に同月18日、波多野氏を支援する香西元成.三好政勝らに攻められて八木城が陥落、国貞も戦死した。

出處 http://www7a.biglobe.ne.jp/~echigoya/jin/NaitouKunisada.html

分享到:更多 ()