毛利元氏 Mori Motouji

毛利元氏 Mori Motouji毛利元氏 Mori Motouji(1556年-1631年)

弘治2年(1556年)、吉川元春の次男として生まれ、永禄11年(1568年)1月21日に毛利輝元の加冠により元服。さらに毛利元就より「元」の字の一字書出を受け、「元棟」と名乗った。

永禄9年(1566年)12月21日に周防国の仁保隆在が男子のないままに死去したため、元亀2年(1571年)に仁保隆在の娘と婚姻し、婿養子として仁保氏の所領と家督を相続した。しかし、元棟(元氏)は未だ若年であったために、後見役.毛利氏向名代として吉川氏一族の江田宮内大輔が付けられた。その後、仁保氏の名跡を神田元忠に譲り、出雲国の国人領主繁沢氏康の養子となって家督を相続し、中国各地を転戦する。石見国浜田周辺に陣屋を置いていたという説がある。

永禄13年/元亀元年(1570年)には父.元春と共に、尼子勝久や大内輝弘と手を組んで毛利氏の後方を撹乱していた三隅国定を討ち取っている。その後、恩賞として三隅氏の旧領3000貫を得た。また、山陰地方の肥中港(現在の山口県下関市豊北畠神田肥中)や瀬戸崎港(現在の山口県長門市仙崎)を押さえて、山陰の海運を担った。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、慶長18年(1613年)に毛利に名字を復することを許され、周防国高森から転封、現在の豊北畠阿川.滝部地区周辺を治める。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E5%85%83%E6%B0%8F