壬生義雄 Mibu Yoshitake

壬生義雄 Mibu Yoshitake壬生義雄 Mibu Yoshitake(1552年-1590年)

壬生氏第5代当主で、最後の当主。下野宇都宮氏、のち後北条氏の家臣。壬生綱雄の子。幼名は氏勝。

父.綱雄は後北条氏と手を結び宇都宮氏からの独立を画策していたが、綱雄の叔父.周長は一貫して宇都宮氏への従属姿勢を取り、綱雄と対立する。そして天正4年(1576年)、綱雄は暗殺され、周長が壬生氏本拠の鹿沼城主となる。同年、周長は続いて義雄の籠る壬生城を攻めたが、義雄が勝利し周長は殺害される。

1587年10月9日に、南会津の奥州長沼氏へ日光近辺の緊迫した政治状況を書いた書状を送っている。敵対している宇都宮氏が交通の要衝である倉ケ崎に城を構えたため、軍事的な脇威を感じ、後北条氏に報告し、後北条氏による軍勢の派遣を約束した44

義雄も父.綱雄同様、後北条氏と手を結んで宇都宮氏から独立して抗争する。天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原征伐のとき、北条氏に味方して小田原城に立て籠もったが、小田原落城の直後に病死した(『異説小田原記』などによると、皆川広照によって毒殺されたという説もある)といわれる。義雄には娘しかおらず、男子の跡継ぎがなかった為に、壬生家は断絶した。

出處 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E7%94%9F%E7%BE%A9%E9%9B%84