石川貞清 Ishikawa Sadakiyo

石川貞清 Ishikawa Sadakiyo石川貞清 Ishikawa Sadakiyo(生年不詳-1626年)

美濃国鏡島生まれ。豊臣秀吉に使番、金切裂指物使番として仕え、小田原征伐で功績を挙げ、天正18年(1590年)尾張犬山1万2千石(のち12万石[要出典])を領し、また、豊臣家の信濃木曾の太閤蔵入地10万石の代官としても活躍した。

天正19年(1591年)、文禄の役の拠点となる肥前国名護屋城の普請工事を担った。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいて西軍につき、居城の犬山城に稲葉貞通.典通父子、稲葉方通、加藤貞泰関一政竹中重門らと籠城した。しかし彼らは極秘に東軍の井伊直政に密書を送り、内応を約定して引き上げていったので、城を出て本戦に参加、宇喜多隊の右翼、口北野付近に陣した。

敗戦後所領を没収されたが、犬山籠城中に東軍に加担した木曽郷士らの人質を解放したことが評価されたのと池田輝政の働きかけにより黄金千枚で助命され、剃髪して宗林と号し、京で隠棲し、茶人.商人(金融業)として余生を過ごした。

慶長18年(1613年)、幕府に500石を給されて召抱えられたと『徳川除封録』にある。

寛永3年(1626年)に死去。

出處 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E8%B2%9E%E6%B8%85